リアル モードでレジストリ エディターを使用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 131352
重要: この資料にはレジストリの編集に関する情報が含まれます。レジストリを編集する前に、最初のバックアップ コピーをする必要があります、レジストリ ファイル (System.dat および User.dat)どちらも隠しファイルでは、Windows のフォルダーです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

レジストリは Windows 95 のソフトでの格納に使用される、システム全体にわたるデータベースです。ウェアおよびハードウェア構成の設定。レジストリで構成されています、Windows フォルダーにある System.dat と User.dat ファイルにします。System.da0 と User.da0 とこれらのファイルがバックアップされてすべてWindows 95 の正常に起動します。

Windows 95 にはで実行し、レジストリ エディター プログラム (Regedit.exe) が含まれています。両方は、リアル モード MS-DOS 環境でプロテクト モードの Windows環境です。Windows を起動せずに、レジストリを変更する必要がある場合95、リアル モードでレジストリ エディターを使用します。スイッチを表示することに注意してください。この資料では、リアル モードでのみ機能します。

詳細

警告: レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題が生じるWindows 95 を再インストールする必要があります。マイクロソフトを保証することはできません。レジストリ エディターの誤用により発生した問題があります。解決しました。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。

注: レジストリの編集方法の詳細についてを変更する表示します。キーおよび値オンライン ヘルプ トピックでレジストリ エディター (Regedit.exe)。メモレジストリ ファイルのバックアップ コピーをする必要がありますように (System.dat とUser.dat)、レジストリを編集する前にします。

エクスポート、変更、および、レジストリ エディターを使用してレジストリ データをインポートするのにはリアル モードでは、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動します。「Starting Windows 95」メッセージが表示されたら、F8 キーを押して、[セーフ モード コマンド プロンプトのみを選択、スタートアップ メニューします。
  2. Windows 95 がインストールされているを使用して、フォルダーへの変更は、次のコマンドをコマンド プロンプトで、し、ENTER キーを押します
    cd\<windows> </windows>
    ここ<windows>で Windows 95 がインストールされているフォルダーです。</windows>
  3. レジストリのバックアップを作成します。これを行うで次のコマンドを入力します。各コマンドの後 ENTER キーを押しますコマンドラインで:
    attrib-s-h-r *.dat
    user.sav の user.dat をコピーします。
    system.dat system.sav をコピーします。
    レジストリのバックアップ方法の詳細については、次を参照してください。資料は、マイクロソフト サポート技術。
    132332 レジストリをバックアップする方法
  4. レジストリをテキスト ファイルにエクスポートするで次のコマンドを入力します。コマンド プロンプトを開き、ENTER キーを押します。
    「regedit」と/e registry.txt
    このコマンドは、System.dat と User.dat ファイルをエクスポートします。でデフォルトは、Registry.txt ファイルを保存フォルダーには、レジストリ エディターを実行します。

    特定のレジストリ キーをテキスト ファイルにエクスポートするには、以下を入力します。コマンド プロンプトで、コマンドをし、ENTER キーを押します
    「regedit」と/e regkey.txt<registry key=""> </registry>
    エクスポートする<registry key="">キーが入ります。たとえば、入力します。次のコマンド:</registry>
    「regedit」と/e regkey.txt"HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ Microsoft Office\95\Microsoft ネットワーク"
    注: この行は読みやすさのラップされます。これとして入力する必要があります。1 つの行です。
  5. (Edit.com) などのテキスト エディターを使用して、Registry.txt ファイルを変更します。手順 4 で作成および保存し、ファイルを閉じます。
  6. 差し込み印刷またはテキスト ファイルをレジストリに再度インポートするには、入力、次のコマンドをコマンド プロンプトで、し、ENTER キーを押します。
    [/c] に「regedit」と registry.txt
    エクスポートされたテキスト ファイルから、新しいレジストリを作成するかどうかは、既存のレジストリ ファイルを置き換える、次のコマンドを入力、コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
    「regedit」と/c registry.txt
エクスポートされたテキストから、新しいレジストリ ファイルを作成することができますとして使用します。破損したレジストリを修復するのには、トラブルシューティングのテクニック。詳細についてはリアル モードでは、レジストリの問題のトラブルシューティングに関する情報を参照してください、「リアル モード レジストリ エディターの使用」セクション次の資料では、技術情報:
131431 Windows 95 のレジストリのエラーのトラブルシューティング方法
変更は次回 Windows 95 を起動したときに有効に。場合は、変更の内容Windows 95 で問題が発生することやを戻す、レジストリの変更、コンピューターを再起動を行う前に、F8 をキーを押します「Starting Windows 95」のメッセージが表示され、安全」を選択したときのキーモード コマンド プロンプトのみ、スタートアップ メニューからします。コマンド プロンプトで、各コマンドの後 ENTER キーを押します、次のコマンドを入力します。
cd\<windows></windows>
attrib-s-h-r *.dat
ren user.dat user.bad
ren system.dat system.bad
user.sav user.dat をコピーします。
system.sav system.dat をコピーします。
注: Windows 95 は、上記の手順でユーザー プロファイルが有効になっている場合User.dat ファイルには、Windows のフォルダーを変更します。いずれかのことはありません。変更<windows>\profiles\<username>内の User.dat ファイル フォルダー、(<username>名前です、Windows 95 にログオンするときに使用します。</username></username></windows>

System.dat または User.dat ファイルだけを変更する場合、またはがある場合System.dat と User.dat ファイルには、作業の問題レジストリ ファイルを使うことができます作業を可能にするスイッチはファイルを特定します。については、レジストリの読み込みに関する問題サイズの大きいキーを持つ、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。ベース:
132064 「Regedit」と大きなキーをレジストリにインポートすることはできません。
上記の手順 4 を変更するコマンド、次の手順を示します、レジストリ全体が、手順 6 をどのようなインポートをエクスポート、テキスト ファイル (この例では、User.dat ファイル):

手順 4:

User.dat ファイルはルート フォルダーにあるテキスト ファイルにエクスポートするには、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
regedit/l:c:\windows\user.dat/e c:\user.txt
手順 6:

マージまたはレジストリに戻る User.txt ファイルをインポートするには、入力、次のコマンド:
[/c] に「regedit」と/l:c:\windows\user.dat の c:\user.txt
エクスポートされたテキスト ファイルから新しい User.dat ファイルを作成する場合は、既存の User.dat ファイルを置き換えるため、次のコマンドを入力します。コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
「regedit」と/c registry.txt

構文

構文とは、レジストリ エディターを使用してインポートするのには、コマンド ライン スイッチで、作成またはリアル モードでレジストリからエクスポートする、次のとおり。

差し込み印刷またはテキスト ファイルをレジストリにインポートするには、以下を使用します。コマンド:
レジストリ エディター [/L:system] [/R:user] filename1
作成し、テキスト ファイルから既存のレジストリを置き換えるには、/c を使用します。次のように移動します。
レジストリ エディター [/L:system] [/R:user]/C filename2
レジストリからテキストをエクスポートするには、次のように/e スイッチを使用します。
レジストリ エディター [/L:system] [/R:user]/E ファイル [regpath]


この一覧を表示するには、入力します。 regedit/しますか? で、コマンド プロンプトを開きます。

プロパティ

文書番号: 131352 - 最終更新日: 2011年7月1日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbmt KB131352 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:131352
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com