プログラムでは、エディット コントロールにテキストを追加するには、方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 109550
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows ベースのアプリケーションは多くの場合、編集コントロールを使用してテキストを表示するのには。これらアプリケーションが、エディット コントロールの末尾にテキストを追加する必要があります。既存のテキストを置き換えるのではなく。行うには、2 つの方法があります。次のウィンドウで。
  • メッセージを EM_SETSEL と EM_REPLACESEL を使用します。
  • クリップボード関数を EM_SETSEL メッセージを使用してテキストを追加するのにはエディット コントロールのバッファーです。

詳細

メモ: EM_SETSEL メッセージ用のメッセージ パラメーターであるため32 ビット版と 16 ビット バージョンは、次のように異なるコードで Win32 マクロを使用してビルド時に、16 または 32 ビットの場合を判断するにはビット アプリケーションです。

EM_SETSEL メッセージは、選択範囲内のテキストの配置に使用できる、Windows は、コントロールを編集します。開始および終了範囲の位置にある場合同じ位置に設定すると、選択範囲がないとの直前にキャレットを置くことができます。その位置です。Windows エディット内のテキストの末尾にキャレットを配置するのには制御、エディット コントロールにフォーカスを設定、次の操作を行います。
   HWND hEdit = GetDlgItem (hDlg, ID_EDIT);
   int ndx = GetWindowTextLength (hEdit);
   SetFocus (hEdit);
   #ifdef WIN32
      SendMessage (hEdit, EM_SETSEL, (WPARAM)ndx, (LPARAM)ndx);
   #else
      SendMessage (hEdit, EM_SETSEL, 0, MAKELONG (ndx, ndx));
   #endif
カレットはエディット コントロールの末尾に配置され、使用できます、EM_REPLACESEL エディット コントロールにテキストを追加します。アプリケーションを送信します。編集、現在の選択範囲を置き換えるには、EM_REPLACESEL メッセージlpszReplace (lParam) のパラメーターで指定されたテキストを次のように制御します。現在の選択範囲がないために、置換後の文字列が挿入されます。現在のカレット位置。次の使用例が、選択範囲の末尾に設定します。エディット コントロールと、バッファー内のテキストを挿入します。
   #ifdef WIN32
      SendMessage (hEdit, EM_SETSEL, (WPARAM)ndx, (LPARAM)ndx);
   #else
      SendMessage (hEdit, EM_SETSEL, 0, MAKELONG (ndx, ndx));
   #endif
      SendMessage (hEdit, EM_REPLACESEL, 0, (LPARAM) ((LPSTR) szBuffer));
				
エディット コントロールにテキストを挿入する別の方法として、Windows を使用しています。クリップボード。アプリケーションを開くクリップボードまたは、都合のよい場合クリップボードを開き、ことができ、クリップボードにテキストをコピーするにはエディット コントロールにテキストを追加するのには、WM_PASTE メッセージを送信します。もちろん、クリップボードのデータはすべて失われます。

WM_PASTE メッセージを送信する前に、カレットの最後に置く必要があります。EM_SETSEL メッセージを使用して、エディット コントロールのテキスト。「擬似」コードを次に示しますこのメソッドを実装する方法を示しています。
   OpenClipBoard () ;
   EmptyClipBoard() ;
   SetClipBoardData() ;

   #ifdef WIN32
      SendMessage (hEdit, EM_SETSEL, (WPARAM)ndx, (LPARAM)ndx);
   #else
      SendMessage (hEdit, EM_SETSEL, 0, MAKELONG (ndx, ndx));
   #endif
      SendMessage (hEdit, WM_PASTE,   0, 0L);
				
この「擬似」コード エディット コントロールの末尾にテキストを追加します。注意してください。データをクリップボードに CF_TEXT 形式でする必要があります。

プロパティ

文書番号: 109550 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbeditctrl kbctrl kbmt KB109550 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:109550
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com