Windows 95 の Emergency Recovery Utility について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 139437 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP139437
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows 95 の Emergency Recovery Utility について説明します。

詳細

Windows 95 の Emergency Recovery Utility を使用して、問題が発生した場合に備えてシステム設定とレジストリ ファイルのバックアップを作成することができます。

このユーティリティは、Windows 95 CD-ROM の Other\Misc\ERU フォルダにあります。

設定をバックアップする

システム設定ファイルのバックアップを作成するには、Eru.exe ファイルをダブルクリックして、画面の指示に従ってください。

バックアップ情報を格納する場所を選択する必要があります。デフォルトでは、その情報はドライブ A のフロッピー ディスクに格納されます。しかし、ローカル ハード ディスクまたはマップされたネットワーク ドライブのような別の場所にバックアップ情報を格納するように選択することができます。デフォルトでは、次のファイルがバックアップされます。
Config.sys
Autoexec.bat
Win.ini
System.ini
   Protocol.ini
   User.dat
   System.dat
   Io.sys
   Command.com
   Msdos.sys
   Explorer.exe
バックアップされる User.dat ファイルは、Windows フォルダにある User.dat ファイルであることに注意してください。Windows\Profiles\<username>folder の User.dat ファイルは、デフォルトではバックアップされません。

カスタム バックアップ

特定のファイルのみをバックアップしたい場合は、ファイル リスト画面の [Custom] をクリックしてください。希望するファイルのみをバックアップすることを選択できます。

設定を復元する

バックアップ情報を復元するには、コンピュータをコマンド プロンプトで起動して Erd.exe を実行してください。すべてのファイルを復元したいというわけではない場合は、スペース キーを押してファイルを選択または選択解除してください。Windows 95 内では Erd.exe を実行できないことに注意してください。このユーティリティは、コマンド プロンプトで実行しなければなりません。バックアップ情報をネットワーク ドライブに保存した場合は、MS-DOS レベルでネットワーク ドライブにアクセスしなければなりません。

コンピュータをコマンド プロンプトで起動するには、コンピュータを再起動して "Starting Windows 95" メッセージが表示されたら F8 キーを押し、[スタートアップ] メニューから [Command Prompt Only] を選択してください。そして、バックアップ情報を含んでいるフロッピー ドライブまたはディレクトリに変更し、Erd.exe を実行してください。

弊社では、システムに新しいハードウェアまたはソフトウェアを追加するような重要な変更を行うたびに、Emergency Recovery Utility を使用して新しいバックアップを作成することをお勧めします。

Emergency Recovery Utility を使用してファイルをバックアップするときに発生する可能性のある問題についての情報は、Microsoft Knowledge Base の以下の資料を参照してください。
141014 Emergency Recovery Utility Does Not Back Up Files
Emergency Recovery Utility は、受け側ディスクに十分な空き領域がない場合には、すべての設定ファイルをバックアップできない場合があることに注意してください。受け側ディスクに十分な空き領域がない場合、Emergency Recovery Utility は、最初に最大ファイルを除いて、容量に合う数のファイルをバックアップします。たとえば、設定ファイルを Windows 95 起動ディスクにバックアップしようとすると、Emergency Recovery Utility は、そのままではレジストリ ファイル (System.dat と User.dat) をバックアップすることができません。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 139437 (最終更新日 1999-05-17) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 139437 - 最終更新日: 2004年9月6日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbtool win95 kbhowto KB139437
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com