AppInit_DLLs レジストリ値および Windows 95

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 134655 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows 95 は、AppInit_DLLs のレジストリ値の使用により、プロセスのアドレス空間に DLL の読み込みをサポートしません。 Windows NT では、実行すると、すべてのプロセスの Windows NT 読み込みます、DLL、プロセスのアドレス空間に AppInit_DLLs レジストリ値を記載します。 Windows 95 で同様の機能] をシステム全体にわたるフック実装できます。 ここでその方法を次の使用例ではします。

詳細

システム規模のフックを実装する必要がありますな確保、フックされた関数 (コールバック関数) DLL 内があります。 場合、この機能が呼び出されるし、オペレーティング システム、対象アプリケーションのアドレス空間にフックされた DLL をマップします。 実際の関数をフックし、ターゲット アプリケーションのプロセスの一部として動作します。

システム全体にわたるフックを作成には、本質的に 2 つ手順があります。
  1. フック関数として使用される、エクスポートされた関数と共に DLL を作成します。 後、WH_KEYBOARD の実装にコールバック関数が必要なコールバック関数がモデルに続くサンプル関数でシステム全体にわたるフック:
          // Trap keyboard messages
          __declspec(dllexport) LRESULT CALLBACK HookFunction(
                           int code,
                           WPARAM wParam,
                           LPARAM lParam)
          {
             char szVCode[50];
    
             //display the virtual key code trapped
             sprintf(szVCode, "Virtual Key code: %lx", wParam);
             MessageBox(NULL, szVCode,"Key stroke", MB_OK);
                    :
                    :
          }
    
       The associated .def file for this DLL might resemble this:
    
          LIBRARY      HOOK
    
          EXPORTS
             HookFunction
    						
  2. システム全体にわたるフックをインストールします。 フックをインストールする DLL する必要があります読み込ま、フック関数のアドレスが取得されると、れ SetWindowsHookEx 関数のアドレスをといいます。 次の例:
          // add system-wide hook
          hHookDll = LoadLibrary("hook");
          hHookProc = (HOOKPROC) GetProcAddress(hHookDll, "HookFunction");
    
          // Install keyboard hook to trap all keyboard messages
          hSystemHook =  SetWindowsHookEx(WH_KEYBOARD,hHookProc,hHookDll,0);
    						
    と、アプリケーションが、システム全体にわたるフックを完了したら、フック、プロセスを次のように元に戻すを必ず:
          // Remove the hook and unload the DLL used for the hooking process
          UnhookWindowsHookEx(hSystemHook);
          FreeLibrary(hHookDll);
    						

プロパティ

文書番号: 134655 - 最終更新日: 2005年3月1日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Win32 Application Programming Interface?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 95
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows Millennium Edition
キーワード:?
kbregistry kbkernbase kbcode kbmt KB134655 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:134655
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com