Extract.exe を使用してキャビネット ファイルからファイルをコピーする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 132913
注: Himem.sys の読み込み、抽出プログラムする必要があります。それを使用するためにメモリにします。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

すべてのファイルが最初のディスクに記載されたプログラムこの資料の冒頭キャビネットのフォームに結合し、したがってことはできません。個別に他のディスクまたはハード ドライブにコピーします。

この資料で検索または個々 のファイルをコピーするのには、Extract ユーティリティを使用する方法を説明します。キャビネット ファイルから。

詳細

この資料では次のとおり構成されています。
  • Extract ユーティリティの入手先
  • 展開プログラムを中断する方法
  • CAB ファイル全体をコピーします。
  • CAB ファイルからすべてのファイルを抽出しています。
  • 特定の CAB ファイルにすべてのファイルを表示します。
  • 特定 CAB で特定のファイルを検索します。ジョブ
  • 特定のファイルは、不明な CAB 内を検索します。ジョブ
  • 特定 CAB から 1 つのファイルを抽出しています。ジョブ
  • 不明な CAB から 1 つのファイルを抽出しています。ジョブ
  • 特定 CAB から特定の種類のファイルを抽出しています。ジョブ
  • EXTRACT ユーティリティの構文

抽出ユーティリティの入手先

各ディスク セットのディスク 1 には、抽出ユーティリティがあります。Works 4.0 Windows 95 以外の上記。Extract.exe ファイルをコピーします。1 をコンピューターのディスクし、パス上のディレクトリに配置します。するにはWorks 4.0 のディスク上の CAB ファイルからファイルを抽出のコピーを使用します。Extract.exe を<windows 95="">ディレクトリの \Command<b00></b00></windows>。

順序で空間を最大限に活用するのには、特定のサイズの大きなファイル、複数のディスクに分散されています。

展開プログラムを中断する方法

Ctrl キーを押しながら C キーを押して、実行中の展開プログラムをキャンセルできます。

CAB ファイルは、全体をコピーします。

このコマンドの構文です。
/c 抽出<drive>: \<cabinetname> <destination> </destination></cabinetname></drive>
<drive>はドライブ文字である場合、<cabinetname>にあります。キャビネット ファイルの名前をコピーして、<destination>は、完全なパスと終了するのには、キャビネット ファイルの保存先のファイル名。<b00></b00></destination></cabinetname></drive>

キャビネット ファイル全体をコピーする場合にこのコマンドが必要です。フロッピー ディスク、ハード ディスク ドライブまたはネットワーク ドライブにします。キャビネット ファイルがない場合ハード ドライブまたはネットワーク ドライブには、任意のハード ディスク ドライブにファイルをコピーできますかネットワーク ドライブは単純なコピー コマンドを使用します。抽出ユーティリティはのみ必要です。フロッピー ディスクのためときファイルからフロッピー ディスクをコピーします。新しい方法では、書式設定および確認して専用のユーティリティを必要とします。

たとえば、キャビネット ファイルをコピーするのには EXCEL2 を名前します。ドライブ A から CAB をディレクトリ C:\DISK2 には、次の構文を使用します。

/c a:\excel2.cab c:\disk2\excel2.cab を抽出します。

CAB ファイルからすべてのファイルを抽出しています。

このコマンドの構文です。
/e/a/l<destination>を抽出する<drive>: \<cabinetname> </cabinetname></drive> </destination>
/E スイッチは、すべての指定したキャビネット ・ ファイルを抽出します。

"/A"スイッチで始まる、すべてのディスク上のすべてのファイルを抽出し、指定した最初のキャビネットです。抽出し、そのキャビネットのファイルを指定できます。そのキャビネットのファイルと、それ以降後のすべてのファイルを検索します。ください、ディスクがこのコマンドを実行する前に、コマンドラインでドライブを指定します。

スイッチは、ファイルの場所を一覧表示します。最初は、展開されたファイルを指定すると、ファイルの送信先の後にスペースで、キャビネット ファイルのソースです。このスイッチを省略すると、ファイルの展開を展開します。現在のディレクトリにします。

たとえば、すべてのファイルをコピーするのにはすべてのキャビネットから C:\FLAT ディレクトリへのすべてのディスクには、次の使用例コマンド (ディスク 1 をドライブ A に配置:) とします。
/e/a/l c:\flat a:\excel1.cab を抽出します。
EXCEL4 からすべてのファイルをコピーすること。CAB のキャビネットには、現在のディレクトリで、次のコマンドを使用します。
/e a:\excel4.cab を抽出します。
WORD5 からのすべてのファイルをコピーすること。CAB ファイルのディレクトリC:\DISK5 は、次のコマンドを使用します。
/e/l c:\disk5 a:\word5.cab を抽出します。
5 〜 7 のディスクのすべてのファイルをコピーするのには、ディレクトリ C:\DISKS では、次のコマンドを使用します。
/e/a/l c:\disks a:\word5.cab を抽出します。

特定の CAB ファイルにすべてのファイルを表示します。

このコマンドの構文です。
/d 展開<drive>: \<cabinetname> </cabinetname></drive>
たとえば、EXCEL2 内のすべてのファイルを一覧表示します。キャビネットには、使用、次のコマンド:
/d a:\excel2.cab を抽出します。

特定の CAB ファイルには、特定のファイルを検索します。

このコマンドの構文です。
/d 展開<drive>: \<cabinetname> <filename> </filename></cabinetname></drive>
たとえば、かどうかを ODBC。DLL は、WORD7 に記載されています。CAB ファイルは、次のコマンドを使用します。
/d a:\word7.cab odbc.dll を抽出します。
すべてのリストに、* します。DLL ファイルは、WORD7 があります。CAB ファイルを使用次のコマンド:
/d a:\word7.cab *.dll を抽出します。

不明の CAB ファイルには、特定のファイルを検索します。

このコマンドの構文です。
/a を抽出<drive>: \<firstcabinetname>/d<filename> </filename></firstcabinetname></drive>
たとえば、ソルバーのファイルを検索します。そのときの XLAどのキャビネットは、次のコマンドを使用して以降のすべてのディスクを検索するにはディスク 1: (始める前に、ディスク 1 をドライブに挿入します必ず)
/a a:\excel1.cab/d solver.xla を抽出します。
抽出が、各ディスクの内容を表示するには、その名前を表示します。キャビネット ファイルの画面にします。ファイル名を検出すると検索します。ファイルの情報が画面に表示します。

注: 抽出重複するかどうかを残りのディスクを検索し続けますファイル名です。慎重にするときは画面を見る必要があります、ファイルの情報表示され、その上に表示されたキャビネット名に注意してくださいこれで目的のキャビネット。

ヒント: 場合、キャビネット ファイルはすべてネットワーク ドライブまたはハード ドライブ上に格納されている、キャビネットの名前をスクロール可能性があります、画面の前に読むことができます。リダイレクトの出力をファイルに抽出し、メモ帳などのテキスト エディターを使用して、ファイルをスクロールします。

注:プロンプト受信しません、このメソッドはディスクで使用に適していませんその抽出は、次のディスクを待機しています。

結果をテキスト ファイルにリダイレクトします。

  1. 値を追加する前に、コマンドを入力、大なり記号 (&gt;)テキスト ファイル名:
    /A A:\EXCEL1 を抽出します。CAB/D ソルバー。XLA > リスト。TXT
  2. ENTER キーを押します。
  3. コマンド ライン プロンプトが表示され、新しいファイルがされています。現在のディレクトリに作成します。ファイルの一覧です。TXT の開くしを読む任意のテキスト エディターです。

特定の CAB ファイルから 1 つのファイルを抽出しています。

このコマンドの構文です。
<drive>抽出: \<cabinetname>ファイル名/l<destination></destination></cabinetname></drive>
たとえば、予定表ファイルを抽出します。WIZ をコピーし、C:\WINWORD\TEMPLATE ディレクトリに、次のコマンドを使用します。
a:\word6.cab calendar.wiz/l c:\winword\template を抽出します。

1 つのファイルは、不明な CAB ファイルから抽出します。

このコマンドの構文です。
/A を抽出<drive>: \<cabinetname> <filename>/L<destination> </destination></filename></cabinetname></drive>
抽出した順にすべてのキャビネット ファイルを検索し、それが見つかると、ファイルを抽出します。

抽出するなど、MSSPEL2。DLL ファイルが WINDOWS\MSAPPS\PROOF ディレクトリにドライブ A のディスクからドライブ C には、次のコマンドを使用します。
/a a:\word1.cab msspel2.dll/l c:\windows\msapps\proof を抽出します。
展開で最初から始まるすべてのキャビネット ファイルを確認しますキャビネット ファイルが、指定しました。抽出ファイルが見つかったら、それを抽出し、ディスクの残りの部分を検索する続行されます。

特定の CAB ファイルから特定の種類のファイルを抽出しています。

このコマンドの構文です。
抽出<drive>: \<cabinetname> <filetype> <destination> </destination></filetype></cabinetname></drive>
すべてを抽出するなど、* します。DLL ファイルを使用して、Word のディスク 7次のコマンド:
A:\WORD7 を抽出します。CAB * します。DLL の D:\WINWORD

EXTRACT ユーティリティの構文



コマンド オプションの完全な一覧を取得するのには抽出、ディスク 1 を挿入し、ディスクを含むドライブに切り替えます。の例は、タイプ「a:」、引用符なしの場合は、ディスク ドライブ A.[入力の抽出または展開/しますか?コマンド プロンプトでのコマンドの一覧を取得するのには抽出します。次の一覧が表示されます。
EXTRACT [/Y] [/A] [/D | /E] [/L dir] cabinet [filename ...]
EXTRACT [/Y] source [newname]
EXTRACT [/Y] /C source destination

  cabinet  - Cabinet file (contains two or more files).
  filename - Name of the file to extract from the cabinet. Wild cards and
             multiple filenames (separated by blanks) may be used.
  source   - Compressed file (a cabinet with only one file).
  newname  - New filename to give the extracted file. If not supplied, the
             original name is used.
  /A         Process ALL cabinets.  Follows cabinet chain starting in first
             cabinet mentioned.
  /C         Copy source file to destination (to copy from DMF disks).
  /D         Display cabinet directory (use with filename to avoid
             extract).
  /E         Extract (use instead of *.* to extract all files).
  /L dir     Location to place extracted files (default is current
             directory).
  /Y         Do not prompt before overwriting an existing file.
				

プロパティ

文書番号: 132913 - 最終更新日: 2011年9月19日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB132913 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:132913
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com