Net Logon サービスのデバッグ ログを有効にします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 109626
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Net Logon と、必要なデバッグ Dll のデバッグ バージョンを使用して、デバッグ情報のログ記録を有効にするのには、手順について説明します。

詳細

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
私たちを有効にするか、Net Logon サービスのデバッグ ログを無効にするのを参照してください、"私の問題を修正します。」に記載します。自分でこの問題を解決する場合は、"自身で修正することができます。」に記載します。

私の問題を修正します。



自動的にこの問題を解決するをクリックして、 問題を修正します。 ボタンまたはリンクします。で、 [ファイルのダウンロード ダイアログ ボックス、クリックして 実行、し、修正プログラムの手順、ウィザード。

デバッグ ログを有効にします。
Microsoft Fix it 50654
デバッグ ログ出力を無効にします。
Microsoft Fix it 50668


メモ
  • この修正プログラム、コンピューターがドメインの一部でない場合は、ソリューションが動作しません。
  • このウィザードは英語でのみことがあります。ただし、自動修正も他の言語バージョンの Windows 用に動作します。
  • 問題を修正保存がコンピューター上にない場合は、ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD にし、問題のあるコンピューターで実行します。

次に、移動を"この問題は解決しましたか。」に記載します。



自身で修正することができます。

トレースを含める Netlogon.dll のバージョンは、デフォルトでインストールされます。デバッグ ログを有効にするには、レジストリにし、次の手順を使用して、サービスを再起動する、デバッグ フラグを設定します。
  1. Regedt32 プログラムを起動します。
  2. Reg_SZ 値の次のレジストリ エントリを削除、REG_DWORD 値を作成します。同じ名前、2080FFFF の 16 進値を追加します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters\DBFlag
  3. コマンド プロンプトで net stop netlogon、し、入力 net start netlogon.これは、デバッグ ログ記録をできます。
  4. デバッグ ログ出力を無効にするには、データ値を変更します。 0x0 次のレジストリ キーに。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters\DBFlag
  5. Regedt32 を終了します。
  6. Net Logon を停止し、[Net Logon] を再起動します。

    メモ
    • Net Logon を再起動すると、Net Logon 関連アクティビティ %windir%\debug\netlogon.log に記録されます。
    • Netlogon.log ファイルの最大サイズを指定するのには、MaximumLogFileSize レジストリ エントリを使用できます。既定では、このレジストリ エントリが存在しないされ、Netlogon.log ファイルの既定の最大サイズは 20 MB です。ファイルが 20 MB に達すると、Netlogon.bak には、名前を変更し、新しい Netlogon.log ファイルが作成されます。このレジストリ エントリは、次のパラメーターがあります。

      パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
      値の名前: MaximumLogFileSize
      値の種類: REG_DWORD
      [値のデータ:<maximum log="" file="" size="" in="" bytes=""></maximum>
    • Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、ログ ファイルのサイズを構成するのには、次のグループ ポリシーを使用できます。
      \Computer Configuration\Administrative Templates\System\Net Logon\Maximum ログ ファイルのサイズ
メモ 別の方法として、レジストリを使用せず、dbflag を設定できます。実行します、次のコマンドをコマンド プロンプトから。
nltest/dbflag:0x2080ffff
Nltest は、Windows Server 2008 の一部として含まれているし、も一部のサポート ツール パッケージを Windows Server 2003 のインストール メディア上の Windows XP、および Windows 2000 で利用可能です。

デバッグが完了したら、実行できます、 nltest/dbflag:0x0 デバッグ フラグが 0 にリセットするのには、コマンド プロンプトからコマンド。詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
247811Windows でのドメイン コント ローラーのあります。
189541 Netlogon.dll のチェックを使用してアカウントのロックアウトを追跡するには

この問題は解決しましたか。

  • この問題を解決するかどうかを確認してください。この問題を解決する場合は、このセクションで完了です。問題が解決しない場合は、 サポートにお問い合わせください。.
  • 私たちはフィードバックをおを待ちします。フィードバックを提供するまたはここで問題を報告するには、してください、コメントを残す、"私の問題を修正します。"ブログまたは送信します。 電子メール.
メモ これは、この資料の公開バージョンです。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
// Windows Server 2008, Windows Vista, Windows Server 2003, Windows 2000 Debug flags and their values
//////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


#define NL_INIT          0x00000001 // Initialization
#define NL_MISC          0x00000002 // Misc debug
#define NL_LOGON         0x00000004 // Logon processing
#define NL_SYNC          0x00000008 // Synchronization and replication
#define NL_MAILSLOT      0x00000010 // Mailslot messages
#define NL_SITE          0x00000020 // Sites
#define NL_CRITICAL      0x00000100 // Only real important errors
#define NL_SESSION_SETUP 0x00000200 // Trusted Domain maintenance
#define NL_DOMAIN        0x00000400 // Hosted Domain maintenance
#define NL_2             0x00000800
#define NL_SERVER_SESS   0x00001000 // Server session maintenance
#define NL_CHANGELOG     0x00002000 // Change Log references
#define NL_DNS           0x00004000 // DNS name registration

// 
// Very verbose bits
// 

#define NL_WORKER        0x00010000 // Debug worker thread
#define NL_DNS_MORE      0x00020000 // Verbose DNS name registration
#define NL_PULSE_MORE    0x00040000 // Verbose pulse processing
#define NL_SESSION_MORE  0x00080000 // Verbose session management
#define NL_REPL_TIME     0x00100000 // replication timing output
#define NL_REPL_OBJ_TIME 0x00200000 // replication objects get/set timing output
#define NL_ENCRYPT       0x00400000 // debug encrypt and decrypt across net
#define NL_SYNC_MORE     0x00800000 // additional replication dbgprint
#define NL_PACK_VERBOSE  0x01000000 // Verbose Pack/Unpack
#define NL_MAILSLOT_TEXT 0x02000000 // Verbose Mailslot messages
#define NL_CHALLENGE_RES 0x04000000 // challenge response debug
#define NL_SITE_MORE     0x08000000 // Verbose sites

// 
// Control bits.
// 

#define NL_INHIBIT_CANCEL 0x10000000 // Don't cancel API calls
#define NL_TIMESTAMP      0x20000000 // TimeStamp each output line
#define NL_ONECHANGE_REPL 0x40000000 // Only replicate one change per call
#define NL_BREAKPOINT     0x80000000 // Enter debugger on startup
				

プロパティ

文書番号: 109626 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbusage kbmt kbfixme kbmsifixme KB109626 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:109626
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com