[ACC Visual とアクセスの基本は、コンパイラの両方と、インタープリター

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 109382 - 対象製品
初心者 : シングルユーザー コンピュータのユーザー インターフェイスに関する知識が必要です。

すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ここでは、Visual Basic アプリケーションのプログラミング言語 (または 2. 0 またはそれ以前のバージョンの Access プログラミング言語) が、コンパイル済みの言語であるか、インタプリタ言語について説明します。

詳細

C などの従来のコンパイル言語では、人間が判読できるソース コードを machine-readable、および [速く]、オブジェクト コードにコンパイルします。 これらオブジェクト プログラムを使用する実行可能ファイルにリンクするが必要。 コードが完全にコンパイルまで、構文エラーは通常配置されません。 (コンパイラの解析は例外です)。

QBasic をなどの従来のインタープリター言語使用インタープリター コードの各行を読み取りを記述するときにコンピューター命令に変換します。 このメソッドの利点は、それを記述すると、インタープリター コードをテストできますです。 場合によってはでこの行ごとの解釈は低速できます。

Visual Basic のコンパイルと解釈の両方の言語の要素を組み込みます。 Visual Basic がバックグラウンドでこの解釈を実行し、この解釈のため、パフォーマンスの低下を見られませんが、記述するコードの各行を解釈します。

Microsoft Access はこの解釈、に加えて p-コード、または次の擬似コードと呼ばれるコードのコンパイルと解釈の組み合わせに、コードもコンパイルします。 この p-コードはインタープリター コードよりも速く実行されます。 コンパイルは、最初に、コードを実行するとき、または、[ファイル名を指定して実行] </a0> メニューの [すべてのコンパイル クリックすると、場所。

Microsoft Access 97 はコンパイルとセキュリティで保護されたデータベース アプリケーションを保つ別メカニズムも提供します。 この機能は、MDE ファイルの作成と呼ばれます。 アプリケーション コードは、Visual Basic のテキスト形式を削除し、だけバイナリ コンパイル p-コードを格納します。

データベースに、MDE ファイルすべてのモジュールをコンパイルすると、データベースを保存する Visual Basic コードが含まれている場合、すべての編集可能ソース コードを削除し、レプリケーション先データベースを圧縮します。 Visual Basic コード続行を実行するが表示または編集をすることはできませんし、コードの削除のため、データベースのサイズが縮小します。

次の操作を防止するデータベースを MDE ファイルとして保存します。
  • 表示、変更、またはフォームを作成、ビュー レポートまたはモジュールのデザインにします。
  • オブジェクト ライブラリまたはデータベースへの参照の追加、削除、または変更します。
  • MDE ファイルにソース コードが含まれていないので、プロパティまたは Microsoft Access または VBA オブジェクト モデルのメソッドを使用してコードを変更します。
  • [オプション] ダイアログ ボックスを使用して、データベースの VBA プロジェクト名を変更します。
  • インポートや、フォーム、レポート、またはモジュールをエクスポートします。 ただし、テーブル、クエリ、およびマクロはからインポートまたは -MDE 以外のデータベースにエクスポートします。 すべてのテーブル、クエリ、または、MDE データベース内のマクロを別のデータベースがないフォーム、レポートにインポートすることができます。 またはモジュールを別のデータベースにインポートすることができます。

プロパティ

文書番号: 109382 - 最終更新日: 2007年1月18日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 1.0 Standard Edition
  • Microsoft Access 1.1 Standard Edition
  • Microsoft Access 2.0 Standard Edition
  • Microsoft Access 95 Standard Edition
  • Microsoft Access 97 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbprogramming kbmt KB109382 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:109382
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com