[NT] ページング ファイルおよびスプール ファイルを移動させる

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 123747 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP123747
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ページング ファイルおよびプリント スプーラを他のハードディスクドライブに移動させる手順を説明します。現在ページング ファイルおよびスプーラ ファイルを保存しているハードディスク ドライブよりも高速なドライブを追加インストールした場合には、以下の手順を行うことをお勧めします。

詳細

この資料には以下の 3 つのセクションが含まれます:

  I.   ページング ファイルの移動
  II.  すべてのプリンタに適用されるデフォルトのスプール プリンタを移動する  
 III. プリンタ単位のデフォルト スプール ディレクトリの移動および複数のスプール ディレクトリの作成

I. ページング ファイルの移動

  1. コントロール パネルを開いてシステムを選択します。
  2. パフォーマンスの仮想メモリを選択します。
  3. 初期サイズ (MB) および最大サイズの値を 0 (ゼロ) 設定し、[設定] ボタンを押します。
  4. ページング ファイルを保存する新しいドライブを選択します。
  5. 初期サイズ (MB) および最大サイズを設定します。初期サイズには「すべてのドライブの総ページング ファイル サイズ」で推奨されている値を使用することをお勧めします。
  6. 設定を選択し、[OK] ボタンを 2 度押します。
  7. 「今すぐ再起動しますか ?」で [はい] を選択します。

II. すべてのプリンタに適用されるデフォルトのスプール プリンタを移動する

注意: 以下の手順に従うと、このシステムで configure されているすべてのプリンタに新しいデフォルトのスプール ディレクトリが適用されます。
  1. レジストリ エディタを開始します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE サブ ツリーから、以下に示すサブ キーに移動します。

    \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Printers
  3. Printers キーを選択します。
  4. [編集] メニューから [値の追加] を選択します。
  5. 以下の情報を使い、値を追加します。
    値の名前: DefaultSpoolDirectory
    データ タイプ: REG_SZ
    文字列: <full path to printer spool directory>
  6. レジストリ エディタを終了します。
  7. ファイル マネージャから新しいスプール ディレクトリが作成されるドライブを選択し、レジストリの値 DefaultSpoolDirectory で定義されているドライブにディレクトリを作成します。たとえば、DefaultSpoolDirectory のレジストリで "F:\SPOOL" の値が入力されている場合、SPOOL と呼ばれるディレクトリを F ドライブに作成しなければなりません。
  8. 新しいディレクトリが NTFS ドライブにある場合は、適切な権利をスプールディレクトリに割り当ててください。適切なエントリに関しては 137503 を参照してください。
  9. コントロール パネルのサービス セクションで、スプーラを停止させてから再開させます。
  10. 正しい動作を確認するには、まずファイル マネージャを開いて適切なドライブにあるスプール ディレクトリをハイライトします。さらに、100K バイト以上のサイズの文書を保存している Write などのアプリケーションを開きます。文書を印刷し、印刷している間に ALT キーと TAB キーを押して、ファイル マネージャ ウィンドウに戻ります。ここで、スプール ディレクトリ下のウィンドウの右側にはファイルが 2 つ表示 されています。これらのファイルの拡張子は .SHD および .SPL となります。印刷が完了したら、これらのファイルは NT により削除されます。ファイルがまったく表示されない場合は、より大きなサイズのファイルを印刷してください。その後、スプールディレクトリが NTFS パーティションに存在する 場合は、レジストリの設定および NTFS permission (Q137503) を確認してください。

III. プリンタ単位のデフォルト スプール ディレクトリの移動および複数のスプール デ ィレクトリの作成

注意: 以下の手順に従うと、このシステムで configure されている特定のプリンタに、新しいデフォルトのスプール ディレクトリが適用されます。すべてのプリンタに対して定義を行う場合には、セクション 2 の手順にしたがってください。

  1. レジストリ エディタを開始します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE サブ ツリーから、以下に示すサブ キーに移動します。

    \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Printers\<specific printer>\SpoolDirectory
  3. Printers キーを選択します。
  4. [編集] メニューから [値の追加] を選択します。
  5. 以下の情報を使い、値を追加します。
    値の名前: SpoolDirectory
    データ タイプ: REG_SZ
    文字列: <full path to printer spool directory>
  6. レジストリ エディタを終了します。
  7. ファイル マネージャから新しいスプール ディレクトリが作成されるドライブを選択し、それぞれのプリンタのレジストリの値 SpoolDirectory で定義されているドライブにディレクトリを作成します。たとえば、SpoolDirectory のレジストリで "F:\SPOOL\PRINTQ1" の値が入力されている場合、SPOOL と呼ばれるディレクトリを F ドライブに作成し、さらに SPOOL の PRINTQ1 と呼ばれるサブディレクトリを作成しなければなりません。
  8. 新しいディレクトリが NTFS ドライブにある場合は、適切な権利をスプール ディレクトリに割り当ててください。適切なエントリに関しては、137503 を参照してください。
  9. コントロール パネルのサービス セクションで、スプーラを停止させてから再開させます。
  10. 正しい動作を確認するには、まずファイル マネージャを開いて適切なドライブにあるスプール ディレクトリをハイライトします。さらに、100K バイト以上のサイズの文書を保存している Write などのアプリケーションを開きます。文書を印刷し、印刷している間に ALT キーと TAB キーを押して、ファイル マネージャ ウィンドウに戻ります。ここで、スプール ディレクトリ下のウィンドウの右側にはファイルが 2 つ表示されています。これらのファイルの拡張子は .SHD および .SPL となります。印刷が完了したら、これらのファイルは NT により削除されます。ファイルがまったく表示されない場合は、より大きなサイズのファイルを印刷してください。その後、スプール ディレクトリが NTFS パーティションに存在する場合は、レジストリの設定および NTFS 権利 (Q137503) を確認してください。


注意: DefaultSpoolDirectory および SpoolDirectory は、いずれもデフォルトで設定されていません。すべてのプリンタ スプール ファイルのデフォルトの場所は、%SYSTEMROOT%\SYSTEM32\SPOOL\PRINTERS です。DefaultSpoolDirectory は、すべてのプリンタが put するように、スプール ファイルに新しいデフォルトの場所を定義付けます。SpoolDirectory は、プリンタ単位のデフォルトを最優先するように、スプールファイルに新しい特定プリンタの場所を定義付けます。

ディレクトリ名を指定する必要があります。「C:\」 などのように、ルート ディレクトリのみを指定するだけではなく、「C:\ <ディレクトリ名>」 として、使用するディレクトリ名を指定します。デフォルトのスプール ロケーションとしてルート ディレクトリを指定すると、スプールは %systemroot%\system32\spool\printer ディレクトリに戻ります。

Windows NT リソース キットの文書では提示されておらず、またディレクトリのみ使用できることも明示的に提示されていません。


関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 123747 (最終更新日 1997-12-01) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 123747 - 最終更新日: 2003年7月22日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowto kbenv ntprint nthowto KB123747
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com