REG: このエントリ パート 2: セッション マネージャー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 102985 - 対象製品
記事には CurrentControlSet\ControlSubkeys のパート 2--セッション マネージャーのエントリのレジストリ エントリが含まれます。

[このコントロールの他のサブキーの一覧は、thearticles を参照してください。

この第 1 部を含んでいます。

  • BootVerificationProgram
  • コンピューター名
  • DisplayDriver
  • GroupOrderList
  • HiveList
  • KeyboardLayout
  • Lsa
  • NetworkProvider
  • Nls
  • PriorityControl
  • ProductOptions
  • ServiceGroupOrder
このパート 3 を含んでいる:

  • セットアップ
  • TimeZoneInformation
  • VirtualDeviceDrivers
  • Windows
  • WOW

CURRENTCONTROLSET\CONTROL サブキーのエントリ

このキーにはシステムの起動時、このような assubsystems をロード、サイズと、ページング ファイルの場所を制御するパラメーターが含まれています。

注: の変更、コントロール キーさせる効果をシステムを再起動してください。

セッション マネージャー制御エントリ

セッション マネージャー サブキーには、セッション マネージャーによって使用されるグローバル変数が含まれます。これらの値は、次のレジストリ パスの下に格納されます。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager
		

BootExecute REG_MULTI_SZ

Default:   autocheck autochk *
		
スタートアップ時に実行するプログラムを指定します。たとえば場合に、変換します。EXE の変換が行われるように、この値のインデクス BootExecute をハード ディスク ドライブ上のファイル システムの変換に使用されたときにシステム、isrestarted: BootExecute = 自動チェック ・ autoconv ・ \DosDevices\x:/FS:NTFS

CriticalSectionTimeout REG_DWORD

Default:   0x278d00
		
クリティカル セクションのデッドロックのタイムアウトを指定します。Windows NT の retailinstallations タイムアウトしないのは通常、デッドロックを検出します。

GlobalFlag REG_DWORD

Default:   0x21100000
		
Windows NT の内部のさまざまな操作を制御します。Os/2 サブシステムではなく aVDM にバインドされたアプリケーションを実行する場合は、この値を無効にする、os/2 サブシステムを変更できます。この値を設定 20100000 無効のサブシステム。

ObjectDirectories REG_MULTI_SZ

Default:   \DosDevices
           \Windows
           \RPC Control
		
スタートアップ時に作成するディレクトリ オブジェクトの一覧を表示します。Theseentries を編集しないでください。

RegisteredProcessors REG_DWORD

Default:   0x4
		

ResourceTimeoutCount REG_DWORD

Default:   0x9e340
		
リソースのタイムアウトが発生する前に発生する必要がある 4 秒のタイマー刻みの数です。製品版のインストール Windows NT のタイムアウトではないです。

DOS のデバイスの制御のエントリ

\Dosdevices\z サブキーを起動時に作成するには、組み込みのシンボリック ・ リンクが表示されます。値は、このサブキーの下格納されます。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\Session Manager\DOS Devices
		
このキーのエントリの REG_SZ データ型であります。次の一覧表示されます既定のエントリこのキーの下。
   AUX=\DosDevices\COM1
   MAILSLOT=\Device\MailSlot
   NUL=\Device\Null
   PIPE=\Device\NamedPipe
   PRN=\DosDevices\LPT1
   TELNET=\Device\Telnet
   UNC=\Device\Mup
		

環境制御エントリ

環境サブキーを Windows NT ログオンし、プログラム マネージャーを使用して、systemcreates とその環境変数を定義します。

注意: これらのエントリの値を変更するのには、細心の注意を使用します。インターフェースのサブシステムを指定されたファイルを見つけられない場合は、Windows NT 以外のアプリケーションを実行することではないです。

これらの値をレジストリ パスです。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\Session Manager\Environment
		

ComSpec の REG_EXPAND_SZ ファイル名

Default: %systemRoot%\SYSTEM32\CMD.EXE
		
Windows NT コマンド インタープリター (COMMAND.COM の MS-DOS の theequivalent) のパスとファイル名を定義します。

Os2LibPath REG_EXPAND_SZ ファイル名

Default: %systemRoot%\SYSTEM32\os2\dll
		
Microsoft の OS と 2 バージョン 1.x ライブラリのパスを定義します。

REG_EXPAND_SZ ファイル名のパス

Default: %systemRoot%\SYSTEM32; %SystemRoot%
		
Windows NT ログオンし、プログラム マネージャーの path 変数を定義します。

%Windir% REG_EXPAND_SZ ファイル名

Default: %systemRoot%\SYSTEM32\CMD.EXE
		
Logonand プログラム マネージャーの Windows NT で使用されている、おっとの実行可能ファイルのパスを定義します。

FileRenameOperations エントリ

FileRenameOperation のエントリは、MoveFileEx 遅延 renameand 遅延削除機能をサポートします。この Registrypath の下のエントリが格納されます。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\Session Manager\FileRenameOperations
		
これらのエントリは、システムによってのみ保持してください。

KnownDLLs 制御エントリ

KnownDlls キーは、検索 duringsystem の最初の起動時に Dll のセットを定義します。一般に、これらはシステム Dll のメモリ セクションに diskinto から読み込まれ、の整合性をチェックすることです。これらの Dll の consumesome リソース、アプリケーション ロードしない場合でも。このレジストリ パスの下の separateentries として表示されます。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\Session Manager\KnownDLLs
		

ドライバー名 REG_SZ DLL のファイル名

ドライバー名と、対応する次のとおりです、この一連のエントリを定義します。既定のエントリを次に示します。
   advapi32=advapi32.dll                olecli32=olecli32.dll
   comdlg32=comdlg32.dll                olesvr32=olesvr32.dll
   crtdll=crtdll.dll                    rpcrt4=rpcrt4.dll
   DllDirectory=%SystemRoot%\system32   shell32=shell32.dll
   gdi32=gdi32.dll                      user32=user32.dll
   kernel32=kernel32.dll                version=version.dll
   lz32=lz32.dll
		

メモリ管理制御のエントリ

メモリ管理サブキー ページング オプションは、以下のレジストリ パスを定義します。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\Session Manager\Memory Management
		
システム アイコンの inControl パネルを使用して、[仮想メモリ] ボタンを選択することで、ページング ファイルのパラメーターを定義してください。

IoPageLockLimit REG_DWORD のバイト数

Default: 512K
		
私のロックできるバイト数の上限を指定しますと Ooperations。この値が 0 の場合、既定値 (512 K) が使用されます。-パッド、この物理メモリの最大値は 7 の MB のわずかなシステム メモリの量が大きくなるにつれて。A64 MB のシステムでは、パッドは約 16 MB です。512 MB のシステムでは、パッドは約 64 MB です。

LargeSystemCache REG_DWORD の数

Default: 0
		
指定の 0 以外の値、システム、プロセスのワーキング セットではなく、システム cacheworking のどちらを優先します。この値の bychoosing、Windows NT Advanced Server のインストール ベース設定します。

NonPagedPoolSize REG_DWORD のバイト数

Default: 0
		
非ページ プールのサイズをバイト単位で指定します。この値が 0、システムは既定のサイズ (物理メモリに基づく) を使用します。最大 amountis 物理メモリの約 80%。

PagedPoolSize の REG_DWORD 0 〜 128 MB

Default:   0x3000000 (32 MB)
		
ページ プールのサイズをバイト単位で指定します。この値が 0 で、既定のサイズ (32 MB)、systemuses です。このセクションの先頭に RegistrySizeLimit は、エントリも参照してください。

PagingFiles REG_MULTI_SZ System_Paging_Files

Default: C:\pagefile.sys 27
		
ページ設定コントロール パネルの [システム] アイコンを選択することによってファイルの情報を指定します。

サブシステムのスタートアップ制御エントリ

サブシステムの設定 establishedat の起動時に、レジストリのパスを次に示します。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\Session Manager\SubSystems
		
これらの値は、システムによってのみ保持してください。必要があります必要はありません手動でこれらの設定を定義します。

REG_EXPAND_SZ 名前をデバッグします。

Default: (no value)
		

省略可能な REG_MULTI_SZ サブシステム名

Default: Os2 Posix
		
ユーザーが、アプリケーションを起動するときにのみ読み込まれるサブシステムを定義このサブシステムが必要です。

Os2 REG_EXPAND_SZ のパスとファイル名

Default:  %SystemRoot%\system32\os2ss.exe
		
マイクロソフトの OS/2version 1.x サブシステムの起動に使用する実行可能ファイルのパスを定義します。

Posix REG_EXPAND_SZ のパスとファイル名

Default:  %SystemRoot%\system32\psxss.exe
		
POSIX サブシステムの起動に使用する実行可能ファイルへのパスを定義します。(はありません POSIX に追加のエントリ、レジストリ。)

必要な REG_MULTI_SZ の名前

Default: Debug Windows
		

Windows の REG_EXPAND_SZ のパスとファイル名

Default:  %SystemRoot%\system32\csrss.exe
ObjectDirectory=\Windows SharedSection=1024,3072
Windows=On SubSystemType=Windows ServerDll=basesrv,1
ServerDll=winsrv:GdiServerDllInitialization,4
ServerDll=winsrv:UserServerDllInitialization,3
ServerDll=winsrv:ConServerDllInitialization,2
ServerDll=mmsndsrv,5 ProfileControl=Off
MaxRequestThreads=16
		
Win32 サブシステムの起動に使用する実行可能ファイルのパスを定義します。

参照:「オペレーティング システムのバージョン 3.1"のは、Windows NT リソース キットです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

プロパティ

文書番号: 102985 - 最終更新日: 2013年11月23日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.1
キーワード:?
kbother kbmt KB102985 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:102985
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com