[NT]Ping と FTP は最初にゼロのある IP アドレスを 8 進数とする

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 115388 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP115388
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

TCP/IP-32 がインストールされた Windows for Workgroups や Windows NT ユーティリティは、10 進数、8 進数、16 進数の IP (インターネット プロトコル) アドレスを使用することができます。このため、意識せずに 10 進数のオクテットで最初にゼロを使用した場合、混乱が生じることになります。最初にゼロがあると、これらのユーティリティではその数値は 8 進数として解決され、そのために誤った IP アドレスが指定されることになります。

詳細

Ping や FTP といった多くの TCP/IP プログラムは、inet_addr() ソケット関数を使用して IP アドレス文字列を 4 バイトのアドレスに変換しています。この関数は、標準で、10 進、8 進、16 進で表記された IP アドレスを受け付けます。Ping や FTP では以下の例のような IP アドレスが使用可能であり、同じ IP アドレスに解決されます。
  22.101.31.153 (10 進数)
  026.0145.037.0231 (8 進数)
  0x16.0x65.0xF1.0x99 (16 進数)
  0x16.101.037.153 (上記 3 種類をすべて組み合わせたもの)
オクテットの最初に意識せずにゼロを入力してしまうと、Ping と FTP が解決する IP アドレスは意図したものとは異なるものになります。たとえば以下の Ping のようになります。
  Windows NT 3.1 の場合

    c:\>ping 022.101.31.153
    Pinging host 022.101.31.153 (unnamed) : 18.101.31.153
    ICMP Echo Reply:TTL 32
    ICMP Echo Reply:TTL 32
    ICMP Echo Reply:TTL 32
    ICMP Echo Reply:TTL 32
    Host 022.101.31.153 replied to all 4 of the 4 pings

  Windows NT 3.5 の場合

    c:\>ping 022.101.31.153
    Pinging 18.101.31.153 with 32 bytes of data:
    Ping succeeded: 32 bytes time=10ms TTL=32
    Ping succeeded: 32 bytes time=10ms TTL=32
    Ping succeeded: 32 bytes time=10ms TTL=32
    Ping succeeded: 32 bytes time=10ms TTL=32
メモ: この例では、022.101.31.153 は、Ping によって 10 進数の 18.101.31.153 として解決され、10 進数の 22.101.31.153 には解決されません。
この結果は、使用中のネットワーク環境で、解決された IP アドレスが有効な IP アドレスであるかどうかによって、誤った IP アドレスの検査が上記の例のように成功するか、あるいは失敗するかが決まります。

Windows NT 4.0 Enterprise Cluster Administrator は、クラスタに接続する際に 10 進数のオクテットの最初にゼロを付けて IP アドレスを指定した場合、以下のようなエラーを表示します。

""022.101.31.153" のクラスタへの接続を開けませんでした。
原因はノード"022.101.31.153" が起動されていないことによるものと思われます。
Cluster Administrator によるノード "022.101.31.153" 上の Cluster Service の起動を試行しますか? "
アドレスが誤って解決されるのを避けるために、最初にゼロを付けていないことを確認し、8 進数を指定する場合以外は削除するようにしてください。

以下のユーティリティこれと同様の動作になります。

PING
FTP
TELNET
Internet Explorer (IE)
Microsoft Cluster Adminitrator
Microsoft Cluster Setup Wizard

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 115388 (最終更新日 1999-07-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 115388 - 最終更新日: 2007年10月26日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.1
  • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft TCP/IP-32 for Windows for Workgroups 1.0
  • Microsoft Windows for Workgroups 3.2
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Cluster Server 1.1
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbtshoot ntsrvwkst kbnetwork nttcp kbproductlink KB115388
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com