REG: CurrentControlSet、パート 1

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 102987
レジストリ エントリは、CurrentControlSet\Control を掲載していますパート 1 をサブキーします。これらのサブキーが含まれています。

  • BootVerificationProgram
  • コンピューター名
  • DisplayDriver
  • GroupOrderList
  • HiveList
  • KeyboardLayout
  • Lsa
  • NetworkProvider
  • Nls
  • PriorityControl
  • ProductOptions
  • ServiceGroupOrder
その他のコントロールのサブキー CurrentControlSet の下のリストを参照してください、アーティクル:

CurrentControlSet パート 2: セッション マネージャー-エントリ、し、CurrentControlSetエントリを含むパート 3:

  • セットアップ
  • TimeZoneInformation
  • VirtualDeviceDrivers
  • Windows
  • WOW

CURRENTCONTROLSET\CONTROL サブキー エントリ

このキーにはなど、システムの起動を制御するパラメーターが含まれています。サブシステムを読み込むには、サイズと位置がページング ・ ファイルという。

注: システムの変更を Ctrl キーを再起動する必要があります。有効にします。

コントロールのサブキーは、次の値のエントリを含めることができます。

現在のユーザー REG_SZ ユーザー名

Default:  Username
		
現在ログオンしているユーザーのユーザー名を指定します。

RegistrySizeLimit REG_DWORD のサイズ (バイト単位)

Default: 8 MB (That is, 25 percent of the default PagedPoolSize.)
		
レジストリ データを使用できる領域の量を指定します。

システムの RegistrySizeLimit 値は 4 MB 以上になりますとPagedPoolSize のサイズの約 80% より大きくないです。設定RegistrySizeLimit 0 xffffffff に 80%、最大値を設定します。PagedPoolSize (Control\Session Manager\MemoryManagement キーの下で)。PagedPoolSize を初期設定することにより、大きなレジストリをことができます、また、RegistrySizeLimit 値を設定できます。非常に大規模な場合は、レジストリの両方を設定します。しかし、何ですがドメイン コント ローラーをRegistrySizeLimit は変更する必要があります。

RegistrySizeLimit REG_DWORD の種類と、データの長さは 4 でなければなりませんバイト数、またはそれを無視します。

SystemStartOptions REG_SZ 文字列

システムにはファームウェアによって渡されたシステム引数のテキストが含まれています。デバッガーができるかどうかを確認するのには、これらの値を使用できます、オプション ポート速度の設定し、いいます。たとえば、次SystemStartOptions の値を定義できます。
   c:\winnt="Windows NT" /DebugPort=com1/DebugBaudRate=56000
		
この例では、"Windows NT"では、文字列の最初の部分を示す、[Windows NT\CurrentVersion のサブキーに指定されたディレクトリは、レジストリのソフトウェアの領域。この文字列の残りの部分です。COM ポートとボー レートを定義するのには、システムによって解釈されます。デバッグします。

このレジストリ パスの下にある次の標準的なコントロールのサブキーがあります。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
		
その値 (該当する場合: いくつか下の一覧に設定いけない編集ユーザーによって) これらのファイルにあります。

コンピューター名、BootVerificationProgram、DisplayDriver、GroupOrderList、Hivelist、キーボード レイアウト、Lsa、Nls、NetworkProvider、PriorityControl、ProductOptions と ServiceGroupOrder のコントロールでエントリが表示される、このファイルには、次の下の一覧の残りの部分。

セッション マネージャー-エントリは、「CurrentControlSet、[第 2 部。セッション マネージャー-エントリ」。

セットアップ、TimeZoneInformation、VirtualDevice、WindowsStartup、WOW のエントリ[CurrentControlSet、パート 3"の記事であります。

コントロールのサブキーの完全なリストは次のとおりです。

検証プログラムの起動

コンピューター名 (これらのキーには、システムによってのみ使用される情報が含まれていて、ユーザーが編集する必要があります。これらのエントリを保持する必要がありますのでシステムでのみ、これらのファイルでは説明しません。)

DisplayDriverControl (これらのキーにはだけが使用する情報が含まれています、システム、ユーザーによっては編集できません。これらのエントリをする必要がありますのでシステムによってのみ管理されては、これらのファイルでは説明しません。)

GroupOrderList

ServiceGroupOrder

HiveList

KeyboardLayout

(これらのキーは、システムによってのみ使用される情報が含まれているし、いけないの Lsaユーザーが編集します。これらのエントリだけを保持する必要がありますので、システムをこれらのファイルの説明です)。

NetworkProvider

Nls

(「「レジストリ エントリを印刷します。 を参照) を印刷します。

PriorityControl (これらのキーには、システムによってのみ使用される情報が含まれていて、ユーザーが編集する必要があります。これらのエントリを保持する必要がありますのでシステムでのみ、これらのファイルでは説明しません。)

ProductOptions (これらのキーには、システムによってのみ使用される情報が含まれていて、ユーザーが編集する必要があります。これらのエントリを保持する必要がありますのでシステムでのみ、これらのファイルでは説明しません。)

セッション マネージャー-

これらのキーは、システムによってのみ使用される情報が含まれている、セットアップユーザーは編集できません。これらのエントリだけを保持する必要がありますのでシステムをこれらのファイルの説明です)。

(これらのキーは、システムによってのみ使用される情報が含まれている TimeZoneInformationユーザーが編集する必要がありますされません。これらのエントリをする必要がありますのでシステムによってのみ管理されては、これらのファイルでは説明しません。)

VirtualDeviceDrivers

Windows

WOW

BootVerificationProgram 制御エントリ

BootVerificationProgram キーを使用して最後の既知の正常な更新にシステムの起動中に構成します。このエントリは、プログラムの説明が、最後の正常なに確立するためには、サービス コント ローラーによって呼び出されます構成します。システム管理者がこのようなプログラムを記述できます。このキーのレジストリ パス次に示します。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\BootVerificationProgram
		
任意のエントリをこのサブキーの下の追加は、次の形式が必要です。

ImagePath Reg_SZ または REG_EXPAND_SZ ファイル名

Default: (no entry)
		
スタートアップ検証プログラムのファイル名を指定します。

下の [ReportBootOK] エントリを 1 の値を指定することもする必要があります、次のレジストリ パス:
   HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Windows NT\CurrentVersion\WinLogon
		
ReportBootOK の値を 0 に設定すると、自動無効にします後最初に行われます (既定値) のスタートアップ承認が成功ログオンします。

リモートからシステム起動ことを確認する場合は、代わりに、場所、Windows NT で提供される BootVerification サービスを使用します。この章で説明したように、BootVerificationProgram の代わりに、します。BootVerification サービスと組み合わせて内のエントリで使用できません。BootVerificationProgram サブキーします。

注: BootVerificationProgram キーの値いない限り変更しないでください、カスタムの検証プログラムで特定の起動条件を満たす必要があります。お客様のサイトです。それ以外の場合は、システムを確認する既定のプロシージャを使用します。起動します。

コンピューター制御エントリ

システムのコンピューター名、コンピューター名のキーを格納します。

注意: コンピューター名の値は、レジストリを変更しないでください。は、コントロールでネットワーク アイコンを選択するだけでコンピューター名を変更する必要があります。パネルまたはアプリケーションによって取得/SetComputerName Api を使用します。

[コンピューター名の 2 つのサブキーのとおりです。ActiveComputerName とコンピューター名を使用します。これは新しいコンピューター名次のシステム起動時にのみ有効になります。コンピューター名を変更します。コンピューター名のキーの値を変更します。システムを起動すると、コンピューター キーは (ActiveComputerName キーにコピーされます。揮発性およびそのセッション中に、コンピューター名を提供) します。これら2 つのサブキーには、次のレジストリ パスの下が表示されます。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ComputerName
		
これら 2 つのサブキーにはそれぞれに次の種類の値エントリが含まれます。

REG_SZ のコンピューター名コンピューター名

Default:   ComputerName defined during Setup
		
ネットワーク ブラウザーを識別するように、コンピューターの名前を定義します。

DisplayDriverControl のエントリ

基本的なディスプレイ ドライバーは、次のレジストリ パスの下にエントリを定義します。システムの起動時に使用される情報。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\DisplayDriverControl
		

DriverEnabled REG_DWORD 0 または 1

Default:   0
		

LayeredDriver REG_SZ 文字列

Default:   layrdisp
		

MaxClientCount の REG_DWORD 値

Default:   0x4
		
これらのエントリは、システムによってのみ維持しなければなりません。

GroupOrderList 制御エントリ

サービスの注文、GroupOrderList キーにあるエントリを指定します。グループ内で、次のレジストリ パスの下にあります。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\GroupOrderList
		
サービスの一覧の値、CurrentControlSet\Services の下、グループのエントリと、タグのエントリを指定のサービスである受注ロードします。いないすべてのサービスはタグのエントリがありすべてのグループ、GroupOrderList サブキーのエントリ。ServiceGroupOrder サブキーの説明この資料で後でグループを読み込む順序を指定します。エントリキーの種類は REG_BINARY です。これらのデフォルト エントリを定義する、グループ内での順序。
   Base              Pointer Class          Video
   Ndis              SCSI Miniport          Keyboard Port
   Primary Disk      Keyboard Class
   Filter            Pointer Port
		

HiveList 制御エントリ

レジストリ情報を含むファイルの場所を報告します。次のレジストリ パスの下。
   HKEY_CURRENT_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\hivelist
		
すべての型は REG_SZ です。既定のエントリを次に示します。
\REGISTRY\MACHINE\HARDWARE
\REGISTRY\MACHINE\SAM=
   \Device\Harddisk0\Partition1\SystemRoot\SYSTEM32\CONFIG\SAM

\REGISTRY\MACHINE\SECURITY=
   \Device\Harddisk0\Partition1\SystemRoot\SYSTEM32\CONFIG\SECURITY

\REGISTRY\MACHINE\SOFTWARE=
   \Device\Harddisk0\Partition1\SystemRoot\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE

\REGISTRY\MACHINE\SYSTEM=
   \Device\Harddisk0\Partition1\SystemRoot\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

\REGISTRY\USER\.DEFAULT=
   \Device\Harddisk0\Partition1\SystemRoot\SYSTEM32\CONFIG\DEFAULT

\REGISTRY\USER\SID_#=
   \Device\Harddisk0\Partition1\SystemRoot\SYSTEM32\CONFIG\ADMIN000
		

キーボードのレイアウト コントロールのエントリ

キーボード レイアウトのキーはキーボード レイアウト名へのマッピングを保持します。キーボード レイアウトの DLL 名、レジストリ パスの下。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout
		
キーボード レイアウトのキーは、システムによって使用されている DLL を確認するのにはロードします。その場合はマッピングを複製されたキーボード レイアウトの DLL の名前を含めることができます。DLL のレイアウトを複数の言語を実装する (つまり、キーボード レイアウト名の 1 つ以上必要があります)。個々 のプリファレンスします。HKEY_CURRENT_USER\Keyboard [レイアウト] を保存します。

キーボード レイアウトのキーには、この形式のエントリが含まれます。

KeyboardLayout REG_SZ の DLL のファイル名

規則では、キーボード レイアウト名は null で終わる文字列の 8 のです。言語 ID (最後の 4 桁) を表す 16 進数とバリエーション数、最初の 4 桁)。

たとえば、言語のスイスのドイツの ID 0x807、規約では、00000807、00010807 というキーボード レイアウト名の可能性があります。

DosKeybCodes サブキー、システムが Windows NT の変換に使用します。キーボード レイアウトの名前を MS-DOS 形式の 2 文字のキーボード レイアウトの名前kb16 コマンド (MS-DOS でのキーボードと同じ) で使用される、します。システムする必要があります。VDM のキーボード レイアウトを自動的に切り替えるたびに、Windows NTキーボードのレイアウトが変更されます。このレジストリ パスの下のエントリがあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\Keyboard Layout\DosKeybCodes
		

KeyboardLayout REG_SZ の 2 文字コード

これらのエントリは、2 つの文字と同等のキーボード レイアウトを定義します。DosKeybCodes の下に、エントリを示します。
   00000405=cz      00000414=no      0000080C=be
   00000406=dk      00000415=pl      00000813=be
   00000407=gr      00000416=br      00000816=po
   00000409=us      00000419=ru      00000C0C=cf
   0000040A=sp      0000041A=yu      00001009=us
   0000040B=su      0000041B=sl      0000100C=sf
   0000040C=fr      0000041D=sv      00010409=dv
   0000040E=hu      00000807=sg      0001040A=sp
   0000040F=us      00000809=uk      00010C0C=cf
   00000410=it      0000080A=la      00020409=us
   00000413=nl
		

Lsa の制御エントリ

認証パッケージがローカル セキュリティ機関の値を持つ次のレジストリ パスの下に定義されています。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
		
これらの値だけを保持する必要があります、システム エラーできないことがあります他のユーザーがコンピューターにログオンすること。

認証パッケージ REG_MULTI_SZ ファイル名

Default:   msv1_0
		

境界 REG_BINARY

Default:   (none)
		

NetworkProvider 制御エントリ

Windows NT からいくつかのネットワークが一般的なインターフェイスをサポートしています。異なるベンダー (つまり、ネットワーク プロバイダー) の 1 つを操作するにはコンピューターと同時にします。NetworkProvider サブキーの一覧を示しますMicrosoft ネットワークに依存しないを使用して、利用可能なネットワーク プロバイダー[Api]。このレジストリのサブキーの順序の次の値を表示します。パス:
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet
   \Control\NetworkProvider\Order
		

ProviderOrder REG_SZ のコンマ区切りの一覧のキー名

Default:   LanmanWorkstation (when a single network is installed)
		
定義されている、利用可能なネットワーク プロバイダーにアクセスする順序を指定します。コントロール パネルの [ネットワーク] ダイアログ ボックスでは、[ネットワーク] を選択しています。このリストの各エントリがサービスのレジストリ キー名の形式でです。サービスまたはドライバーを特定のネットワーク プロバイダーに関連付けられています。ネットワーク プロバイダーに関連付けられているサービスのサブキーが含まれている必要があります、NetworkProvider の値を持つエントリをグループ化しても含める必要があります、NetworkProvider サブキーでは、複数のプロバイダー ルーターについて。"NetworkProvider""用のレジストリ エントリの詳細についてを参照してください。ネットワーク サービス」のセクションこの章で後述します。

Nls の制御エントリ

このキーにはについては言語とコードを定義するサブキーが含まれています。ページします。

コード ページと言語のサブキーでをすべてのページおよび言語をコードします。Windows NT でサポートされているアプリケーションがこれらのキーをチェックできるように、表示されますすべての「サポート」の言語を検索します。ただし、ファイル名をエントリのみ内のデータ フィールドはシステムに実際にインストールされます。そのアプリケーション特定のコード ページが実際にあるかを確認するには、データ フィールドを確認する必要があります。システムにインストールされています。

コントロールの Nls コードページのエントリ

ファイルを次のレジストリ パスの下のエントリを識別します。利用可能なコード ページです。エントリ名に続く値がない場合は、コード ページはシステムにインストールされていません。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\CodePage
		
各エントリは、次の形式があります。

REG_SZ の CodePageID ファイル名

次の表に示すように、ファイルのコードを 437=C_437.NLS を示しています。ページ 437 を示し 1252=C_1252.NLS ファイルのコード ページ 1252 にしているため、します。ACP は、既定の ANSI コード ページです。OEMCP 既定の OEM コード ページです。MACCP は、デフォルトの Macintosh コード ページです。
10000=c_10000.nls        1253=           861=
10006=                   1254=           863=
10007=                   437=c_437.nls   865=
10029=                   500=            866=
1026=                    850=c_850.nls   869=
1250=                    852=            875=
1251=                    855=            ACP=1252
1252=c_1252.nls          857=            MACCP=10000
                         860=            OEMCP=437
		
Nls の制御言語のエントリ

ファイルを次のレジストリ パスの下のエントリを識別します。[使用できる言語。エントリ名に続く値がない場合は、言語は、システムにインストールされていません。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Language
		
各エントリは、次の形式があります。

LanguageID REG_SZ ファイル名

次の表では、l_INTL ようにします。NLS ファイルの言語の 0409年は、l_INTL。NLS 言語 0809 というファイルです。
Default: 0409 (the default language ID)

0405=l_intl.nls      0414= l_intl.nls     0813=l_intl.nls
0406= l_intl.nls     0415=l_intl.nls      0814=l_intl.nls
0407=l_intl.nls      0416=l_intl.nls      0816=l_intl.nls
0408=                0419=l_intl.nls      0c07=l_intl.nls
0409=l_intl.nls      041b=l_intl.nls      28=l_intl.nls
040a=l_intl.nls      041d=l_intl.nls      0c0a=l_intl.nls
040b= l_intl.nls     041f=                0c0c=l_intl.nls
040c=l_intl.nls      0807=l_intl.nls      1009=l_intl.nls
040e=l_intl.nls      0809=l_intl.nls      100c=l_intl.nls
040f=l_intl.nls      080a=l_intl.nls      1409=l_intl.nls
0410=l_intl.nls      080c=l_intl.nls      1809=l_intl.nls
0413=l_intl.nls      0810=l_intl.nls
		
Nls の制御 OEMLocale のエントリ

次のキーが存在する場合は、OEM が追加のエントリを含めることができます。そのロケールをカスタマイズします。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\OEMLocale
		
このセクションでは、レジストリの特定のロケール ID ではない場合のみチェック アウトされて既定ロケール ファイルに (ロケールです。NLS)。このサブキーが存在する場合、各エントリは、次の形式があります。

REG_SZ の OEMlocale ファイル名

既定値: 既定値がないため、このサブキーが存在ではありません。

ロケール ID および OEM ロケールのファイル名を指定します。

PriorityControl のエントリ

前景色と背景色の優先度は、PriorityControl キーを定義します。差分。[マルチタスク] を選択することによって、この値を変更、コントロール パネルのシステム ダイアログ ボックス。このレジストリの値が格納されています。パス:
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\PriorityControl
		

Win32PrioritySeparation REG_DWORD 0、1 または 2

Default:   0x2
		
Forground で実行されているアプリケーションに優先順位を指定します。複数のプロセスまたは時間のこのアプリケーションを受け取りますアプリケーションがバック グラウンドで実行します。ここでは、値を関連付けるために、次のオプションは [マルチタスク] ダイアログ ボックスで。

値意味

0          Foreground and background applications equally responsive
1          Foreground application more reponsive than background
2          Best foreground application response time
		

ProductOptions 制御エントリ

ProductOptions サブキーにはによって使用されるその他の情報が含まれています、システムは、次のレジストリ パスの下にあります。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ProductOptions
		
次のエントリには、このキーの下が表示されます。

ProductType REG_SZ の製品名

(Windows は、WinNT Windows NT インストールされてを指定します。[NT]) または (Windows NT) サーバーの LanmanNT。

ServiceGroupOrder 制御エントリ

ServiceGroupOrder キーのさまざまなグループを読み込む順序を指定します。サービスです。

[特定のタグの値を使用してグループ内の順序を指定します。サービス サブキーし、GroupOrderList のサブキーの値を使用します。たとえば、Windows NT を起動すると、ブート ローダーのドライバー用のレジストリをスキャンします。開始値の (0 でこれらのドライバーが表示されます。ロードがする前に、カーネルが初期化されません) と種類値 0x1(ハード ディスクまたは他の低-などのカーネル デバイス ドライバーを示しますレベルのハードウェア デバイス ドライバー)。ドライバー、メモリに読み込まれています。順序指定された ServiceGroupOrder サブキーの値リストにします。
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ServiceGroupOrder
		

リストの複数のグループ名

ドライバーをメモリに読み込むの順序を指定します。
Default:
SCSI miniport
port
Primary disk
SCSI class
SCSI CDROM
class filter
boot file system
Base
Keyboard Port
Pointer Port
Keyboard Class
Pointer Class
Video
file system
Event log
Streams Drivers
NDIS
TDI
NetBIOSGroup
NetDDEGroup
extended base  network
		
参照:「Windows NT リソース キット Os バージョン 3.1 の"。
すべて展開する | すべて折りたたむ

プロパティ

文書番号: 102987 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbother kbmt KB102987 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:102987
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com