Windows NT の環境変数

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 100843 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP100843


Windows NT では環境変数に 3 つのレベルがあります。システム環境変数、ユーザー環境変数、および AUTOEXEC.BAT ファイルで設定される環境変数です。ユーザーがログオンする際に設定される定義済みの環境変数もいくつかあります。この資料では次の項目を取り扱います。

  • システム環境変数
  • ユーザー環境変数
  • AUTOEXEC.BAT 環境変数
  • 環境変数の設定方式
  • パスの構築方式
  • コントロール パネルを使用したユーザー環境変数の変更

システム環境変数

システム環境変数は、コントロール パネルの [システム] アイコンをクリックすることで表示できます。これらの変数は、ログオン時に常に設定され、ユーザーが変更することはできません。

ユーザーのログオン時に設定される、[システム] ダイアログ ボックスに表示されない定義済み環境変数もいくつかあります。次に示します。

   USERNAME
   USERDOMAIN
   NTVERSION (Windows NT 4.0 では使用できません)
   WINDIR
   OS
   PROCESSOR_ARCHITECTURE
値 : x86、MIPS または ALPHA
PROCESSOR_LEVEL
x86 用の値 : 3、4、5 MIPS 用の値 : 3000、4000、5 ALPHA 用の値 : 21064
   HOMEPATH
   HOMEDRIVE
   HOMESHARE
これら 3 つの環境変数は、ホーム ディレクトリの値を基に設定されます。ユーザーのホーム ディレクトリは、ユーザー マネージャで指定します ([ユーザーのプロパティ] ダイアログ ボックスで [プロファイル] をクリック)。ホーム ディレクトリに汎用命名規則 (UNC) を使用する場合、次のような値になります。

HOMESHARE=\\<サーバー名>\<共有名> HOMEPATH=\<パス> HOMEDRIVE=<ドライブ文字>:


ホームディレクトリが c:\nt などのローカル パスである場合は、次のようになります。

HOMEDRIVE=c: HOMESHARE= HOMEPATH=\nt


上記のすべての環境変数は常に有効なので、ログオン スクリプトで使用することができます。

ユーザー環境変数

ユーザー環境変数もコントロール パネルで同様に表示することができます。ユーザーは、[<ユーザー名>のユーザー環境変数] フィールドで環境変数を追加、削除、または修正することができます。これらの変数は、システム環境変数よりも優先されます。ユーザー パスは、システム パスの後ろに付加されます。

AUTOEXEC.BAT 環境変数

AUTOEXEC.BAT ファイルで設定されるすべての環境変数とパスは、Windows NT 環境の作成に使用されます。AUTOEXEC.BAT ファイルで指定されたパスは、システム パスの後に付加されます。

環境変数の設定方式

環境変数は、次の順序で設定されます。

  • システム変数
  • AUTOEXEC.BAT 変数
  • ユーザー変数

パスの構築方式

パスはシステム パスから構築されます。これは、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスの "システム環境変数" フィールドに表示することができます。ユーザー パスは、システム パスの後ろに付加されます。次に AUTOEXEC.BAT ファイルからのパスが付加されます。

注 : 環境変数の LibPath および Os2LibPath も同じ方法で構築されます (システム パス + ユーザー パス + AUTOEXEC.BAT パス)。

コントロール パネルを使用したユーザー環境変数の変更

ユーザー環境変数は、コントロール パネルから追加、変更、または削除することができます。これらの変更を加えた後で再起動する必要はありません。変更は、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じた後すぐに有効になります。

環境変数を変更した後に起動するアプリケーションでは、新しい設定が使用されます。変更を加える前に実行されたすべてのアプリケーションでは、変更は認識されません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 100843 (最終更新日 2000-10-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 100843 - 最終更新日: 2004年9月3日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.1
  • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbenv atdownload KB100843
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com