バッチ ファイルからドライブスペース ドライブを検出する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 101884 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この情報は Microsoft ドライブスペースと Microsoft ドライブスペースの両方に適用されます。 MS-DOS 6. 22、DRVSPACE DBLSPACE の代わりにコマンド ファイル名を使用します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

MS-DOS バッチ ファイルは圧縮ドライブと非圧縮ドライブに区別できません。 ただし、MS-DOS のデバッグ ユーティリティを使用して、ドライブをドライブスペースで圧縮したかどうかに応じて、エラーレベルを設定するプログラムを作成できます。 次に、MS-DOS バッチ ファイル使用このエラーレベルのドライブが、DoubleSpace で圧縮ドライブかどうか確認するをテストできます。

注: マイクロソフト製品サポート サービスは、この資料で説明するデバッグ スクリプトまたはバッチ ファイルの書き込みをサポートまたはできませんコンパイル、実行またはこのプログラムまたはバッチ ファイルを使用して関連する問題のトラブルシューティング。

詳細

MS-DOS のデバッグ ユーティリティを使用して ISDBL.COM を呼び出すプログラム ファイルを作成する方法の例をこの次に示します。 ISDBL.COM を次を決定します。

  • ドライブスペースがメモリに読み込まれているかどうか-および

  • かどうかを指定したドライブとはドライブスペース圧縮ドライブです。
ISDBL.COM は、次の errorlevels を返します:
   Results                         Errorlevel
   ------------------------------------------

   DoubleSpace compressed drive         1
   DBLSPACE.BIN is not loaded           0
   Invalid drive                        0
   Other errors                         0
				
注: ISDBL.COM、コマンドラインでドライブを指定しない場合、現在のドライブをテストします。

ISDBL.COM を作成します。

ISDBL.COM が ISDBL.COM を作成するデバッグ内から入力するとすべてのコマンドを含むデバッグ スクリプト ファイルを使って作成されます。

次の ISDBL.COM を作成するには、手順に従いますまったく。

  1. エディター (メモ帳または MS-DOS エディター) など、テキストを使用して C:\ISDBL.SRC をというテキスト ファイルを作成します。 これは、デバッグ スクリプト ファイルです。 C:\ISDBL.SRC は表示されるように正確に、次の行に含めます。

    注: を下の各行の終わりに Enter キーを押します。
          A 100
          MOV AX,2901
          MOV SI,81
          MOV DI,012D
    
          INT 21
          MOV DL,[012D]
          DEC DL
          JGE 0119
          MOV AH,19
          INT 21
          MOV DL,AL
          MOV AX,4A11
          MOV BX,1
          INT 2F
          MOV AX,4C00
          AND BL,80
          JZ 012B
          INC AL
          INT 21
    
          RCX
          AE
          N ISDBL.COM
          W
          Q
    						
    注: Enter キーの最後"INT 21"の後に 2 回押す必要があります行し、1 回、デバッグの末尾に"Q"後スクリプトします。
  2. ドライブ C に MS-DOS コマンド プロンプトで次のコマンド ISDBL.COM プログラムを作成するを入力します。:
          DEBUG < ISDBL.SRC
    						
    デバッグ読み取ると、ISDBL.SRC ファイルに表示される指示に従います。 Windows または他のプログラムが実行されてとき内からこのコマンドを使用しないことが勧めします。 エラー ISDBL.SRC に含まれている場合、デバッグ可能性がありますがない指示を終了する場合であるため、必要がある、システムを再起動します。 デバッグが、システムの応答を停止 (ハング) する可能性があります指示ようもします。 このエラーが発生する場合は、システムを再起動し、精度の ISDBL.SRC を調べます。

    ISDBL.SCR でエラーがない、情報のいくつかの画面が表示されます] で終わる
    <nnnn>: 012B INT 21
    <nnnn>: 012D
    -RCX
    CX 0000
    : AE
    -n ISDBL.COM
    -w
    000AE バイトの書き込み
    -q
    文字と数字の組み合わせを <nnnn> には、先の正確な組み合わせが異なります。 残りの情報が場合上 ISDBL.COM コンパイルされた正しくとおりあります。

    デバッグは、上記の例ではこれ C:\ は現在のディレクトリ、ISDBL.COM ファイルを配置します。 174 バイトのサイズがあります。

ISDBL.COM を使用します。

今すぐから ISDBL.COM プログラムが特定のドライブに関する情報を取得、バッチ ファイル内で実行できます。 次にバッチ ファイルの例を示します。

DBLTEST.BAT

   @ECHO OFF
   REM This batch file uses ISDB.COM to test a drive to see if it
   REM was compressed with DoubleSpace.
   REM
   REM DBLTEST.BAT assumes that ISDBL.COM in in the current
   REM directory or a directory on the MS-DOS Path.
   REM
   REM The syntax for running this batch file is:
   REM    DBLTEST <drive>:
   REM
   REM where <drive>: is the name of the drive to test, for example C:
   REM If no drive is specified, the current drive is tested.
   REM
   ISDBL %1
   IF NOT ERRORLEVEL 1 GOTO FAILURE
   ECHO The drive %1 is a DoubleSpace compressed drive.
   GOTO END
   :FAILURE
   ECHO The drive %1 is not a DoubleSpace compressed drive.
   :END
				

ISDBL のしくみ

ドライブが圧縮されているかどうかを決定する、ISDBL ドライブスペースが実行されていることと仮定します。

ISDBL は割り込み 2F、関数 4A11 を使用することにより、指定したドライブを調べます。 この関数は、DSGetDriveMapping のアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) 呼び出しドライブスペースです。 場合は、ドライブが圧縮されて、[ビット 7 の BL 設定されます。 それ以外の場合、それはゼロです。 この結果が ISDBL の末尾に返されるだけです。

プロパティ

文書番号: 101884 - 最終更新日: 2014年1月30日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.22 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbmt KB101884 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:101884
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com