説明をします。PDB ファイルと、します。DBG ファイル

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 121366
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

します。Pdb ファイルの拡張子が「プログラム データベース」を意味します。新しい形式を保持します。Visual C に導入されたデバッグ情報を格納するためにバージョン 1.0 です。今後。PDB ファイルは、他のプロジェクトも保持します。状態情報です。いずれかの最も重要な動機の変更にフォーマットされた差分プログラムのデバッグ バージョンをリンクできるようにするのには最初に Visual C version 2.0 で導入を変更します。

します。DBG の拡張子は"debug"の意味します。します。DBG ファイルの作成、32 ビットの NT のツールセットは、ポータブル実行可能 (PE) ファイル形式でです。それらが COFF、FPO、および場合 Codeview が含まれています情報です。Visual C の統合デバッガーを読み取ることができます。DBG ファイルこの形式、ただし COFF シンボルのセクションを無視して検索Codeview 情報です。

どのようなシンボル情報が含まれているかを判断する必要がある場合、します。DBGファイルは、コマンド プロンプトで次を入力できます。
Dumpbin sample.dbg/symbol.
				
メモ Dumpbin.exe はディレクトリを含める必要がありますパスとMSdis100.dll:
Path=%Path%;C:\Program Files\DevStudio\VC\bin;C:\Msssdk\bin
				
DUMPBIN の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
177429DUMPBIN の出力例

詳細

します。PDB ファイル

Visual C のバージョンが以前の 16 ビットを使用します。PDB ファイルは、デバッグ情報が保存されるの末尾に追加されて、します。EXE または.DLL ファイルは、リンカーによって。上記の Visual C のバージョンでは、リンカーと統合されたデバッガーの両方を許可するように変更されました。PDB ファイルありませんので、直接、デバッグ中に使用するファイルリンカーの作業量が大量して迂回することも、面倒な CVPACK 制限の 64 K の種類。

CVPACK 制限事項の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
112335BUG: CK1020 または CK4009 の型情報が 64 KB を超える場合が発生しました。
既定では、Visual の Workbench では、生成されるプロジェクトをビルドすると、コンパイラ スイッチ/Fd を使用して名前を変更するのには。PDB ファイルを<project>にします。PDB。したがって、1 つだけ必要があります。全体のプロジェクトの PDB ファイル。</project>

Visual の Workbench では、生成されたいないメイクファイルを実行すると、/zi を用いて、/Fd を指定しないとの 2 つが作成されます。PDB ファイル:
  • (場所"x"メジャー バージョンするには、対応する参照 VCx0.PDBVisual C は、「4」または「2」)、すべてのデバッグ情報を格納個々 の。OBJ ファイルです。ディレクトリ内に存在する場合、プロジェクトのメイクファイルが存在します。
  • <project>.結果は、すべてのデバッグ情報を格納する pdb ファイル.EXE ファイルです。それは、\WINDEBUG サブディレクトリに配置されます。</project>
なぜ 2 つのファイルコンパイラの実行時の名前を知らない、.EXE ファイルには。OBJ ファイルをリンクする、コンパイラできませんので<project>に情報を格納します。PDB。2 つのファイルを異なる保存します。情報です。コンパイルするたびに。コンパイラの OBJ ファイルのマージ、デバッグ情報を VCX0 にします。PDB。シンボル情報を表示しません。関数の定義など。だけの種類に関する情報が配置されます。すべてのソース ファイルが共通のヘッダーが含まれる場合、利点の 1 つです。<windows.h>などのファイルをすべて、typedef これらのヘッダーからは一度保存ではなくのすべて。OBJ ファイルです。</windows.h></project>

リンカーを実行すると、<project>が作成されます。保持する PDB は詳細については、プロジェクトのデバッグをします。EXE ファイルです。すべてのデバッグ関数のプロトタイプと以外の部分を含む情報を配置します。<project>には。Pdb ファイルで VCX0 だけでなく、型情報。PDB。は、次の 2 種類の。PDB ファイルはであるため、同じ拡張子を共有します。類似です。両者は増分更新をできます。それにもかかわらず、実際にはさまざまな情報を格納します。</project></project>

<project>は、新しい Visual C デバッガーを使用します。PDB ファイルの作成、リンカー直接への絶対パスを埋め込みますと、します。Pdb ファイルでは。EXE または.DLL ファイルです。デバッガーが見つからない場合は、します。その場所に PDB ファイル場合(たとえば、プロジェクトを移動した場合は、無効なパスではコンピューター)、デバッガーの現在のディレクトリに検索されます。</project>

します。DBG ファイル

Visual C の統合デバッガーも使用できます。DBG ファイルを限り、デバッグ出力バイナリが Codeview 形式から変更します。これらは、ソース コードが利用できないときのデバッグ用に便利です。偶数ソースにします。DBG ファイル関数にブレークポイントを設定できます。変数を見るし、コール スタック内の関数を参照してください。またOLE RPC デバッグに必要です。

1 つ注意点が指摘される必要があります: シンボルを操作するときにします。DBGファイルは、完全装飾名を使用する必要があります。設定するなど、Windows の sndPlaySound 関数への呼び出しにブレークポイントを使用します。_sndPlaySoundA@8 としての場所を指定します。

実際には 2 つ。DBG ファイルの形式。古い形式で存在しています16 ビットの世界では非常にしばらくの間。たとえば、するための形式。COMファイルがメモリに読み込まれては単純なバイナリ イメージは、Codeview デバッグ情報可能性がありますしない追加、ファイルの末尾にため、ファイルサイズは 64 K の制限を超える可能性がありますは。COM ファイルです。したがって、シンボル情報は、代わりに、個別に設定されています。DBG ファイルは、のみ必要があります。Codeview 情報。します。DBG ファイルでも生成される可能性があります。CVPACK を実行するのは。EXE ファイルは、/strip オプションを使用します。

32 ビット バージョンの。Exe、Visual C バージョン 2.x、4.x のデバッガーのシンボルハンドラーは、古い形式を読み込みません。使用されている形式ではなく、読み取りWindows NT の。DBG ファイルはシステムの提供します。DLL ファイルです。これら。DBG ファイルは、ポータブル実行可能 (PE) ファイル形式では、COFF、FPO を使用および場合 Codeview のシンボリックが含まれています。情報です。新しい Visual C デバッガーが読み込まれます。次の形式の DBG ファイルのみ。さらに、Codeview 情報をのみ使用を無視して、その他のシンボルのセクション。

PE ファイルのデバッグ情報を除去してを格納することもできますが、.DBG ファイルのデバッガーで使用します。これを行うには、デバッガーする必要があります。かどうかは、別のファイルにデバッグ情報を検索するかどうかを確認し、かどうかの情報がファイルからを削除されていました。1 つの方法目的の実行可能ファイルを検索するのには、デバッガー用になりますデバッグ情報。ただし、デバッガーが検索する手間を省くには、ファイル、ファイル特性フィールド (IMAGE_FILE_DEBUG_STRIPPED) が作成されたがファイルが削除されたことを示します。デバッガーを検索できます。フィールドをすばやく判断するのには、PE ファイル ヘッダーであるかどうかデバッグ情報がファイルに含まれてか。

生成するのには。DBG ファイル形式で、再配置を使用することができます。EXE でWin32 で用意されている SDK。Win32 SDK のマニュアルを参照してください。詳細については。

Windows NT 製品版ビルド中に、デバッグ シンボルを削除するから、システムのバイナリとドライバーは、別の格納されています。DBG ファイル。これです。Windows NT カーネル デバッガーはこれらを使用できるためです。DBG ファイルを手動で提供デバッグ シンボルに最適化されたドライバーにとっても。、しかし、に注意してください、Visual の C++ の統合デバッガー プロテクト モードをデバッグすることはできません。カーネルのコードです。

Windows NT シンボル ファイルの debug サブディレクトリ内にあります、Windows NT 製品版 CD-ROM 上の E:\SUPPORT ディレクトリにします。これらのファイルする必要があります。CD-ROM からハード_ディスクにコピーします。ユーザー モードのデバッグでは、ターゲット デバッガー マシン。DBG シンボルは、Windows NT に存在する必要があります。\<winnt>\SYMBOLS ディレクトリのターゲット システム (<winnt>されるディレクトリWindows NT にインストールされている)。新しいの Visual C のセットアップ プログラムをインストールします。[NT システム シンボル セットアップ] プログラム グループのアイコン。計画を立てることができます。自動的にコピーをします。Windows NT ワークステーション CD-ROM の DBG ファイルディスク、ハード ドライブ上の適切なディレクトリ構造にします。このメソッドWindows NT Server 4.0 CD-ROM のためは機能しませんが。DBG ファイル圧縮形式で格納されます。</winnt></winnt>

カーネルのデバッグは、配置します。DBG ファイルのシンボル ツリーの下に、_NT_SYMBOL_PATH 環境変数で指定されたディレクトリ例 C:\DEBUG\SYMBOLS)。カーネル デバッグが最小限のセットがあります。シンボルのシンボルのすべてのドライバーから成る (* します。SYS) で、SYMBOLS\SYS のディレクトリし ntoskrnl 内のシンボルを使用します。EXE と HAL を使用します。DLL には、SYMBOLS\EXE と SYMBOLS\DLL ディレクトリ、それぞれ。詳細についてはカーネルのデバッグには、カーネルのデバッグに関する説明を参照してください。Windows NT DDK プログラマのガイドです。

理論から変換することが可能ですが。PDB ファイルには、.DBG ファイルは単純な作業ではありません。この時点では、ありませんこのようなツールであるわかっています。私たちのようなツールが聞こえる場合はこの資料では、Microsoft が更新されます。技術。

プロパティ

文書番号: 121366 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbbug kbide kbdebug kbmt KB121366 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:121366
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com