その場で ODBC データ ソースを構成するには、方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 110507
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ODBC (オープン データベース コネクティビティ) データ ソース名を構成することができます。プログラムを使用します。これは、しないようにデータをエクスポートする柔軟性します。odbc データ ソース アドミニストレーターまたは他のプログラムを明示的に使用するユーザーデータ ソースの名前を指定します。これは、例を有効にする可能性があります、ODBC API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) を使用して、エクスポートするプログラムします。XLS ファイルです。これを行うには、SQLConfigDataSource() 関数を使用します。

次の例では、SQLConfigDataSource を使用して、新しい Excel データを作成するにはソースは「新しい Excel データ ソース」と呼ばれます。
   SQLConfigDataSource(NULL,ODBC_ADD_DSN,
     (LPSTR) "Excel Files (*.xls)",
     (LPSTR) "DSN=New Excel Data Source\0"
     "Description=New Excel Data Source\0"
     "FileType=Excel\0"
     "DataDirectory=C:\\EXCELDIR\0"
     "MaxScanRows=20\0");
データ ソースがディレクトリ (C:\EXCELDIR) であることに注意してください。Excelそのデータ ソースとしてのディレクトリやファイル、個人としてのドライバーであります。テーブル (1 つのテーブルあたり。XLS ファイル) です。

テーブルの作成の詳細については、参照次してください。アーティクルは、マイクロソフト サポート技術。
110508Mfc データベースにテーブルを作成します。
以下の情報に渡すために必要なパラメーターを説明します。SQLConfigDataSource() の ODBC API 関数です。使用するのにはSQLConfigDataSource() 関数は、ODBCINST を含める必要があります。H ヘッダ ・ ファイルODBCINST を使用します。LIB のインポート ライブラリです。

注: 32 ビット アプリケーションでは、まだ ODBCINST が必要です。H ヘッダーファイル、しかし、これで ODBCCP32.lib をリンクする必要があります。

注: この資料に含まれる情報の重複している、'MFC の百科事典とのプログラミング' Visual C 4.0 付属。は、「SQLConfigDataSource」を検索して選択する記事があります「'よく寄せられる質問: ODBC データ ソースをプログラムで構成する'。

詳細

注: この資料で最初の 16 ビットの ODBC コンポーネントを記述のみ。16 ビットの ODBC コンポーネントの情報を格納するのに INI ファイルを使用します。構成済みのデータ ソース (ODBC の場合。INI) ドライバー (ODBCINST。 をインストールします。INI)。は、32 ビット ODBC コンポーネント INI ファイルを使用しないが、代わりに書き込みレジストリへの情報です。システム データ ソースの情報とインストールHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ ODBC\ ではドライバーの情報が格納されます。ODBC。INI および ODBCINST。INI、それぞれ。非システムのデータ ソースが格納されています。HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\ODBC\ODBC では。INI。この残り記事では、ODBC への参照。INI は、参照として解釈する必要があります、32 ビット ODBC を使用している場合は、レジストリの該当するセクションコンポーネントです。

ODBC データ ソース名を作成するには、odbc データ ソース アドミニストレーターを使用します。プログラムまたはユーティリティを使用します。ただし、作成することが望ましいことがありますがアクセスできるように、データ ソースの名前が、アプリケーションから直接別のユーティリティを実行するのには、ユーザーを必要とせず取得します。

ODBC アドミニストレーター (通常、Windows のコントロール パネルでインストールされている)ODBC では、エントリを配置することにより、新しいデータ ソースを作成します。INI ファイルです。これファイルは、ODBC ドライバー マネージャーによって必要な取得する照会します。データ ソースの詳細については。どのような情報を知ることが重要です。ODBC では、配置する必要があります。INI でそれを指定する必要がありますのでSQLConfigDataSource() への呼び出し。

この情報は、ODBC を直接に書き込めませんでしたが。INI ファイル[SQLConfigDataSource() を使わず] これは任意のアプリケーションがあります。ドライバー マネージャーを使用して維持するために現在の手法に依存しています。そのデータです。それ以降のバージョンにした場合、ODBC ドライバ ・ マネージャー レコードを実装します。データ ソース、さまざまな方法で、任意のアプリケーションで保存この手法が切断されたを使用します。一般的に使用することを推奨されますがAPI 関数が用意されています。

以下のパラメーターの説明についてはわかりますがSQLConfigDataSource() 関数です。多くの情報の取得、Visual C 1.5 に付属する ODBC API プログラマーズ参照。関数プロトタイプ:
   BOOL SQLConfigDataSource(HWND hwndParent,UINT fRequest,
                            LPCSTR lpszDriver,
                            LPCSTR lpszAttributes);
hwndParent -と、ウィンドウは、いずれかによって作成されるすべてのダイアログ ボックスの所有者、ドライバー マネージャーまたは特定の ODBC ドライバーを入手するのには新しいデータ、ユーザーの詳細についてソースです。情報不足のためでないかどうかは、lpszAttributes パラメーターは、ダイアログ ボックスが表示されます。このパラメーターが NULL で、詳細についてを参照してください。

起こり 実行する-の操作です。使用可能な値は次のとおりです。
                      ODBC_ADD_DSN: Add new user data
                        source.
                      ODBC_CONFIG_DSN: Modify an
                        existing data source.
                      ODBC_REMOVE_DSN: Remove an
                        existing data source.
次の値は、または後で 32 ビットの ODBC 2.53.0 で利用可能なのみです。
                      ODBC_ADD_SYS_DSN: Add a new
                        system data source.
                      ODBC_CONFIG_SYS_DSN: Modify
                        an existing system data
                        source.
                      ODBC_REMOVE_SYS_DSN: Remove
                        an existing system data
                        source.
lpszDriver ドライバーの説明。ドキュメントの中で、これは、ユーザーに表示される名前ですが、物理ドライバー (DLL) です。説明を確認することができます。ドライバーの odbc データ ソース アドミニストレーターを使用するは次のとおり。

  1. Odbc データ ソース アドミニストレーターを実行します。
  2. 選択を追加します。これでインストールされているドライバーの一覧に表示されます。
ドライバーの説明を示します。この説明はlpszDriver パラメーターとしてを使用します。なお、[例については、"Excel Files (*.xls)"] 全体の説明が使用されます。存在する場合に、ファイル拡張子とかっこも含めてください。説明します。

必要に応じて、ファイルの ODBCINST を調べることができます。INI、すべてのドライバーのエントリと説明の一覧が含まれています。[ODBC Drivers] セクションでします。

lpszAttributes リストの形式で属性を"キー = 値"。これらの文字列は 2 つの null 終端文字によって区切られますリストの最後の連続した null 終端文字。これらの属性は、主に既定ドライバー固有になります。エントリが ODBC に移動します。INI ファイルは、新しいデータソースです。明記していない 1 つの重要なキーをこの関数は、ODBC API の参照は"DSN"を新しいデータ ソースの名前を指定します。その他エントリはドライバーに固有です。新しいデータ ソースをします。多くの場合、必要はありません。ドライバーを求めることができますので、すべてのエントリを指定するのにはユーザー (hwndParent が NULL でない場合は)] ダイアログ ボックス新しい値。明示的に指定することができます。デフォルトの値をユーザーがいない求められますように。

キー名と値を検索する方法の 1 つ (おそらく 1 odbc データ ソース アドミニストレーターで構成されている) が既に設定されているデータ ソース用のレジストリ エントリを確認することです。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

  1. Regedit を使用して移動するのにはHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ODBC\ODBC。INI\
  2. データ ソースの名前に対応するハイブを検索します。キーワードのペアを参照できます。警告レジストリ値を手動で編集するシステムが不安定になると、回復不能なエラー可能性があります可能性があります。
また、特定のドライバーのマニュアルを確認することができます。使用しようとしています。有益な情報、オンライン ヘルプの参照します。ドライバーは、odbc データ ソース アドミニストレーターを実行することによってアクセスできます。[追加] をクリックして、ドライバー名を選択、[ok] をクリックします。場合については、選択したドライバーが、[新しいデータ ソースを作成するを考え出したください。これは、特定のドライバーのヘルプ ファイルが開きます、一般に、ドライバーの使用に関する重要な情報が含まれます。

関連情報

ODBC プログラマーズ リファレンスおよび SDK ガイド (オンライン ブックで利用可能)

プロパティ

文書番号: 110507 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbdatabase kbmt KB110507 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:110507
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com