Windows NT 上の Excel で NetDDE リンクを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 128491 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP128491
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

クリップブックの形式と OLE の変更により、クリップブックを使用して Excel ワークシート間で Network DDE リンクを作成することができなくなりました。この資料では、Network DDE Share Manager を使用して、Excel で Network DDE リンクを作成する手順について説明します。

詳細

Network DDE リンクは、DDE サーバー アプリケーションと DDE クライアント アプリケーションの 2 つの部分から構成されます。DDE サーバー アプリケーションには、共有されるデータが含まれます。DDE クライアントは DDE サーバーからのデータを要求し、DDE リンクを作成します。Network DDE には、データをネットワーク上でアクセス可能にするサーバー アプリケーションが必要です。サーバー アプリケーションによって Network DDE 共有が作成され、ネットワーク上で利用可能にされて、クライアント アプリケーションから接続できるようになります。

Windows NT 3.1 では、クリップブックを使用して Network DDE 共有を作成することが可能でした。Windows NT 3.5 では、クリップブックと OLE の変更により、クリップブックを使用して Excel ワークシートで Network DDE リンクを作成することができなくなりました。

Windows NT 3.5 で Network DDE リンクを作成するには、次の手順に従ってください。

  1. DDE Share Manager (%SYSTEMROOT%\SYSTEM32\DDESHARE.EXE) を使用して、DDE サーバーに共有を作成します。

    1. SHARES.DDESHARES メニューから [DDE 共有の追加] を選択します。
    2. 共有名を入力します。共有はドル記号 ($) で終わるようにします。たとえば、SalesData$ のようにしてください。

      注 : この共有はディレクトリではありません。ファイル マネージャでこれを確認することはできません。
    3. [アプリケーション名] に次のように入力します。

            古いスタイル : Excel
            新しいスタイル : Excel.Sheet.5
            静的 :
      
      注 : 静的は空白にしておいてください。
      
    4. [項目名] に次のように入力します。

            古いスタイル : [SALES.XLS]Sheet1   - これはファイル名と
                                              ワークシート名です
            新しいスタイル : SALES.XLS           - これはファイル名です
            静的 :
      
      注 : 静的は空白にしておいてください。
      
    5. [アプリケーションの起動を可能] を選択します。
    6. [アクセス許可] を選択し、ファイル マネージャを使用してファイルにアクセス権を設定する場合と同じ方法で、共有にアクセス権を設定します。
    7. [OK] をクリックします。
    8. 作成した共有を選択し、[信頼する共有リソース] を選択します。
    9. [設定] を選択し、[OK] を選択します。
  2. サーバーで Excel を起動し、"Sheet1" というシートを含む "SALES.XLS" という名前のワークブックを作成するか、または開きます。SALES.XLS は、どのディレクトリに保存されていてもかまいません。セル A1 に文字を入力します (何を入力しても構いません)。
  3. 作成した共有へのリンクを作成します。

    この例では、共有名 SalesData$、DDE サーバー マシン \\MARLEY を使用しています。ワークブック名は SALES.XLS で、リンクされるデータは SHEET1 の 列 1、行 1 です。

    1. DDE クライアント マシンで Excel を実行します。
    2. 最初のセルに次のコマンドを入力します。
      ='\\MARLEY\NDDE$'|'SalesData$.OLE'!'Sheet1!R1C1'
      注 : パスワードをたずねるプロンプトが表示されることがあります。その場合は、DDE サーバーのドメインまたは信頼するドメインに存在する有効なユーザー アカウントとパスワードを入力します。
  4. Enter キーを押すと、リンクされたデータがセルに表示されます。セルに "N/A" と表示される場合は、[編集] メニューから [リンクの設定] を選択します。リンクは次のように表示されます。

          リンク :  SalesData$.OLE
          項目 : Sheet1!R1C1
          種類 : \\MARLEY\NDDE$
          更新 : Automatic
    

    リンクを更新するには、[今すぐ更新] を選択します。リンクがアクティブになり、データがクライアントのワークブックにリンクされます。
注 : Excel 97 では、[新しいスタイル] の [アプリケーション名] で "Excel.Sheet.8" を使用します。また、Excel Version 7.0、7.0a、および Excel 97 では、[信頼する共有リソースのプロパティ] ダイアログ ボックスで [アプリケーションの起動を可能にする] と [アプリケーション起動可能に初期化する] チェック ボックスをオンにします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 128491 (最終更新日 1999-02-26) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 128491 - 最終更新日: 2004年9月22日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbinterop ntinterop KB128491
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com