INF: SQL Server テープ ダンプまたはロード メソッドのテスト

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 124023
注: この資料で Microsoft SQL Server に固有のものWindows NT ・ プラットフォーム。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

テープ デバイス サブシステムになりますいくつかのレイヤーをSQL Server データベースのダンプに成功は必須であり、プロシージャをロードします。は、プライマリ レベルは、テープ デバイスの構成、ハードウェア レベルでは、ケーブル、終端、および SCSI コント ローラー。カーネル層で構成されています、Windows NT カーネル、I/O マネージャー、ファイル システム ドライバー、および、テープ デバイス ドライバー。最後の層は、ユーザーまたはアプリケーション レベルです。このレベルでは、SQL Server動作し、基盤となるハードウェアの操作に依存し、運用システム ・ レベルのテープへのダンプ/ロード操作が正常に完了デバイスです。

この資料の目的方法を文書化するにはSQL Server ダンプをテストし、手順、テープ ドライブにロードします。

詳細

事前チェック

  1. 特定のテープ ・ デバイスのハードウェアがあることを確認します。互換性リスト (HCL)。デバイスが HCL にマイクロソフトによってテストされている、メーカー、Windows NT 動作で使用の要求でシステムです。テープ ・ ドライブ ・ メーカー オリジナルのテープ ・ ドライブを頻繁に販売します。機器製造元 (OEM) のベンダーとそれが可能で、ファームウェアの再パッケージ化されたドライブは、OEM の要求に従って変更されています仕入先。これらの変更のテープ操作の問題になる可能性があります。Windows NT と SQL Server の下にあるデバイスです。したがって、場合でも、テープ ドライブの基になる可能性がありますがされて製造、仕入先、hcl では再パッケージ化し、さまざまなベンダーのラベルの下に販売したテープ ドライブファームウェアの変更のために、互換性の問題があります。
  2. テープ デバイスに製造元のインストールします。推奨します。SCSI の推奨事項に従っているかどうかを確認します。コント ローラー、SCSI ケーブルの長さ、および SCSI の終端文字の種類。
  3. 仕入先で使用中のドライバーの変更の確認します。テープ デバイスにします。一部のベンダーで使用のテープ ・ ドライバーを提供しますHcl に記載されていない、Compaq では、Windows NT を使用します。 テープ ドライバーする必要があります。Compaq が推奨ソフトウェア サポート ディスク (SSD) からドライバーを使用します。これです。Compaq が、Compaq テープ ドライブのみサポートするためです。
  4. テープ デバイスがインストールされていることを確認してください。Windows NT の下で適切にします。確認するのには、3 つの分野を次に示しますテープ デバイスの設定を確認します。

    1. Windows NT 3.5 x、Windows NT の実行を実行しているコンピューターの場合Windows NT プログラム マネージャーでの [メイン] プログラム グループになるをセットアップします。で、オプション メニューの設定では、テープ ・ デバイスの追加/削除をクリックします。ドライバーの一覧を表示する必要があります。テープ ドライブと一致します。

      Windows NT 4.0 を実行しているコンピューターでは、コントロール パネルのテープ デバイス、テープ デバイス ドライバーを確認してください。

      注:製造元のマニュアル、または Windows NT のマニュアルを提供します。ドライバーの詳細についてに接続されたテープ ・ ドライブの適切なシステム)。
    2. コントロール パネルのデバイス] で、テープ ドライブにする必要があります。開始として一覧に表示し、システムのスタートアップ設定があります。
    3. Ntbackup.exe を起動します。[操作] メニューの [をクリックします。ハードウェアの設定します。デバイスが正しく設定されている場合は、テープ ドライブができます。ドロップ ダウン リスト ボックスに表示されます。
  5. Ntbackup.exe でテストします。確認が正常にアーカイブまた、エラーなしのファイルまたはファイル グループのリストアを行うことができます。

    メモ: どちらの操作を実行することが重要です。

    またテープ カタログを表示し、アーカイブを実行します。確認します。この手順では、SQL Server に問題がある場合ダンプおよびロードするテープが機能または信頼性は保証されません。
  6. SQL エンタープライズ マネージャーを使用して SQL Server の設定を確認するのにはテープ ダンプ デバイス。クエリ ウィンドウに戻って保存されて、次を実行します。手順:
    sp_helpdevice<backup_device_name></backup_device_name>
    表示される結果は次のようにする必要があります。X は、テープ デバイスの数の形式:
          \\.\tapeX
      
    既定では、デバイス番号 tape0 の... tapeX をスタートします。NTDetect でテープ ・ デバイスの数に応じて場合がを開始します。システムに 1 つのテープ ・ ドライブ、システム デバイスを一般的には、識別子 tape0、なり、物理的な定義は \\.\tape0 になります。

    SQL Server 4.2 x、SQL の管理へ移動クリックしてデバイス、テープ ダンプ デバイスをダブルクリックします。物理パスが正しいかどうかを確認します。

プロシージャをテストします。

注: 次の手順でテストする必要があります、管理者としてログインします。テープ ユニット動作しないすることを確認すること特定のログインに属するシステム権限。その場合は、SQL ログインサーバーが既定値から変更されました、ログインがあることを確認してください。管理者権限。

また、想定されるデータベース基本的な高度なテストを使用しているあるない構造的な問題。場合は、データベースの状態が"不明"が最近チェックされていないかどうかか、DBCC CHECKDB と DBCC NEWALLOC を実行します。

これらの出力を確認します。DBCC チェックし、次を実行する前に、構造的な問題を修正テストします。データベースの時点でデータベース内に存在する構造的問題テープにダンプ データベースの読み込みが失敗して、テープ デバイスからことがあります。

基本的なテスト プロシージャ

  1. SQL Server のセットアップに使用する手順を開始する前に、SQL Server と SQLExecutive (または SQL のモニターの自動スタートアップを無効にします。SQL Server 4.2 x)。
  2. サーバーの電源をオフします。約 60 秒後に待つユニットの電源を入れます。サーバーには外部のテープ ドライブがある場合は、オンに最初し、サーバーを有効にする前に初期化が完了するまで待つします。これは重要です、それがリセットされるため、テープ ・ デバイスをバックアップするのには組み込みの既定の設定。
  3. SQL Server を開き、コマンド プロンプトに移動します。
  4. SQL Server にシステム管理者 (SA) としてログインし、ネットワークへISQL/W クエリ ウィンドウ。
  5. ISQL/W クエリから、次のステートメントを実行します。ウィンドウ:
          dump database pubs to tapedump with init,nounload
          go
      
    メモ: システムの論理名は SQL Server tapedump で置き換えますテストしています。

    次のメッセージが表示される必要があります。
    メッセージ 4029、レベル 10、1 の状態:
    データベース 'pubs' (89 ページ)ダンプ ファイル<1>テープ 'SQ0001' にします<b00></b00></1>。
    SQL Server をレビューします。エラー ログは、対応する次のメッセージする必要があります。
          94/02/01 15:49:08.83 kernel   Tape pubs SQ0001 mounted on tape
                                        drive \\.\TAPE0
    
  6. SQL エンタープライズ バックアップまたはダンプ デバイスのフォルダーを開くマネージャー、および、テープ バックアップ デバイスを開く。ボリュームにラベルを付けることを確認し、ダンプ ヘッダーを表示するには、されます。
  7. ISQL/W クエリ ウィンドウに戻るを切り替えるし、実行、次のステートメント:
          dump database pubs to tapedump with noinit,nounload
          go
          dump database pubs to tapedump with noinit,nounload
          go
      
    次のメッセージが表示される必要があります。
          Msg 4029, Level 10, State 1:
          Database 'pubs' (89 pages) dumped to file <2> on tape 'SQ0001'.
          Msg 4029, Level 10, State 1:
          Database 'pubs' (89 pages) dumped to file <3> on tape 'SQ0001'.
      
    次にする必要があります SQL Server のエラー ログを確認します。対応するメッセージ。
          94/02/01 15:49:08.83 kernel   Tape pubs SQ0001 mounted on tape
                                        drive \\.\TAPE0
          94/02/01 15:50:18.83 kernel   Tape pubs SQ0001 mounted on tape
                                        drive \\.\TAPE0
      
    SQL Server のエラー ログ メッセージがない場合は、上記の手順を確認し、必要に応じて繰り返します。「問題」セクションに進んでください。この資料の。
  8. ISQL/W クエリ ウィンドウに戻るを切り替えるし、実行、次のステートメント:
     
          load database pubs from tapedump with file=2,nounload
          go
      
    同様の結果を記録する必要があります SQL Server のエラー ログを確認します。次:
          94/02/01  15:49:08.83 server   Recovery dbid 4 ckpt (1017,8)
      
    注: エラー ログに含まれる情報が異なる場合があります、データベースの dbid によってには、ダンプが読み込まれます。さらに、かっこの ckpt 値は最後のチェックポイント レコードの場所です。それも異なる場合がありますので、回復処理中が見つかりました。
  9. テストが完了しています。問題がある場合は、「問題」を参照してください。この資料の「。

テスト手順の詳細します。

このセクションより広範なテストについて説明します。以上の作業を進めるここはテープ ・ システムを十分にされていること前提です。NTBackup では、両方の成功の結果をテストします。アーカイブし、復元の手順します。使用しないことをお勧め生産または重要な開発のデータベース unproved のハードウェアをテストします。

サイズは主に、高度なテスト手順を変化、関連するデータベースは、その重要性を組織します。リソースがいる場合使用できます、ミラー データベースを作成しては、運用環境または開発の重要なデータベースのサイズや内容テストしています。またある生産時点であることを認識することが重要ですか開発用データベースは、テープにダンプする必要があります。

その結果、次の手順で説明するいくつかの冗長化されてステップ 2。高度なテスト手順を次に示します。
  1. シャット ダウンは、SQL サービス マネージャーから、SQL Serverまたは (SQL は、NET の MSSQLSERVER を停止を使用してコマンド プロンプトからのコマンドServer 4.2 x、コマンド NET SQLSERVER が停止されます)。
  2. Ntbackup.exe を使用すると、すべてのデータベース デバイス ファイルをアーカイブ、Master.dat およびそのデバイスなど tempdb に使用します。この手順をする必要があります。NTBackup の確認オプションを実行します。
  3. SQL Server を起動する SQL サービス マネージャーを通じて、またはコマンド プロンプトから、NET スタート MSSQLSERVER コマンドを使用します。
  4. "基本的なテストでは、記載されている手順 1-0 を実行します。手順」セクションのこの資料には、目的のデータベースを置換すること、'pubs' データベースです。

テストの最後のノート

記載されている、テストの手順が正常に完了上記のことはありません。 が、SQL Server の問題は保証はありません。テープへの dump または load 操作。SQL Server テープ ・ オペレーションによって異なります、テープ ・ サブシステムを構成してすべての基になっているレイヤーの成功、データベースと構造上の問題がないです。

問題

  1. Windows NT は、イベント ビューアーのシステム ログを確認します。([管理ツール] の下にある) アプリケーションです。SCSI またはテープを検査します。デバイス エラーが発生しました。
  2. Windows NT は、イベント ビューアーのアプリケーション ログを確認します。アプリケーションに非 SQL Server のエラーです。
  3. SQL Server は、エラー ログを確認してください。
  4. 適切なハードウェアのベンダーに連絡し、問題をより新しいバージョンのファームウェア、またはデバイスで修正されていますないです。ドライバーです。
  5. 明白な問題を修正し、再度テストを実行します。
  6. 適切なベンダー サポートにお問い合わせください。
Microsoft SQL Server サポートを呼び出すときは、準備を行う次の情報を提供します。
  • レジストリ エントリに見つかりません各テープ ・ デバイスを HKEY_LOCAL_MACHINE\Hardware\Devicemap。は、数、型、および各 SCSI コント ローラーの製造元についての詳細SCSI ポート、および SCSI バス上のデバイスの数。
  • ファイルのサイズ、日付、および、テープ ドライバーの中の時間対象のデバイスで使用します。
  • 上記のテスト手順の結果も同様SQL Server エラー ・ ログ、システム ログ、アプリケーション ログのイベントからビューアー。
  • 特定のテープ ドライブを確認し、情報のモデリング (ない人内部のコンポーネントになります)。
  • Sp_helpdevice して xp_msver を実行しました。

プロパティ

文書番号: 124023 - 最終更新日: 2011年7月7日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbusage kbmt KB124023 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:124023
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com