Windows 95 での DriveSpace のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 133175 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows 95 でドライブスペースで以下の問題のトラブルシューティング方法について説明します。
  • ドライブスペースはエラー メッセージを表示します。
  • コンピューターが (ハング) 圧縮中に応答を停止します。
  • ドライブの圧縮後、コンピューターが正しく起動しません。

詳細

ドライブスペース エラー メッセージを表示します。

ドライブスペースを実行しているときに、エラー メッセージを受け取った場合は、マイクロソフト サポート技術をエラー メッセージに関する既存のアーティクルに対して確認します。 いくつかの最も一般的なエラーはです。
124558ドライブスペース エラー メッセージ: Mini.cab ファイルがないか、破損しているが.

132883エラー メッセージ: ドライブ C がエラー修正する必要がありますがには含まれています.

123441Windows は、Windows 95 のドライブスペース エラー メッセージ: 実行できません.

154839エラー メッセージ: Windows が検出、圧縮ドライブのアクセス エラー

134859ドライブスペース VxD とリアル モード ドライバーが一致していません

142919エラー メッセージ: ID 番号 DRVSPACE125

155689エラー メッセージ: Mini.cab が不足しているかが壊れています

圧縮中にコンピューターがハングします。

ドライブスペースの実行中に、コンピューターがハングする、次の手順に従います。
  1. ドライブスペースが停止が 25% が完了すると、「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
    136830ドライブスペースが失敗する Mini-Windows モードで起動するには
  2. ドライブスペース停止 25 〜 100% 完了がある場合、「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
    136899Windows 95 および MS Plus ドライブスペース Restartability!
  3. ドライブスペース停止中の圧縮を解除または圧縮ドライブのサイズ変更は、次の手順に従います。

    1. Windows 95 または Microsoft Plus にコンピューターを起動! 起動ディスク。 "Starting Windows 95..." というメッセージが表示されたら、F8 キーを押し、Startup Menu から [Step-By-Step Confirmation] を選択します。 DoubleSpace またはドライブスペース ドライバーを読み込めるように求められたら、N をキーを押します。

      注: Windows の中の 95 のセットアップの起動ディスクを作成しなかった場合または Microsoft Plus 中に、起動ディスクを更新できませんでした! 手動セットアップで作成できます、起動ディスク。

      作成または起動ディスクの更新については、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
      138991Windows 95 または Microsoft Plus を使用して問題! 起動ディスク

      136900Microsoft Plus のインストール後に手動で起動ディスクを更新する!
      重要: コンピューターをソフトウェア (OnTrack ディスクの管理や Micro ハウス EZ-ドライブ) などのディスク ジオメトリ変換を使用して、いる場合必ず起動ディスクでコンピューターを起動するときに、翻訳ソフトウェアを読み込みます。
    2. ドライブ A と C. 上の正しいドライブスペースとチェック ファイルがあることを確認します。

      起動ディスク、次のコマンドと、正しい Drvspace.bin および Scandisk.exe ファイルの確認します。
      dir/a a:\drvspace.bin
      dir a:\scandisk.exe
      注: 起動ディスクは、Dblspace.bin ファイル含まれているされません。 日付かどうかに応じて、以下の項目とファイル サイズ、Drvspace.bin ファイルがあります Microsoft Plus! がインストールされています。 Microsoft Plus によってインストールされない場合!、Scandisk.exe ファイル 134,738 バイトのサイズがあります。 Microsoft Plus をインストールした場合!、Scandisk.exe ファイル 137,836 バイトのサイズがあります。

      これらのファイルの適切なバージョンがない場合新しいコピーから、元のディスクまたは CD-ROM に抽出ルート フォルダーのドライブ A に挿入します。

      Extract ツールの使用については、Microsoft Knowledge Base の次の記事を参照してください:
      129605圧縮されたオリジナルの Windows ファイルを抽出する方法
      Drvspace.bin と Dblspace.bin の両方のファイルがドライブ C. のルート フォルダーに存在することを確認します。 これらのファイルの次のコマンドを入力します。
      dir/a c:\d 概要space.bin
      によって Microsoft Plus インストールされない場合!、次のファイルが表示:
               File name      Date/Time            Size
               ------------------------------------------
               Drvspace.bin   07-11-95 9:50 A.M.   71,287
               Dblspace.bin   07-11-95 9:50 A.M.   71,287
      が Microsoft Plus をインストールする場合!、次のファイルが表示:
               File name      Date/Time             Size
               -------------------------------------------
               Drvspace.bin   07-14-95 12:00 A.M.   64,135
               Dblspace.bin   07-14-95 12:00 A.M.   64,135
      、次のファイルがあるかどうかが必要 Windows 95 の OEM Service Release 2 を使用している場合 Microsoft Plus! がインストールされている:
               File name      Date/Time             Size
               -------------------------------------------
               Drvspace.bin   08-24-96 11:11 A.M.   65,271
               Dblspace.bin   08-24-96 11:11 A.M.   65,271
      重要: Drvspace.bin と Dblspace.bin は、異なる名前で同じファイル。 Drvspace.bin ファイルをコピー Dblspace.bin、次のコマンドでスタートアップ ディスクに進む前に。
      attrib-s-h-r a:\drvspace.bin
      a:\drvspace.bin a:\dblspace.bin をコピーします。
      attrib + %s + h + R a:\d 概要space.bin
    3. C. ドライブのルート フォルダーに、Drvspace.ini または Dblspace.ini ファイルが存在すること確認します。 、入力コマンドを次に示します。
      dir/a c:\d 概要space.ini
    4. ハード_ディスクの Drvspace.ini または Dblspace.ini ファイルが存在する場合、起動ディスクから編集コマンドを使用作成します。 これを行うには、 c:\drvspace.ini の編集 ] を入力して、Enter を押します。 Drvspace.ini ファイルを保存し、エディターを閉じます。
    5. コンピューターを再起動し、操作を行います次の F8 キーを押しますされません。 Windows 95 にコンピューターを起動する必要がありますあり、圧縮ドライブの内容。

      次のコマンドを入力することによって、ドライブ C のルート フォルダー内の Restart.drv ファイルまたはそのホスト ドライブのチェックします。
      dir/a <drive>: \restart.drv
      このファイルは、失敗した操作を再起動するドライブスペースで必要です。 Restart.drv ファイルが、存在する場合、Config.pss および Autoexec.pss ファイル フォルダーからコピー Failsafe.drv 物理ブート ドライブのルート フォルダーに、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力しています。
      コピー <drive>: \failsafe.drv\config.pss <drive>: \config.sys
      <drive> のコピー: \failsafe.drv\autoexec.pss <drive>: \autoexec.bat
      次に、Drvspace.ini または Dblspace.ini ファイルを編集し、(それがマウントされない) 場合、"ActivateDrive"ライン圧縮ドライブ C の前に、セミコロン (;) を配置します。 たとえば、
      、ActivateDrive = H、C0
      これにより、コンピューターを Failsafe.drv フォルダーと、Restart.drv ファイルを含む物理ブート ドライブに起動します。

      注: ドライブ C を参照する複数 ActivateDrive 行がある場合は C0 とで終わる行の前に、セミコロンを配置します。 Drvspace.ini ファイルは物理ブート ドライブのルート フォルダーに格納する読み取り専用のファイル、隠しファイル、システムです。 ファイルを編集するには、削除しなければなりません、非表示、システム、および読み取り専用属性です。 これを行うには、コマンド プロンプトで以下の行をタイプします:
      の"attrib"-s-h-r <drive>: \d というフィールドを指定すると、このフィールドに続く文字列の位置概要space.ini
      コンピューターを再起動し、ドライブスペース mini-Windows モードで失敗した操作を完了しようとしてくださいとします。
    6. Restart.drv ファイルが存在しない場合ドライブスペース、失敗した操作を自動的に再起動ことはできません。 ドライブをフォーマットしますと、最新のバックアップからデータを復元するか追加の支援にマイクロソフト製品サポート サービス問い合わせてください。

      注: おありますこの時点でデータを回復できません。 ドライブのフォーマットし、最新のバックアップから復元するか、Windows 95 を再インストールまたは必要があります。
  4. 基になる問題が解決した後これらの操作が続行されることができますが正常に完了しなかった次のドライブスペース操作のいずれかに問題をトラブルシューティングする場合 (、ドライブスペースを手動で変更を加えていない限り、.ini ファイルの設定を変更または名前、CVF の変更などの構成)。

    • 既存のドライブを圧縮します。
    • DoubleSpace またはドライブスペース ドライブを圧縮解除
    • 作成、新しい空のドライブスペース ドライブ
    • DoubleSpace またはドライブスペース ドライブのサイズを変更します。
    • DoubleSpace またはドライブスペース ドライブの推定圧縮率 (ECR) を変更します。
    • DoubleSpace またはドライブスペース ドライブのマウント
    • (変換) をアップグレード DoubleSpace またはドライブスペース ドライブにドライブスペース 3
  5. 上の操作一覧のドライブスペースのいずれかで問題のトラブルシューティングでない場合は、最初のドライブを圧縮するときに作成されたドライブにアクセスしようとして、圧縮ドライブがマウントされていることを確認します。

    たとえば C ドライブを圧縮するドライブスペースをホスト ドライブのドライブ名 H を作成する場合、 h: の入力し、Enter キーを押します。 無効なドライブの仕様のエラー メッセージを受け取った場合、圧縮ドライブがマウントされていません。

  6. スキャンディスクを使用して修復またはマウント、マウントされていない CVF をします。 これを行うには、次の行を入力します。
    scandisk <drive>:
    ここで、drive は文字、圧縮ドライブの場合は手順 5、または種類でマウントされました
    スキャンディスク/mount YYYdrive =
    YYY がマウントされていない CVF と drive の拡張子は、CVF を含むドライブ。

    ホスト ドライブを最初に確認するように求められたら、ようにします。 すべてのドライブにクラスタスキャンを実行するを行い見つかったエラーを修正します。

    圧縮ドライブ C がマウントされていないため、使用できないことを示す、エラー メッセージを受け取った場合、コンピューターを再起動して [手順 5 を繰り返します。

    注: スタートアップの変更後のコマンド繰り返しのメモリが不足していますが、圧縮ドライブをチェックの利用場合、ディスクを上位メモリでの圧縮ドライバーを読み込みます。 この操作を行うには、少なくとも次のコマンドを含む起動ディスクに Config.sys ファイルを作成します。
    dos = umb
    device=<drive>:\failsafe.drv\windows\himem.sys
    device=<drive>:\failsafe.drv\windows\emm386.exe noems
    devicehigh=<drive>:\failsafe.drv\command\drvspace.sys/move
    どこ <drive> が C ドライブか、そのホスト ドライブです。 Failsafe.drv フォルダーと中断ディスク圧縮の操作を再起動するドライブスペースで使用される物理ブート ドライブに隠しフォルダーです。 このフォルダーは、圧縮ドライブがマウントされていない場合でも利用可能なでなければする必要があります。

    Failsafe.drv フォルダーには Config.emm ファイル コンベンショナル メモリを最適化するために使用できるが含まれても。 ただし、上のドライブ文字の指定する必要があります変更、"デバイス =「と」devicehigh ="ドライブ C が圧縮ドライブ、起動ディスクで起動するときにマウントされている場合、ドライブ C のホストを参照する行。

    重要: お使いのハードウェア構成が Emm386.exe の使用時に除外する上位メモリを必要とする場合は、適切な"x = mmmm nnnn"Emm386.exe コマンドラインの構文です。
  7. コンピューターの利用可能な最新のウイルス対策ソフトウェアを使用するウイルス スキャンします。 Microsoft MS-DOS 6. 0 またはそれ以降にアップグレードするの MS-DOS がインストールされているマイクロソフトのウイルス対策ソフトウェアがある場合、Msav.exe を検出してすべての論理ドライブをクリーニングを実行します。

    警告: コンピューター ウイルスが、存在する可能性部分的または完全なデータの損失、次のトラブルシューティング手順を実行するとがあります。 コンピュータ ウィルスの詳細については、Microsoft Knowledge Base の次の記事を参照してください:
    129972コンピュータ ウイルスについて
  8. ハード_ディスクの空き領域での徹底的なサーフェス スキャンを実行します。 手順は次のとおりです:

    1. 次の行に、起動ディスク上には、Scandisk.ini ファイルを編集します。
      [環境] ScanTimeOut = NumPasses = 5
    2. 保存して、Scandisk.ini ファイルを閉じます。
    3. 次の行、ハード_ディスクをスキャンするを入力します。
      scandisk <drive>:
      ここで <drive> は、圧縮ドライブがマウントされている場合です。 圧縮ドライブがマウントされていない場合、ホスト ドライブを使用します。 ホスト ドライブ文字が通常使用して、圧縮ドライブの圧縮ドライブで問題があるしない) 場合、ドライブ文字と同じことを確認します。

      ダイアログ ボックスが表示されたら、次の操作を実行をを指示します。

      • 最初にホスト ドライブを検査します。
      • マウント、マウントされていない CVFs
      • 両方のドライブでサーフェス スキャンを実行します。
      • 見つかったすべてのエラーを修正します。
      • 表示、およびログ ファイルの保存
      注: この手順によって時間がかかります、大容量ハード_ディスクまたは 1 つ以上のハード_ディスクがした場合に特に。 , 表示しませんについてように、この手順を自動化、Scandisk.ini ファイルに次の行を含める:
               [Environment]
               LfnCheck      = Off
               Mount         = Always
      
               [Custom]
               DriveSummary  = Off
               AllSummary    = Auto
               Surface       = Always
               CheckHost     = Always
               SaveLog       = Overwrite
               Undo          = Never
      
               DS_Header     = Fix
               FAT_Media     = Fix
               Okay_Entries  = Fix
               Bad_Chain     = Fix
               Crosslinks    = Fix
      
               Boot_Sector   = Fix
               Invalid_MDFAT = Fix
               DS_Crosslinks = Fix
               DS_LostClust  = Fix
               DS_Signatures = Fix
               Mismatch_FAT  = Fix
               Bad_Clusters  = Fix
               Bad_Entries   = Delete
               LostClust     = Save
      し、次のコマンドを使用してスキャンディスクを実行します。
      scandisk <drive>: カスタム/
      スキャンディスクは, ドライブの問題を修正するかどうかを確認する調べることができる Scandisk.log ファイル作成されます。 障害が発生した、ドライブスペースをトラブルシューティングする以外の問題が解決されますが再開可能な操作です。 大文字と小文字、ない場合、トラブルシューティングの手順を確認することがあります。

ドライブの圧縮後にコンピューターが正常に起動しません。

圧縮ドライブ可能性があります正しくマウントはありません。 この問題を解決するには、操作上の 5-8 行います。

圧縮ドライブが正しくマウントされている場合、Windows 95 が読み込まれません、次の資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照して。
136337Windows 95 起動時の問題とエラーのトラブルシューティング メッセージ

プロパティ

文書番号: 133175 - 最終更新日: 2014年1月29日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Plus!95 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbtshoot kbtool win95 kbmt KB133175 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:133175
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com