Windows NT で PCMCIA モデムのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 131868 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
警告: レジストリ エディターを誤って使用としてそれらを修正する Windows NT を再インストールする必要がある問題の重大なシステム全体にわたるを引き起こします。 Microsoft できません、レジストリ エディターの使用による問題責任を負わないこととします。 このツールを使用して、自己の責任において行って。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、Windows NT には、PC カード (PCMCIA) モデムのトラブルシューティング方法について説明します。 次の項目はについて説明します。
  • Windows NT は、モデムを認識しません。
  • ターミナルまたはハイパーターミナルが応答を停止 (ハング)
  • リモート アクセス サービス (RAS) が正常に機能しません。
  • モデム、いかなるとサウンドにダイヤルするとき

詳細

Windows NT が、モデムで認識されません。

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. インストールしている PC カード モデムが、Windows NT ハードウェア互換性リスト (HCL) を確認します。 PC カード モデムがない場合、ハードウェア互換性リスト (HCL) に記載されて Microsoft がテストいませんあり、マイクロソフトによってサポートされていません。
  2. コンピューターにする前に、PC カード モデムは、PC カード ソケットに挿入完全ことを確認します。 必要に応じて、コンピューターの電源を切り、PC カード モデムを PC カード ソケットに挿入し、コンピューターを入れます。
  3. 製造元提供の診断プログラムまたは Pcmcmd.exe サポート プログラムを使用して、PC カード モデムが正しく機能していることを確認します。 Pcmcmd.exe サポート プログラムは、PC カード モデムのハードウェア情報を表示します。 Pcmcmd.exe サポート プログラムが PC カード モデムのハードウェア情報を表示できない、PC カード モデムが欠陥あります。

    注: Pcmcmd.exe サポート プログラムが、\Support\Debug\<hardware のプラットフォームで、Windows NT CD-ROM 上にある > フォルダー。
  4. コントロール パネルの [、ポート、追加の COM ポートが含まれているかどうかを確認をダブルクリックします。 追加の COM ポートが一覧に場合、PC カード モデムが有効です。 IRQ の設定と、I/O アドレスが正しいことを確認します。 イベント ビューアーを使用してシステム ログと I/O または IRQ の競合の確認を表示します。

    注: 可能な場合、COM ポートの次の標準設定を使用します。
    SERIAL 1   COM1:  I/O Address = 3F8h   IRQ = 4
    SERIAL 2   COM2:  I/O Address = 2F8h   IRQ = 3
    SERIAL 3   COM3:  I/O Address = 3E8h,  IRQ = 4
    SERIAL 4   COM4:  I/O Address = 2E8h,  IRQ = 3
    多くの製造元は、PC カードの IRQ、スロットの場所、およびサウンドの設定を構成する構成プログラムを含めます。 このプログラムは、競合が発生しないために、PC カードの設定を変更する使用できます。
  5. コントロール パネルの [、PCMCIA ドライバーの開始がブートとして構成されているかどうかを判断デバイス アイコンをダブルクリックします。 PC カードが動作していないこのドライバーが起動しない場合、PCMCIA ドライバーは、すべての PC カード デバイスをアクティブに. ドライバーは自動的に開始に設定しますが自動的に起動しない場合、イベント ビューアーを使用して、システム ログとエラーの確認を表示します。
  6. 多くの PC カード チップ セットをさまざまな使用可能なため、いくつかの PC カード正しく動作しませんいくつかのコンピューターとします。 そのようなかどうかを確認するには、PC カードを別のコンピューターでテストか現在のコンピューターで、別の PC カードをテストします。

ターミナルまたはがハイパーターミナル応答を停止 (ハングします)。

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. Windows NT は「Windows NT では認識のモデム」では、この資料の「」の手順に従ってことによってモデムを認識することを確認します。
  2. まず、最初 (FIFO) 出力がサポートしない PC カード モデム、する場合は FIFO 無効にする必要があります。 手順は次のとおりです:

    1. [コントロール パネル] の [ポート] をダブルクリック、[設定] をクリックして、PC カード モデムは、構成されているポートをクリックし、設定します。
    2. [詳細設定] をクリックして、[FIFO 有効になっているチェックをオフ、[OK] をクリックしこれを行うにはメッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。

リモート アクセス サービス (RAS) が正しく機能しません。

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. ターミナルまたはハイパーターミナル プログラムが正しく機能することを確認します。 PC カード モデムがこれらのプログラムを扱う場合は、モデムの種類が正しく検出されていることされ、速度の設定が正しく構成されていることを確認します。
  2. 接続の切断または回線のノイズが、ある場合はモデムの接続速度を下げるして、問題が解決されたことをテストします。
  3. 電話ケーブルが、別のケーブルを使用して正しく機能していることを確認して、問題が解決されたことをテストします。
  4. 1 には、次のレジストリ キーのログの記録値を変更します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RasMan\Parameters
    コンピューターの再起動を再現できる、もう一度接続してエラーが報告されるモデムが送信されるコマンドに関する情報の %SYSTEMROOT%\SYSTEM32\RAS フォルダーに、Device.log ファイルが表示されます。

モデムがなしサウンドをダイヤル時に

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. 製造元のマニュアルを参照するか製造元をモデム通常は、ダイヤル サウンドを確認するに問い合わせてください。 一部のモデムはダイヤル、または応答を待って、ダイヤル トーンを待つときに一連のクリック出力します。
  2. 確認するモデムのスピーカーは無効にするには、マニュアル、モデムの製造元のします。 一部のモデムでは、スピーカーが既定無効にいます。

    注: AT コマンドの"AT M1"(引用符を除く) は、通常、モデム スピーカーを有効にします。

プロパティ

文書番号: 131868 - 最終更新日: 2014年2月6日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhardware kbmt KB131868 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:131868
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com