[DHCP] 複数サブネットへの展開

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 120932 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP120932
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol : 動的ホスト構成プロトコル) サーバーは、RFC 1542 (BOOTP) のリレー エージェントとして機能するルーターによって分割された複数サブネットにまたがるクライアントに IP アドレスを提供することができます。ルーターがリレー エージェントとして機能しない場合は、DHCP クライアントが存在する各サブネットに DHCP サーバーが必要です。

詳細

RFC 1542 に準拠するリレー エージェントは、ブロードキャスト パケットであっても DHCP パケットをリモート側に中継します。DHCP クライアントから DHCP メッセージを中継する前に、エージェントは GIADDR (ゲートウェイの IP アドレス) フィールドを調べます。このフィールドの IP アドレスが 0.0.0.0 の場合、エージェントはこのフィールドにルーターの IP アドレスを設定します。DHCP サーバーがメッセージを受信すると、Relay IP Address フィールドが検査され、IP アドレス リースの供給に使用できる DHCP スコープ (IP アドレスのプール) があるかどうかを確認します。DHCP サーバーに複数の DHCP スコープがある場合は、Relay IP Address フィールドのアドレスによって、IP アドレス リースを提供する DHCP スコープが決まります。このプロセスによって、DHCP サーバーは複数のサブネットのさまざまなスコープを管理することができます。

サブネット化のためには、複数のネットワーク カードを搭載し、IP ルーティングを有効にした、DHCP サーバーとして構成されたマルチホームの Windows NT Server 3.5x システムを、リレー エージェントの代わりに使用することができます。

この DHCP サーバーが DHCPDISCOVER メッセージを受信すると、GIADDR フィールドで指定されたリレー エージェントに直接 DHCPOFFER を送信し、エージェントはこのメッセージを DHCP クライアントに中継します。クライアントの IP アドレスはまだ不明なので、ローカル サブネット上でブロードキャストを行う必要があります。同様に、RFC 1542 に従って、DHCPREQUEST メッセージがクライアントからサーバーに中継され、DHCPACK メッセージがサーバーからクライアントに中継されます。

複数の DHCP サーバーがある場合、すべての DHCP サーバーを 1 つのサブネットに集めるのではなく、異なるサブネット上に配置して、一定のフォールト トレランスを実現することをお勧めします。サーバーは、スコープ内で共通の IP アドレスを持つことはできません (各サーバーに一意のアドレスのプールが必要です)。

ローカル サブネットの DHCP サーバーがダウンした場合、要求はリモートのサブネットに中継されます。そのサブネットの DHCP サーバーは、要求する側のサブネットの IP アドレスのスコープを保持している場合、DHCP 要求に応答することができます。要求する側のサブネットに定義されているスコープがリモート サーバーにない場合、別のスコープのアドレスが使用可能でも IP アドレスを提供することはできません。個々の DHCP サーバーに各サブネットのアドレスのプールがある場合は、DHCP サーバーがダウンしたリモート クライアントに IP アドレスを提供することができます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 120932 (最終更新日 2000-10-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 120932 - 最終更新日: 2004年9月21日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft TCP/IP-32 for Windows for Workgroups 1.0
  • Microsoft Windows for Workgroups 3.11
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowto kbtshoot kbnetwork KB120932
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com