Excel 97、Excel 2000、Excel 2002 および Excel 2003 に 65,536 の行よりも大きなテキスト ファイルをインポートできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 120596
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Office では、Windows、Microsoft Excel 2000、Excel 2002、Excel 97、Excel 2003、65,536 個を超える行を含むテキスト ファイルを開くことはできませんが全体。これらのファイルを開くことはできませんこれらのバージョンのMicrosoft Excel は 65,536 行に制限します。ファイルを開く場合は、多くのデータが含まれています、これよりもテキスト ファイル、行 65,536、切り詰められ、次のエラー メッセージが表示されます。
ファイルが完全に読み込まれていません。
ただし、使用することができます、マクロ ファイルを開くし、自動的にテキストを複数に分割するにはワークシート

メモ

以前のバージョンの Excel で Excel 97 より 16,384 行の制限があります。

以降のバージョンの Excel で Excel 2003 より 1,048,576 行に制限があります。

詳細

Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明することができます。ただしは、機能の追加またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するのには、次の例変更されません。 次のサンプル マクロ、テキスト ファイル名をメッセージが表示され、オープンにファイルをメモリにします。Excel よりも行の数が大きい場合ワークシートの上限は 65,536 ので、マクロ ファイルに複数の区切りワークシート。このマクロ、テキスト ファイルとして保存したファイルだけに適用されますとその他のファイル形式には適用されません。マクロが動作しません。データベースのファイル形式をします。

これはマクロなので、それを使用してはるかに低速ことがあります注意してください。クリックするよりも ファイルを開く で、 ファイル メニューです。
   'All lines that begin with an apostrophe (') are remarks and are not
   'required for the macro to run.
				
   Sub LargeFileImport()

      'Dimension Variables
      Dim ResultStr As String
      Dim FileName As String
      Dim FileNum As Integer
      Dim Counter As Double
      'Ask User for File's Name
      FileName = InputBox("Please enter the Text File's name, e.g. test.txt")
      'Check for no entry
      If FileName = "" Then End
      'Get Next Available File Handle Number
      FileNum = FreeFile()
      'Open Text File For Input
      Open FileName For Input As #FileNum
      'Turn Screen Updating Off
      Application.ScreenUpdating = False
      'Create A New WorkBook With One Worksheet In It
      Workbooks.Add template:=xlWorksheet
      'Set The Counter to 1
      Counter = 1
      'Loop Until the End Of File Is Reached
      Do While Seek(FileNum) <= LOF(FileNum)
         'Display Importing Row Number On Status Bar
          Application.StatusBar = "Importing Row " & _
             Counter & " of text file " & FileName
          'Store One Line Of Text From File To Variable
          Line Input #FileNum, ResultStr
          'Store Variable Data Into Active Cell
          If Left(ResultStr, 1) = "=" Then
             ActiveCell.Value = "'" & ResultStr
          Else
             ActiveCell.Value = ResultStr
          End If
          
          'For Excel versions before Excel 97, change 65536 to 16384
          If ActiveCell.Row = 65536 Then
             'If On The Last Row Then Add A New Sheet
             ActiveWorkbook.Sheets.Add
          Else
             'If Not The Last Row Then Go One Cell Down
             ActiveCell.Offset(1, 0).Select
          End If
          'Increment the Counter By 1
          Counter = Counter + 1
      'Start Again At Top Of 'Do While' Statement
      Loop
      'Close The Open Text File
      Close
      'Remove Message From Status Bar
      Application.StatusBar = False

   End Sub
				
メモ マクロ列にデータを解析しません。使用した後、マクロをまたする必要がありますを使用して、 区切り位置 コマンドで、データ 必要に応じて、データを解析するメニューです。Macintosh では、このマクロを実行し、開こうとしています、ファイルをデスクトップで、ファイル名の前にする必要があります、Following
ハード ディスク: デスクトップ フォルダー:
場所 ハード ディスク ハード ディスクの名前です。いるので、語間のスペースは、デスクトップやフォルダー。

プロパティ

文書番号: 120596 - 最終更新日: 2011年9月19日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbimport kbcode kbmt KB120596 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:120596
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com