NetBIOS over TCP/IP の名前解決および WINS

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 119493
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

TCP/IP 経由の NetBIOS コンピューター名を実行するネットワーク コンポーネントのです。IP アドレスのマッピングを名前解決 (NETBT。SYS Windows NT と VNBT。VXDWindows での Worgroups と Windows 95)。現在 4 つの NetBIOS はTCP/IP の名前解決方法を: b-ノード p ノード、m ノードh ノードとします。

詳細

B ノード

B ノードを使用すると、ブロードキャスト名前登録と名前の両方で使用されます。解像度です。IP ルーターに構成されていない場合、TCP/IP ネットワークでは、名前登録、名前問合せのブロードキャスト システムに転送します。異なるサブネットしませんので互いに認識することはできません。ブロードキャストを受信します。B ノード名前解決が最適でないです。大規模なネットワークのブロードキャストへの依存を読み込むことができるためのネットワークブロードキャストを使用します。

Microsoft B ノードの変更

マイクロソフトの Windows NT で使用される TCP/IP は b ノードの修正バージョンを使用します。名前を解決します。マイクロソフト修正 b ノード名前解決機能で、次のよう:

  • ワークステーションがまず LMHOSTS キャッシュをチェックし、見つかった場合は、NetBIOS 名、IP アドレスを取得します。
  • 次に、ワークステーション名 (この動作を解決するのには、ブロードキャストを試みますb ノードの解像度と同じ方法) にし、場合は、ターゲット ・ システムアクティブで、その IP アドレスを返します。
  • 最後に、ワークステーション (Windows NT システムの場合) を確認します、LMHOSTS ファイルを \<winnt_root>のディレクトリ \system32\drivers\etc</winnt_root>

P ノード (またはポイント ツー ポイント ノード)

P ノード名前解決を使用すると、ブロードキャストの名前は使用されません。登録または名前解決します。すべてのシステムが自身を登録する代わりに、NetBIOS 名サーバー (NBNS を) 起動時にします。NBNS は、責任を負いますコンピューター名を IP アドレスにマップしすることはありません重複した名前はネットワーク上で登録されます。すべてのシステムが ip アドレスを知る必要があります。アドレス、NBNS は、WINS サーバーに相当します。場合は、システムNBNS に、p ノードの名前が正しい IP アドレスが構成されていません。解決方法は機能しません。

P ノード名前解決方法が案内ユーザー データグラム プロトコルを使用してください。(UDP) データグラムと TCP セッションの通信との間のNBNS。

NBNS にできない場合は、p ノード名前解決の主な欠点はアクセスがない名前を解決するのにアクセスするのには、方法がないです。ネットワーク上の他のシステム。

M ノード (または混合ノード)

M ノードは b ノードと p ノードを組み合わせた名前解決を使用します。これb ノードと、p は理論で大きく必要がありますノード、メソッドをまず使用します。ローカル エリア ネットワーク (LAN) パフォーマンスです。M ノードは p ノードの利点があります。NBNS が利用できない場合は、ローカル サブネット上のシステムを可能にすることb ノードの解像度を介してアクセスします。

使用している M ノードは、通常、大規模なネットワークの最適ではありません。b ノードしたがって結果にブロードキャストします。しかし、大規模なある場合経由での低速のワイド エリアの小さなサブネットワークで構成されています。 ネットワークの接続ネットワーク (WAN) リンク M ノードは、最適な方法するため、低速リンクを介した通信の量です。

H ノード (ハイブリッド ノード)

RFC 下書きフォームで現在である H ノード名前解決を使用するもb ノードと p ノードの場合、ただし、のみ b ノードを最後の手段として使用します。時h ノードを使用するように構成されて、システムは常に、まず p ノードを使用しようとしてのみ p ノードが失敗した場合は、b ノードを使用します。さらに、システムをできます。p ノードが失敗したとしようとする前に、LMHOSTS ファイルを使用するように構成されてb ノード。

H ノードの解像度成功 p ノードの登録を要求しない、初期化するには、ただし、システム b-ノードまで厳密に使用するシステムp ノードの登録は成功します。NBNS にアクセスできない場合や、システムリゾートには、b ノードの解像度を使用して、それに接続しようとし続けますNBNS になった場合は、p ノードを使用することを返すことができますので、NBNS使用できます。

WINS が機能するしくみ

デフォルトのシステム名を WINS を使うように構成されている場合解像度は h ノード名前の登録をに従って実行されます。名前解像度、それも h ノードにはいくつかの違いが従います。そのについて説明します。

  • ローカル マシン名をかどうかを確認してください。
  • リモート名のキャッシュを確認してください。解決された任意の名前になります10 分間保持するキャッシュします。
  • WINS サーバーを実行してください。
  • ブロードキャストを実行してください。
  • システムを LMHOSTS に設定されている場合は、LMHOSTS ファイルをチェックします。ファイルです。
  • HOSTS ファイルをクリックし、[DNS を構成する場合を実行してください。

プロパティ

文書番号: 119493 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbmt KB119493 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:119493
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com