リモート デバッグのセットアップ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 121543 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP121543
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、リモート デバッグをセットアップする方法についてを説明します。

詳細

別のコンピューターのリモート デバッグをセットアップするには、次の操作を行います。
  • ブートのシステム、非表示、& 読み取り専用属性を削除します。INIファイルし、ブート行に次の文字列を追加します。
    ボー レート 9600/DEBUGPORT = = COM #
    例を示します。
    [オペレーティング システム]
    複数 (0)... \NT="WinNT/S (1) Ver:3.5 のパーティション"/DEBUGPORT COM1 =
    ボー レート 9600 =
  • 上記の Com ポートに対してデバッグ モデムが接続されている端末を実行します。次の設定が、モデムのコマンドを入力します。
         Function                              USRobotics
         -------------------------------------------------
         Set back to Factory Defaults:         AT&F
         Disable Transmit Data Flow Control:   AT&H0
         Disable Receive Data Flow Control:    AT&I0
         Disable Data Compression:             AT&K0
         Disable Error Control:                AT&M0
         Auto Answer On:                       ATS0=1
         Disable Reset Modem on loss of DTR:   AT&D0
         Write to NVRAM:                       AT&W
    					
  • 基本のビルド (WinMSD WinVer を使用)、リモート コンピューターの決定します。

    511, 528, 807

    ベースのビルドから対応するデバッグ ・ ファイルをコピーします。

    <Compact disc="">\Support\Debug\<platformType>\ * します * ファイル、</platformType> 。</Compact>
    <localDebug>\ ディレクトリと、対応するカーネル & Hal *。DBG</localDebug>
    ファイルから
    <Compact disc="">\Support\Debug\<platformType>\Symbols\EXE と</platformType></Compact>
    <Compact disc="">\Support\Debug\<platformType>\Symbols\DLL それぞれ。</platformType></Compact>

    例を示します。

    XCOPY の E:\Support\Debug\i386\*.* C:\WinNT\Debug
    XCOPY の E:\Support\Debug\i386\Symbols\EXE\NTKRNLMP。DBG.
    ...C:\WinNT\Debug\Symbols\EXE/s/e
    XCOPY の E:\Support\Debug\i386\Symbols\EXE\NTOSKRNL。DBG.
    ...C:\WinNT\Debug\Symbols\EXE/s/e
    XCOPY の E:\Support\Debug\i386\Symbols\DLL\HAL*.*.
    ...C:\WinNT\Debug\Symbols\DLL/s/e

    ドライブ E は CD-ROM ドライブです。

    メモ: 異なる (デバッガー 807<->ターゲット 528) でのカーネルデバッガーは、デバッガーの [同期] をできない場合がありますの ing。</->
  • (WinMSD WinVer を使用)、サービス パック (SP) のバージョンを確認します。

    SP1、SP2、SP2b

    SP シンボル ツリーを<localSymbols>ディレクトリにコピーします。詳細についてはSP シンボル ツリー上の情報にマイクロソフト製品サポートにお問い合わせください。サービス (テクニカル サポート)。</localSymbols>
例を示します。
XCOPY <Source sp="" symbols="" path="">C:\WinNT\Debug\Symbols/s/e</Source>
  • どのような修正プログラムを判断、インストールされている、

    Prb18756、Bug18756

    修正プログラムのシンボル ツリーにコピー <> </> <dir>\。詳細については問い合わせのマイクロソフト製品が修正プログラムのシンボル ツリーにサービス (テクニカル サポート) をサポートします</dir>。
例を示します。
XCOPY http://hotfix
  • Microsoft またはサード パーティ製の MP カーネルを使用しているかどうかを確認します。場合MP カーネルでは、<localSymbols>から、\EXE をコピーすることもNTKRNLMP。DBG ntoskrnl 内にします。DBG。サード パーティ製の MP カーネルの場合は、取得します。シンボルをコピーし、そこにコピーして<localSymbols>\EXE\NTOSKRNL。DBG。</localSymbols></localSymbols>
  • Microsoft Windows NT の HAL を使用している場合、またはを決定します。サードパーティの HALMicrosoft Windows NT の HAL をではない場合、標準的な ISA または EISA HAL は、<localSymbols>からの \DLL のコピーを適切な Hal*.*。DBG HAL にします。DBG。場合は、サードパーティの HAL を入手します。シンボルをコピーし、そこにコピーして<localSymbols>\DLL\HAL。DBG。</localSymbols></localSymbols>
  • モデムのポートを使用してリモート デバッグ対象のコンピューターに接続します。上記の対象となるコンピューターを再起動します。
  • <localDebug>ディレクトリに移動し、次を実行REMDBG。BAT ファイルにします。</localDebug>
          REM Modem String to Disable Flow Control and Compression
          ECHO "UsRobotics Modem string = AT&H0&I0&K0&M0"
    
          REM Environment Variables:
    
          REM Specify which com port to use. (Default = com1)
          set _NT_DEBUG_PORT=com1
    
          REM Specify symbol image path. (Default = x: * NO trailing
             backslash *)
          set _NT_SYMBOL_PATH=%2\Symbols
    
          REM Specify second symbol image path to be searched after the above.
          set _NT_ALT_SYMBOL_PATH=%3\Symbols
    
          REM Specify the baud rate used by debugging serial port.
             (Default = 19200)
          set _NT_DEBUG_BAUD_RATE=9600
    
          REM If specified, output will be APPENDed to this file.
          set _NT_DEBUG_LOG_FILE_APPEND=DEBUG.LOG
    
          REM If specified, output will be written to this file from offset 0.
          REM set _NT_DEBUG_LOG_FILE_OPEN=U:\WinNT\DEBUG\DEBUG.LOG
    
          REM set _NT_DEBUG_CACHE_SIZE=x
    
          remote /s "%1kd -m %4 %5 %6 %7 %8 %9" debug
    
          REM Usage: *kd [-?] [-v] [-m] [-r] [-n] [-b] [-x] [[-l
          SymbolFile] [KrnlName]
          REM     where:
          REM             -v      Verbose mode
          REM             -?      Display this help
          REM             -n      No Lazy symbol loading
          REM             -m      Use modem controls
          REM             -b      Break into kernel
          REM                    -c          Resync on Connect
    
          REM Control Keys:
    
          REM     . <Ctrl-C> Break into kernel
          REM       <Ctrl-B><Enter> Quit debugger
          REM     . <Ctrl-R><Enter> Resynchronize target and host
          REM     . <Ctrl-V><Enter> Toggle Verbose mode
          REM     . <Ctrl-D><Enter> Display debugger debugging information
    
       through the following command:
    
       [u:\winnt\debug] remdbg <kd> <localSymbols> <baseBuildpath> <addOptions>
                                 ^        ^             ^              ^
       Kernel Debugger to use ---+        |             |              |
          Example: i386 | MIPS | Alpha    |             |              |
                                          |             |              |
       localSymbols without Symbols name -+             |              |
          Example: c:\winnt\debug                       |              |
                                                        |              |
       baseBuild (UNC) without Symbols name ------------+              |
          Example: <Symbols server>\528\i386                           |
                                                                       |
       Additional Debug Options ---------------------------------------+
          Example: -b (Break In on Connect) -c (Resync on Connect)
    						
マイクロソフト製品サポート サービス (テクニカル サポート) にお問い合わせください。<Symbols server="">の詳細については。</Symbols>

使用例

i386 u:\winnt\debug <Symbols server="">\528\i386 b</Symbols>の remdbg
「UsRobotics モデムスト AT & H0 & I0 & 値 & M0 ="

**************************************
***********     REMOTE    ************
***********     SERVER    ************
**************************************
接続するリモートの/C MARCM。ポート デバッグ

Windows NT カーネル デバッガーの出力
バージョン 1.00
(C) 1991年マイクロソフト コーポレーション

シンボルの検索パス: u:\winnt\debug\Symbols。;。
KD: 80100000 で新しいイメージ
KD: u:\winnt\debug\Symbols\exe\ntoskrnl からのカーネル シンボルをプリロードします。DBG。
KD: 接続を待機しています.
KD: キャリアを検出できません - ターミナル モードでは

> ここから上のモデムの文字列を貼り付けるし、待ってからモデムへ[ok] を返します。ATDT の<Phone number="">リモート ・ ターゲット ・ コンピューターの次のように入力します。</Phone>AT & H0 & I0 & 値 & M0
AT & H0 & I0 & 値 & M0

]
ATDT9、<Phone number=""></Phone>
ATDT9、<Phone number=""> </Phone>

9600 に接続します。
KD: キャリアを検出がデバッガーに返される
^ R \\ のデバッガーの再同期
KD: カーネル デバッガーの接続を確立します。(要求された初期のブレークポイント)
NT! _KeUpdateSystemTime + 0x109。
8015e109 cc int 3
kd >

プロパティ

文書番号: 121543 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.1
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB121543 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:121543
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com