Windows でのディスプレイに関する問題のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 127139 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP127139
使用しているハードウェアに関する問題がこの資料に記載されていない場合、以下のマイクロソフト Web サイトで、その他のハードウェアについての資料を参照してください。
http://support.microsoft.com/default.aspx/w98?sid=460
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows 95、Windows 98、または Windows Millennium Edition (Me) の起動時または使用時に発生するビデオ ディスプレイに関する問題またはビデオ ディスプレイ ドライバに関連するエラー メッセージをトラブルシューティングする方法について説明します。

詳細

Windows を通常モードで起動すると発生し、Safe モードで起動すると発生しないビデオに関する問題は、一般的に Windows が使用しようとするディスプレイ ドライバに関係しています。Windows 3.1、Windows 95、Windows 98、または Windows Me のビデオ ドライバを使用しているかどうかを確認するには、次の操作を実行します。
  1. テキスト エディタ (メモ帳など) を使用して、Windows フォルダ内にある System.ini ファイルを開きます。
  2. [Boot] セクションで "Display.drv=" で始まる行を探します。この行が以下と異なる場合、使用しているドライバは Windows 3.1 (またはそれ以前のバージョン) 用に設計されています。
    Display.drv=Pnpdrvr.drv
    					
Windows 95、Windows 98、または Windows Me 用に設計されたビデオ ドライバを使用している場合、この資料の「グラフィックスの詳細設定」に進んでください。それ以外の場合は、次に進んでください。

Windows 3.1 ディスプレイ ドライバ

ビデオ ドライバに使用できる Windows 95 または Windows 98 ディスプレイ ドライバがない場合は、アダプタの製造元から入手可能な Windows 3.1 ドライバを使用してください。ドライバのインストール方法については、ドライバに付属のマニュアルを参照してください。

: Windows 95、Windows 98、または Windows Me で Windows 3.1 ディスプレイ ドライバを使用する場合、次に示す新しいグラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) 機能は使用できません。
  • アニメーション ポインタ。 アニメーション ポインタの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    123334 アニメーション ポインタの必要条件
  • 動的な解像度の変更。多くの場合、Windows 95、Windows 98、または Windows Me では Windows を再起動せずにビデオ解像度を変更できます。ただし、使用している表示色やビデオ ドライバを変更した場合は、Windows の再起動が必要です。
  • VGA フォールバック モード。Windows がビデオ カードやビデオ ドライバの問題を検出すると、VGA ディスプレイ ドライバを使用して再起動します。
  • Windows 95/98 仮想フラット フレーム バッファ デバイス (Vflatd.vxd)。Vflatd.vxd によって、最大 1 MB のフレーム バッファが提供されます。Windows 3.1 ビデオ ドライバの場合、フレーム バッファは 64 K に制限されます。フレーム バッファのサイズは使用可能なシステム リソースに影響します。
Windows 3.1 ディスプレイ ドライバが Windows 95、Windows 98、または Windows Me で正しく動作しない場合、Windows 95、Windows 98、または Windows Me に含まれている標準 VGA ディスプレイ ドライバを使用してください。オペレーティング システムに応じて次の方法を実行します。

Windows 95 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。[コントロール パネル] をクリックし、[画面] をダブルクリックします。
  2. [ディスプレイの詳細] タブをクリックし、[詳細プロパティ] をクリックします。
  3. [アダプタ] タブの [変更] をクリックし、[すべてのデバイスを表示] をクリックします。
  4. [製造元] ボックスの一覧の [(スタンダード ディスプレイ)] をクリックします。
  5. [モデル] ボックスの一覧の [スタンダード ディスプレイ アダプタ (VGA)] をクリックし、[OK] をクリックして [閉じる] をクリックします。
  6. [閉じる] をクリックします。

Windows 98/Me の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。[コントロール パネル] をクリックし、[画面] をダブルクリックします。
  2. [設定] タブをクリックし、[詳細] をクリックします。
  3. [アダプタ] タブをクリックし、[変更] をクリックします。
  4. [次へ] をクリックし (Windows Me の場合は [ドライバの場所を指定する (詳しい知識のある方向け)] をクリックして [次] をクリックします)、[特定の場所にあるすべてのドライバの一覧を作成し、インストールするドライバを選択する] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  5. [すべてのハードウェアを表示] をクリックします。
  6. [製造元] ボックスの一覧の [(標準ディスプレイ)] をクリックします。
  7. [モデル] ボックスの一覧の [標準ディスプレイ アダプタ (VGA)] (Windows Me の場合は、[標準ディスプレイ アダプタ (VGA) (Microsoft) [6-8-2000]] または [標準ディスプレイ アダプタ (VGA) (Microsoft) [6-12-1998]]) をクリックし、[次へ] をクリックし、[はい] をクリックします。
  8. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。(Windows Me の場合は、ここで [はい] をクリックして、コンピュータを再起動します。
  9. [閉じる] をクリックし、もう一度 [閉じる] をクリックします。[はい] をクリックして、コンピュータを再起動します。
上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、以下の手順に進みます。

グラフィックスの詳細設定

Windows 95、Windows 98、および Windows Me では、組み込みの機能を使用して、ビデオに関する問題を解決できます。Windows でのビデオ カードの使用方法を調整して変更できるスライダがあります。一番右 (最大) の設定からスライダのつまみを一段階ずつ左に移動して最適な設定を探します。このスライダを使用して Windows でのビデオ カードの使用方法を変更するには、次の手順を実行します。
  1. [コントロール パネル] の [システム] をダブルクリックします。
  2. [パフォーマンス] タブをクリックし、[グラフィックス] をクリックします。
  3. [ハードウェア アクセラレータ] スライダには、4 つの設定 ([最大]、[大]、[基本]、および [なし]) があります。以下に、それぞれの設定について説明します。

最大

デフォルトの設定で、ハードウェア アクセラレータ機能をすべて使用できます。

この設定を選択すると、次の項目が追加されます。
  • System.ini ファイルの [Display] セクションに SWCursor=1 が追加されます。

    SWCursor を 1 に設定すると、ハードウェア カーソルが使用できなくなります。

    : この設定は、MS-DOS レベルの Microsoft Mouse ドライバの一部のバージョンで /Y スイッチを指定したときと同じ働きをします。
Western Digital (WD) または S3 互換ドライバを使用する場合は [大] に設定します。マウス ポインタの画面表示に問題がある場合は、[大] に設定します。

基本

この設定を選択すると、次の項目が追加されます。
  • Win.ini ファイルの [Windows] セクションに SafeMode=1 が追加されます。

    SafeMode を 1 に追加すると、基本のアクセラレータ機能 (パターン ビット ブロック転送 (bitblt)、Screen-to-screen bitblt など) のみを使用できます。
  • System.ini ファイルの [Display] セクションに MMIO=0 が追加されます。

    MMIO を 0 に設定すると、S3 互換ドライバでメモリ マップ I/O が使用できなくなります。
  • System.ini ファイルの [Display] セクションに SWCursor=1 が追加されます。

    SWCursor を 1 に設定すると、ハードウェア カーソルが使用できなくなります。
S3 互換のビデオ ドライバを使用しており、コンピュータが不規則に応答を停止 (ハング) する場合は、[基本] に設定します。

なし

この設定を選択すると、次の項目が追加されます。
  • Win.ini ファイルの [Windows] セクションに SafeMode=2 が追加されます。

    SafeMode を 2 に設定すると、すべてのビデオ カード アクセラレータ機能 (GDI がディスプレイ ドライバを使用せずにデバイスに依存しないビットマップ (DIB) エンジンを描画用に直接呼び出す機能など) が使用できなくなります。
  • System.ini ファイルの [Display] セクションに MMIO=0 が追加されます。

    MMIO を 0 に設定すると、S3 互換ドライバでメモリ マップ I/O が使用できなくなります。
  • System.ini ファイルの [Display] セクションに SWCursor=1 が追加されます。

    SWCursor を 1 に設定すると、ハードウェア カーソルが使用できなくなります。
S3 互換のビデオ ドライバを使用しており、コンピュータが不定期に応答を停止する場合に、[基本] に設定しても問題が解決しなかったときは、[なし] に設定します。

上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、以下の手順に進みます。

: グラフィックス アクセラレータ機能を低減することで問題が発生しなくなった場合、通常、システムでこの設定の使用を継続することができます。[基本] または [なし] の設定では、ほとんどの場合、[最大] よりも互換性が高くなります。ただし、最適なパフォーマンスを得る場合や、アクセラレータ機能を [最大] に設定する必要のあるプログラムを使用する場合は、ディスプレイ アダプタの製造元に問い合わせて、ドライバのアップデート版がないかどうかを確認してください。一部の高性能ゲームでは、アクセラレータ機能を [最大] に設定する必要があります。

表示色の変更に関する問題

256 色しか選択できないなど、表示色の変更に関する問題が発生した場合、ディスプレイ アダプタ ドライバに関する問題が原因の場合があります。適切なディスプレイ アダプタ ドライバを使用しているかどうかを確認するには、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

モニタ

Windows で正しいモニタが選択されているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

警告 : 使用しているモニタの性能を越えるモニタの種類を選択した場合、モニタに損傷を与える可能性があります。モニタの性能の詳細情報については、モニタのマニュアルを参照するか、製造元に問い合わせください。

Windows 95 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。[コントロール パネル] をクリックし、[画面] をダブルクリックします。
  2. [ディスプレイの詳細] タブをクリックし、[詳細プロパティ] をクリックします。
  3. [モニター] タブの [変更] ボタンをクリックし、[すべてのデバイスを表示] をクリックします。
  4. [製造元] ボックスの一覧で、使用しているモニタの製造元をクリックします。

    : 該当する製造元が一覧にない場合は、[(スタンダード モニタ)] をクリックします。
  5. [モデル] ボックスの一覧で、使用しているモニタをクリックし、[OK] をクリックして [閉じる] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。

Windows 98 の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。[コントロール パネル] をクリックし、[画面] をダブルクリックします。
  2. [設定] タブをクリックし、[詳細] をクリックします。
  3. [モニタ] タブをクリックし、[変更] をクリックします。
  4. [製造元] ボックスの一覧で、使用しているモニタの製造元をクリックします。

    : 該当する製造元が一覧にない場合は、[(標準モニタの種類)] をクリックします。
  5. [モデル] ボックスの一覧で、使用しているモニタをクリックし、[OK] をクリックして [閉じる] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

: 起動時にモニタが散発的または継続的に再検出される場合、モニタが正しく接続されていない可能性があります。コンピュータの電源を切り、モニタをボックスから取り外して再度接続します。

メモリの競合の解決

ドライバによるメモリの競合が問題の原因となっているかどうかを確認します。 この方法を実行する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
136337 Windows 95 起動時の問題とエラー メッセージのトラブルシューティング
上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

有効なドライバ ファイルの確認

ディスプレイ アダプタ ドライバ ファイルが有効かどうかを確認するには、使用しているオペレーティング システムに応じて次の方法を実行します。

Windows 95 の場合

Windows 95 のセットアップを再実行し、[確認] をクリックします。このオプションを選択すると、Windows 95 ですべてのファイルが確認され、不足または破損しているファイルが復元されます。

Windows 98 の場合

Windows 98 のシステム ファイル チェッカー ツールを実行します。システム ファイル チェッカー ツールを起動するには、[スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに sfc.exe と入力して [OK] をクリックします。

システム ファイル チェッカー ツールを使用してファイルを抽出する方法については、ヘルプを参照してください。ヘルプを参照するには、[スタート] ボタンをクリックして [ヘルプ] をクリックし、[キーワード] タブでシステム ファイルと入力して、[システム ファイル チェッカー] をダブルクリックします。[システム ファイル チェッカーを使う] をクリックし、[表示] をクリックします。

上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

ディスプレイ アダプタの製造元への問い合わせ

上記の手順をすべて実行しても問題が解決しない場合は、ディスプレイ アダプタの製造元に、Windows ドライバのアップデート版が入手可能かどうかを問い合わせください。

ディスプレイ設定を調整できない

ディスプレイ設定を変更できない場合は、ディスプレイ アダプタが破損している可能性があります。次の手順を試して、この問題を解決します。
  1. [コントロール パネル] の [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、[ハードウェア プロファイル] タブ (Windows 95 の場合は、[ハードウェア環境] タブ) をクリックします。(現在) と指定されているハードウェア プロファイルを強調表示し、[コピー] をクリックして、"Test" などの新しいプロファイル名を入力します。
  2. コンピュータを Safe モードで再起動します。Safe モードで再起動するには、[スタート] ボタンをクリックし、[Windows の終了] をクリックして、Windows Me の場合は [再起動]、Windows 98 の場合は [再起動する]、Windows 95 の場合は [コンピュータを再起動する] をクリックします。Windows 95 の場合は、"Starting Windows" が表示されたら F8 キーを押し (Windows98/Me の場合は Ctrl キーを押したままにし)、[Startup] メニューの [Safe Mode] を選択します。
  3. 起動するハードウェア プロファイルを選択するように求められたら、"Test" プロファイルをクリックし、コンピュータを Windows で起動します。

    : このハードウェア プロファイルを使用すると、元のハードウェア構成を破損することなく、デバイス マネージャに変更を加えることができます。
  4. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスをもう一度開き、[デバイス マネージャ] タブをクリックします。
  5. [ディスプレイ アダプタ] の横にあるプラス記号 ("+") をクリックして、デバイス ドライバの一覧を表示します。
  6. 表示されたディスプレイ ドライバをクリックし、[削除] をクリックします。"警告 : このデバイスをシステムから削除しようとしています。" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  7. 複数のディスプレイ ドライバが表示された場合は、各デバイスに対して同じ手順を実行します。
  8. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。[スタート] ボタンをクリックし、[シャットダウン] をクリックして、[再起動] をクリックしてコンピュータを再起動します。
  9. ハードウェア プロファイルの選択を求めるメッセージが再度表示されたら、"Test" をクリックします。Windows によって、起動時にディスプレイ アダプタが検出されます。コンピュータを再起動してデバイスのインストールを完了するように求めるメッセージか、製造元から提供されているディスクを使用してドライバをインストールするように求めるメッセージが表示されます。
  10. 再度、再起動したら、"Test" プロファイルをもう一度クリックし、[コントロール パネル] の [画面のプロパティ] ダイアログ ボックスの [設定] タブで、ディスプレイの設定を調整します。
  11. 問題が解決されたら、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで "Test" ハードウェア プロファイルを削除し、元のハードウェア構成で再起動するときにディスプレイ ドライバを削除および再検出するための同じ手順を実行できます。
  12. これらの手順を実行しても問題が解決しない場合は、"Test" ハードウェア プロファイルを削除し、「ディスプレイ アダプタの製造元への問い合わせ」を参照してください。

関連情報

ディスプレイ アダプタ、および一部の表示の問題を解決するスイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
124267 ディスプレイ アダプタに関する情報と問題解決に役立つスイッチ

プロパティ

文書番号: 127139 - 最終更新日: 2006年9月13日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbdisplay kbfaq kbhardware kbinfo kbtshoot KB127139
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com