[HOWTO] 圧縮されたファイルから元の Windows ファイルを抽出する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 129605 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP129605
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、圧縮されたファイルを抽出する方法について、手順を追って説明します。マイクロソフト製品のファイルの多くは圧縮され、キャビネット (.cab) ファイルに格納されています。.cab ファイル内のファイルを使用するには、まずそのファイルを抽出する必要があります。ファイルがなくなった場合や、ファイルが破損した場合、そのファイルを抽出して新たなコピーを作成する必要があることがあります。この資料では、ファイルの抽出方法をいくつか説明します。Windows 95 と Windows 98 は、CD-ROM またはフロッピー ディスクで提供されており、そのどちらにも圧縮されたキャビネット ファイルが含まれています。Windows Millennium Edition (Me) は CD-ROM で提供され、その CD-ROM に圧縮されたキャビネット ファイルが含まれているだけでなく、圧縮されたキャビネット ファイルは C:\Windows\Options\Install フォルダにインストールされ、それらのキャビネット ファイルに実際の Windows ファイルが含まれています。この資料では、圧縮されたキャビネット ファイルから個々のファイルを抽出する方法について説明します。

Windows Millennium Edition (Me)

Windows での操作

Windows Me でファイルを抽出するには、システム設定ユーティリティ ツールを使用します。このツールを使用するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. msconfig と入力し、Enter キーを押します。
  3. [全般] タブの [ファイルの抽出] をクリックします。
  4. [復元するシステム ファイルを指定してください] ボックスに drive:\windows\path\file と入力します。drive には Windows フォルダがインストールされているドライブのドライブ文字 (通常は C) を、path には Windows フォルダ内の抽出するファイルが存在する場所を、file には抽出するファイルを指定します。
  5. [開始] をクリックして [参照] をクリックし、Windows インストール ファイルを探します。相手先ブランド供給 (OEM) 版の Windows Me を使用している場合、インストール ファイルはデフォルトではハード ディスクの C:\Windows\Options\Install にあります。製品版の完全版またはアップグレード版を使用している場合は、Windows Me インストール CD-ROM を CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに挿入して、インストール ファイルを探すこともできます。フォルダ名は、"Win9x" です。たとえば、CD-ROM または DVD-ROM ドライブが D: の場合、フォルダは "D:\Win9x" です。なお、Windows 98 の場合は、フォルダ名は "D:\Win98" です。
  6. [OK] をクリックし、画面の指示に従って操作します。
Microsoft Windows Me にはシステム ファイル保護と呼ばれる機能があり、それに該当するファイルでは抽出方法が異なります。 Windows Me の保護されているファイルの抽出方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265371 Windows Me の保護ファイルを抽出して置換する方法


Windows を起動できない場合

Microsoft Windows Me をインストールするとき、Microsoft Windows Millennium Edition 起動ディスクを作成するように促すメッセージが表示されます。Microsoft Windows Millennium Edition 起動ディスクに含まれている機能の 1 つに、CD-ROM ドライブのサポートがあります。Microsoft Windows Millennium Edition CD-ROM からファイルを抽出する必要があり、システム設定ユーティリティ ツールが使用できない場合 (コンピュータが正常に起動しない場合など) に、この機能が役に立ちます。

: Windows Millennium Edition 起動ディスクでは、IDE および SCSI の CD-ROM ドライブを含め、ほとんどの CD-ROM ドライブがサポートされています。ただし、使用している CD-ROM ドライブがサポートされていない場合もあります。
起動ディスクを作成する
以下に記載されている手順を実行するには、Windows Millennium Edition 起動ディスクが必要です。起動ディスクがない場合は、アクセス可能な Microsoft Windows Me ベースのコンピュータを使用して作成できます。Windows Millennium Edition 起動ディスクを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [起動ディスク] タブをクリックし、[ディスクの作成] をクリックして、画面に表示される指示に従います。
起動ディスクを使用してファイルを抽出する
CD-ROM がサポートされているコンピュータを起動してファイルを抽出するには、次の手順を実行します。
  1. Windows Millennium Edition 起動ディスクをドライブ A に挿入し、コンピュータを再起動します。
  2. Microsoft Windows Millennium Startup Menu が表示されたら、[Start Computer with CD-ROM Support] を選択します。

    : Microsoft Windows Me が既にインストールされているコンピュータを購入した場合、キャビネット ファイルが Windows\Options\Install フォルダにインストールされていることがあります。それらのファイルがコンピュータに存在する場合、この段階で CD-ROM のサポートは必要ではなく、必要なファイルを Windows\Options\Install フォルダから抽出できます。その場合は、[Start Computer Without CD-ROM Support] をクリックし、手順 3. を飛ばして手順 4. に進みます。
  3. Windows Millennium Edition CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。
  4. コマンド プロンプトで、ext と入力し、Enter キーを押し、画面の指示に従います。

Windows 98 および Windows 98 Second Edition

Windows での操作

Windows 98 または Windows 98 Second Edition でファイルを抽出する場合は、システム ファイル チェッカー ツールを使用します。このツールを使用するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. sfc と入力し、Enter キーを押します。
  3. [インストール ディスクからファイルを 1 つ抽出する] をクリックします。
  4. [修復したいシステム ファイルを指定してください] ボックスに drive:\windows\path\file と入力します。drive には Windows フォルダがインストールされているドライブのドライブ文字 (通常は C) を、path にはファイルの抽出先の場所を、file には抽出するファイルを指定します。
  5. [開始] をクリックし、[復元元] ボックスの横の [参照] をクリックし、Windows インストール ファイルを指定します。相手先ブランド供給 (OEM) 版の Windows 98 または Windows 98 Second Edition を使用している場合、インストール ファイルはデフォルトではハード ディスクの C:\Cabs にあります。製品版の完全版またはアップグレード版を使用している場合は、Windows のインストール CD-ROM を CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに挿入して、インストール ファイルを探すこともできます。フォルダ名は、"Win9x" です。たとえば、CD-ROM または DVD-ROM ドライブが D: の場合、フォルダは "D:\Win9x" です。Windows 98 の場合は、フォルダ名は "D:\Win98" です。
  6. [OK] をクリックし、画面の指示に従って操作します。

Windows を起動できない場合

Windows 98 をインストールするとき、Windows 98 起動ディスクを作成するように促すメッセージが表示されます。Windows 98 起動ディスクに含まれる機能の 1 つに、CD-ROM ドライブのサポートがあります。この機能は、Windows 98 CD-ROM からファイルを抽出する必要があり、システム ファイル チェッカーが使用できない場合 (コンピュータが正常に起動しない場合など) に役立ちます。

: Windows 98 起動ディスクでは、IDE および SCSI の CD-ROM ドライブを含め、ほとんどの CD-ROM ドライブがサポートされています。ただし、使用している CD-ROM ドライブがサポートされていない場合もあります。
起動ディスクを作成する
以下に記載されている手順を実行するには、Windows 98 起動ディスクが必要です。起動ディスクがない場合は、アクセス可能な Windows 98 ベースのコンピュータを使用して作成できます。Windows 98 起動ディスクを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [起動ディスク] タブをクリックし、[ディスクの作成] をクリックして、画面に表示される指示に従います。
: 起動ディスクがなく、アクセス可能な Windows 98 ベースのコンピュータもない場合、コンピュータの MS-DOS プロンプトから起動ディスクを作成できる場合があります。 Windows 98 の MS-DOS で起動ディスクを作成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
186300 MS-DOS モードで Windows 98 起動ディスクを作成する方法
起動ディスクを使用してファイルを抽出する
CD-ROM がサポートされているコンピュータを起動し、ファイルを抽出するには、以下の手順を実行します。
  1. Windows 98 起動ディスクをドライブ A に挿入し、コンピュータを再起動します。
  2. Microsoft Windows 98 Startup Menu が表示されたら、[Start Computer with CD-ROM Support] を選択します。

    : Windows 98 が既にインストールされているコンピュータを購入した場合、キャビネット ファイルが C:\Cabs フォルダにインストールされていることがあります。それらのファイルがコンピュータに存在する場合、この段階で CD-ROM のサポートは必要ではなく、ハード ディスクのそのフォルダから必要なファイルを抽出できます。その場合は、[Start Computer Without CD-ROM Support] を選択し、手順 3. を飛ばして手順 4. に進みます。
  3. CD-ROM ドライブに Windows 98 CD-ROM を挿入します。
  4. コマンド プロンプトで、ext と入力し、Enter キーを押し、画面の指示に従います。

Windows 95

Windows 95 でファイルを抽出するには、extract コマンドを使用します。これを行うには、次の手順を実行します。

Windows での操作

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をポイントし、[ファイルやフォルダ] をクリックします。
  2. [探す場所] ボックスで C ドライブをクリックし、[サブフォルダも探す] チェック ボックスをオンにします。
  3. キャビネット ファイルを検索するために、[名前] ボックスに .cab と入力します。
  4. [検索開始] をクリックします。

    キャビネット ファイルがハード ディスク上に存在しない場合は、Windows インストール CD-ROM を挿入して CD-ROM ドライブで再度検索を実行します。
  5. キャビネット ファイルが見つかったら、ファイルのパスをメモします (C:\Cabs など)。これが抽出元のパスです。
  6. extract コマンド プログラムを検索するために、[名前] ボックスに extract.exe と入力します。
  7. [検索開始] をクリックします。extract コマンドがハード ディスク上に存在しない場合は、ディスク 1 または Windows 95 CD-ROM にある Extract.exe ファイルをドライブ C のルート フォルダにコピーします。コピーするには、MS-DOS プロンプトで次のコマンドを入力します。
    copy cd_drive:\extract.exe hard_disk:\
    cd_drive は Windows 95 の CD-ROM またはディスクが挿入されているドライブのドライブ文字、hard_disk はハード ディスクのドライブ文字です。 以下に例を示します。
    copy a:\extract.exe c:\
  8. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  9. 通常使用される extract コマンドの構文を、以下に示します。
    extract source path\ file /L c:\windows\command
    たとえば、抽出元のパスが C:\Cabs の場合、extract コマンドは次のようになります。
    extract drive:\cabs\file /L drive:\windows\path
    drive は Windows がインストールされているドライブ (通常はドライブ C)、path はファイルの抽出先のフォルダ、file は抽出するファイルです。

    上の各項目を適切に置き換えて、次のコマンドを実行します。
    extract source path\ file /L c:\windows\command
  10. [OK] をクリックします。
アクセス拒否エラーの場合
Extract ツールには、コマンド ライン インターフェイスのみで、グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) はありません。Windows では、使用中のファイルを削除または上書きすることができないため、Extract ツールを使用するには Command Prompt Only モードでコンピュータを再起動することが必要な場合があります。Extract ツールを使用する前にファイルを削除するとき、または Extract ツールを使用して既存のファイルを上書きするときに、"アクセスは拒否されました" というエラー メッセージが表示される場合は、Command Prompt Only モードでコンピュータを再起動してから、Extract ツールを使用します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[Windows の終了] をクリックします。
  2. [コンピュータを再起動する] をクリックし、[はい] をクリックします。
  3. "Starting Windows 95" メッセージが表示されたら F8 キーを押し、[Command Prompt Only] を選択します。
: CD-ROM から Windows ファイルを抽出する場合は、コマンド プロンプトで、現在のディレクトリを CD-ROM ドライブに変更できることを確認してください。たとえば、次のコマンドを入力し、各行の最後に Enter キーを押します。
cd drive:
dir
drive は CD-ROM ドライブのドライブ文字です。

"無効なドライブの指定です" というエラー メッセージが表示された場合は、リアル モード CD-ROM がサポートされていない可能性があります。 リアルモードの CD-ROM サポートの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
135174 MS-DOS モードまたはコマンド プロンプトから CD-ROM ドライブにアクセスできない


Windows を起動できない場合

Windows 95 をインストールするときに、Windows 95 起動ディスクを作成するように促すメッセージが表示されます。Windows 95 起動ディスクに含まれている機能の 1 つに、CD-ROM ドライブのサポートがあります。この機能は、Windows 95 CD-ROM からファイルを抽出する必要があり、上記の手順が使用できない場合 (コンピュータが正常に起動しない場合など) に役立ちます。

: Windows 95 起動ディスクでは、IDE および SCSI の CD-ROM ドライブを含め、ほとんどの CD-ROM ドライブがサポートされています。ただし、使用している CD-ROM ドライブがサポートされていない場合もあります。
起動ディスクを作成する
以下の手順を実行するには、Windows 95 起動ディスクが必要です。起動ディスクがない場合は、アクセス可能な Windows 95 ベースのコンピュータを使用して作成できます。Windows 95 起動ディスクを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [起動ディスク] タブをクリックし、[ディスクの作成] をクリックして、画面に表示される指示に従います。
: 起動ディスクがなく、アクセス可能な Windows 95 ベースのコンピュータもない場合、コンピュータの MS-DOS プロンプトから起動ディスクを作成できる場合があります。 Windows 95 の MS-DOS で起動ディスクを作成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
284943 MS-DOS モードで Windows 95 起動ディスクを作成する方法
起動ディスクを使用してファイルを抽出する
CD-ROM がサポートされているコンピュータを起動し、ファイルを抽出するには、以下の手順を実行します。
  1. Windows 95 起動ディスクをドライブ A に挿入し、コンピュータを再起動します。
  2. Microsoft Windows 95 Startup Menu が表示されたら、[Start Computer with CD-ROM Support] を選択します。

    : Windows 95 が既にインストールされているコンピュータを購入した場合、キャビネット ファイルが C:\cabs フォルダにインストールされていることがあります。それらのファイルがコンピュータに存在する場合、この段階で CD-ROM のサポートは必要ではなく、ハード ディスク上のフォルダから必要なファイルを抽出できます。その場合は、[Start Computer Without CD-ROM Support] を選択し、手順 3. を飛ばして手順 4. に進みます。
  3. CD-ROM ドライブに Windows 95 CD-ROM を挿入します。
  4. 通常使用される extract コマンドの構文を、以下に示します。
    extract source path\ file /L c:\windows\command
    たとえば、抽出元のパスが C:\Cabs の場合、extract コマンドは次のようになります。
    a:\extract drive:\cabs\file /L drive:\windows\path
    drive は Windows がインストールされているドライブ (通常はドライブ C)、path はファイルの抽出先のフォルダ、file は抽出するファイルです。

    上の各項目を適切に置き換えて、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力した後、Enter キーを押します。
    a:\extract source path\ file /L c:\windows\command

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 129605 (最終更新日 2003-05-27) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 129605 - 最終更新日: 2007年10月31日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbresolve kbfaq kbfaq kbhowto kbhowtomaster kbprod2web KB129605
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com