Word の処理の変換機能と制限を有効に

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 121000 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

エクスポートとインポート ワード プロセッシング ドキュメントを有効にして Word の間ではサポートする機能の概要が次の表にします。 これらの機能バージョンでサポートされて両方、16、32 ビットをそれぞれ Word 6.x と Word 7. 0 で使用するため、コンバーターの。 この概要で説明した変換の制限に関する詳細については、テーブルを有効にするセクションを有効に、インポートのする Word と Word のエクスポートを参照してください。

機能は、型の書式ごと: 文字、段落、セクション、ドキュメント、およびその他。 「はい」機能は、両方の製品に存在しては 1 つの製品から、もう一方へ変換します。 "no"を他の制限やその機能のための 1 つの製品の機能は変換されません手段は宛先製品に存在しません。 "N/S"は、機能が、ソースの製品でサポートされていませんし、変換されないためは意味します。
                 ENABLE                       WORD
FORMATTING       TO                           TO
FEATURE          WORD                         ENABLE
==========       ======                       ======

Character Formatting
--------------------

All Caps         N/S.                         Converted to normal text in
                                              all capital letters.

Bold             Yes.                         Yes.

Colors           N/S.                         No.

Condense/        N/S.                         No.
Expand

Extended         Yes. (See "Extended          Yes. (See "Extended
Characters       Characters" under "Import    Characters" under "Export of
                 of Enable into Word" for     Word to Enable" for more
                 information.)                information.)

Fonts            Yes.                         Limited since Window's
                                              printer drivers usually are
                                              more complete than those used
                                              in Enable. Font changes in
                                              Word due to style changes are
                                              not exported. Also, font
                                              changes in multiple columns
                                              are not exported to Enable
                                              3.0 or 4.0. (See "Fonts and
                                              Rulers" under "Export of Word
                                              to Enable" for more
                                              information.)

Hidden           N/S.                         Converted to Enable comment.

Italic           Yes.                         Yes.

Kerning          N/S.                         No.

Language         N/S.                         No.

Small Caps       N/S.                         Converted to normal text in
                                              all capital letters.

Strikethrough/   Yes (converted to dashes).   Yes, except for strikethrough
Overstrike                                    contained in multiple
                                              columns.

Superscript/     S/S only. (Enable doesn't    Raised/Lowered is converted
Subscript -      support Raised/Lowered)      to S/S. Also, the underline
Raised/Lowered                                is removed from underlined
                                              superscript or subscript.

Underline        Yes.                         Yes, with the exception of
                                              underline on a word-by-word
                                              basis.

Paragraph Properties
--------------------

Alignment        Yes. (See "Text Flow and     Yes
                 Text Alignment" under
                 "Import of Enable into Word"
                 for more information.)

Borders/         N/S.                         No.
Shading

Bullets/         N/S.                         Converted to text items.
Numbering

Hyphenation      Yes, with exception of       Yes.
                 hyphenation zones within
                 an Enable document.

Indents          Yes.                         Yes.

Keep Lines       Yes.                         Yes.
Together

Keep with Next   Yes.                         Yes.

Line Spacing     Yes. (Only the last line     Limited. "Before" and "after"
                 space setting in an Enable   spacing for paragraphs is not
                 paragraph is imported.)      exported. Also, proportional
                                              fonts may format improperly
                                              when exported to Enable 3.0
                                              or 4.0. (See "Line Spacing"
                                              under "Export of Word to
                                              Enable" for more
                                              information.)

Page Breaks      Yes.                         Yes.

Rulers           Yes.                         Yes. (See "Rulers" in "Export
                                              of Word to Enable" for some
                                              limitations.)

Styles           N/S.                          No.

Tabs             Yes. (Some alignment tabs     Yes, except tab leaders.
                 may be adjusted to            (Some alignment tabs may be
                 accommodate product           adjusted to accommodate
                 differences.)                 product differences.)

Widow/Orphan     Yes.                         Yes.
Control

Section Properties
------------------

Columns          Yes.                         Yes. (Gutter widths less than
                                              .2" are set to .2".) (See
                                              "Columns" under "Export of
                                              Word to Enable" and see
                                              "Converter Options" for more
                                              information.)

Document Title   Converted to standard text   N/S.
                 followed by a page break
                 at beginning of document.

Endnotes         N/S.                         Converted to Enable
                                              footnotes.

Footnotes        Yes. (Long footnotes may     Yes. (Long footnotes may be
                 be formatted differently.)   formatted differently.) (See
                 (See "Footnotes" under       "Footnotes" under "Export of
                 "Import of Enable into       Word to Enable" concerning
                 Word" concerning footnotes   nonnumeric footnotes.)
                 at the end of a document.)

Headers/         Yes.                         Yes.
Footers

Line Numbering   Yes.                         Yes.

Vertical         N/S.                         No.
Alignment

Document Properties
-------------------

Margins          Yes.                         Yes.

Orientation      Yes.                         Yes, except for orientation
                                              changes within a document.

Paper size       Yes.                         Yes.

Other Features
--------------

Annotations -    N/S.                         No.
Text

Draw/            N/S.                         No.
Paint Frames

Drawing Layer    N/S.                         No.

Fields/          Yes, with exception of       Page, Date, Time, TC, XE,
Embedded         printer "percent" commands.  and Includetext fields are
Commands                                      converted to equivalent
                                              Page, Date, Time, embedded
                                              command. All other fields are
                                              converted to text.

Frames           N/S.                         No.

Graphics         No.                          No.

Index            Yes.                         Yes.

Master           N/S.                         No.
Documents

OLE Objects      N/S.                         No.

Outlines         Converted to Word's          The display and printing will
                 bullets/numbering            appear different. (See
                 (including blank lines in    "Outlines" under "Export of
                 Enable outline.) (See        Word to Enable" for more
                 "Outlines" under "Import     information.)
                 of Enable into Word" for
                 more information.)



Revision         N/S.                         Latest version of revisions
Marking                                       converted to static text.

Tables           To tabbed text.              To side-by-side columns in
                                              Enable 4.5; to a single
                                              column in Enable 3.0 and 4.0.
                                              Tables in headers, footers,
                                              and footnotes are not
                                              converted. (See "Tables"
                                              under "Export of Word to
                                              Enable" and "Converter
                                              Options" for more
                                              information.)

TOA              Converted to comments;       References are not converted,
                 spade reference marks are    and the compiled TOA will
                 discarded.                   appear as standard text.

TOC              Yes. (See "TOC" under        Yes. (See "TOC" under "Export
                 "Import of Enable into       of Word to Enable" for more
                 Word" for more information.) information.)

単語に有効にするのインポート

ワード プロセッサの文書で、書式設定機能の最小限の影響を Word にドキュメントをインポートできるを有効にする一般に、します。 存在しない、いくつかの変換制限と同様に、予想される必要がある変更については後に続くした機能概要してください。

太字します。
文字属性を参照してください。
文字属性
すべての文字属性がなど太字、期待どおり斜体、上付き、下付き文字、および下線がインポートされます。
有効化の列 snaking とサイド バイ サイド列が期待どおりインポートされます。
ドキュメントのタイトル
ドキュメントのタイトルを有効にするは、改ページを Word にインポートされるときに続けて標準テキストとして最初のページで表示されます。
埋め込まれたコマンド (コマンドの %)
有効化の %Alt キーを押しは Word の別の奇数/偶数のヘッダーとフッターの機能に変換されます。

有効の %LNUM は、Word の行の機能の番号に変換されます。

次の % コマンドは、次の Word フィールド コードに変換されます:
      Enable     Word
      %Command   Field Code
      --------   ----------
      %DATE      DATE
      %NUMDATE   DATE
      %TIME      TIME
      %INCLUDE   INCLUDETEXT
、埋め込まれたコマンドの %INCLUDE (外部ファイルに使用) は、Word の IncludeText フィールド コードに変換されます。 Word 文書で、この画面として表示されます"% INCLUDE xxx"、ここで xxx は、「含める」のファイルの名前。 読み込み (または更新) にインクルード ファイルの内容をするには %INCLUDE にカーソルを置き、F9 キーを押します。

印刷に関連したすべてのインポート中に % のコマンドは無視されます。
拡張文字
有効にするには特殊文字、記号と特殊文字を Word でサポートされて関数を挿入] メニューの [上に存在します。 すべての特殊文字は、変換中にいずれかの記号と特殊文字または MS LineDraw フォントこの記号と特殊文字関数によってサポートで最も近い一致する文字に転送されます。 ポイント サイズを有効にするに設定されたサイズに従って各に割り当てられたドキュメント。
フォント
有効にするドキュメントをインポートした場合、文字フォント、サイズと (たとえば、太字や斜体など) の属性がマップ ポイントに基づいた Windows の既定のプリンター
脚注
有効にするには、次のページの下部に続行するには 1 つ、脚注を許可するオプションがあります。 Word は、長い脚注のテキストと同じ方法で処理しません。 結果として、脚注の間に 1 つのページから続行インポート、有効にするドキュメントの形式が異なる。

別のページに印刷する脚注の脚注を文書の末尾に結果を保存する有効にするオプション。 Word にインポートと、は、ドキュメントのテキストが終了する、脚注が開始されます。
グラフィックス
変換ユーティリティは、画像と、有効にするドキュメント内のグラフ インポートしません。
ハイフネーション
「ルーラー:」を参照します。
インデント
「テキスト フローとテキストの配置」を参照してください。
指数
有効にして Word は似ていますが、異なる機能のインデックスを提供します。 有効にする] でインデックスの用語を 2 つの方法で作成できます。 1 つの方法はツール、インデックス、INSERT を選択してインデックスという用語は、特殊な"領域にキー インデックス特殊なエントリを挿入することです。 2 番目の方法では、インデックスの用語の文字に有効にするインデックス属性を適用します。 これは、テキストを斜体または太字属性を適用すると同様で行われます。 最初のメソッドは、表示されませんインデックスという用語は、印刷されたドキュメントの本文で、2 番目は。

有効にするとコンパイル、インデックス、コンパイル済みのインデックスだけを含む新しい文書作成されます。 このインデックスのドキュメントが標準有効にするファイルであり WPI の拡張子が付け一般。 ほとんどの場合、ユーザー インデックス ドキュメントを印刷するが元の文書の先頭に、%INCLUDE のファイル名コマンドを配置するを有効にします。 それ以外の場合は、ユーザー インデックス ドキュメントの内容を元の文書にコピーする interwindow コピー機能を使用する可能性があります。

有効にするとは異なり Word は、インデックスはコンパイル時に作成されません、別々 のドキュメント。 Word では、ユーザーの INSERT オプション、インデックス作成し、元の文書に挿入されるさせるのいずれかを選択します。

各 %INCLUDE ファイル名コマンドを有効にするドキュメントでは、追加の TEXT フィールドでは具体的には、Word 文書のフィールドに変換されます。 その結果、期待どおり、インデックスの有効化で生成されたドキュメントは Word で印刷されます。 また、インデックス ドキュメントが元の文書にコピー-interwindow であった場合表示し、期待どおりに印刷します。

変換処理中に、XE (索引登録) フィールドが、Word に挿入されます、有効にするドキュメントで見つかったエントリのインデックスをすべての文書化します。 これらすぐに使えます Word で新しいインデックスをコンパイルします。

斜体
「文字属性」を表示します。
行番号の書式
有効にことがありますで、インポートするドキュメント、行番号が表示されない印刷または Word でページのプレビューに表示されるときにします。 これは Word と有効にするルーラーの構造に違いのために発生します。 問題は、[ページ設定コマンドを使用して右に Word で、左余白を移動して修正できます。
線の間隔
Word は、1 段落あたり 1 つだけの行-領域の設定を許可、ため、有効にする内の段落で使用される最後行間 - 設定のみに保持が。
アウトライン
有効化のアウトラインの (アウトライン内で空白行を含む) は、Word の箇条書きと段落番号としてインポートされます。
上書き
上書きの属性を有効にするのダッシュに変換されます。
パスワード
Word には、有効にするファイルのパスワードで保護されたはインポートされません。 最初に、有効にするにパスワードを削除し、Word にインポートします。
ルーラー
Word には、文書全体に適用される 1 つのハイフネーションをサポートします。 各ルーラーでリセットするには、ハイフネーション ゾーンを許可するを有効にします。 、この違いのため設定が有効にする文書内で最後ハイフネーション ゾーンのみを使用 Word でハイフネーション調整幅を設定します。

有効にするルーラー上のいくつかの文字から成る整列タブは、Word と有効化の実装の違いに対応する調整できます。 たとえば、有効にするルーラーで、調整されている項目の長さ (英数字) に対して X または型指定された N のタブ) は数値のまたは carets(^) (中央揃え)、用がある場合は配置文字の数を超えるし Word をインポートと、項目は"有効にするには配置の左側に調整されます。。
上付き/下付き
「文字属性」を表示します。
文献引用
すべてのテーブルの機関エントリが Word のコメントに変換され、spade の脚注記号は破棄されます。
目次
は、有効にして Word のようなが異なる機能が提供目次 (TOC) のテーブルのされます。 有効にする] では"特殊な目次項目の挿入で目次項目が作成されます。 このエントリは、TOC (目次) の用語とコードのレベルとその有効にするを TOC (目次) をコンパイルし、目次の文字列を含む新しい文書を作成するときに、用語の左側に表示される番号を決定する含まれます。 この TOC (目次) ドキュメントが標準 WP を有効にするファイルであり.WPT の拡張子が付け一般。

ほとんどの場合、有効にするユーザーは、%INCLUDE のファイル名コマンドを TOC (目次) ドキュメントを印刷するが元の文書の先頭に配置します。 それ以外の場合は、ユーザー、元の文書に TOC (目次) ドキュメントの内容をコピーする interwindow コピー機能を使用する可能性があります。

Word では、一般に、エントリにスタイルを適用してに TOC (目次登録) の項目は作成されます。 Word は、さまざまな組み込みのスタイルを備えていますこの目的のため。 エントリに適用されるスタイルは、そのレベル (コンパイル テーブル) 内、インデント、およびその他の書式設定が必要を決定します。 また、Word ユーザーは TOC (目次登録) の項目を作成する特別なフィールドの種類 (TC (目次登録)) を挿入します。

有効にするとは異なり Word は、TOC (目次) はコンパイル時に作成されません、別々 のドキュメント。 Word ユーザーはいずれかのテーブルを作成でき、元の文書に挿入する INSERT オプション選択します。

各 %INCLUDE ファイル名コマンドを有効にするドキュメントでは、「挿入文字列」フィールドに変換されます。 その結果、目次の有効化で生成されたドキュメントは期待どおりの Word で印刷されます。 また、テーブルが interwindow-コピー元の文書にであった場合表示し、期待どおりの印刷します。

インポート、中には、XE (索引項目) フィールドが、Word 文書を有効にする文書内で見つかる各目次項目の挿入されます。 目次項目のテキストは、Word 文書の本文内に挿入です。 新しいテーブルをコンパイルするでは、これら XE (索引項目) フィールドを Word で使用される簡単にできます。

目次項目に割り当てられたレベルは、変換処理中に転送されます。 ただし、有効にして Word コンパイルの異なるメソッドを持つという用語の左側に表示されるオプションの番号は、提供するためのさまざまな機能を提供します。 これは、特定の製品およびいない変換プロセスの一部です。 Word が有効にするよりも、目次の書式の他多くのオプションがあります。
テーブル
タブ付きのテキストを有効にするの"テーブルは、タブ付きのテキストとして Word 文書にインポートされます。
タブ
「ルーラー:」を参照します。
テキストの流れとテキストの配置
有効にするにはコメント テキストなどのの特殊な"のテキスト領域からテキスト フローされません。 Word 文書に、有効にするドキュメントをインポートと、「中」の上下のテキストが 1 つの段落の一部として表示されます。

しようとして、段落の途中で始まるぶら下げインデント有効にするには保持されますが、インデント部分を別個のパラグラフのような動作です。 中央とフラッシュの右のテキストが実装されて、テキストの前に空白を挿入して 3. 0 および 4. 0 で有効です。 これらの空白は、インポート中に保持されます。 テキストが、中央に配置またはフォントが変更された場合に右または Word の行を再フォーマットする場合のフラッシュに表示されません。
下線を引く
「文字属性」を表示します。

有効にするには単語のエクスポート

3. 0、4. 0 および 4. 5 を有効にする形式に Word 文書のエクスポートには、環境と製品の機能の違いのための変換の制限があります。 有効にする、非グラフィカル、テキスト ベースの環境で動作し、Word は、グラフィカルな環境で動作します。 テキストは失われるありませんが、場合によっては、書式情報エクスポートできません。 その結果、有効にするで開くと、ドキュメントの形式をまったく異なって見えます。 この変換ユーティリティは、次の Word 機能をエクスポートしません。

  • 注釈
  • 自動段落番号の書式
  • 罫線と網かけの設定
  • 行頭文字/行番号
  • 特定の記号 (「拡張文字」を参照)
  • 要約展開
  • 描画オブジェクト
  • フレーム
  • グラフィックス
  • カーニング
  • 言語
  • [差し込み印刷の情報
  • マスター文書
  • OLE コンテナー
  • ルーラーのタブは、証明書有効にするの機能の一部でない設定や動作が異なるで有効にします。
  • (文字、線、および段落の間としてなど) のサイズをポイントに基づいて間隔
  • 240 〜 255 の DOS 範囲の特殊文字
  • スタイル
  • 文献引用
  • 垂直方向の配置
有効にするに Word 文書のエクスポートの変換制限については後に続くした機能概要説明します。

すべての文字チェック ボックス
「文字属性」を表示します。
太字します。
「文字属性」を表示します。
箇条書きと段落番号
Word の箇条書きと段落番号が有効にするのアウトラインにエクスポートされます。
文字属性
太字、斜体、上付き、下付き文字、および下線などのすべての文字属性が 2 つの例外を正常にエクスポートされます。 有効にする、下付き文字または上付き文字のテキストを下線できません。 この組み合わせが Word で使用されて上付きが優先ファイルが有効にするにエクスポートするとします。 また、単語単位で単位で適用されている下線はエクスポートされません。 関連情報については、「フォント」を参照してください。

Word の発生下げる機能に変換されますの上付き/下付き文字の有効にします。 Word の小型英大文字] と [すべて大文字は、大文字で有効にするテキストを通常に変換されます。 複数の列に、取り消し線は無視されます。
Word の可変幅の列は、4. 5 で有効にするのサイド バイ サイドの列としてエクスポートされます。 有効にする 3. 0 および 4. 0 が 1 つの列としてエクスポートされます。 エクスポート, 可変幅の列を 4. 0 を有効にする方法、「コンバーター オプション"参照してください。

Word の固定幅列が有効にするの snaking 列としてエクスポートされます。 とじしろ幅は.2 インチ未満、する場合、とじしろの幅は.2 インチの最小値を有効にするのに設定されます。 (場合によっては、この可能性、ページの端から移動されている列があります。)

複数の列でフォントの変更は、エクスポートを有効にする 3. 0 または 4. 0 の無視されます。

複数の列内の行番号の変更は無視されます。

複数の列に、取り消し線は無視されます。

文末脚注
Word で作成された文末脚注として有効にするにエクスポートされます。
拡張文字
DOS コードページの 240-から 255 までの値の範囲にされる特殊文字 (Word の記号) はエクスポートされません。 0 〜 15 の範囲と 127 239 MS LineDraw フォントだけの「最適一致」ごとにエクスポートされます。 DOS コードページ (たとえば、Wingdings) に相当がない文字が正常にエクスポートできません。
フィールド
Word のページ、日付、時刻、IncludeText、TC (目次登録)、および XE (索引項目) フィールドは、同等の有効にする機能にエクスポートします。 その他のすべての Word フィールド、フィールドに関連付けられた最後テキストが標準のテキストとして表示されます。 すべての日付フィールドは、月名、数値日と年の形式で表示されます。
フォント
バージョンをテキスト ベースの間に存在するフォントとプリンターのサポートのマークを付けた違い有効にして、Windows ベースのグラフィック指向 Word は印刷を有効にするには Word からエクスポートされた文書の外観に大きな影響を与える可能性があります。 これらの違いには。
  • エクスポート中には Word のフォントの情報はコードのユーザーによって選択されたを有効にするバージョンにわかりにマッピングされます。 このマッピングの精度を有効にする [既定] ウィンドウのプリンターをサポート レベルによって制限されます。 たとえば場合有効にするは、プリンターのスケーラブル フォント機能をサポートしない、し多くのポイント サイズ情報は記録されません、エクスポートされた文書。
  • スタイルの変更のために発生するフォントの変更は、エクスポート プロセスによって認識されません。
  • 複数の列内のフォント変更を有効にする 3. 0 または 4. 0 へのエクスポートは無視されます。
  • TrueType フォントを Word は、[プロパティ] ウィンドウの内部のフォントにマップされます既定のプリンターで有効にするサポートされている場合。
脚注
(参照のテキストの右側に上付き文字をテキストとして表示) をすべての数値以外の脚注参照が、エクスポートに含まれます。 ただし、有効にするの連続の数値の値が数値以外の参照に挿入されます。

有効にするには、1 つの脚注は、次のページの下部に続きを許可する機能があります。 Word は、長い脚注のテキストと同じ方法で処理しません。 その結果、長い脚注とエクスポート、Word 文書の形式が目障りな。

有効にするが作成したドキュメントではすべての脚注は文書の先頭に保存されます。 ただし、エクスポートされた Word 文書で、文書の先頭の脚注の保存ではなく、脚注は保存、Word 文書内で発生したとします。 有効にする、エクスポートされた文書を開くとき、問題は発生しません。 ただし、このようなファイル有効にするワード プロセッシング内から印刷するか、またはが有効にする [メイン] メニューから印刷する前に有効にするに resaved なります。
フレームと関連付けられているテキスト
Word では、テキストを配置したり、ユーザーがサイズ変更することができるボックスに入力できます。 有効にするには、対応する機能があるないため、Word のフレーム内のテキストに場合があります、ページ上の予期しない位置で有効にする、エクスポートされた文書が開かれたとき。 グラフィックスはエクスポートされませんので、[フレーム] ボックスはエクスポートされた文書に含まれません。
ヘッダーとフッター
ヘッダーまたはフッターが、Word 文書で存在場合のヘッダーとフッター テキストの最初と最後の行までの距離は.33 インチに設定されます。
非表示のテキスト
Word での非表示のテキストは、有効にするコメントとしてエクスポートされます。
指数
有効にして Word は似ていますが、異なる機能のインデックスを提供します。 有効にする] でインデックスの用語を 2 つの方法で作成できます。 方法 1 つは、ツール、インデックス、INSERT を選び、特殊な"領域にインデックスという用語は、キーを設定して、「インデックスは特殊な」エントリを挿入します。 2 番目の方法では、インデックスの用語の文字に有効にするのインデックス属性を適用します。 これは、テキストを斜体または太字属性を適用すると同様で行われます。 2 つ目は最初のメソッドがインデックスという用語は、印刷された文書の本文で表示されないです。

有効にするとコンパイル、インデックス、コンパイルされたインデックスのテキストだけを含む新しい文書作成されます。 インデックス ドキュメントが標準有効にするファイルであり.WPI の拡張子が付け一般。

エクスポート処理中に有効にするは、Word 文書内のインデックス エントリのコンパイルをインデックス情報を含む 2 番目、有効にする文書を作成自動的にします。 すべてのインデックスの用語、Word 文書がエクスポート「インデックスは特殊な」エントリを有効にするのにされます。 これらは有効にするはありません「インデックス文字属性」用語をインデックスに適用します。 ただし、エクスポートされた文書は、コンパイル済みのインデックスが含ま標準テキストとして。
斜体
「文字属性」を表示します。
線の間隔
Word には、指定したポイント数で段落を区切る機能があります。 有効にするには、この機能があるない、ためこのような情報は、エクスポートに省略されます。 有効に、結果として、エクスポートの Word ドキュメント格納間隔前に、または段落がある異なる行間に、文書が開かれてが改ページ調整を影響も、元よりも後すます。

3. 0 および 4. 0 バージョン有効にするは、ルーラーの左端と右端明細行の区切り位置を決定するマージンの中間で固定位置の数を使用しました。 この現象は特に場所プロポーショナル フォントがエクスポートされた Word からテキスト形式での重要なバリエーション生成します。 さらに、これらのバージョンにエクスポートの行に大きなフォントの使用を印刷前の行に重複を生成する可能性があります。 これは有効にする 3. 0 および 4. 0 で使用される固定縦の間隔が原因です。 % 線コマンドを使用して、[行間隔を変更または印刷する前にこのような異常を修正する重複した線の上の 1 つ以上の空白行を挿入します。
方向
ページ「セットアップ」を参照してください。
アウトライン
有効にして Word の構築と非常にさまざまな方法でテキストのアウトラインの書式設定処理します。 Word は、暗黙のぶら下げインデントで各アウトライン レベルを扱います。 有効にしません。 アウトライン テキストはエクスポートすると、ときに失われるため、テキストはありませんが、表示と印刷のデータは、元の Word 文書で異なる表示されます。
改ページ
サポートのフォントを有効にして Word の方法の違い、ためエクスポート Word 多くの場合、改ページが異なるで有効にします。 [既定] ウィンドウのプリンター用の提供を有効にするサポートのレベルに基づいて、差異の程度が異なります。 関連情報については、「フォント」を参照してください。
[ページ設定、次情報は、エクスポートされた文書には含まれません。

  • 印刷範囲
  • 行/インチ (常にあると仮定を有効にする 4. 5、および 1 を有効にする 3. 0 インチ 6 行および 4. 0 で自動)
  • テキストのグラフィックの密度
  • 用紙トレイの情報
ページの向きの変更は有効にするには Word からエクスポートされません。 有効では、全体の文書の Word で初期設定によって横向きまたは縦モードでを印刷します。 発生下げる
「文字属性」を表示します。
ルーラー
エクスポートされたドキュメント余分なルーラーがあります。 これは、有効にする別の方法とぶら下げインデントなどの Word ハンドル テキスト フローするためです。

中央揃え、小数点、および右) のような整列タブは、Word と有効化の実装の違いに対応する調整されます。

4. で有効にする 3. 0/0 のルーラーはインチ内の文字の最大幅いない行に使用できる文字の最大数を示します。 エクスポート変換 Word の余白を 10 に基づいた cpi。 cpi が、Word で使用中のプロポーショナル フォントまたは 10 ではない固定ピッチ フォント ドキュメント、対応するエリアのエクスポートを有効にするドキュメントはルーラーに調整を必要があります。
小型英大文字
「文字属性」を表示します。
取り消し線
Word での取り消し線の文字は、上書きの属性を有効にするに変換されます。 複数の列内の取り消し線文字はすべてのエクスポートの無視されます。
上付き/下付き
「文字属性」を表示します。
文献引用
機関 (一覧 TOA) 参照のテーブルは変換されません。 Word からコンパイル済みの引用文献一覧は、有効にする文書に標準のテキストとして表示されます。
目次
は、有効にして Word のようなが異なる機能が提供目次 (TOC) のテーブルのされます。 有効にする、TOC (目次登録) の項目を作成する特殊な"目次項目を挿入しています。 このエントリは、TOC (目次) の用語とコードのレベルとその有効にするを TOC (目次) をコンパイルし、目次の文字列を含む新しい文書を作成するときに、用語の左側に表示される番号を決定する含まれます。 この TOC (目次) ドキュメントが標準 WP を有効にするファイルであり.WPT の拡張子が付け一般。

ほとんどの場合で有効にするユーザーは、%INCLUDE のファイル名コマンドを TOC (目次) ドキュメントを印刷するが元の文書の先頭に配置します。 それ以外の場合は、ユーザー、元の文書に TOC (目次) ドキュメントの内容をコピーする interwindow コピー機能を使用する可能性があります。

Word では、一般に、エントリにスタイルを適用してに TOC (目次登録) の項目は作成されます。 Word は、さまざまな組み込みのスタイルを備えていますこの目的のため。 エントリに適用されるスタイルは、そのレベル (コンパイル テーブル) 内、インデント、およびその他の書式設定が必要を決定します。 また、Word ユーザー挿入ことができます目次のエントリの (登録 TC) フィールドの型 (目次) フィールドの種類、文書に挿入される、コンパイル済みのテーブルがある場所の。 有効にする] は、目次のコンパイル時に Word を別々 のドキュメントを作成できませんが。 Word ユーザーはいずれかのテーブルを作成でき、元の文書に挿入する INSERT オプション選択します。

Word の TC (目次登録) フィールドだけは、目次のエントリとしてエクスポートされます。 いずれかの見出しスタイルを含む文字列は自動的に TOC (目次) として扱われましていないエントリ。

すべてのレベルの情報は、エクスポートされた文書に保持されます。 目次のスタイル情報はエクスポートされません。
テーブル
Word の表は、サイド バイ サイドの列として 4. 5 を有効にするのにエクスポートされます。 この機能が有効にする 3. 0 で使用可能ではないテーブルはそのバージョンの単一列にエクスポートされます。 エクスポートを有効にする 4. 0 の既定値には、1 つの列にもなり [変換オプション] メソッドの 4. 0 を有効にする-サイド バイ サイドの列にテーブルを変換するを見ることただし。

テーブル定義のヘッダー、フッター、脚注は、サイド バイ サイドの列に変換できません。 代わりに、セル、行のテキストを維持する間、1 つのスペースが挿入されます。
タブ
「ルーラー:」を参照します。
テキスト フロー
3. 0 を有効にするには、1 つのコマンドで文書全体を再フォーマット機能があるないは、手動で再フォーマットするを有効にする 3. 0 を Word からエクスポートされたファイル必要があります。 これは最もすばやくドキュメント内の各ルーラーを移動し、Alt キーまたは F6 し、Enter キーを押して実現されます。
下線を引く
「文字属性」を表示します。

メモリの考慮事項

場合によっては、有効にするが、Word からエクスポートされている大きなドキュメントを処理するとき、ユーザー有効にするのメモリ (短) の"メッセージあります。 この現象が発生した場合、ユーザーは、次のガイドラインに従って、メモリ制限を回避を試みる可能性があります。

文書を印刷しようとしています中にメモリ不足が発生した: 場合

  • 有効にするで保存した後、メイン メニューから、文書を印刷してみてください。
  • [Windows DOS ボックスで有効にするが実行されている場合は、有効にする、DOS プロンプト Windows の終了後に開始してください。
  • 文書で有効にする 2 つ以上のセクションに分割します。
メモリ不足が、ドキュメントに有効にするワード プロセッシング読み取り中に発生すると。

  • [Windows DOS ボックスで有効にするが実行されている場合は、有効にする、DOS プロンプト Windows の終了後に開始してください。
  • 文書を Word での 2 つ以上のセクションに分割を有効にする適切な形式にこれらのセクションをエクスポートします.
  • ASCII テキストとしての Word から、ドキュメントをエクスポートし、有効にするを読み込みます。

プロパティ

文書番号: 121000 - 最終更新日: 2005年8月16日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 95 Standard Edition
  • Microsoft Word 6.0 Standard Edition
  • Microsoft Word 6.0a
  • Microsoft Word 6.0c
キーワード:?
kbmt KB121000 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:121000
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com