Windows NT 記号と特殊文字設定の情報をデバッグします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 138258 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows NT の記号と特殊文字のツリー、だけでなく高度なセットアップのヒントと秘訣設定方法の詳細説明します。

詳細

資料の内容

  • 一般的な情報
  • ユーザー設定の記号と特殊文字のツリーの設定
  • 1 つのプロセッサとマルチ プロセッサ
  • カスタム HAL.DLL
  • デバッガーでシンボルを使用します。
  • 記号と特殊文字を確認します。
  • 高度な記号と特殊文字の確認
  • バージョンのチェック

一般的な情報

デバッグ記号と特殊文字のファイル (シンボル) が必要なカーネルとユーザー モードの両方を行う Windows NT。 シンボルでデバッグするグローバル変数を参照し、読み込まれた実行可能ファイルの名前の機能方法を提供します。

シンボルは、リンカーによって生成されます。 製品版の除去され別 (.DBG) ファイルに保存します。 これは、ファイルの読み込み時間が減少し、したがってシステム パフォーマンスを向上ファイル サイズがかなり縮小されます。 これは、インストール ディスクの数もが減少します。 シンボルは、関数または API 名とグローバル変数を表します。

.DBG ファイル記載シンボリック ファイルごとにされています。 これらにあります \Support\Debug\[i386 で、インストール CD-ROM | mips] \Symbols。 NT ビルド サーバーにも参照できます。 場所が \\Ntbuilds\Release\Usa\Build###\[x86 | mips |alpha]\Fre.srv\symbols。

記号と特殊文字のディレクトリは拡張サブディレクトリ (これらのディレクトリ内のシンボル ファイルの多くはユーザー モードでことに注意) と呼ばれる、7 つのサブディレクトリにまで分かれています。

COM -.COM で終わるすべてのファイルのシンボルここ
削除 -.CPL で終わるすべてのファイルのシンボルここ。
DLL のシンボル.DLL で終わるすべてのファイルをここ
DRV -.DRV で終わるすべてのファイルのシンボルここ
EXE -.EXE で終わるすべてのファイルのシンボルここ
SCR -.SCR で終わるすべてのファイルのシンボルここ
システム -.SYS で終わるすべてのファイルのシンボルここ。

シンボル ファイルのバージョンに一致する必要があります。

記号、別のビルドから誤った情報を提供影を追跡する開発者の送信し、かなりの時間を浪費します。 顧客をビルドと実行しているし、かどうかは、顧客は、修正プログラム インストール、顧客と倍精度浮動小数点数型 (Double) の値をチェックします。 カーネル停止画面は、カーネルのビルド数を表示します。

パッチを適用した管理者インストール ポイントのビルド:

サービス パックなどのパッチを適用した管理者インストール ポイントのビルドには、基本のビルドと、パッチを適用した管理者インストール ポイントの記号の組み合わせである記号の特別なセット必要があります。

ユーザー設定記号と特殊文字のツリーをセットアップします。

記号する必要があります、顧客のコンピューターにインストールされたファイルと一致する注意してください。 特定顧客に対してだけ記号のカスタム セットを作成することがよくあります必要。

: 記号と特殊文字のツリーを完了できます 30 MB 以上のディスク領域を占有します。
  1. 顧客、記号セットを格納するサブディレクトリを作成します。 たとえば。

    C:\MYSYMBOLS
  2. 常に、基本の Windows NT のバージョン番号から始まります。 適切なバージョンのインストール CD-ROM からの次ファイルをコピーします。

    XCOPY [CD-ROM ドライブ] \SUPPORT\DEBUG\I386 C:\MYSYMBOLS/S.
  3. カスタムのツリーのシンボルの適切なサービス パックのバイナリ ファイルをコピーします。 Service Pack の記号はタイトルの「記号と特殊文字場所:」の下に記載のサーバーにあります。
  4. Compaq SSD 記号など、サード パーティ製の修正プログラムをカスタムの記号のツリーにコピーします。 仕入先からこれらのシンボルを取得することがあります。 : 手順 3 と 4 あります、顧客によってインストールされたこと、順序に応じて取り消されます。 顧客の手順に一致します。
  5. サーバーにインストールされている修正プログラムがある場合、その修正プログラムの対応する記号を取得する必要があります。 修正プログラムのシンボル ファイルが付属していない場合は、マイクロソフト製品サポート サービスをこれらのシンボルの可用性を問い合わせますにお問い合わせくださいしします。 カスタムの記号のツリー上には、更新、シンボルをコピーします。 正しいサブフォルダー (たとえば、システム、EXE、DLL など。) に配置することを確認します。

1 つのプロセッサとマルチ プロセッサ

Windows NT は、特別なカーネルを採用して SMP システムいます。 インストール中にこのカーネルが変更されます。 名前に変更するもデバッグの SYMBOL.DBG ファイルを重要です。
NTOSKRNL.EXE NTOSKRNL.DBG 単精度浮動小数点型 (Single プロセッサ = NTKRNLMP.EXE。 NTKRNLMP.DBG = 複数プロセッサ

  1. ある場合、マルチプロセッサ システムを次の操作を行います。 \SYMBOLS\EXE で、カスタムの記号ツリーの下には 2 つのカーネル ファイルがあります。 NTOSKRNL.UNI に NTOSKRNL.DBG を名前の変更。
  2. NTOSKRNL.DBG の NTKRNLMP.DBG をコピーします。

カスタム HAL.DLL

一部のハードウェア プラットフォームが特殊なハードウェア アブストラクション レイヤー ドライバーを必要です。 カーネル ファイルと同様に、カスタム HAL がインストール プロセス中に変更されます。 一般的な HAL のとおりです。

I386 コンピューターの HAL ファイル:
              Uncompressed
Filename      Size (bytes) Description
-------------------------------------------------------------------------
HAL.DLL       48,416       Standard HAL for Intel systems
HAL486C.DLL   47,376       HAL for 486 c step processor
HALAPIC.DLL   63,616       Uniprocessor version of HALMPS.DLL
HALAST.DLL    46,416       HAL for AST SMP systems
HALCBUS.DLL   79,776       HAL for Cbus systems
HALMCA.DLL    45,488       HAL for MCA-based systems (PS/2 and others)
HALMPS.DLL    65,696       HAL for most Intel multiprocessor systems
HALNCR.DLL    79,392       HAL for NCR SMP machines
HALOLI.DLL    40,048       HAL for Olivetti SMP machines
HALSP.DLL     52,320       HAL for Compaq Systempro
HALWYSE7.DLL  40,848       HAL for Wyse7 systems

HAL files for DEC Alpha Computers:

              Uncompressed
Filename      Size (bytes) Description
--------------------------------------------------------------------------
HAL0JENS.DLL  56,800       Digital DECpc AXP 150 HAL
HALALCOR.DLL  69,120       Digital AlphaStation 600 Family
HALAVANT.DLL  66,752       Digital AlphaStation 200/400 Family HAL
HALEB64P.DLL  70,528       Digital AlphaPC64 HAL
HALGAMMP.DLL  72,896       Digital AlphaServer 2x00 5/xxx Family HAL
HALMIKAS.DLL  67,040       Digital AlphaServer 1000 Family Uniprocessor
HAL
HALNONME.DLL  65,376       Digital AXPpci 33 HAL
HALQS.DLL     65,088       Digital Multia MultiClient Desktop HAL
HALSABMP.DLL  72,736       Digital AlphaServer 2x00 4/xxx Family HAL

HAL files for MIPS Computers:

              Uncompressed
Filename      Size (bytes) Description
--------------------------------------------------------------------------
HALACR.DLL    43,648       ACER HAL
HALDTI.DLL    68,288       DESKStation Evolution
HALDUOMP.DLL  41,728       Microsoft-designed dual MP HAL
HALFXS.DLL    42,016       MTI with a r4000 or r4400
HALFXSPC.DLL  42,176       MTI with a r4600
HALNECMP.DLL  44,736       NEC dual MP
HALNTP.DLL    116,000      NeTpower FASTseries
HALR98MP.DLL  127,232      NEC 4 processor MP
HALSNI4X.DLL  95,520       Siemens Nixdorf UP and MP
HALTYNE.DLL   68,032       DESKstation Tyne

HAL files for PPC Computers:

              Uncompressed
Filename      Size (bytes) Description
--------------------------------------------------------------------------
HALCARO.DLL   169,504      HAL for IBM-6070
HALEAGLE.DLL  206,208      HAL for Motorola PowerStack and Big Bend
HALFIRE.DLL   136,576      Hal for Powerized_ES,
                                   Powerized_MX, and
                                   Powerized_MX MP
HALPOLO.DLL   169,152      HAL for IBM-6030
HALPPC.DLL    169,184      HAL for IBM-6015
HALWOOD.DLL   95,616       HAL for IBM-6020


かする HAL を使用するかを確認する方法

インストール中にテキスト ログ ファイルが作成します。 このファイルは、HAL の元の名前について通知します。
  1. %systemroot%\REPAIR サブディレクトリに移動します。
  2. 実行の"attrib"R-H-S SETUP.LOG ファイルが表示されるようにします。
  3. HAL を検索してメモ帳でファイルを表示します。
注: この同じ技法をかどうか、特別なカーネルが使用も確認すると便利にはことができます。

HAL 記号と特殊文字の設定に移動します。
  1. \SYMBOLS\DLL の下には、カスタムの記号ツリーに進みます。
  2. 名前を"HAL.DBG"から"HAL.X86"に変更します。
  3. HAL.DBG の「カスタム HLL.DBG」コピーします。

デバッガーでの記号と特殊文字の使用

I386KD.EXE などの Windows NT デバッガーでは、次の場所でシンボルを探します。
_NT_ALT_SYMBOL_PATH システム環境変数
_NT_SYMBOL_PATH システム環境変数

これらの場所は、システム環境変数を使用して設定されます。 これらは、通常は、SET コマンドを使用して、デバッグ バッチ ファイルで構成します。 _NT_ALT_SYMBOL_PATH はオプションです。 たとえば。
設定 _NT_SYMBOL_PATH = K:\NT35-SP3\SYMBOLS
_NT_ALT_SYMBOL_PATH の設定 = c:\WINNT\SYMBOLS

: シンボル ディレクトリ拡張子サブディレクトリのすぐ上のディレクトリ (つまり場合です、カーネルのシンボル ファイルを NTOSKRNL.DBG、C:\DEBUG\511\I386\SYMBOLS\EXE\NTOSKRNL.DBG にあります。 _NT_SYMBOL_PATH C:\DEBUG\511\I386\SYMBOLS に設定

パスを使用する方法

これらのさまざまなパスの適切な使用は、Windows NT のバージョンごとの静的シンボル ツリーを維持します。 だけで、シンボル パスをポイント各バージョンとサービス パックに応じてします。 たとえば、SP2 をインストールするいると、1057年システムを使用。
_NT_ALT_SYMBOL_PATH の設定 = c:\NT351-SP2\SYMBOLS
設定 _NT_SYMBOL_PATH = K:\NT351-1057\SYMBOLS

デバッガーは、Service Pack の記号の使用を最初を試みます。 [Service Pack のシンボル含めません基本ビルドのシンボルこの場合は、SP 記号のみ。] デバッガーで SP ツリーで、特定の記号が見つからなかった場合、それを検索 1057年記号ツリーでします。

検索順序:

さまざまなシンボル パスは上記順序で検索します。 最初のシンボル ファイルが発生する正しい名前が使用されます。 = c:\NT351、_NT_ALT_SYMBOL_PATH 上の例で、SP2\SYMBOLS は、最初の検索条件。

環境変数の上書き:

I386KD をコマンド ライン スイッチをサポートする"-y"のシンボル パスを指定できます。 ただし、このスイッチを使用するよりも、既存の環境変数は優先されます。

変更、スライド上のパス。

発行することによって、デバッガーでいつでもでもシンボル検索パスを変更することができます」! Sympath"コマンド。 たとえば。
! SYMPATH c:\symbols。

記号と特殊文字を確認します。

! 再読み込み:

取得した後、"kd >「を最初にプロンプトを入力してください」! RELOAD"します。 これにより、シンボリック情報を再読み込みして同期します。 表示される場合、エラー「PsLoadedModuleList が NULL!」は、読み込まれる不適切な記号おそらくがあります。 必ず、正しい HAL.DBG および NTOSKRNL.DBG ファイルがあるデバッグしているコンピューターにインストールしてください。

! プロセス:

記号を入力することによっても検証できる"! PROCESS"エラーの場合は、「見つかりませんプロセス リストのヘッド」、可能性がありますある読み込まれる不適切な記号です。

KB:

スタック トレースがある関数名の一覧のギャップ、する場合は記号がないことをこのを示します。 関数がありませんも可能性、破損しているスタックがこれが少しまれです。 破損しているスタックを宣言する前にチェックして記号倍精度浮動小数点数型 (Double)。 スタック上のリターン アドレスにある検索も。 すべてあります 8000000 より大きかった。

! SYMPATH:

別のコマンド ウィンドウに、正しいシンボルをコピーおよび実行で不適切な記号を修正できます、! reload デバッガーまたはで正しいパスを指定して! SYMPATH symbol_path

高度な記号と特殊文字の確認

あります顧客わからない自分のコンピューターにインストールされているどのようなドライバー バージョンです。 NTFS の修正プログラムをインストールしますが、バグ番号がわからない可能性があります。 .DBG ファイルが必要な手動による確認することがあります。

絶対場合を確認する最適な方法ターゲットと dbg の一致がそれぞれチェックの合計値を表示します。 この値は、ファイル ヘッダー内に格納されます。

注: オペレーティング システムの詳細についてをファイル形式 MSDN の検索「ポータブル実行ファイル形式:」 PE ヘッダーにはバージョン番号が含まれていますリンク date\time などです。

一般的な計画にここでは、まず顧客のファイルのチェックの合計を調べるをし、対応するチェックの合計を含む dbg ファイルを見つけるです。

ターゲットと、dbg から、chksum を抽出する方法を多くがあります。 ファイルにアクセスする場合、次の使えます。 次の使用例ファイル NTOSKRNL に関心があります。

link32:

このユーティリティは、NT のビルドのサブディレクトリにあります \MSTOOLS:
LINK32.EXE - ダンプ - ヘッダー NTOSKRNL.EXE LINK32.EXE - ダンプ - ヘッダーの NTOSKRNL.DBG

DUMPBIN:

このユーティリティは、Visual C の bin ディレクトリにあります。
DUMPBIN.EXE/headers NTOSKRNL.EXE DUMPBIN.EXE/headers NTOSKRNL.DBG

デバッガーをシステムにクラッシュ ダンプを使用している場合、ターゲット ファイルのチェックサムをメモリにファイル ヘッダーを表示して検索できます。
  1. ! DRIVERS - ドライバーのベース アドレスを提供します。
  2. dd baseaddr + d8 L1

バージョンのチェック

チェック デバッグ バージョンの Windows NT ファイルをインストールする場合は dbg シンボル ファイルするこれらの特殊な並べ替え方法必要があります。 いくつかの修正プログラム ビルドあるターゲット ファイルに組み込まれたシンボリック情報をチェックしました。 このような場合は、だけで、ファイルのコピーを作成し、*.DBG という名前します。 標準記号サブ ディレクトリ、\SYMBOLS\EXE に、ファイルを配置します。

すべての公開にリリースされたチェック ビルドある、空きのリリースと同様の個別 dbg ファイル。 ただし、dbg オンで、無料のバージョンが異なるです。 たとえば、MS NT DDK には NT の完全なチェック ビルドが含まれます。 移動する設定を完全な記号も含まれています。

: NT カーネルのバージョンは、マルチプロセッサとユニプロセッサの両方のシステムの同じをチェックします。

シンボルの場所

製品版の製品:
CD-ROM の \support\debug\i386\symbols
\\ntx86x\freebins.xxx

プロパティ

文書番号: 138258 - 最終更新日: 2006年11月1日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.1
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
キーワード:?
kbusage kbmt KB138258 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:138258
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com