[ACC] Microsoft Access でコマンド ライン スイッチを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 105128
警告: は、基本的なマクロ、コーディング、および相互運用性のスキルが必要です。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Access を実行すると、 開始 メニューやショートカットなどマネージャーまたはファイル マネージャーで Microsoft Windows 3.x プログラム) を使用することができます起動処理を変更するのにはコマンド ライン スイッチ。たとえば、ことができます。特定のデータベースを開くやパスワードを入力して、マクロを実行します。

詳細

Microsoft Access は、以下のコマンド ライン スイッチを認識します。

バージョン 1.x でのみ使用します。
   /s                  Bypasses the Microsoft startup screen.
				
メモ起動時、または Microsoft Access でのスプラッシュ画面もすることができます。Microsoft Access 1.x 配布キット (ADK) を使用してを抑制します。

バージョン 2.0 で、 /s スイッチが適用されなくなった。代わりに、独自のロゴのビットマップを表示するのには、StartupScreen のエントリが含まれてではなく、既定の Microsoft Access のロゴ。これは ADT の設定ですがアプリケーションでは、このエントリは、ADT にも使用できます。は、次の文を MSACC20 にします。INI ファイル:
   [Run-Time Options]
   StartupScreen=C:\LOGO\MYBITMAP.BMP
				
バージョン 2.0 のみ。
 /Ini <initialization file>    Starts Microsoft Access using the options in
                               the specified initialization file instead of
                               the standard MSACC20.INI file. The
                               initialization file must have the same
                               entries as the standard MSACC20.INI file.
				
Microsoft Access 1.x、2.0、7.0 および 97。
   <database>          Opens the specified database.
   /Excl               Opens the database for exclusive access.
   /Ro                 Opens the database for read-only access.
   /User <user name>   Starts Access using the specified user name.
                       You'll be prompted for the path to Msaccess.exe.
   /Pwd <password>     Starts Access using the specified password.
                       You'll be prompted for the path to Msaccess.exe.
   /X <macro>          Starts Access and runs specified macro.
   /Cmd                Specifies what value to pass to the Command
                       function in an Access Basic procedure that is
                       called by a RunCode action in an AutoExec macro.
                       This option must be the last option on the command
                       line.
				
Microsoft Access で 2.0、7.0 および 97。
 /Compact <target database>    Compacts the database specified before the
                               /Compact option and then closes Microsoft
                               Access. To compact to a different name,
                               specify a target database.
 /Repair                       Repairs the specified database and then
                               closes Microsoft Access.
 /Convert <target database>    Converts a version 1.x database to a
                               version 2.0 database,
                               with a new name, and then closes Microsoft
                               Access. Specify the source database before
                               the /Convert option.
				
Microsoft Access で 7.0 および 97。
 /Profile <user profile>       This replaces the /ini option used in
                               previous versions to specify an
                               initialization file. The option starts
                               Microsoft Access using the options
                               in a specified user profile instead of
                               the standard Windows Registry settings.

 /NoStartup                    This option starts Microsoft Access without
                               displaying the startup dialog box.

 /Wrkgrp <system filename>     You can start Microsoft Access with a
                               specific workgroup.

 /Runtime                      Starts Microsoft Access in run-time mode.
				
メモ: を使用するのには /実行 切り替える Microsoft Access 97 では、Microsoft Office 97年開発版ツール (持つ) をインストールする必要がありますかカスタムのアプリケーションを持つコンピューター上で作成します。
 /Convert <target database>    Converts a database in an earlier version
                               (1.x or 2.0) to a Microsoft Access 95 or
                               97 database with a new name, and then
                               closes Microsoft Access. Specify the
                               source database before the /Convert
                               option.
				
たとえばで次のコマンドを入力可能性があります、 実行 ダイアログ ボックス (クリックして 実行 プログラム マネージャーから ファイル メニューの。
   c:\access\msaccess.exe Northwind.mdb (or NWIND.MDB in versions 1.x and
   2.0) /Excl /X Add Products
				
この構文の例を Microsoft Access を起動、Northwind が NWIND が表示されます。バージョン 1.x および 2.0 で) でサンプル データベースを排他的に使用、および実行製品を追加するマクロです。ファイル名を含める必要があることに注意してください、例では、Msaccess.exe です。

Microsoft Access 97 では。
/unregserver   Forces Microsoft Access to unregister itself and then
               exit.

/regserver     Forces Microsoft Access to register itself.
				
Access プログラムの登録は、自己のためには、使用することができます、/unregserver/regserver 削除またはアクセス レジストリ エントリを更新するには、次のように切り替わります。すべての Access ファイルが正しく登録されているが使用できるかどうかを確認する必要があるときこれ便利です、"/Y をセットアップします。"へのアクセスのセットアップ プログラムのオプションです。使用しての詳細については、「/Y をセットアップします。"は、Knowledge Base の次の資料を参照してください。
148424 ACC: MS Access 95 および 97 でページ違反のトラブルシューティング

コマンド ライン スイッチの推奨順序

Access データベースへのショートカットのコマンド ライン スイッチを作成するときに従う順序を次に示します。すべてのスイッチは省略可能です。

ドキュメントの表記規則
<>・所有者に必要なテキストを配置します。
<>>-省略可能なテキスト用のプレース ホルダー。
{} - スイッチに関する追加情報を提供がコマンドラインにコピーする必要がありません。
/runtime
/NoStartup
/wrkgrp<system filename=""></system>
/ユーザー"<username>"</username>
/Pwd "<password>"</password>
/プロファイル<user profile=""> <database></database></user>
/Excl
/Ro
/修復
/コンパクト<new database="">&gt;</new> {0} を使用しないでください。 修復 [スイッチ]}
/X<macro></macro> {0} に推奨される方法ではなく、代わりに"Autoexec"マクロを使用する] または [スタートアップのオプション。使用しないでください。 コンパクト または 修復.}
/コマンド<value></value> {0} は、常に最新でなければなりません。使用しないでください。 コンパクト または 修復.}

関連情報

コマンド ライン スイッチの詳細については、ヘルプを検索します。"コマンド ライン オプションとして、"か、Microsoft Access 97 の Officeアシスタント。

プロパティ

文書番号: 105128 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbui kbmt KB105128 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:105128
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com