Windows 95 のバックアップのトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 130946 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft バックアップを使用できるトラブルシューティングのヒントについて説明します。

詳細

テープ ドライブが検出されません。

Microsoft バックアップでを使用しているテープ ドライブがサポートされているいる確認してください。 バックアップ ユーティリティではサポートされているテープ ドライブについては、「次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
124730Windows 95 でサポートされているテープ バックアップの単位数

問題のファイルを復元します。

場合は、ファイルを復元する問題が発生する、次の手順に従います。
  1. 適切なクリーニング指示は、テープ バックアップ ユニットのマニュアルを参照し、テープ ドライブをクリーニングします。

  1. 速度を遅くに、コンピューターを設定 (たとえば、turbo モードをオフに)。
  2. セーフ モードでファイルを復元しようとしました。 "Starting Windows 95 のメッセージに対して F8 を押しながら、スタートアップ メニューからセーフ モードを選択し、または「Starting Windows 95」メッセージで F5 キーを押せば、セーフ モードで Windows 95 を起動することができます。

    注: テープ バックアップ ドライブのプロテクト モード ドライバーが存在する場合は、動作しませんセーフ モードで。 たとえば、コロラド VCOMM が読み込まれないため、Trakker ドライブはセーフ モードで動作しません。
  3. 別のコンピューターでファイルを復元しようとしました。
  4. スワップ ファイルの空きことを確認します。 スワップ ファイルのサイズが、バックアップ、復元、または比較操作に関連するファイルの数を持つが増加します。

問題をバックアップするか、ネットワークでの復元

バックアップまたはネットワーク経由でファイルを復元できない場合、か、別のネットワーク プロトコル XCOPY コマンドを使ってネットワーク経由で大きなファイルをコピーましょう。 この問題は通常、関連、ネットワークまたはネットワークの構成と Microsoft バックアップされないしています。

テープが書式設定されたことができません。

テープをフォーマットできない場合は、これらの操作を行います。
  1. 互換性のあるテープ形式を使用してはことを確認します。 たとえば、3010、QIC 80 ドライブにテープをフォーマットできませんし、QIC 80 ドライブに、QIC 80 ワイド テープをフォーマットできません。
  2. テープが不良または出力使い古した可能性があります。 別のテープをフォーマットしようとしました。

    注: ときに degaussing して、テープをフォーマットすること (または一括消去) 場合があります、テープ、この修正やのない、破損しているテープを修復します。 2 つの理由をなぜことができます、degaussed のテープをフォーマットするはあります。

    • (テープのヘッダーに格納されて) いる不良ブロック カウントが 0 に設定されます。
    • 不良ブロックは、不良ブロックが再度検出されるまで、テープが動作するため、修正に見えます。 このようなテープを使用して場合可能性エラーが発生する、もう一度またはいないデータ、不良ブロック テープ上に格納できるため、バックアップの実行後データを回復することができる可能性があります。

  1. Windows 95 のセーフ モードで、テープをフォーマットしようとしました。 か"Windows の開始メッセージで F8 キーを押すして選択すると"Windows の開始メッセージで F5 キーを押すことによって、セーフ モードで Windows 95 を起動できます"開始 Windows のスタートアップ ファイルのバイパス"Windows 95 起動メニューから。

    注: テープ バックアップ ドライブのプロテクト モード ドライバーが存在する場合は、動作しませんセーフ モードで。 たとえば、Trakker VCOMM が読み込まれないため、ドライブはセーフ モードで動作しません。
  2. ビデオ DMA 競合が存在する可能性があります。 フォーマット操作を起動し、次の手順します。

    1. 進行状況インジケーターを最小化します。 書式設定が失敗した場合に順 B. 実行してください。
    2. 640 x 480 x 16 色のビデオの解像度を変更します。 書式設定が失敗も、手順 C. 再試行します。
    3. フルスクリーン MS-DOS コマンド プロンプト セッション、テープの書式設定してください。 これは場合、デバイス マネージャーの DMA を検索を使用して、ビデオ カードと、フロッピー ディスク ドライブ コントローラーと競合します。

テープを Despools します。

テープ ドライブで頻繁に使用するテープを despool 場合、は、最後のテープのセンサー テープ ドライブにダーティか、破損している可能性があります。 終了-テープのセンサーはテープの終わり近くに穴の一連の推定の光によってテープの最後を検出します。 この光をプロジェクトに使用される電球が不良、またはが破損している場合、ライト可能性があります、ホールを通じてプロジェクトに十分な強力なできません。 これにより、ドライブ、テープの末尾に到達されているときに正確に決定できなくなります。

多くのドライブの製造元は、センサーに過度のゴミまたはその他のゴミを蓄積または、ドライブが despooled ときに使用されるテープとすべて 8 時間ドライブ操作の後に、最後のテープのセンサーをクリーニング勧めします。 テープ ドライブに、最後のテープのセンサーのクリーンアップの詳細については、ドライブに付属するドキュメントを参照するかドライブの製造元に問い合わせてください。

テープの比較が失敗します。

テープ比較が失敗した場合は、次の操作を行います。
  1. テープを一括-消去します。
  2. 新しいテープを試みます。

テープ ドライブとバックアップが応答を停止にアクセスできません。

バックアップはテープ ドライブにアクセスできませんが応答を停止 (ハング) する、あります、リソースの競合コンピューターの IDE デバイス間で。 たとえば、Syquest、リムーバブル ドライブ可能性があります、テープ ドライブとして、同じリソースを使用するよう構成します。

この現象を解決するは、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
133240デバイス マネージャによるデバイス競合のトラブルシューティング

153471Windows 95 でドライブのリムーバブル IDE に関する問題

コロラド Trakker テープ バックアップ装置

パラレル ポート上の Trakker をテープ ドライブには、ランダムな問題が場合、は、パラレル ポートは、コンピューターの CMOS 設定で ECP または EPP ポートとしてしない構成されてことを確認します。 場合は、標準パラレル ポートにポートを再構成するコンピューターの CMOS 設定ユーティリティを使用します。 詳細については、コンピューターの CMOS 設定ユーティリティを参照してくださいください、コンピューターのマニュアルまたは製造元。

Iomega、QIC 80 テープ バックアップ ドライブ

Iomega 製品サポート サービスは、これらのドライブ Iomega から新しいドライバーを必要とする示しています。 Config.sys ファイルに次の行が存在していることを確認するも必要があります:
   Buffers=30
				
の詳細は、Iomega 社に問い合わせてください。

その他のトラブルシューティング

、引き続きバックアップに問題がある場合は次の手順に従います。
  1. 適切なクリーニング指示は、テープ バックアップ ユニットのマニュアルを参照し、テープ ドライブをクリーニングします。

  1. 接続のすべての電源接続は安全かつ正しくされていることを確認します。
  2. 互換性モードで、ジャンパーが設定されるされている確認 (適切な設定は、テープ バックアップ ユニットのマニュアルを参照してください)。
  3. 内部のテープ ドライブがある場合は可能な限り、ハード_ディスクから配置します。 テープ ドライブ、配置可能な限り、モニターから外部を場合。

プロパティ

文書番号: 130946 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbmt KB130946 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:130946
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com