Visual Basic で Access データベースを暗号化する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 104875
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

データベースの暗号化セキュリティではありません。ただし、使用することができます。誰かはファイルまたはディスク エディターを使用できないように暗号化をデータベースします。読み取りし、Access にデータを書き込みます。MDB ファイルです。この資料で説明します。使用例は、Microsoft Access データベース ファイルでは、Microsoft Visual を暗号化する方法基本的な Windows のバージョン 3.0 です。

詳細

Microsoft Access では、読み取り、ページ時点ですべてのデータを書き込みます。各ページでください。2 K のサイズは、常にします。暗号化はデータではなく、ページ レベルで行われますレベルです。暗号化処理とは何の知識がないことを意味で、だけが 2 KB のデータを暗号化して記述する必要がありますページ。読み取りや復号化します。

すべては、Access では。MDB データベース ファイルが暗号化されてなどテーブル、クエリ、フォーム、インデックス、および続きます。Microsoft Access は、RSA を使用してください。会社のデータベース暗号化アルゴリズム

暗号化と解読の原因に関連するオーバーヘッドは、パフォーマンスです。約 10 〜 15% に暗号化されたデータベースに低下します。暗号化されたファイルPKZip、スタッカー、MS-DOS バージョン 6 などのツールを使用して圧縮することはできません。DoubleSpace という。

Visual Basic での暗号化

Microsoft Visual Basic のバージョン 3.0 の CompactDatabase ステートメントを使用します。Microsoft Access データベース ファイルを暗号化する.詳細についてはCompactDatabase ステートメントで Visual Basic 90-92 ページを確認します。「言語リファレンス」のマニュアルのバージョン 3.0。

暗号化のステップ バイ ステップの例

  1. Visual Basic の開始] または [ファイル] メニューの [新しいプロジェクト (alt キー、F、N) を選択します。Visual Basic が実行されていない場合は。デフォルトで Form1 が作成されます。
  2. ウィンドウ] メニューから [データ マネージャー] を選択します。
  3. データ マネージャーで、[ファイル] メニューから新しいデータベースを選択します。を選択します。Microsoft Access 1.0、または Microsoft Access 1.1。
  4. 名前を入力してテストします。MDB を Access ファイルの名前は、作成しようとしています。
  5. [新規作成] をクリックし、"テーブル 1"テーブル名前を入力します。
  6. [追加] ボタンをクリックし、名をフィールド名として入力します。[テキスト フィールドの種類を選択し、15、フィールド サイズを入力します。
  7. インデックスの場合は、[追加] をクリックし、名インデックスとして入力して、インデックスの名前です。[独自の]、[プライマリ]、および [完了] をクリックします。
  8. [開く] を [追加] をクリックします。次に、名前を入力 (石井さんは、の例) 姓のフィールドにします。次に、[追加] ボタンをクリックします。
  9. データ マネージャーを閉じ、コマンド ボタンを Form1 に追加します。
  10. [Command1] をクリックしてイベント プロシージャに次のコードを追加します。
        Sub Command1_Click ()
           Const DB_ENCRYPT = 2
           Const DB_LANG_GENERAL = ";LANGID=0x0809;CP=1252;COUNTRY=0"
    
           '** Enter the following two lines as one, single line:
           CompactDatabase "C:\VB\TESTING.MDB", "C:\VB\NEWTEST.MDB",
              DB_LANG_GENERAL, DB_ENCRYPT
        End Sub
    
    						
  11. [実行] メニューの [開始 (alt キー、R、S) がプログラムを実行する] を選択します。クリックしてください。テストを暗号化するために、Command1 ボタン。MDB データベース ファイルです。確認するのには新しい NEWTEST。MDB ファイルは、データ マネージャーのウィンドウ メニューから選択Visual Basic version 3.0 for Windows。Data Manager では、開く」を選択します。[ファイル] メニューからデータベースです。次に、NEWTEST を選択します。MDB ファイルです。

プロパティ

文書番号: 104875 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbmt KB104875 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:104875
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com