Autorun.inf ファイルのテスト方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 136214 - 対象製品
4.00 WINDOWS kbmm
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Windows 95 および Microsoft Windows 98 では、新しい 32 ビットのプロテクト モード ドライバ アーキテクチャにより、自動再生が有効になりました。オペレーティング システムで CD-ROM ドライブにメディアが挿入されたことを検知できるため、メディアの挿入時に判断を伴った処理の実行が可能です。

デフォルトでは、Windows 95 と Windows 98 では、CD-ROM ディスクが CD-ROM ドライブに挿入されたときに Autorun.inf ファイルのチェックのみが実行されます。CD-ROM ディスクを書き込む前に、構文とロジックのエラーを検査できます。この資料では、その方法を説明します。

詳細

Windows 9x では、CD-ROM ディスクが挿入されると、シェルによって、CD-ROM ディスクに PC ファイル システムがあるかどうかが直ちにチェックされます。PC ファイル システムがある場合、Windows 9x は Autorun.inf という名前のファイルを探します。このファイルが存在すると、Windows 9x はファイル内に記述されている命令を実行します。通常は、なんらかのセットアップ プログラムを実行するための命令が記述されています。

ただし、Windows 9x レジストリ内の設定を変更することで、任意のメディア (共有ネットワーク ドライブおよびフロッピー ディスクを含む) で自動再生を有効にすることができます。

次のキーを修正する必要があります。
HKEY_CURRENT_USER\ 
   Software\ 
      Microsoft\ 
         Windows\ 
            CurrentVersion\ 
               Policies\ 
                  Explorer\ 
                     "NoDriveTypeAutoRun"
				
このキーは、REG_BINARY 型で 4 バイトから成ります。最初のバイトは自動再生を実行するドライブの種類を定義するビットマスクです。その他の 3 バイトはゼロ (0) に設定します。

ビットマスク内の各ビットは、以下の定数に対応します。
ドライブの種類        ビット
DRIVE_UNKNOWN       0
DRIVE_NO_ROOT_DIR   1
DRIVE_REMOVABLE     2
DRIVE_FIXED         3
DRIVE_REMOTE        4
DRIVE_CDROM         5
DRIVE_RAMDISK       6
				
ビットマスク内のビットをオンにすると、そのビットに対応する種類のドライブで自動再生が使用されません。デフォルトでは、このレジストリの値は 0x95 であり、ビット 0、2、4、7 がオンになっているので、DRIVE_UNKNOWN、DRIVE_REMOVEABLE、および DRIVE_REMOTE の各ドライブでは自動再生の情報が使用されません (ビット 7 は、将来のデバイスの種類に対応できるように、オンに設定されています)。このレジストリ値を変更することで、フロッピー ディスク (DRIVE_REMOVEABLE)、ネットワーク ドライブ (DRIVE_REMOTE) などから Autorn.inf ファイルのテストを行うことができます。たとえば、フロッピー ディスクから自動再生をテストするには、最初のバイトの値を 0x91 にして、フロッピー ディスクからの自動再生を有効にします。

注 : 大部分のフロッピー ディスク コントローラでは、現在、フロッピー ディスクが挿入されたことが認識されません。フロッピー ディスクからの自動再生をテストするには、まず、DRIVE_REMOVEABLE ビットがオフになるようにレジストリ設定を変更し、エクスプローラを起動し、フロッピー ディスクを挿入した後、F5 キーを押して表示を更新します。

特定のディスク上の Autorun.inf ファイルをテストするには、エクスプローラで対象のドライブを右クリックします。Autorun.inf ファイルの機能が、ショートカット メニューに表示されます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 136214 (最終更新日 2003-05-07) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 136214 - 最終更新日: 2005年3月14日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Win32 Software Development Kit (SDK) 4.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 95
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
キーワード:?
kbfaq KB136214
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com