情報: Visual Basic でサービスの名前付け規則をマイクロソフトのコンサルティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 110264
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Visual Basic の名前付け規則を確立することをお勧めしますコードです。この資料で、マイクロソフトが使用する名前付け規則を提供します。コンサルティング サービス (MCS)。

このドキュメントがある Visual Basic のコーディング規則のスーパー セットです。Visual Basic 『 プログラマーズ ガイド 』。

注: この資料に記載されているサードパーティ製のコントロールが製造されていますベンダーがマイクロソフトと関連の。マイクロソフト、黙示の保証を負わないまたは、これらのコントロールのパフォーマンスや信頼性についてします。

詳細

名前付け規則 Visual Basic プログラマをことが。

  • スタイルとは、アプリケーションのロジックをコーディングする構造を標準化します。
  • 読み取りは、明確な正確なソース コードを作成します。
  • 他の言語の規則に一致する (最も重要である、Visual Basic のプログラマ ガイド」および「標準的な Windows C ハンガリー表記)。
  • 文字列のサイズを効率的であり、のでがの観点は、技術者を派遣します。大きい機会を長くし、詳細をオブジェクト名。
  • 前述の処理に必要な最小限の要件を定義します。

[環境] オプションの設定

明示的なオプションを使用します。プログラミングの時点で保存するのには、すべての変数を宣言します。(たとえば、aUserNameTmp とのミスによって発生するバグの数を減らすsUserNameTmp) と sUserNameTemp。[環境] オプションのダイアログ ボックスを設定します。[はい] を変数の宣言が必要です。Option Explicit ステートメントが必要です。Visual Basic プログラム内のすべての変数を宣言します。ASCII テキストとしてファイルを保存します。フォームを保存する (。FRM) およびモジュール (。Ascii 形式の BAS) ファイルバージョンの使用を容易にする制御システム及びを最小限に抑える、ディスクの破損が可能性があります破損します。さらに、次のようなことができます。

  • 独自のエディターを使用します。
  • 正規表現などの自動化ツールを使用します。
  • Visual Basic のコードの生成または CASE ツールを作成します。
  • Visual Basic コードの外部の分析を実行します。
Visual Basic の ASCII テキストとしては、環境からは、常にファイルを保存するにはオプション ダイアログ ボックスで、テキストを保存の形式と既定のオプションを設定します。

標準的なオブジェクトのオブジェクトの名前付け規則

次の表は、MCS の標準のオブジェクト名プレフィックスを定義します。これらプレフィックスと、Visual Basic に記載されている一貫しています。プログラマのガイドです。
Prefix    Object Type                           Example
-------------------------------------------------------
ani       Animation button                      aniMailBox
bed       Pen Bedit                             bedFirstName
cbo       Combo box and drop down list box      cboEnglish
chk       Checkbox                              chkReadOnly
clp       Picture clip                          clpToolbar
cmd (3d)  Command button (3D)                   cmdOk (cmd3dOk)
com       Communications                        comFax
ctr       Control (when specific type unknown)  ctrCurrent
dat       Data control                          datBiblio
dir       Directory list box                    dirSource
dlg       Common dialog control                 dlgFileOpen
drv       Drive list box                        drvTarget
fil       File list box                         filSource
frm       Form                                  frmEntry
fra (3d)  Frame (3d)                            fraStyle (fra3dStyle)
gau       Gauge                                 gauStatus
gpb       Group push button                     gpbChannel
gra       Graph                                 graRevenue
grd       Grid                                  grdPrices
hed       Pen Hedit                             hedSignature
hsb       Horizontal scroll bar                 hsbVolume
img       Image                                 imgIcon
ink       Pen Ink                               inkMap
key       Keyboard key status                   keyCaps
lbl       Label                                 lblHelpMessage
lin       Line                                  linVertical
lst       List box                              lstPolicyCodes
mdi       MDI child form                        mdiNote
mpm       MAPI message                          mpmSentMessage
mps       MAPI session                          mpsSession
mci       MCI                                   mciVideo
mnu       Menu                                  mnuFileOpen
opt (3d)  Option Button (3d)                    optRed (opt3dRed)
ole       OLE control                           oleWorksheet
out       Outline control                       outOrgChart
pic       Picture                               picVGA
pnl3d     3d Panel                              pnl3d
rpt       Report control                        rptQtr1Earnings
shp       Shape controls                        shpCircle
spn       Spin control                          spnPages
txt       Text Box                              txtLastName
tmr       Timer                                 tmrAlarm
vsb       Vertical scroll bar                   vsbRate
				

データベース オブジェクトのオブジェクトの名前付け規則

Prefix        Object Type          Example
------------------------------------------
db            ODBC Database        dbAccounts
ds            ODBC Dynaset object  dsSalesByRegion
fdc           Field collection     fdcCustomer
fd            Field object         fdAddress
ix            Index object         ixAge
ixc           Index collection     ixcNewAge
qd            QueryDef object      qdSalesByRegion
qry (suffix)  Query (see NOTE)     SalesByRegionQry
ss            Snapshot object      ssForecast
tb            Table object         tbCustomer
td            TableDef object      tdCustomers

				
注: クエリでサフィックスを使用してソートするには、各クエリができますそのMicrosoft Access のダイアログ ボックス ([テーブルの追加、リスト テーブルに関連付けられているテーブルスナップショットの場合)。

メニューの名前付け規則

アプリケーションは、多数のメニュー コントロールを頻繁に使用します。結果として、異なる名前付け規則のセットにこれらのコントロールの必要があります。メニュー コントロールプレフィックスする必要があります拡張以降の初期 mnu のラベルを追加して、最終的なメニューのキャプションには、入れ子のレベルごとに追加のプレフィックス名前の文字列の末尾。たとえば。
Menu Caption Sequence   Menu Handler Name
Help.Contents           mnuHelpContents
File.Open               mnuFileOpen
Format.Character        mnuFormatCharacter
File.Send.Fax           mnuFileSendFax
File.Send.Email         mnuFileSendEmail
				
この表記規則を使用すると、特定のメニュー グループのすべてのメンバーであります。隣接するオブジェクト」ドロップ ダウン リスト ボックスでは、コードの表示ウィンドウと [プロパティ] ウィンドウ)。さらに、menu コントロールの名前を明らかにメニュー項目に関連付けられている文書化します。

他のコントロールの名前付け規則

新しいコントロールに表示されていない一意の 3 を考え出すしようとしてください。文字のプレフィックス。ただし、メモリスティックをより明確にすることが重要です。3 つの文字にします。

拡張のリスト ボックスなどの派生コントロールのプレフィックスを拡張します。上では、コントロール上で実際にされている混乱はありません。使用します。小文字の省略形は、製造元もは、通常と同じプレフィックスを追加します。たとえば、コントロールのインスタンスを作成したから、Visual Basic 3 D フレームをことができますプロ fra3d のプレフィックスを使用してを回避するのには混乱の中でコントロールが実際に使用されています。コマンド ボタンからMicroHelp cmdm からの標準的なコマンドを区別するために使用する可能性があります。ボタン (cmd) をクリックします。

サードパーティ製のコントロール

アプリケーションで使用される各サード ・ パーティ製のコントロールが表示されます、アプリケーションの概要のコメント セクションで使用されるプレフィックスを提供することがコントロール、コントロールの完全な名前と、ソフトウェアの製造元の名前。
Prefix    Control Type        Vendor
cmdm      Command Button      MicroHelp
				

変数やルーチンの名前を付ける

変数と関数の名前は次の構造体があります。<prefix><body><qualifier><suffix> </suffix></qualifier></body></prefix>
Part          Description                                  Example
--------------------------------------------------------------------------
<prefix>      Describes the use and scope of the variable. iGetRecordNext
<body>        Describes the variable.                      iGetNameFirst
<qualifier>   Denotes a derivative of the variable.        iGetNameLast
<suffix>      The optional Visual Basic type character.    iGetRecordNext%
				
接頭番号:

次の表は変数と関数の名前のプレフィックスを定義します。C のハンガリー語の表記を Windows のベース。これらのプレフィックスを使用する必要があります。すべての変数と関数名を使用します。以前の基本的なサフィックス (などの使用%、&、# など)。推奨されていません。

変数と関数名のプレフィックス。
Prefix    Converged    Variable Use         Data Type  Suffix
--------------------------------------------------------------------------
b         bln          Boolean              Integer    %
c         cur          Currency - 64 bits   Currency   @
d         dbl          Double - 64 bit      Double     #
                       signed quantity
dt        dat          Date and Time        Variant
e         err          Error
f         sng          Float/Single - 32    Single     !
                       bit signed
                       floating point
h                      Handle               Integer    %
i                      Index                Integer    %
l         lng          Long - 32 bit        Long       &
                       signed quantity
n         int          Number/Counter       Integer    %
s         str          String               String     $
u                      Unsigned - 16 bit    Long       &
                       unsigned quantity
          udt          User-defined type
vnt       vnt          Variant              Variant
a                      Array
				
メモ: 作業を完璧に Converged 列の値を表す名前付けの基準を Visual Basic、Visual Basic for Applications、と基本的なアクセスします。これらの接頭番号がマイクロソフトになることが予想されます。近い将来にいくつかの標準をポイントします。

スコープとプレフィックスを使用します。
Prefix         Description
g              Global
m              Local to module or form
st             Static variable
(no prefix)    Non-static variable, prefix local to procedure
v              Variable passed by value (local to a routine)
r              Variable passed by reference (local to a routine)
				
ハンガリー表記法は c 言語での Visual Basic では貴重です。が変数のデータ型、Visual Basic 型のサフィックスには、これらの操作を行いますどのような変数または関数の使用はどのようにすることもできますを説明することはできません。アクセスします。いくつかの例は次のとおりです。
送信されたメッセージの数を表す校閲-
bSend - 最後の送信操作の成功を定義する、ブール型のフラグ
hSend - A の処理、通信インタ フェース
これらの変数の名前の各通知プログラマ動作は大きく異なります。変数の名前を送信 % に減少すると、この情報は失われます。スコープg や m などのプレフィックスも、名前の競合の問題を軽減します。特に開発者プロジェクトにします。

ハンガリー表記法は Windows の C プログラマがまた広く使用され常に業界で Microsoft 製品のドキュメントを参照プログラミングの本。さらに、C のプログラマの間での債券とVisual Basic を使用するプログラマはビジュアルとしてはるかに強力になります勢いの C 開発システムを取得します。この切り替えで多く発生しますVisual Basic のプログラマは、初めて、多くの C に移動します。プログラマは頻繁に両方の環境間の前後移動します。

変数と名前のルーチンの本文

本体変数やルーチン名の大文字と小文字を使用する必要があり、。 する必要があります。ある限りその目的を説明する必要に応じてします。また、名前を機能します。InitNameArray や CloseDialog などは動詞で始まる必要があります。

標準的な略語に関して、頻繁に使用される、または長いを推奨します。名前の長さの程度を保つためには。通常、変数は大きい名します。32 文字の読みにくくで VGA が表示されます。

省略形を使用すると、それらが全体で一貫性のあるかどうかを確認します、。アプリケーション全体。〜 Cnt でカウントはランダムに切り替え、不要な混乱にプロジェクトが表示されます。

ルーチン名を変数の修飾子

変数やルーチンはよく管理し、操作に関連します。一般的なオブジェクトです。このような場合は、標準修飾子を使用してラベルを付けるには微分変数は、ルーチン。修飾子の後に配置することが、本体の名前は (sGetNameFirst のように、少し扱いにくいかもしれませんsGetNameLast) sGetFirstName、sGetLastName のではなく、この実習を行いますこれらの名前は Visual Basic エディターの日常的なリストでまとめて注文ヘルプします。ロジックとアプリケーションの構造を理解しやすくなっています。次の表は、一般的な修飾子とその標準の意味を定義します。
Qualifier  Description (follows Body)
--------------------------------------------------------------------------
First      First element of a set.
Last       Last element of a set.
Next       Next element in a set.
Prev       Previous element in a set.
Cur        Current element in a set.
Min        Minimum value in a set.
Max        Maximum value in a set.
Save       Used to preserve another variable that must be reset later.
Tmp        A "scratch" variable whose scope is highly localized within the
           code. The value of a Tmp variable is usually only valid across
           a set of contiguous statements within a single procedure.
Src        Source. Frequently used in comparison and transfer routines.
Dst        Destination. Often used in conjunction with Source.
				

ユーザー定義型

_TYPE の末尾に追加をすべて大文字でユーザー定義型を宣言します。シンボルの名前です。たとえば。
Type CUSTOMER_TYPE
      sName As String
      sState As String * 2
      lID as Long
   End Type
				
ユーザーのインスタンス変数を宣言する型を定義すると、プレフィックスに追加します。型を参照するのには、変数の名前。たとえば。
   Dim custNew as CUSTOMER_TYPE
				

定数に名前を付ける

本文の定数名がアンダー スコア (_) で UPPER_CASE をする必要があります。単語の間。Visual Basic の標準的な定数ではありませんがハンガリー語について、プリフィックス i、s、g、および m のように非常に役に立ちます値と定数のスコープについて説明します。定数名は、に従ってください。変数と同じ規則。たとえば。
<mnUSER_LIST_MAX   ' Max entry limit for User list (integer value,
                     ' local to module)
   gsNEW_LINE        ' New Line character string (global to entire
                     ' application)
				

バリアント データ型

変数は常に、特定の種類のデータを格納することがわかっている場合は、Visual Basic 処理できますデータより効率的な使用を宣言する場合は、その型の変数です。

ただし、バリアント データ型を使用すると非常に便利です。データベース、メッセージ、DDE、または OLE。NULL が有効なものとして多くのデータベースを許可します。フィールドの値です。コード間では、NULL を 0 (ゼロ) を区別するために必要があります。""(空の文字列)。多くの場合、このような操作を使用できます、データの種類を知る必要のない汎用サービス ルーチン、処理やデータを渡すに受信します。たとえば。
   Sub ConvertNulls(rvntOrg As Variant, rvntSub As Variant)
      ' If rvntOrg = Null, replace the Null with rvntSub
      If IsNull(rvntOrg) Then rvntOrg = rvntSub
   End Sub
				
いくつかの欠点がただし、バリアント型を使用するのには。ステートメントのコードは、バリエーションを使用して、プログラマがあいまいなことがあります。たとえば。
   vnt1 = "10.01" : vnt2 = 11 : vnt3 = "11" : vnt4 = "x4"
   vntResult = vnt1 + vnt2  ' Does vntResult = 21.01 or 10.0111?
   vntResult = vnt2 + vnt1  ' Does vntResult = 21.01 or 1110.01?
   vntResult = vnt1 + vnt3  ' Does vntResult = 21.01 or 10.0111?
   vntResult = vnt3 + vnt1  ' Does vntResult = 21.01 or 1110.01?
   vntResult = vnt2 + vnt4  ' Does vntResult = 11x4 or ERROR?
   vntResult = vnt3 + vnt4  ' Does vntResult = 11x4 or ERROR?
				
上記の例では、はるかにあいまいで、デバッグしやすいです、Visual Basic 型変換ルーチンを使用したかどうかを維持代わりにします。たとえば。
   iVar1 = 5 + val(sVar2)   ' use this (explicit conversion)
   vntVar1 = 5 + vntVar2    ' not this (implicit conversion)
				

コードのコメント

すべてのプロシージャと関数、簡単なコメントを記述するを開始します。ルーチン (機能) の機能の特性。これ説明 (仕組みでは) の実装の詳細を記述する必要がありますいません。これらは、不要なコメントが変化するため保守の作業、または最悪の場合まだコメントを間違っています。コード自体とは必要に応じてインラインまたはローカルのコメントの実装について説明します。

その機能がある場合をルーチンに渡されたパラメーターを説明する.ない明確なルーチン パラメーターで特定されるを考えている場合範囲です。関数の戻り値、およびグローバル変数が変更された、ルーチン (特に参照パラメーター) にも記述する必要があります。各ルーチンの冒頭。

ルーチン ヘッダー コメントをブロックする必要がありますを確認するこの (参照、次のセクション「書式設定コード」、たとえば):
Section    Comment Description
--------------------------------------------------------------------------
Purpose    What the routine does (not how).
Inputs     Each non-obvious parameter on a separate line with
           in-line comments
Assumes    List of each non-obvious external variable, control, open file,
           and so on.
Returns    Explanation of value returned for functions.
Effects    List of each effected external variable, control, file, and
           so on and the affect it has (only if this is not obvious)
				
すべての重要な変数宣言は、インライン コメントを含める必要があります。宣言されている変数の使用について説明します。

変数、コントロール、およびルーチンする必要があります名前を明確に十分なと行をコメント アウトする複雑か非直感的実装にのみ必要です。詳細については。

プライマリ ・ データを列挙すると、アプリケーションの概要の説明オブジェクト、ルーチン、アルゴリズムでは、ダイアログ ボックス、データベースとファイル ・ システム依存関係というが含まれているの先頭にします。BAS モジュールプロジェクトの Visual Basic の一般的な定数の宣言が含まれます。

注: プロジェクト ウィンドウは本質的に、リスト内のファイルの説明、ここの概要だけで情報を提供する必要があるため、プロジェクトは、最も重要なファイルやモジュール、ファイル、プロジェクト ウィンドウをしません。初期化など (。INI) またはデータベース ファイル。

コードの書式設定

多くのプログラマは vga を使用するためには、スクリーン不動産がある必要があります。限り、保護のコードの書式設定を可能にしながらもロジックの構造やネストを反映します。

2 〜 4、タブ ベースの標準的なブロックのインデントを入れ子がする必要があります。スペース。5 つ以上のスペースが不要であり、ステートメントが必要に可能性があります。非表示または誤って切り捨てられる。2 つ以上のスペースがないです。十分なロジックのネストを表示します。Knowledge Base では使用します。3 つの領域のインデントします。[環境] オプションのダイアログ ボックスを使用して既定値を設定するのにはタブの幅です。

ルーチンの機能の概要説明コメントはインデントにスペースを 1 つ必要があります。概要のコメントに従ってください、最高レベルのステートメントする必要があります。各入れ子になったブロックで 1 つのタブがインデントが設定された別のタブをインデントします。の例:
**************************************************************************
'Purpose:   Locate first occurrence of a specified user in UserList array.
'Inputs:    rasUserList():  the list of users to be searched
'           rsTargetUser:   the name of the user to search for
'Returns:   the index of the first occurrence of the rsTargetUser
'           in the rasUserList array. If target user not found, return -1.
'**************************************************************************

'VB3Line: Enter the following lines as one line
Function iFindUser (rasUserList() As String, rsTargetUser as String) _
   As Integer
   Dim i As Integer           ' loop counter
   Dim bFound As Integer      ' target found flag
   iFindUser = -1
   i = 0
   While i <= Ubound(rasUserList) and Not bFound
      If rasUserList(i) = rsTargetUser Then
         bFound = True
         iFindUser = i
      End If
   Wend
End Function
				
変数と定数の非ジェネリック関数によってではなくに分類する必要があります。電源分離領域または特別なファイルに分割されてよりも。Visual Basic1 つのモジュールで、砂時計型インデント マーカーなどの一般的な定数をグループ化します。(VB_STD。BAS) を使用して、アプリケーションに固有の宣言から分離します。

演算子

常に、文字列を連結するときはアンパサンド (&) を使用して、正符号(+) と数値を操作するときに署名します。プラス記号 (+) を使用します。以外の数値値、可能性の問題の 2 つのバリエーションを操作する場合。たとえば。
   vntVar1 = "10.01"
   vntVar2 = 11
   vntResult = vntVar1 + vntVar2         ' vntResult =  21.01
   vntResult = vntVar1 & vntVar2         ' vntResult = 10.0111
				

スコープ

変数は、常に、可能な最小単位を定義しなければなりません。グローバル変数ができ、非常に複雑な状態機構を作成するにはアプリケーションのロジックを理解するは非常に困難。グローバル変数また再使用、コードの保守がさらに難しくを確認します。変数 Visual Basic には、次の範囲を指定できます。
Scope             Variable Declared In:            Visibility
--------------------------------------------------------------------------
Procedure-level   Event procedure, sub, or         Visible in the
                  function                         procedure in which
                                                   it is declared
Form-level,       Declarations section of a form   Visible in every
Module-level      or code module (.FRM, .BAS)      procedure in the
                                                   form or code
                                                   module
Global            Declarations section of a code   Always visible
                  module (.BAS, using Global
                  keyword)
				
ある場合 Visual Basic アプリケーションでは、だけグローバル変数を使用しません。フォーム間でデータを共有するその他の便利な方法。検討することができます。アクセスできるコントロールの Tag プロパティには情報を保存します。form.object.property の構文を使用してグローバルに。

グローバル変数を使用する必要がある場合は、そのすべての宣言にお勧めそれらを 1 つのモジュールは、関数によってそれらをグループ化します。モジュールを指定します。グローバルなど、その目的を示すわかりやすい名前です。BAS。

(これは渡さないでください) グローバル変数以外のプロシージャと関数のみに渡されるオブジェクトで動作する必要があります。します。ルーチンで使用されるグローバル変数を識別する必要があります。一般的なコメント」欄、ルーチンの先頭にします。また、合格します。引数 sub や関数を明示的にしない限り、byval を使用を使用するには渡された引数の値を変更します。

可能な限りのモジュールのコードを記述します。たとえば、する場合、アプリケーションダイアログ ボックス、すべてのコントロールの配置と実行に必要なコードが表示されます。ダイアログのタスク 1 つのフォームにします。これは、アプリケーションの保存することができます。コードに有用なコンポーネントを構成して、実行時のオーバーヘッドを最小限に抑えられます。

サードパーティ製のコントロール

注: 以下で説明する製品が他社はマイクロソフトの。マイクロソフト、黙示の保証がありませんまたはそれ以外の場合は、関連これらの製品のパフォーマンスや信頼性。

次の表は標準的なサード パーティ ベンダー名のプレフィックスを一覧します。プレフィックスで使用される文字を制御します。
Vendor               Abbv
-------------------------

MicroHelp (VBTools)  m
Pioneer Software     p
Crescent Software    c
Sheridan Software    s
Other (Misc)         o
				
サード パーティ製コントロールを標準のプレフィックスの例を次に示します。
Control         Control     Abbr  Vendor     Example            VBX File
Type            Name                                            Name
--------------------------------------------------------------------------
Alarm           Alarm       almm  MicroHelp  almmAlarm          MHTI200.VBX
Animate         Animate     anim  MicroHelp  animAnimate        MHTI200.VBX
Callback        Callback    calm  MicroHelp  calmCallback       MHAD200.VBX
Combo Box       DB_Combo    cbop  Pioneer    cbopComboBox       QEVBDBF.VBX
Combo Box       SSCombo     cbos  Sheridan   cbosComboBox       SS3D2.VBX
Check Box       DB_Check    chkp  Pioneer    chkpCheckBox       QEVBDBF.VBX
Chart           Chart       chtm  MicroHelp  chtmChart          MHGR200.VBX
Clock           Clock       clkm  MicroHelp  clkmClock          MHTI200.VBX
Button          Command     cmdm  MicroHelp  cmdmCommandButton  MHEN200.VBX
                Button
Button          DB_Command  cmdp  Pioneer    cmdpCommandButton  QEVBDBF.VBX
Button (Group)  Command     cmgm  MicroHelp  cmgmBtton          MHGR200.VBX
                Button
                (multiple)
Button          Command     cmim  MicroHelp  cmimCommandButton  MHEN200.VBX
                Button
                (icon)
CardDeck        CardDeck    crdm  MicroHelp  crdmCard           MHGR200.VBX
Dice            Dice        dicm  MicroHelp  dicmDice           MHGR200.VBX
List Box (Dir)  SSDir       dirs  Sheridan   dirsDirList        SS3D2.VBX
List Box (Drv)  SSDrive     drvs  Sheridan   drvsDriveList      SS3D2.VBX
List Box (File) File List   film  MicroHelp  filmFileList       MHEN200.VBX
List Box (File) SSFile      fils  Sheridan   filsFileList       SS3D2.VBX
Flip            Flip        flpm  MicroHelp  flpmButton         MHEN200.VBX
Scroll Bar      Form Scroll fsrm  MicroHelp  fsrmFormScroll     ???
Gauge           Gauge       gagm  MicroHelp  gagmGauge          MHGR200.VBX
Graph           Graph       gpho  Other      gphoGraph          XYGRAPH.VBX
Grid            Q_Grid      grdp  Pioneer    grdpGrid           QEVBDBF.VBX
Scroll Bar      Horizontal  hsbm  MicroHelp  hsbmScroll         MHEN200.VBX
                Scroll Bar
Scroll Bar      DB_HScroll  hsbp  Pioneer    hsbpScroll         QEVBDBF.VBX
Graph           Histo       hstm  MicroHelp  hstmHistograph     MHGR200.VBX
Invisible       Invisible   invm  MicroHelp  invmInvisible      MHGR200.VBX
List Box        Icon Tag    itgm  MicroHelp  itgmListBox        MHAD200.VBX
Key State       Key State   kstm  MicroHelp  kstmKeyState       MHTI200.VBX
Label           Label (3d)  lblm  MicroHelp  lblmLabel          MHEN200.VBX
Line            Line        linm  MicroHelp  linmLine           MHGR200.VBX
List Box        DB_List     lstp  Pioneer    lstpListBox        QEVBDBF.VBX
List Box        SSList      lsts  Sheridan   lstsListBox        SS3D2.VBX
MDI Child       MDI Control mdcm  MicroHelp  mdcmMDIChild       ???
Menu            SSMenu      mnus  Sheridan   mnusMenu           SS3D3.VBX
Marque          Marque      mrqm  MicroHelp  mrqmMarque         MHTI200.VB
Picture         OddPic      odpm  MicroHelp  odpmPicture        MHGR200.VBX
Picture         Picture     picm  MicroHelp  picmPicture        MHGR200.VBX
Picture         DB_Picture  picp  Pioneer    picpPicture        QEVBDBF.VBX
Property Vwr    Property    pvrm  MicroHelp  pvrmPropertyViewer MHPR200.VBX
                Viewer
Option (Group)  DB_RadioGroup radp Pioneer   radqRadioGroup     QEVBDBF.VBX
Slider          Slider      sldm  MicroHelp  sldmSlider         MHGR200.VBX
Button (Spin)   Spinner     spnm  MicroHelp  spnmSpinner        MHEN200.VBX
Spreadsheet     Spreadsheet sprm  MicroHelp  sprmSpreadsheet    MHAD200.VBX
Picture         Stretcher   strm  MicroHelp  strmStretcher      MHAD200.VBX
Screen Saver    Screen Saver svrm MicroHelp  svrmSaver          MHTI200.VBX
Switcher        Switcher    swtm  MicroHelp  swtmSwitcher       ???
List Box        Tag         tagm  MicroHelp  tagmListBox        MHEN200.VBX
Timer           Timer       tmrm  MicroHelp  tmrmTimer          MHTI200.VBX
ToolBar         ToolBar     tolm  MicroHelp  tolmToolBar        MHAD200.VBX
List Box        Tree        trem  MicroHelp  tremTree           MHEN200.VBX
Input Box       Input (Text) txtm MicroHelp  inpmText           MHEN200.VBX
Input Box       DB_Text     txtp  Pioneer    txtpText           QEVBDBF.VBX
Scroll Bar      Vertical    vsbm  MicroHelp  vsbmScroll         MHEN200.VBX
                Scroll Bar
Scroll Bar      DB_VScroll  vsbp  Pioneer    vsbpScroll         QEVBDBF.VBX
				

プロパティ

文書番号: 110264 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbtophit kbref kbprogramming kbdocs kb3rdparty kbmt KB110264 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:110264
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com