MS-DOS モードまたはコマンド プロンプトから CD-ROM ドライブにアクセスできない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 135174 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP135174
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

コンピュータを MS-DOS モード、Windows コマンド プロンプト、または起動ディスクを使用して再起動すると、CD-ROM ドライブにアクセスできないことがあります。この問題は、Windows グラフィカル ユーザー インターフェイスから CD-ROM にアクセスできる場合でも発生します。

原因

この問題は、以下の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • CD-ROM ドライバまたは Mscdex.exe ファイルが Autoexec.bat または Config.sys ファイルで無効になっている (コメント化されている) か、または設定されていない。
  • CD-ROM ドライバまたは Mscdex.exe ファイルが見つからないか破損している。
  • 起動ディスクに CD-ROM ドライバまたは Mscdex.exe ファイルが設定されていない。
  • 元の CD-ROM を交換し、MS-DOS ドライバを更新していない。
Windows コマンド プロンプトでの起動時、またはコンピュータを MS-DOS モードで再起動するときに CD-ROM ドライブへアクセスするには、Config.sys ファイル内でリアル モード CD-ROM ドライバを、また Autoexec.bat または Dosstart.bat ファイル内で MSCDEX ドライバを読み込む必要があります。使用中の CD-ROM ドライブが Windows のプロテクト モードでサポートされている場合は、リアル モード CD-ROM ドライバと MSCDEX ドライバがハード ディスクの Config.sys ファイルと Autoexec.bat または Dosstart.bat ファイル内で読み込まれる可能性は極めて低いです。また、フロッピー ディスクから起動する場合は、フロッピー ディスクの Config.sys ファイルと Autoexec.bat ファイルを手動で構成して CD-ROM ドライバと MSCDEX ドライバを読み込むようにしない限り、これらのドライバは読み込まれません。

解決方法

この動作を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • Dosstart.bat ファイルを実行する。
  • 正しいバージョンの Mscdex.exe ファイルを抽出する。
  • 起動ディスクに必要なファイルとコマンドを追加する。
  • [Command Prompt Only] を使用して、使用中の CD-ROM 用 MS-DOS ドライバをインストールする。

Dosstart.bat ファイル

MS-DOS または Windows 3.x から Windows 95/98 へのアップグレード時に、元の Mscdex.exe ファイルは Dosstart.bat ファイルにコピーされます。Dosstart.bat には、Windows セットアップによってコメント化されたすべてのコマンドがコピーされています。Dosstart.bat は、コンピュータを MS-DOS モードで再起動する時、自動的に実行されます。

コンピュータを再起動し、その後 [Command Prompt Only] を選択すると、Dosstart.bat は実行されません。コマンドを実行するには、dosstart.bat と入力し、Enter キーを押します。

Mscdex.exe エラー

Mscdex.exe を実行しようとして以下のエラー メッセージが表示される場合は、Mscdex.exe ファイルが破損している可能性があります。
Mscdex.exe <パラメータ> が見つからないか、壊れています
<パラメータ> は、Autoexec.bat や Dosstart.bat などのバッチ ファイルのコマンド行に記述されているコマンド ライン スイッチです。

バッチ ファイルの場所を確認します。そのためには、[Command Prompt Only] を選択して次の行を入力し、1 行ずつ Enter キーを押します。
<ドライブ>:
dir /s mscdex.exe
<ドライブ> は、Windows フォルダが格納されているドライブのドライブ文字です。

ファイルが見つからない場合は、Windows 95 ディスクからファイルを抽出します。Mscdex.exe ファイルは、Windows 95 CD-ROM 上の Win95_04.cab ファイル、Windows 95 DMF フロッピー ディスクのディスク 5 上の Win95_05.cab ファイル、Windows 95 非 DMF フロッピー ディスクのディスク 7 上の Win95_07.cab ファイル、および Windows 95 OEM Service Release 2 CD-ROM 上の Win95_06.cab ファイルにあります。

Windows 95 のファイルを抽出する方法については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
129605 How to Extract Original Compressed Windows Files
Mscdex.exe ファイルを Windows\Command フォルダに保存します。

注 : 一部のバッチ ファイルでは、Windows\Command フォルダ以外の場所が指定されていることがあります。その場合は、ファイルを編集して Windows\Command フォルダを指定するように変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして [MS-DOS プロンプト] をクリックします。
  2. 以下の行を入力し、1 行ずつ Enter キーを押します。
    <ドライブ>:
    cd\<windows>
    edit dosstart.bat
  3. Alt + S (検索) キーを押して、F キーを押します。
  4. Mscdex.exe ファイルを探します。必要に応じて [検索文字列] ボックスに mscdex.exe と入力し、[OK] をクリックします。
  5. Mscdex.exe のパスが Windows\Command フォルダになっていることを確認します。それ以外のパスが指定されている場合は、正しいパスを入力します。
  6. Alt + F (ファイル) キーを押して X キーを押し、ファイルの保存を確認するメッセージが表示されたら、Enter キーを押します。
通常、Windows 95 版の Mscdex.exe ファイルはほとんどの CD-ROM ドライブで正常に機能しますが、CD-ROM ドライブの検出で問題が発生した場合は、CD-ROM の製造元にお問い合わせください。

起動ディスク ドライバ

作成した起動ディスクからコンピュータを再起動したときに、CD-ROM ドライブにアクセスできない場合は、正しい CD-ROM ドライバまたは Mscdex.exe ファイルが読み込まれていません。起動ディスクから CD-ROM ドライバを読み込むようにするには、以下の手順を実行します。
  1. Config.sys ファイルを編集して、CD-ROM ドライバのエントリを追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. [スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに sysedit と入力して [OK] をクリックします。
    2. [C:\Config.sys] タイトル バーをクリックし、CD-ROM ドライバを読み込む行を探します。ポインタをドラッグして行テキストを選択し、[編集] メニューの [コピー] をクリックします。CD-ROM ドライバの名前とパスをメモ帳に記録します。
    3. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ] を順にポイントして、[メモ帳] をクリックします。
    4. 起動ディスクを A ドライブに挿入します。
    5. [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、[ファイル名] ボックスに a:config.sys と入力して [開く] をクリックします。
    6. テキスト最終行の行末にポインタを置いてクリックし、Enter キーを押して新しい行を開始します。次に、[編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。
    7. CD-ROM ドライバ ファイルのフォルダのパスを A ドライブに変更します。以下の表に、CD-ROM ドライバ ファイルを読み込む行の変更前と変更後の例を示します。
            変更前の行                               変更後の行
            ---------------------------------------------------------------------
            device=c:\cdrom\cdrom.sys /d:mscd001   device=a:\cdrom.sys
                                                      /d:mscd001
      
    8. [ファイル] メニューの [メモ帳の終了] をクリックし、変更の保存を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
一部の CD-ROM ドライブはサウンド カードに接続しています。その場合は、CD-ROM ドライバの前にサウンド ドライバを読み込む必要があります。サウンド ドライバを読み込む方法については、サウンド カードのマニュアルを確認するか、または製造元にお問い合わせください。
  1. Autoexec.bat を編集して Mscdex.exe ドライバのエントリを追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. [スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに sysedit と入力して [OK] をクリックします。
    2. [C:\Autoexec.bat] タイトル バーをクリックし、Mscdex.exe ファイルを読み込む行を探します。ポインタをドラッグして行テキストを選択し、[編集] メニューの [コピー] をクリックします。Mscdex.exe ファイルの名前とパスをメモ帳に記録します。
    3. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ] を順にポイントして、[メモ帳] をクリックします。
    4. 起動ディスクを A ドライブに挿入します。
    5. フロッピー ディスクに Autoexec.bat ファイルがある場合は、[ファイル] メニューの [開く] をクリックし、[ファイル名] ボックスに a:autoexec.bat と入力して、[開く] をクリックします。
    6. テキスト最終行の行末にポインタを置いてクリックし、Enter キーを押して新しい行を開始します。次に、[編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。
    7. Mscdex.exe が設定されている行が他に存在する場合は、その行の行頭に rem と入力します。
    8. 行頭に以下の文字列が表示された場合には、その文字列を選択して Del キー を押します。
      REM - by Windows Setup -
    9. Mscdex.exe ファイルのフォルダのパスを A ドライブに変更します。以下の表に、Mscdex.exe ファイルを読み込む行の変更前と変更後の例を示します。
            変更前の行                                  変更後の行
            ---------------------------------------------------------------------
            c:\windows\command\mscdex.exe /d:mscd001   a:\mscdex.exe /d:mscd001
      
    10. [ファイル] メニューの [メモ帳の終了] をクリックします。変更の保存を確認するメッセージが表示されたら [はい] をクリックし、autoexec.bat という名前でフロッピー ディスクに保存します。
  2. CD-ROM ドライバと Mscdex.exe ファイルを起動ディスクに追加します。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして [MS-DOS プロンプト] をクリックします。
    2. 以下の行を入力し、1 行ずつ Enter キーを押します。
      <ドライブ 1>: cd\<CD パス> copy <CD ドライブ> a: <ドライブ 2>: cd\<windows>\command copy mscdex.exe a:
      <ドライブ 1> は CD-ROM ドライバ ファイルが格納されているドライブのドライブ文字、<CD パス> は MS-DOS ベースの CD-ROM ドライバ ファイルが格納されているフォルダの名前、<ドライブ 2> は Windows フォルダが格納されているドライブのドライブ文字です。
Windows 98 起動ディスクには、多くの IDE (Integrated Drive Electronics) および SCSI (Small Computer System Interface) CD-ROM ドライブ用のドライバが用意されています。

必要な MS-DOS ベースの CD-ROM ドライバをインストールする

CD-ROM ドライブを更新し、MS-DOS 対応の CD-ROM ドライバを更新していない場合は、[Command Prompt Only] を使用してドライバをインストールし、Mscdex.exe の行を Autoexec.bat ファイルから Dosstart.bat ファイルへ移動します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. コンピュータを再起動します。"Starting Windows 95" というメッセージが表示されたら F8 キーを押し、[Microsoft Windows 95 Startup Menu] から [Command Prompt Only] を選択します。
  2. CD-ROM の製造元の指示に従い、MS-DOS ベースの CD-ROM ドライバをインストールします。再起動を求めるメッセージが表示されたら、再起動します。
  3. 正しいドライバが読み込まれ正常に機能していることを確認したら、ドライバ情報を Autoexec.bat ファイルから Dosstart.bat ファイルへ移動します。これを行うには、次の手順を実行します。

    1. [スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに sysedit と入力して、[OK] をクリックします。
    2. [C:\Autoexec.bat] タイトル バーをクリックし、Mscdex.exe ファイルを読み込む行を探します。ポインタをドラッグして行テキストを選択し、[編集] メニューの [コピー] をクリックします。
    3. Mscdex.exe ファイルが設定されている行の行頭に rem と入力し、[ファイル] メニューの [システム エディタの終了] をクリックします。Autoexec.bat ファイルへの変更の保存を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    4. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ] を順にポイントして、[メモ帳] をクリックします。
    5. [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、[ファイル名] ボックスに c:\windows\dosstart.bat と入力して [開く] をクリックします。ファイルが見つからないことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックし、[ファイル] メニューの [新規] をクリックします。
    6. テキスト最終行の行末にポインタを置いてクリックし、Enter キーを押して新しい行を開始します。次に、[編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。
    7. Mscdex.exe ファイルが設定されている行が他に存在する場合は、その行の行頭に rem と入力します。
    8. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、c:\windows\dosstart.bat と入力して [保存] をクリックします。[ファイル] メニューの [メモ帳の終了] をクリックします。

詳細

Windows にはリアル モード CD-ROM ドライバが含まれていません。Windows コマンド プロンプトでの起動時、またはコンピュータを MS-DOS モードで再起動するときに CD-ROM ドライブにアクセスする必要がある場合は、CD-ROM ドライブに添付されたリアル モード CD-ROM ドライバを使用しなければなりません。リアル モード CD-ROM ドライバの入手、インストールまたは構成方法については、ドライブのマニュアルを参照するかドライブの製造元にお問い合わせください。

Windows では、Windows\Command フォルダに MSCDEX ドライバが用意されています。リアル モード MSCDEX ドライバを使用する必要がある場合は、CD-ROM ドライブのドライバではなく Windows\Command フォルダのドライバを使用します。

リアル モード CD-ROM ドライバと MSCDEX ドライバの読み込みは、その状況により読み込み元が異なります。Windows 95 コマンド プロンプトでの起動時に CD-ROM ドライブにアクセスする必要があるためリアル モード ドライバを読み込む場合は、起動ドライブのルート フォルダ上の Config.sys ファイルと Autoexec.bat ファイルからドライバを読み込まなければなりません。また、ハード ディスクではなくフロッピー ディスクから Windows コマンド プロンプトを起動する場合は、フロッピー ディスク上の Config.sys ファイルと Autoexec.bat ファイルからドライバを読み込まなければなりません。

コンピュータを MS-DOS モードで再起動するためにリアル モード ドライバを読み込む場合は、次のいずれかの場所からドライバを読み込みます。
  • 起動ドライブのルート フォルダ上の Config.sys ファイルと Autoexec.bat ファイル
  • MS-DOS モードで実行中のプログラムのプロパティ、MS-DOS モードで実行中のプログラムを起動するショートカットのプロパティ、または Windows を MS-DOS モードで起動するために使用する "MS-DOS モード" ファイルのプロパティで定義されている Config.sys と Autoexec.bat のカスタム ファイル
コンピュータを MS-DOS モードで再起動する場合は、Windows フォルダの Dosstart.bat ファイルからも MSCDEX を読み込むことができます。このファイルは、コンピュータを MS-DOS モードで再起動するときには使用されますが、Windows コマンド プロンプトでの起動時や Windows の通常の起動時には使用されません。このファイルが Windows フォルダに存在しない場合は、手動でファイルを作成する必要があります。

注 : Windows のインストール時に、Windows に対応するプロテクト モード ドライバが用意されている CD-ROM ドライブが検出されると、セットアップでは Autoexec.bat ファイルの既存の Mscdex.exe 行を無効 (コメント化) にします。そのため、コマンド プロンプトでの起動時、またはコンピュータを MS-DOS モードで再起動するときは MSCDEX を使用できません。MSCDEX を使用可能にするには、Autoexec.bat ファイル内の既存の Mscdex.exe 行を有効にします。また、CD-ROM ドライブに添付されたドライバではなく Windows\Command フォルダの MSCDEX ドライバを読み込むように行を修正する必要があります。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 135174 (最終更新日 2000-12-17) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 135174 - 最終更新日: 2004年12月28日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
キーワード:?
kbenv kbprb kbfaq win95 KB135174
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com