ビッグ エンディアンとリトル エンディアン アーキテクチャの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 102025
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

コンピューターを設計する場合は次の 2 つの異なるアーキテクチャに対してメモリ記憶域を処理します。ビッグ エンディアンとリトル エンディアンと呼ばれるメモリに格納されているバイト順に参照してください。Windows NT リトル エンディアン アーキテクチャに基づいて設計されており、でした。ほとんどのプログラムであるために、ビッグエンディアンとの互換性がするように設計いくつかの依存関係が、リトルエンディアンで記述します。

詳細

これら 2 つのフレーズは、「ビッグ終了で」および「少しで終了します」から派生しました。メモリに保存されている方法を参照してください。Intel のコンピューターでは、まず、ほとんど最後に格納されます。つまり、0x1234 のような 16 進数の語でメモリ内 (0x34 0x12 として) に格納します。ほとんどの最後、または下端、です。ストアド最初。同じは 4 バイトの値は true です。たとえば、0x12345678 として保存します (0x78 0x56 0x34 0x12)。"ビッグ終了で」して0x1234 は (0x12 0x34 として) 格納されますので、逆の方法でメモリにします。これはモトローラのコンピューターを使用する方法をでありすることもできます。RISC ベースのコンピューターを使用します。MIPS の RISC ベースのコンピューターと、DEC Alpha コンピューターをビッグ エンディアンまたはリトル エンディアンを設定できます。Windows NT は、リトル エンディアン モードは両方のコンピューターでのみ機能します。

Windows NT は、リトル エンディアン アーキテクチャに基づいて設計されています。は、ハードウェア アブストラクション レイヤー (HAL) が書き込まれるように、すべての運用システムに関連する問題が自動的に処理されます。そのため、ビッグ エンディアン アーキテクチャで動作可能性があります、HAL を作成可能。コードの移植の基本的な問題を容易にする必要があります、すべてのプログラムのコードを記述します。多くの場合、コードの書き込みでは、ビッグ エンディアンまたはリトル エンディアンが使用されていることを想定します。これは、可能性があります。HAL を特定できません。その単純な可能性がありますビットとしてグラフィックをマスクします。その他の 2 つのプログラミングのこの概念を明確にする例に従ってください。

例 1

   struct
   {
      WORD y;
      WORD x;
   } POS;

   lparam = (DWORD) POS;
				
基本的にはリトル エンディアンされるコードでの前提使用します。'C' で想定されているバイトの切り替えです。構造体です。これは Intel アーキテクチャ上を高速化されますが機能しませんビッグ エンディアンとします。

例 2

別の例は、ビット マスクを使用するの一般的です。次に、ビット マスクの定義の例を示します。
   #define BITMASK    0x0008
				
4 番目のビットが 1 の場合かどうか確認することができますとは別の数です。これを設定することもできます、4 OR ing によってそれにビット別の値にします。問題が起こる場合、OR またはこのとDWORD (Double Word) または単語以外のすべての値をサイズします。これ奇妙な事項が発生し、予期しない結果が発生します。ことができます。リトルエンディアンで、動作についての前提条件でありながら、動作しませんビッグ エンディアンと同様。大量のコードがないです。組み込まれているこれらの前提条件を作成します。

PowerPC と Sparc のチップも少しの間で切り替え可能ないることに注意してください。エンディアンとビッグ エンディアン。しかし、Apple PowerMac 系、PowerPC チップ ビッグ エンディアン モードでスタックしています。したがって、Windows NT ポートすることができます。は、PowerPC は、PowerPC の PowerMac 実装にいない可能性があります。

プロパティ

文書番号: 102025 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhardware kbmt KB102025 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:102025
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com