バグ: CK1020 または CK4009 の種類の情報が 64 K を超えていますとを検出しました

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 112335 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

インデックスの型情報の 64 K 以上を含むアプリケーションのデバッグ バージョンを構築ありますの 1 つ以上の使用されているどのような CVPACK のバージョンに応じて、次のエラー メッセージ。
CVPACK: 致命的なエラー CK1020: パックの種類のインデックスがモジュールで 65535 を超える <filename.obj>
CVPACK: 警告 CK4009:... 64 K の種類を超えた後の型を破棄します。
cvpack.exe 内部エラー、例外コード - 0xc0000005。

原因

これらのエラーはその CodeView のシンボリック型情報のインデックスがパック記号の種類の数が 64 K を超える場合オーバーフローが発生すると、16 ビット値を部分的に期限です。

CK4009 が、古い CK1020 エラー メッセージのバージョン 1. 5 (16 ビット) の代わりと Visual C++ Version 1. 0 (32 ビット) ことを確認します。 CK1020 で、packer に失敗し、プログラムをデバッグできませんでした。 CK4009、packer は失敗しませんが以降のすべての nonprimitive 型が破棄されます。 これにより少なくともことは、これらの種類が破棄されてされませんシンボル デバッグするプログラムができます。

解決方法

ここでは数を減らす、アプリケーション内のシンボルが正常にデバッグできるように実行できる、いくつか説明します。
  1. /Zi でデバッグし、残りの/Zd を使用するソース ファイルだけをコンパイルします。 アプリケーション内のシンボルの数を低くなります。 (プログラマを使用している場合、Visual レタッチ ワークベンチ (PWB)、それもする必要が外部メイクファイルを使用してコンパイルがこれらのツールで選択したモジュールでないため)。 /Zd でコンパイルする場合は、行番号のサポート、モジュールに対してのみ表示されます。 は、リンカーのマップ ファイルには、パブリック シンボルの場所を指定する必要な場合 CodeView でグローバル データに表示するには、少なくともできるようにことができます。 詳細については、次のアーティクル サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
    48241マップ ファイルのアドレスとメモリ内の場所の関係
  2. Visual C++ で MFC を使用する場合は、/Z7 オプションの代わりに/Zi スイッチと、MFC ライブラリを再構築してください。 これは、.PDB (プログラム データベース) ファイルのすべてのシンボルの型情報を格納するライブラリ全体をビルドします。 ソース ファイルをコンパイル中に毎回、コンパイラは、新しいシンボルの型情報を生成することを確認 PDB ファイルにこの型が既に存在します。 そう、型は追加されません。 このプロセスを使用して型情報の合計量が減少は、Microsoft Foundation クラス (MFC) の作成、.OBJ ファイルに存在するそれ以外の場合は冗長の種類を除去してライブラリ/Z7 オプションを使用します。 /Zi を使用が packer コードが実行をより効率的に運用 packer を支援する前に縮小するには重複するとします。
  3. Visual C++ プロジェクトでは、/Fd を使用して、アプリケーションの 1 つの.PDB ファイルを指定する </a0> をコンパイルします。 もう一度、アイデアをここでを packer を実行する前に複数のモジュールのアプリケーションに存在する重複を除去して型の数を減らすです。 これが、Visual レタッチから構築する場合は、自動ことを確認します。 既定のファイル MSVC.PDB の名前が:/Fd を使用して、別名を指定できます。 既定値は PDB ファイル (いる冗長情報を排除する) を使用する、ので問題はあまり発生しやすいです。 プログラム データベースの使用、使用/Zi/Z7 をコンパイルすると、IDE で「プログラム データベース」を切らないでされません (または/PDB を使用: コマンドラインに"なし")。
  4. 可能であれば、一部のクラスや構造体、列挙型、共用体などのより複雑な種類を除去検討します。 アプリケーションに含まれる冗長の種類の可能性低くなります。
  5. コンパイルですべてデバッグ情報せず、モジュールの一部。 MFC を使用する場合は注意が必要 _DEBUG および _DEBUG せずにコンパイル モジュールでコンパイルされたモジュールを混在させるならないです。 CODEVIEW で、MFC ライブラリをビルドしてください = 0 または CODEVIEW シンボリック情報の量を減らす 2 = (デバッグの既定値は"= 1"は、_DEBUG を定義する)。 クラス ライブラリは CODEVIEW で作成されたときに <= 0 でデバッグ情報の利用可能なすべてのライブラリはありません。 トレースおよび ASSERT 関数のデバッグ、MFC は、ただしで利用できます。 CODEVIEW = 2、デバッグ情報を使用、ライブラリの一部のコンポーネントがビルドされます。 README.TXT\MFC\SRC は、さらにどのようなオプションは、MFC ライブラリのデバッグ情報の制限の面でのそれぞれについて説明します。 詳細について参照できますクラス ライブラリのユーザーのガイドの「付録とおり。
    Visual C++ Version 1. 0 (16 ビット) の「付録 B
    付録 A の Visual C++ バージョン 1. 5 (16 ビット)
    Visual C++ Version 1. 1 (32 ビット) の「付録 B
  6. 1 つ他未確認考えられるソリューションはプリコンパイル済みヘッダーに関連します。 有効にしてみてくださいプリコンパイル済みヘッダーの使用を無効化、方は現在使用されているおよびまたはし再構築すべて。 これは、場合、アプリケーションのヘッダー ファイルの使用によってさまざまな影響があります。

状況

マイクロソフトでは、この MS-DOS、バージョン 4. 0、4. 1、および 4.26、CVPACK ユーティリティと CVPACK ユーティリティは Windows NT、バージョン 4. 25 の問題として認識しています。 おはこの問題を調査し、投稿新しい情報をここで「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 利用可能になったとします。

詳細

記号と特殊文字と種類 OMF 仕様シンボリック デバッグ情報を Visual C++ がこれらのオブジェクトのモジュールと.PDB ファイルに含まれる) で、コンパイラによって出力される 2 つのテーブルに含まれることが必要です。 最初の表は、$$ シンボルと呼ばれ、2 番目の $ $ 種類"と呼びます、記号の種類に関する情報を格納、オブジェクト、ファイルのシンボルを説明します。 ステートメントたとえば、"int i は int の種類の記号"i"を定義する""です。 使用される両方のテーブルのレコードにフィールドが、もう一方のテーブルのレコードへのインデックスにします。 さらに、これには、リンカーによって生成され、実行可能ファイルに書き込まれるシンボリック情報の 3 番目、テーブルです。 このテーブルは PUBLICS と呼ばれ、各パブリック シンボルがオブジェクト ファイルの処理中にシンボル レコードが含ま。

CVPACK の目的はシンボルと型情報の重複を削除して CodeView 処理用に最適化された形式で残りの情報を書き換えるです。 この残りの情報の種類インデックス以内 64 K をインデックス自体が、16 ビットの値です。 このインデックスは、仕様の一部はため、多くは、サード パーティのベンダーによって提供されますツールに、依存を損なうことがなく変更できません。

プロパティ

文書番号: 112335 - 最終更新日: 2003年10月23日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft CVPACK for MS-DOS 4.0
  • Microsoft CVPACK for MS-DOS 4.10
  • Microsoft CVPACK for MS-DOS 4.26
  • Microsoft CVPACK Utility for Windows NT 4.25
  • Microsoft CVPACK Utility for Windows NT 4.27
キーワード:?
kbmt KB112335 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:112335
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com