パーティションの 6. 0 または 6. 2 にアップグレードするハード_ディスクを再作成

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 106423 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で MS-DOS 6 または 6. 2 をインストールする前に、ハード_ディスクを再パーティションする必要があるかどうかを判断方法について説明します必要がある場合の手順を実行する方法とアップグレードします。

パーティションを再作成する必要がありますか?

ほとんどの場合、MS-DOS Version 6. 0 または 6. 2 をインストールするハード_ディスクを再パーティションする必要はありません。 場合にのみ、ハード_ディスクを再パーティションする必要があります。

  • ハード_ディスクのプライマリ DOS パーティションが小さすぎる (2 メガバイト [MB] より小さい)。
  • クラスターまたはハード_ディスク上のセクターのサイズは、MS-DOS Version 6. 0 または 6. 2 と互換性です。
  • ハード_ディスクの空き領域には、4 つ以上のプライマリ パーティションがあります。
  • プライマリ DOS パーティションにアクセスできません。
  • MS-DOS のセットアップ プログラムと互換性のないディスク パーティションのプログラムは、ハード_ディスクのパーティションに使用されました。
  • プライマリ DOS パーティションと、セットアップに互換性が MS-DOS のプログラム。 (この場合がある場合、セットアップを実行しようと、エラー メッセージが表示されます。)
上記の理由により、ハード_ディスクの空き領域を再パーティションするが必要ですしないがまだしたいと考えて、「オプションでパーティションの再作成、ハード ディスク」この文書の末尾に表示します。 作り直すことがなく MS-DOS バージョン 6. 0 または 6. 2 をインストールできないことを判断した場合は、プロシージャで、パーティションを再「準備を作成」説明使用します。

警告: ハード_ディスクを再パーティションするとされなく使えますアンインストール ディスク MS-DOS の以前のバージョンに戻ります。

パーティションを再作成する準備をしています

ハード_ディスクの空き領域を分割するにする必要は次があります。

  • ハード_ディスクの空き領域をバックアップするための十分なフロッピー ディスク。 フロッピー ディスクはフォーマットされて新しく確認します。
  • MS-DOS 6. 0 または 6. 2 をインストールする 1 つフロッピー ディスク。
パーティションのハード_ディスクを再作成を行います。

  • MS-DOS 起動ディスクを作成します。
  • ハード_ディスクのバックアップ
  • パーティションは Fdisk を使用して、ハード_ディスクの再作成プログラム
  • ハード_ディスクをフォーマットします。
  • バックアップ ファイルを復元します。
  • MS-DOS 6. 0 または 6. 2 に、システムのアップグレード

    再警告: ディスクの管理、SpeedStor(R)、Priam(R)、や Everex などのソフトウェア MS-DOS とハード ディスク コントローラー間のやり取りで、BIOS を置換するを使用している場合はいないパーティション ハード_ディスク、MS-DOS の Fdisk でプログラム。 ハード_ディスクのパーティションに最初に使用したディスクのパーティション分割プログラムを使用代わりに。

    確認するかどうかディスクのパーティション分割プログラムはこれらのいずれか、コンピューターに、次ファイルを検索: DMDRVR.BIN (ディスクの管理)、SSTOR.SYS (SpeedStor)、HARDRIVE.SYS (Priam)、および EVDISK.SYS (Everex)。 作り直すでヘルプが必要またはが不明な BIOS が置き換えられるかどうか、元ディスクのパーティション分割ソフトウェアの製造元に問い合わせてください。

起動ディスクを作成します。

まず、MS-DOS Version 6. 0 または 6. 2 の起動ディスクを作成します。 Ddeml.dll ファイル (または、エラー メッセージに表示されたファイル) をシステム レジストリに登録します:

  1. コンピューターは、現在のバージョンの MS-DOS で起動します。
  2. ドライブ A に挿入します。 に MS-DOS 6. 0 または 6. 2 のセットアップ ディスク 1 を挿入します。
  3. A:SETUP/F MS-DOS で入力をコマンド プロンプトで押し、画面に表示される指示に従います。

    セットアップは、フロッピー ディスクにキーの MS-DOS ファイルを展開します。 このフロッピー ディスク、展開されたファイルを使用して一時的に MS-DOS バージョン 6. 0 または 6. 2 を実行します。

ファイルのバックアップ

すべてのパーティションと、ハード_ディスクの論理ドライブごとにファイルをバックアップする必要があります。

警告: Fdisk プログラムを使用する前にファイルをバックアップを確認します。 削除するパーティションを変更するかと、パーティション上のすべてのファイルが削除されます。

MS-DOS BACKUP コマンドを使用して、MS-DOS コマンド プロンプトで、次を入力して Enter キーを押してフロッピー ディスクに、ハード_ディスク上のすべてのファイルをバックアップします。
バックアップ <drive>: \ *. * <floppy>:/s
どこ <drive> は、ハード ディスク ドライブであり、<floppy> は、フロッピー ディスク ドライブ。 /S スイッチを指定すべてディレクトリ内のすべてのファイルをバックアップすることを指定します。 たとえば、フロッピー ディスク ドライブのディスクにハード ディスク ドライブ C 上のすべてディレクトリ内のすべてのファイルをバックアップ、する次のコマンドを入力して、Enter キーを押します。
バックアップの c:\*.* A:/s
注: すべてのパーティションと、ハード_ディスクの論理ドライブごとにファイルのバックアップのバックアップ コマンドを使用します。

MS-DOS 6. 0 および 6. 2 に用意されているコマンドと互換性がありますので、現在のバージョンの MS-DOS BACKUP コマンドを使用できます。 MS-DOS 6. 0 および 6. 2 は、全画面表示のバージョンの MS-DOS 用の Microsoft バックアップと Windows のバックアップに含まれて、あるためバックアップの MS-DOS コマンド プロンプト バージョンは製品に含まれません。 ただし、コマンドが提供されます。

注: 現在のバージョンのバックアップ コマンドを使用して、パーティションの再作成する前にする必要があります、いくつかのファイル バックアップし、ファイルを復元する MS-DOS 6 のアップグレードまたは MS-DOS 6. 2 のアップグレードに用意されている復元コマンドを使用です。 これは、相手先ブランド供給 (OEM) のバージョンの MS-DOS 復元コマンドと互換性のないバックアップを使用しないようにする安全対策として、として実行する必要があります。

BACKUP と RESTORE を使用してたくない場合 Fastback、Norton Utilities(R) バックアップ、PC ツール バックアップ」、およびなどなど、サード パーティ製のバックアップ プログラムを使用できます。

ハード ディスク パーティションの再作成

パーティションのハード_ディスクを再作成を行います。

  • 非 MS-DOS パーティションを削除します。
  • システムにある場合、拡張 DOS パーティション内の論理ドライブを削除します。
  • システムが 1 つに、拡張 DOS パーティションを削除
  • 任意のプライマリ DOS パーティションを削除します。
  • 新しいプライマリ DOS パーティションの作成
  • パーティションの最大のディスク サイズを指定し、パーティションをアクティブにすること
ハード_ディスクの空き領域を再パーティションする前に確認各パーティションのボリューム ラベルをメモしてください。 後でこの情報が必要になります。 ハード ディスク ドライブのボリューム ラベルについては、入力、次の MS-DOS コマンド プロンプトでして押します
vol <drive>:
<drive> には、ハード ディスク ドライブが入ります。 たとえば、ドライブ C のボリューム ラベルを決定する場合は、次のコマンドを入力します。
vol c:
ハード_ディスクの空き領域を再パーティション。

  1. 実行されていない既に MS-DOS 6. 0 または 6. 2、起動ディスクをドライブ A に挿入して後を Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del キーを押してコンピューターを再起動します。
  2. いない場合に、起動ディスクの作成」セクションで、プロシージャを使って作成した) を起動ディスク、ドライブ A に挿入します。 に挿入します。
  3. MS-DOS コマンド プロンプト、 FDISK を入力して Enter キーを押します。 [FDISK オプション画面が表示されます。
        -----------------------------------------------------------------
                              MS-DOS Version 6.2
                           Fixed Disk Setup Program
                    (C)Copyright Microsoft Corp. 1983-1993
    
                                 FDISK Options
    
        Current fixed disk drive: 1
    
        Choose one of the following:
    
        1. Create DOS partition or Logical DOS Drive
        2. Set active partition
        3. Delete partition or Logical DOS Drive
        4. Display partition information
    
    
        Enter choice: [1]
    
        Press ESC to exit FDISK
        -----------------------------------------------------------------
  4. 削除パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブを選択する 3 キーを押してして、Enter を押します。 削除 DOS パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブ画面が表示されます。
        -----------------------------------------------------------------
                   Delete DOS Partition or Logical DOS Drive
    
        Current fixed disk drive: 1
    
        Choose one of the following:
    
        1. Delete Primary DOS Partition
        2. Delete Extended DOS Partition
        3. Delete Logical DOS Drive(s) in the Extended DOS Partition
        4. Delete Non-DOS Partition
    
        Enter choice: [ ]
    
        Press ESC to return to FDISK Options
        -----------------------------------------------------------------
  5. パーティションのいずれかが、このサード パーティ製のディスク (作成された場合ユーティリティまたはインストール プログラムを分割 4 非 MS-DOS パーティションの削除] を選択するキーを押してして、Enter を押します。 すべてのパーティションは、MS-DOS で作成された場合は、Esc キーを押して、FDISK オプション画面に戻りますしてこの手順の 10 の手順に進んでください。

    選択したオプション 4 を削除しない場合 DOS パーティション画面が表示されます。
        -----------------------------------------------------------------
                           Delete Non-DOS Partition
    
        Current fixed disk drive: 1
    
        Partition  Status  Type   Volume Label  Mbytes System Usage
        C: 1         A    PRI DOS                 23    FAT16  33%
           2              Non-DOS                 23           33%
           3              EXT DOS                 23           33%
    
        Total disk space is 69 Mbytes (1 Mbyte=1048576 bytes)
    
        WARNING! Data in the deleted Non-DOS Partition will be lost.
        What non-DOS partition do you want to delete..? [1]
    
        Press ESC to return to FDISK Options
        -----------------------------------------------------------------
  6. を削除するパーティションの数を入力して Enter キーを押します。
  7. 削除の確認、Y を押して Enter キーを押します。
  8. Esc キーを押して FDISK オプション] 画面に戻ります。
  9. サード パーティのディスク パーティション ユーティリティをインストール プログラムで作成された他のパーティションがある場合は、手順 4 〜 8 を繰り返します。
  10. FDISK オプション] メニューの [画面になります。 MS-DOS で作成されているパーティションがある場合、押して [3 を削除パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブを選択し、Enter キーを押します。

    選択した場合オプション 3 [FDISK オプション画面で、削除 DOS パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブ] 画面が表示されます。
  11. 論理ドライブがある場合に [削除] をクリックする 3 キーを押して論理 DOS Drive(s) で、拡張 DOS パーティションと Enter キーを押します。 削除論理 DOS Drive(s) で、拡張 MS-DOS 領域の画面が表示されます。 任意の論理ドライブがあるわからない場合手順 19 に進みます。
        -----------------------------------------------------------------
           Delete Logical DOS Drive(s) in the Extended DOS Partition
    
        Drv  Volume  Label  Mbytes  System   Usage
        D:                    15     FAT12    65%
        E:                     8     FAT12    35%
    
        Total Extended DOS Partition size is 23 Mbytes (1 MByte=1048576
        bytes)
    
        WARNING! Data in a deleted Logical DOS Drive will be lost.
        What drive do you want to delete.........................? [ ]
    
        Press ESC to return to FDISK Options
        -----------------------------------------------------------------
  12. 削除し、Enter キーを押すドライブ文字を入力します。
  13. ある場合、ボリューム ラベルを入力し、Enter をキーを押します。
  14. 削除の確認、Y キーを押して、Enter キーを押します。
  15. 他の論理ドライブを削除してもよろしいですかがある場合は、手順上の 12 〜 14 を繰り返します。
  16. すべての論理ドライブを削除したら、Esc キーを押します。 情報の画面が表示されます。
  17. Esc キーを押して、FDISK オプションの画面に戻りますをもう一度します。
  18. 削除パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブを選択し、Enter キーを押して 3 キーを押します。 削除 DOS パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブ画面が表示されます。
  19. 拡張 DOS パーティションの削除を選択し、Enter キーを押して 2 を押します。 拡張 MS-DOS 領域の削除画面が表示されます。 拡張 DOS パーティションはすべてがあるわからない場合 21 の手順に進みます。
        -----------------------------------------------------------------
                         Delete Extended DOS Partition
    
        Current fixed disk drive: 1
    
        Partition  Status    Type    Volume Label  Mbytes  System  Usage
        C: 1          A     PRI DOS                  23     FAT16   33%
           2                EXT DOS                  23             33%
    
        Total disk space is 69 Mbytes (1 Mbyte=1048576 bytes)
    
        WARNING! Data in the deleted Extended DOS Partition will be lost.
        Do you wish to continue (Y/N)........................? [N]
    
        Press ESC to return to FDISK Options
        -----------------------------------------------------------------
  20. 削除の拡張 DOS パーティション、Y を押します Enter キーを押してすることを確認します。
  21. Esc キーを押して FDISK オプション] 画面に戻ります。
  22. 削除パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブを選択し、Enter キーを押して 3 キーを押します。 削除 DOS パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブ画面が表示されます。
  23. プライマリ DOS パーティションの削除を選択し、Enter キーを押してください。 1 キーを押してください。 プライマリ DOS パーティションの削除画面が表示されます。
        -----------------------------------------------------------------
                         Delete Primary DOS Partition
    
        Current fixed disk drive: 1
    
        Partition  Status    Type    Volume Label  Mbytes  System  Usage
        C: 1          A     PRI DOS                  23     FAT16   33%
    
        Total disk space is 69 Mbytes (1 Mbyte=1048576 bytes)
    
        WARNING! Data in the deleted Primary DOS Partition will be lost.
        What primary partition do you want to delete..? [1]
        Enter volume label...............................? [           ]
    
        Press ESC to return to FDISK Options
        -----------------------------------------------------------------
  24. Enter キーを押して、プライマリ パーティションの削除をします。
  25. 1 つある場合、ボリューム ラベルを入力し、Enter をキーを押します。
  26. 削除の確認、Y キーを押して、Enter キーを押します。
  27. Esc キーを押して FDISK オプション] 画面に戻ります。
  28. Enter キーを押して作成、DOS パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブの選択をします。 作成 DOS パーティションまたは論理 MS-DOS ドライブ画面が表示されます。
        -----------------------------------------------------------------
                   Create DOS Partition or Logical DOS Drive
    
        Current fixed disk drive: 1
    
        Choose one of the following:
    
        1. Create Primary DOS Partition
        2. Create Extended DOS Partition
        3. Create Logical DOS Drive(s) in the Extended DOS Partition
    
        Enter choice: [1]
    
        Press ESC to return to FDISK Options
        -----------------------------------------------------------------
  29. Enter キーを押してプライマリ DOS パーティションの作成の選択をします。 プライマリ DOS パーティションの作成画面が表示されます。
        -----------------------------------------------------------------
                         Create Primary DOS Partition
    
        Current fixed disk drive: 1
    
        Do you wish to use the maximum available size for a Primary DOS
        Partition and make the partition active (Y/N)..............?[Y]
    
        Press ESC to return to FDISK Options
        -----------------------------------------------------------------
  30. Enter キーを押して、パーティションの最大サイズを指定し、パーティションをアクティブをします。
  31. 起動ディスクがドライブ A を確認し、キーを押します。

ハード_ディスクのフォーマット

書式を設定するまでは、ハード_ディスクの空き領域を使用できません。

ハード_ディスクの空き領域を書式設定。

  1. 実行するがして確認 MS-DOS 6. 0 または 6. 2、起動ディスクから。
  2. 次の MS-DOS コマンド プロンプトで入力して押します
    形式 <drive>:/s
    <drive> には、ハード ディスク ドライブが入ります。 たとえば、ハード ディスク ドライブがドライブ C に場合、次のコマンドを入力します。
    c:/s の形式
  3. Y キーを押すとし、Enter 書式設定を続行するキーを押します。
  4. 書式設定が完了すると、入力ボリューム ラベルを 1 つを選択して Enter キーを押します。

ファイルの復元

これで、ファイルをバックアップしておいた復元できます。 Fastback などのサードパーティ プログラム、ファイルをバックアップする使わを同じプログラムを使用してファイルを復元します。 場合 MS-DOS BACKUP コマンドを使用する、MS-DOS の RESTORE コマンドを使ってそれらを復元をします。

MS-DOS RESTORE コマンドを使用して、ファイルを復元。

  1. 起動ディスクをドライブ A に挿入します。 に挿入します。
  2. 次の MS-DOS コマンド プロンプトで入力して押します
    復元 <drive1>: <drive2>: \ *. */s
    場所 < drive1 > をバックアップ ファイルが格納されているドライブを指定し、<drive2> は、ハード ディスク ドライブ。 たとえば場合、ハード ディスク ドライブがドライブ C にバックアップ ディスク ドライブ A に挿入する、次のコマンドを入力します。
    A: c:\*.*/s を復元します。
    /S スイッチを指定はすべてのファイルをバックアップしたすべてのサブディレクトリに復元します。
  3. 次のメッセージを求められる場合は、起動ディスクを挿入します。
    \COMMAND.COM でディスクをドライブ A に挿入します。
  4. その他のバックアップ ディスクがある場合は、手順 2 と 3 を繰り返します。 たとえば、ドライブ D. のバックアップ ディスクのセットがあります。

MS-DOS 6. 0 または MS-DOS 6. 2 へのアップグレード

今すぐ MS-DOS バージョン 6. 0 または 6. 2 に、システムをアップグレードできます。 アップグレード。

  1. A. のドライブにセットアップ ディスク 1 を挿入します。
  2. MS-DOS コマンド プロンプトでは、 A:SETUP の入力し、Enter キーを押します。
  3. MS-DOS をインストールする画面の指示に従って続行します。

    注: システムを再起動する前にドライブ A が確認空です。

必要に応じてをライセンス認証作り直す

MS MS-DOS バージョン 6. 0 または 6. 2 をインストールするハード_ディスクを再分割するにはない、する場合はここで説明した手順を実行します。 ある 2 つ選択肢必要に応じてハード_ディスクの空き領域パーティションの再作成するとき:

  • MS-DOS バックアップおよび復元コマンドの現在のバージョンを使用してパーティションを準備する際に、ハード_ディスクの空き領域をバックアップします。 - または -

  • パーティションを準備する際、Microsoft バックアップ プログラム (MSBACKUP) を使用するには MS-DOS バージョン 6. 0 または 6. 2 をインストール最初。

    このオプションは、MS-DOS 2 回 (前に 1 回と 1 回の後、パーティション) をインストールする必要があります、中に Microsoft バックアップ プログラムを使用してでは多くの詳細オプション、データのバックアップ時。
ハード_ディスク使用してにパーティション MS-DOS バージョン 6. 0 または 6. 2: 作成します。

  1. A. のドライブにセットアップ ディスク 1 (最初のインストール ディスクの) を挿入します。
  2. MS-DOS コマンド プロンプトで A:SETUP を入力して、押しし、最初のいくつかの画面で、指示に従ってください。 「次のプログラムは、コンピューターにインストールできる」で始まる画面で、「バックアップ:」の既定設定を確認します。 この設定は Windows のみまたは MS-DOS のみのいずれかになります。
  3. パーソナル コンピューターにインストールされている Microsoft Windows を持っている場合は MS-DOS を含むにバックアップ設定を変更します。 いずれかのバックアップを選択できます: MS-DOS のみ] オプションまたは、バックアップ: Windows と MS-DOS オプション。
  4. MS-DOS をインストールする指示に従う続行します。
  5. システムを再起動する前に必ず中を空ドライブ A にしてください。
  6. A. のドライブにセットアップ ディスク 1 (最初のインストール ディスクの) を挿入します。
  7. スタートアップと呼ばれる起動フロッピー ディスクを作成、MS-DOS コマンド プロンプトで A:SETUP/F を入力し Enter キーを押します。 画面の指示をに従ってください。
  8. MS-DOS コマンド プロンプトで MSBACKUP を入力して Enter キーを押してには、Microsoft バックアップ プログラムを実行します。 ハード_ディスク上のすべてのパーティションの完全バックアップを作成します。
  9. MS-DOS コマンド プロンプト、 FDISK を入力して Enter キーを押します。 これがプロシージャ ハード_ディスクのパーティションを開始します。 Microsoft MS-DOS 6 の第 8 章ハード_ディスクを構成する Fdisk の使用」を参照して「ユーザーズ ガイド」。
  10. ドライブ A の起動ディスク (手順 7 で作成した) の挿入し、パーティションのすべての書式設定します。 ハード ディスク ドライブを書式設定をするときは (これはシステム ファイルを起動ドライブをので、ハード ディスク ドライブ)/S スイッチ使用します。 たとえば、入力を要求して、押します、MS-DOS で次のコマンド
    形式 <drive>:/s
    <drive> には、ハード ディスク ドライブが入ります。 たとえば、ハード ディスク ドライブがドライブ C に場合、次のコマンドを入力します。
    c:/s の形式
  11. MS-DOS ハード_ディスクをインストール、新たに分割します。 必ず、MS-DOS のバージョンの Microsoft バックアップ プログラムをインストールします。
  12. MS-DOS コマンド プロンプトで MSBACKUP を入力して Enter キーを押して、データを復元バックアップを実行します。 MS-DOS バックアップ プログラム、データをバックアップする使わする、MS-DOS の RESTORE コマンドを使用して復元します。


下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:
元に戻す画像を拡大する
Download
Download Pd0771.exe now
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

プロパティ

文書番号: 106423 - 最終更新日: 2004年8月9日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.21 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbdownload kbgraphxlinkcritical kbmt KB106423 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:106423
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com