ドライブが、RAM ドライブかどうかを確認する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 113418
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

C 言語の関数または C ランタイム関数はありません。決定かどうかに関係なく、ドライブ、RAM ドライブです。GetDriveType() API があります。特定のドライブの種類を取得するのには、Win32 アプリケーションによって呼び出されるオペレーティング システム。詳細については、GetDriveType() でが、Win32 SDK のリファレンス、Visual C 32 ビット Edition Books Online の。

MS-DOS および Win16 アプリケーションの最も確実な方法はありませんが存在は、特定のドライブであることを確認するはいくつかの方法RAM ドライブでは「可能性がある」。それぞれのこの資料の残りの部分について簡単にについて説明しますRAM ドライブを確認するのには 4 つの方法の。すべてのメソッドはそれぞれドライブすることに注意してください。システムのホストを選択してください。

詳細

方法 1

ドライブのボリューム ラベルを確認してください。この方法はおそらくですが最も一般的です。Microsoft RAMDRIVE で。SYS は、ボリューム ・ ラベルの"MS RAMDRIVE"を使用します。ただし、このボリュームのラベルに保証はありません、可能性があります。他社から RAM のボリューム ラベルをドライブします。ユーザーは変更することができます。これで、ラベル コマンドを使用します。

方法 2

割り込み 21 h 関数 44 h の subfunction 0Dh、ある呼び出しでブロック デバイス用汎用 I/O の制御関数です。ほとんどのデバイス サポートします。関数です。ただし、RAMDRIVE。SYS 現在はサポートしていません。このようなサポートは、RAM ドライブを識別するために使用できます。0860H に持つ CX レジスタを読み込むディスク ドライブ デバイスのパラメーターを取得します。失敗、キャリー フラグのままにした場合設定すると、ドライブが、RAM ドライブと考えられます。

方法 3

ドライブが FAT テーブルの数を確認します。1 のみを持つ場合は、RAM ドライブでは可能性があります。RAMDRIVE。システムは、IOCTL をサポートしていません関数は、FAT テーブルの数を決定する唯一の方法は 25 の INT を使用するのには、絶対ディスク読み取りします。メモこの関数がされている警告優先され、Windows ではサポートされていません。 詳細については、25 の INT を使用して、表示するのには、次の資料番号をクリックする方法を示すサンプルです。資料は、マイクロソフト サポート技術。
102870ドライブのブート セクターを読み取り

方法 4

さらに、通話割り込み 21 h 関数は 44 h subfunction 09 h で確認するのにはドライブがリモートかどうかを設定します。DX で返される値が 0x0800、のみを持つ場合11 のビットが設定、ドライブは可能性があります、RAM ドライブです。これは、RAM ドライブに呼ばれます控除によって。6 と 7 のビットがオフになっているため、このデバイスは、ことをわかっています。IOCTL 関数は、ほとんどのデバイスのようには同意しません。12 のビットがオフになっているため、これです。ネットワーク ドライブというではないです。

上記の方法がないため保証、これらの方法を組み合わせて使用することをお勧めします。最初の排除します。事実、ネットワーク ドライブ、ローカルのハード ディスク ドライブ、CD-ROM ドライブなどしているため、など。指定されたドライブ、RAM ドライブであるかどうかを確認するをしてください。

プロパティ

文書番号: 113418 - 最終更新日: 2014年3月1日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowtomaster kblangc kbmt KB113418 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:113418
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com