検索と、UMA に RAM とシステムのアドレスを除外します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 112816 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft 診断 (MSD) ユーティリティを使用または EMM386.EXE 行 CONFIG.SYS ファイルにメモリ範囲を除く、上位メモリ領域 (UMA) 内でアダプターのメモリとシステムのアドレスを検索する方法について説明します。

詳細

640 K 〜 1024K、つまり、UMA は予約されて主います RAM とシステム ハードウェア デバイス。 UMA にデバイス ドライバーや常駐終了型プログラム (TSR) を使用できるアドレス、UMA に読み込む EMM386.EXE によっても使用されます。 競合は、次のいずれかが発生に します。

  • 2 つ以上のハードウェア デバイスが同じメモリ アドレス、UMA で使用しています。 - または -

  • EMM386.EXE はアドレスは、ハードウェア デバイスで使用されてし、そのアドレスに、TSR プログラムまたはデバイス ドライバーを読み込むかどうかを検出できません。
上記のうちが原因の特定、するように CONFIG.SYS ファイル内の EMM386.EXE 行を編集:
   device=c:\dos\emm386.exe noems x=a000-f7ff
				
、コンピューターを再起動します。 それでも問題が発生する場合は同じメモリ アドレスを使用して複数のハードウェア デバイスで発生があります。 このような場合には、競合の解決にについては、ハードウェアのマニュアルまたは製造元を参照して必要があります。

問題が発生しない場合はされている原因可能性 EMM386.EXE と、UMA にハードウェア デバイスと競合してがあります。 この種の競合を解決するには、ハードウェアをどの上位メモリ アドレスが使用されてを識別して CONFIG.SYS ファイルに、EMM386.EXE デバイス ラインを使ってこれらのアドレスを除外しください。 Microsoft 診断 (MSD) ユーティリティは、ハードウェアによって使用中で上位メモリ ブロック (UMBs) を識別する使用できます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. コンピューターを再起動しをメッセージ開始 MS-DOS の..."が表示されたら、1 回 F5 を押してクリーン ブート"を実行します。
  2. MS-DOS コマンド プロンプトでは、 msd を入力するメモリを選択する M を押します。 凡例、画面上部にあるを使用して RAM またはシステム、あるいはその両方としてマークされた area(s) を検索し、開始および終了この area(s) のアドレスの記録しておきます。 これは、area(s)、EMM386.EXE デバイス ラインを使用して、CONFIG.SYS ファイルを除外する必要があるファイル。
  3. CONFIG.SYS ファイルを開き、exclusion(s) EMM386.EXE 行に追加 (たとえば、X C000 C7FF X = = D800 います)、コンピューターを再起動します。
場合、上記の手順を完了した後メモリの競合が存在がありますいくつかのアダプター RAM またはシステムのアドレスを MSD は正しく検出できません。 次のテクニックが競合しているメモリ領域を割り出しやすくしてください。

  1. 次のことがされている原因で、UMA に矛盾 CONFIG.SYS ファイルを編集して、EMM386.EXE デバイス ラインで、次のパラメーターを指定することにより確認します。

    1. NOEMS
    2. X = a000 f7ff
    3. 削除またはその他の X = = パラメーター
    4. 存在する場合は、HIGHSCAN、パラメーターを削除します。
    サンプル行が次のように読み取り:
          device=c:\dos\emm386.exe noems x=a000-f7ff
  2. 変更を保存して、コンピューター再起動します。 問題が場合に、次の手順に進みます。 場合、問題も、そのいないされる原因が、UMA 内の競合を他のトラブルシューティング、問題の原因を判断を実行します。 EMM386.EXE、サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の次の単語に対するクエリのトラブルシューティングの詳細については。
    emm386.exe およびトラブルシューティング notr
  3. X を使用して、問題が修正される場合 = A000-F7FF、CONFIG.SYS ファイルを編集するファイルおよび X に、パラメーターを変更して、除外範囲を縮小 = C000 F7FF。 ファイルを保存し、コンピューターを再起動します。 問題が再発しない場合、次の手順に進みます。

    問題が再発すると、競合、A000 または B000 の範囲内あります。 これを確認するには、X を変更 X C000 F7FF パラメーターを = = A000 BFFF し、コンピューターを再起動します。 場合この問題を修正、することができますさらに、範囲して絞り X に、パラメーターを変更する = A000 AFFF。 問題が存在して場合 X を試してください = B000 BFFF。 問題を特定の範囲 (B000-BFFF) を押しを限定するが、いったん範囲の半分を狭くことができます。 こうには、試してください除外するか、最初の半分 (X = B000-B7FF) または半分の 2 番目の部分 (X = B800-BFFF) 範囲の。 除外範囲全体がおく場合、これらのどちらもする必要があります (X = B000-BFFF)。
  4. X を指定する場合は、= C000 F7FF、定期的に実行し、CONFIG.SYS ファイルを開く X のさらに範囲を縮小する問題は発生しません = D000 F7FF。 コンピューターを再起動し、問題が再発するかどうかを確認します。 そうでない場合は X のさらに範囲を縮小 = E000 F7FF。 問題が再発するまで、この手順を繰り返します。
  5. 問題が再発したら、いた、何に範囲の最初の数値を変更して、範囲の 2 つ目の番号を減らす CONFIG.SYS ファイルを編集します。 たとえば場合、X = D000-F7FF、正常な動作が X = E000 F7FF でした、D000 を最初の番号の後ろに変更し、2 番目の数字を減らす、範囲読み取り X D000-EFFF =。 場合に、2 番目数を減らすもう一度 (X = D000-DFFF)。 問題を特定の範囲 (たとえば、D000-DFFF) を押しを限定するが、いったん範囲の半分を狭くことができます。 こうには、試してください除外するか、最初の半分 (X = D000-D7FF) または半分の 2 番目の部分 (X = D800-DFFF)。 除外範囲全体がおく場合、これらのどちらもする必要があります (X = D000-DFFF)。

メモ

  • 場合は上位メモリ アドレスを使用して、システム内に複数のハードウェア デバイスがある、1 つ以上の範囲を除外することがあります。 たとえば、X を一覧する可能性があります C000 C7FF X = E000 EFFF EMM386.EXE 線上 =。
  • 場合される一連の小さい一部に除外を絞り込む可能性があります (たとえば、X = C000-C3FF または X C400-C7FF または X = C800-CBFF または X = CC00 CFFF =)。
MSD ユーティリティは、アッパー メモリ範囲は分割し、定義方法を理解に役立つ可能性のあるメモリ マップを含みます。 メモリ マップを表示をするには、MS-DOS のコマンド プロンプトで msd を入力し、メモリの M を [します。

プロパティ

文書番号: 112816 - 最終更新日: 2001年5月19日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.21 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.22 Standard Edition
  • Microsoft Windows 3.1 Standard Edition
  • Microsoft Windows 3.11 Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB112816 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:112816
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com