ACC: OLE オブジェクトがなぜデータベースを拡張するが

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 123151
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

詳細: するには、詳しい知識のあるコーディング、相互運用性、およびマルチ ユーザーのスキルが必要です。

OLE ストリームとしての構成は、Microsoft Windows OLE オブジェクトが格納されています。2 つの部分:
  • 情報オブジェクトをレンダリングします。
  • 作成した OLE サーバーによって変更可能な固有のデータは、オブジェクトです。
OLE ストリーム全体では、OLE ラッパー型で保存します。Long Binary フィールドの。

多くの場合、オブジェクトのレンダリングに使用される情報の量を超えていますオブジェクト自体のサイズです。このような OLE オブジェクトを追加するを増やすことができます、データベースのサイズが大幅にします。サイズが増加する原因を最小限に抑えるOLE オブジェクトがデータベースに追加する、次のいずれかを使用します。
  • オブジェクトのレンダリングに簡単に (の解像度を下げることによって、オブジェクトの物理サイズを小さくするとします。
  • オブジェクトをアイコンとして表示されます。

詳細

次の形式のいずれかのオブジェクトの描画情報を指定できます。
  • Windows ビットマップ (BMP) の形式
  • Windows メタファイル (WMF) の形式
  • Windows デバイスに依存しないビットマップ (DIB) の形式
形式で、サーバーのほとんどを-最小から OLE サーバーを提供しています推奨される形式です。使用可能な形式と使用法が OLE クライアントを列挙します。最初の互換性のある形式です。通常、OLE クライアントをオーバーライドできます。形式を選択して貼り付けコマンドを選択します。

OLE サーバーこれらのレンダリングのため通常、WMF または DIB のいずれかを選択します。最も簡単に書式を設定します。たとえば、Word は Windows 一般DIB を使用して Windows ペイント ブラシをレンダリングするときに、WMF を使用してレンダリングされます。OLEクライアントは、常にまず希望する形式を選択できます。DIB は一形態であります。DIB が BMP は、DIB を表示するほとんどのサーバーも BMP は、レンダリングします。まず提供されることがよくあります。Access は常に DIB BMP を選択します。

OLE サーバーは、他の圧縮形式で保存されている画像を表示します。JPEG 形式 (JPG) などはの 2 つの部分を送信する必要があります。この資料に記載されている情報です。サーバーが送信する必要があります。BMP、WMF、または DIB、ネイティブなどを使用して、オブジェクトを描画するための情報オブジェクトを編集するために使用できるデータです。これが発生すると、圧縮形式にレンダリングする形式に変換されます。OLE ストリームのサイズ変換後の描画オブジェクトやネイティブ データをいくつかの OLE の合計です。オーバーヘッドの情報です。OLE ストリームはすべてを含んでいるので詳細は、小さなオブジェクトを圧縮形式でかなり大量になることができます。Microsoft Access データベースに格納するとします。

この現象を回避するには、1 つの方法は、オブジェクトをアイコンとして保存することです。IfMicrosoft Access のフォームまたはレポートにオブジェクトを表示することがなく、オブジェクトの種類を表すアイコンとしてオブジェクトを格納することができます。オブジェクトをアイコンとして格納するオブジェクトを送信するのには、OLE サーバーを原因します。アイコンはなく、完全な構成情報を表示します。オブジェクトを大幅に削減、データベース内の記憶域を使用します。場合、アイコンをダブルクリックし、ネイティブ データ OLE サーバーを起動、アイコンを表します。

大きな OLE オブジェクトになるまでに成長している小さなファイルの別の例では、複雑なテキストの書式設定を含む Microsoft Word ファイルやイメージ文書の最初のページ。これは、少量のネイティブ データする必要があります。OLE オブジェクトを表示する多くの情報が非常に大きくなります。するにはこの現象を回避、先頭の単純な書式設定と配置します。ドキュメント、またはストアをアイコンとしてドキュメントの。

OLE では、標準的なプレゼンテーションの書式を使用して、優先順位があります。場合は、WMF 形式の順で表示されます場所に関係なく、使用利用可能な (メタファイルを提供ビットマップよりも拡張性の向上)。WMF はされていない場合DIB BMP より優先されます。OLE は現在 WMF は、DIB をサポート、BMP とします。

OLE 仕様のオプションのいずれかを追加するのには、OLE サーバーを呼び出すその他の表示形式は次の 3 つの既定はその Windows のサポートを設定します。Microsoft Access は、現在この OLE 機能をサポートしていません。

関連情報

OLE オブジェクトの詳細については、「OLE のヘルプを検索するオブジェクトの場合、"か、Microsoft Access 97 の Office アシスタントに問い合わせてください。

「Microsoft オブジェクトのリンクと埋め込みのプログラマーズ リファレンス、」ボリューム 1418-420 ページします。

プロパティ

文書番号: 123151 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB123151 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:123151
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com