マルチプロトコルのルーターのインストールと構成

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 138793 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

次の MPR (マルチプロトコル ルーター) で構成されます: TCP/IP の RIP (ルーティング情報プロトコル)、DHCP、および RIP for IPX BOOTP (起動プロトコル) リレー エージェント。 RIP は、動的ルーティング情報を交換するルーターで使用します。 RIP for IP と RIP for IPX がインストールされている、Windows NT はこれらのプロトコルをルーティングおよび RIP プロトコルを実行する他のルーターでルーティング情報を動的に交換します。 BOOTP リレー エージェントにより、他のサブネット上の DHCP サーバーに DHCP 要求を転送する、Windows NT ルーター。 これにより、1 つの DHCP サーバー サービスの複数の IP サブネットにできます。 Riproute.wri MPR ディレクトリ MPR に関する追加のドキュメントを参照してください。

詳細

インストール

MPR には、Windows NT Server 3. 51 および Service Pack 2 が必要です。 さらに、2 つ以上のネットワーク カードは MPR の全機能の必要です。

MPR をインストールします。
  1. Windows NT 3. 51 サービス パック 2 CD-ROM UPDATE.EXE、MPR\i386 ディレクトリ (または、適切なハードウェアの種類のディレクトリ) から実行ディスク。

    Update.exe はファイルを Windows NT のインストールと、新しいソフトウェア選択肢 [コントロール パネルの [ネットワーク (ソフトウェアの追加)] の下にコピーされます。

    注: Service Pack 2 のインストールに使用した UPDATE.EXE プログラムに加えてこの UPDATE.EXE プログラムの実行ならないとしました。
  2. コントロール パネルの [実行ネットワーク] をクリックして [ソフトウェアの追加] をクリックします。
  3. NWlink IPX/SPX 互換トランスポート、インターネット プロトコル、リレー エージェントを Bootp、または RIP の RIP を選択し、続行を実行します。
  4. メッセージが表示されたら、パス、MPR 配布ファイル (たとえば、D:\MPR\I386) 入力します。
警告: RIP をインストールすると、Windows NT が起動他の RIP ルーターでルーティング情報を交換します。 ネットワーク カードの IP アドレスを誤って構成または、偽の IP アドレスを使用した場合は、ネットワーク上重大な影響を与えるこの可能性があります。 RIP を TCP/IP およびネットワークの設計を完全に理解せずインストールしないでください。



RIP for IP を構成およびトラブルシューティング

手動構成は不要です。 RIP for IP のインストール後は高度な TCP/IP 構成で、[IP ルーティングを有効にする] </a0> ボックスに自動的に選択されます。 RIP for IP は、サービスとして動作し、停止できると [コントロール パネル] の [サービスの使用を開始しました。

コンピューターにどのようなルートを確認、ROUTE PRINT Windows NT コマンド プロンプトで入力します。 これによりを Windows NT 既定では、作成し、経路を RIP を通じて学習したルートが表示されます。

RIP for IP が 1 つだけのネットワーク カードがコンピューターにインストールされている場合はサイレント モードで構成されます。 サイレント モードで Windows NT を RIP ブロードキャストをそのルーティング テーブルを更新は独自のルートはアドバタイズしません。 コンピューターに後で、追加のネットワーク カードがインストールされている場合、RIP は自動的にサイレント モードをオフにし、IP ルーティング有効にします。

Bootp リレー エージェントを構成とトラブルシューティング

BOOTP リレー エージェントのインストール後、構成画面で求められます。 DHCP 要求を送信したいする DHCP サーバーの IP アドレスを入力する必要があります。 最大ホップと秒のしきい値できますまま既定値にします。 場合した後の構成を変更するのにをクリックしてリレー エージェントの構成] [高度な TCP/IP の構成。

トランスポートの構成、トラブルシューティング、NWlink IPX/SPX の互換性のある RIP します。

RIP NWlink をインストールするときは NetBIOS ブロードキャスト伝達 (20 の種類のパケットのブロードキャスト) が現在無効になっているメッセージが表示されます。 IPX 経由の NetBIOS を使ってはまたは不明なをパケット タイプ 20 のブロードキャストを有効に [はい] をクリックします。 指示に従ってコンピューターを再起動します。 コントロール パネルの [ネットワークで NWlink IPX RIP を選択してタイプ 20 ブロードキャストを後で構成し、構成] をクリックします。

NWlink の IPX RIP をインストールすると、RIP ルーティングを有効にするが自動的に選択されます。 NWlink の IPX RIP を有効または NWlink IPX/SPX プロトコルの構成における RIP ルーティングを有効にする] をクリックして無効にできます。 SAP エージェントは自動的に NWlink IPX RIP にインストールされます。 SAP は、サービスなは、開始から [コントロール パネル] の [サービスの停止し、ことができます。 コントロール パネルの [ネットワークで、NWLink 構成を通じて内部ネットワーク番号を構成することお勧めします。 しないと、ランダムな番号がして生成されます。

コマンド ライン ユーティリティ Ipxroute.exe 更新されたがあり、使用 RIP、SAP、およびソース ルーティング情報および統計情報を取得することができます。

MPR の詳細については、Windows NT 3. 51 Service Pack 2 の CD-ROM ディスク \MPR ディレクトリ内 Riproute.wri を参照してください。

プロパティ

文書番号: 138793 - 最終更新日: 2006年10月31日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
キーワード:?
kbnetwork kbmt KB138793 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:138793
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com