Windows 95、98、Me でフォルダの復元、変換、トラブルシューティングを行う方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 119941 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP119941
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Windows が既存の Windows や Windows for Workgroups のグループを Windows 95、98 や Windows Millennium Edition (Me) のフォルダに変換する方法、フォルダを再構築または復元する方法、PROGMAN.INI ファイルの [Restrictions] セクションを Windows 95、98、Me に変換する方法、および変換に失敗したときのトラブルシューティング方法について説明したものです。

詳細

注 : この資料では、"Windows" という用語は、Windows バージョン 3.1 と 3.11、および Windows for Workgroups バージョン 3.1 と 3.11 を指します。

グループとフォルダについて

Windows では、アイコンによって表されるグループやグループの項目を使用して、プログラムにアクセスします。Windows にデフォルトで提供されるグループは、[メイン]、[アクセサリ]、[ゲーム]、および [スタートアップ] です。[メイン] グループ内にある項目の例としては、コントロール パネルがあります。

Windows 95、98、Me では、フォルダとリンクを使用して、以前のバージョンの Windows にあったグループや項目と同じ機能を提供します。

グループのフォルダへの変換

Windows から Windows 95、98、Me へのアップグレードを容易にするため、Windows 95、98、Me には GRPCONV.EXE という名前の実行可能ファイルが含まれています。このファイルを使用すると、グループやグループの項目をフォルダとリンクに変換することができます。

各グループはフォルダに変換され、その中の項目はシェル リンクに変換されます。各リンクは特定のフォルダに配置されます。

GRPCONV.EXE はレジストリの情報を使用して、最後に GRPCONV.EXE が実行された後に発生したグループ ファイルの変更を追跡します。これらのシステム レジストリ エントリは、SYSTEM.INI と WIN.INI のどちらのファイルのエントリよりも優先されます。

PROGMAN.INI ファイルとすべてのグループ ファイルの最終変更日時は、次のシステム レジストリに保存されます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\GrpConv


セットアップによってインストールの完了に必要なファイルの大半がコピーされ、コンピュータが再起動されると、GRPCONV.EXE が自動的に実行されます。GRPCONV.EXE は手動で実行することもできます。GRPCONV.EXE では次のスイッチがサポートされています。
  • /S

    /S スイッチを使用して GRPCONV.EXE を実行すると、Windows 95、98、Me のデフォルトのフォルダが再構築されます。再構築の処理中、[[スタート] メニューの作成] というタイトルのステータス ダイアログ ボックスが表示されます。完了すると、デスクトップに戻ります。
  • /M

    /M スイッチを使用して GRPCONV.EXE を実行すると、既存の Windows グループを Windows 95、98、Me のフォルダに手動で変換することができます。この方法で変換できるグループは一度に 1 つだけです。グループが Windows 95、98、Me をインストールしたディレクトリにある場合、それらはセットアップ中に自動的に変換されます。
  • -o

    オプション コンポーネントだけを更新します。
  • -t

    変更されたフォルダを更新します。
Windows 95、98、Me に付属するデフォルトのフォルダを作成し直すには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. 次のコマンドを入力します。
    grpconv /s

既存の Windows グループを Windows 95、98 の形式に変換するには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. 次のように入力します。
    grpconv /m

  3. 変換するグループをクリックします。
  4. 以下のいずれかの操作を行います。
    • [変換するグループを選択してください] ダイアログ ボックスで、[開く] をクリックし、次に [はい] をクリックします。

      [はい] をクリックすると、再構築の処理中、[[スタート] メニューの作成] というタイトルのステータス ダイアログ ボックスが表示されます。完了すると、デスクトップに戻ります。

      または
    • グループ名をダブルクリックしてグループを変換します。たとえば、MYGROUP.GRP というグループがある場合、MYGROUP.GRP をダブルクリックすると、Windows 95、98、Me のフォルダ形式に変換することができます。

その他の GRPCONV.EXE の仕様

  • 最初に GRPCONV.EXE を実行する際に、既存グループを探す検索パスの条件は、現在の Windows ディレクトリ内にある PROGMAN.INI (存在する場合) の内容に厳密に基づいたものになります。
  • 変換の前に、グループ名や項目名の並べ替えは行われません。グループの変換は、ディレクトリ内の最初のグループから開始され、グループ内の最初の項目からシェル リンクが作成されます。
  • グループの変換に必要なメモリは、必要に応じてグループの項目ごとに割り当てられた後、各グループの処理の最後にすべてが一度に解放されます。変換中に一時ファイルが作成されることはありません。
  • GRP ファイル内のすべてのデータ (アイコンの位置情報 (グループ内の x、y 座標) を除く) を使用して変換が行われ、Windows 95、98、Me の \PROGRAMS フォルダ内のフォルダに移行されます。
  • GRPCONV.EXE は、シェル リンクを作成する API を直接呼び出すため、変換中に別の実行可能ファイルを呼び出すことはありません。
  • Windows のプログラム マネージャでは破損した .GRP ファイルが作成されることが知られています。このファイルはネイティブ環境では正常に動作することがありますが、Windows 95、98、Me での変換中にエラーを引き起こす可能性もあります。GRPCONV.EXE は破損した .GRP ファイルを認識し、適切にそれらを変換します。
  • 1 つ以上のグループがフォルダに変換されない場合、またはグループ内の 1 つ以上の項目がリンクに変換されない場合は、下記の「グループ変換のトラブルシューティング」にまとめられている方法に従ってください。

アップグレードによる Restrictions セクションの移行

GRPCONV.EXE は、以前のバージョンの Windows にある PROGMAN.INI ファイルの [Restrictions] セクションをシステム レジストリの Policies セクションに移行します。

グループ変換のトラブルシューティング

グループの変換に失敗した場合や、変換中にエラーが表示された場合は、次の手順を使用して、問題のトラブルシューティングを行ってください。
  1. GRPCONV.EXE を使用して、以前に正常に変換されたグループ ファイルを変換します。これに失敗する場合は、GRPCONV.EXE が壊れています。このファイルをオリジナルの Windows 95、98、Me ディスクの GRPCONV.EXE ファイルに置き換える必要があります。この手順が成功する場合は、手順 2. に進んでください。
  2. Windows 95、98、Me に付属する PROGMAN.EXE を実行して、変換されなかったグループを参照します。プログラム マネージャで表示や動作が正常に行われる場合は、新しいグループを作成し、元のグループから新しいグループに項目を (移動ではなく) コピーします。
  3. プログラム マネージャを終了し、GRPCONV.EXE を対話モード (grpconv /m) で実行して、新しく作成したグループを変換します。この手順で失敗する場合は、手順 4. に進んでください。
  4. プログラム マネージャを実行し、新しく作成したグループの項目を削除して、元のグループから 2、3 個の項目を新しいグループにコピーします。これに失敗する場合は、エラーの原因となっているアイテムがわかるまで、別の項目でこの手順を繰り返します。
注 : ウイルスが原因で変換に失敗する可能性もあります。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 119941 (最終更新日 2001-07-06) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 119941 - 最終更新日: 2004年12月27日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 3.1 Standard Edition
  • Microsoft Windows 3.11 Standard Edition
  • Microsoft Windows for Workgroups 3.1
  • Microsoft Windows for Workgroups 3.11
キーワード:?
kbhowto kbwinme kbui win98se win98 kbfaq win95 KB119941
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com