Windows NT、Windows 2000、および Windows Server 2003 で 1 回を閉じるには、スクリーン セーバーを強制的に行う方法を開始

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 140723
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

中にスクリーン セーバーを終了する場合があります。 アプリケーション必要があります。実行しています。Microsoft Windows 95 では、スクリーン セーバーを終了できませんでした。WM_CLOSE メッセージを現在アクティブなスクリーン セーバーを簡単に投稿することでこの例のようにウィンドウ:
PostMessage (GetActiveWindow()、WM_CLOSE、0、0 L) です。
マイクロソフトの Windows NT、しかし、別のデスクトップの概念が紹介されるよう1 つで、アプリケーションを実行でき、別のスクリーン セーバーを実行できます。これ使用すると画面のセーバーの終了 [Windows NT]、Windows 2000、および Windows Server 2003 をより難しくです。

詳細

現在アクティブなスクリーン セーバーのウィンドウへのハンドルを取得するプロセスよりも Windows 95 以降のオペレーティング システムを異なるです。Microsoft Windows NT の上で、Microsoft Windows 2000、および Microsoft Windows Server 2003 でデフォルトのデスクトップまたは [画面のプロパティの設定によっては、別のデスクトップ スクリーン セーバーを実行可能性があります。
  • 選択すると、 履歴書には、パスワードで保護します。 チェック ボックスをオンに スクリーン セーバー タブの [画面のプロパティ ダイアログ ボックスで、独自のデスクトップのスクリーン セーバーを実行します。
  • 前のポイントに記載されているチェック ボックスをオフにする場合は、既定のデスクトップのスクリーン セーバーを実行します。
いずれかを使用することはできません、 GetForegroundWindow() 関数または、 FindWindow スクリーン セーバーが現在アクティブになっているかどうかを決定する関数。
  • は、 GetForegroundWindow() 異なるデスクトップ コンピューター呼び出し元のアプリケーションを実行しているデスクトップからでスクリーン セーバーが実行されているため関数は NULL を返します。
  • は、 FindWindow 関数 ("WindowsScreenSaverClass"、NULL) は機能しません。
したがって、マイクロソフトは以下を推奨します。
  • スクリーン セーバーを消すには、コードはまず独自のデスクトップのスクリーン セーバーが実行されているかどうかを決定します。
  • 独自のデスクトップのスクリーン セーバーが実行されているコードがスクリーン セーバーを閉じます。
  • デスクトップのスクリーン セーバーがない場合は、既定のデスクトップ、コードを使用します。


これを行うには、スクリーン セーバーのデスクトップへのハンドルを取得、その列挙デスクトップのウィンドウ、および、ポストは、スクリーン セーバーのウィンドウに WM_CLOSE。

これを行う方法の例を次に示します。いない場合にスクリーン セーバーパスワードが設定されている場合、[パスワード] ダイアログ ボックスを次のコードを表示、ユーザーにパスワードを要求して、実際には、画面を終了セーバーのアプリケーションです。
BOOL CALLBACK KillScreenSaverFunc(HWND hwnd, LPARAM lParam) 
{ 
	if(IsWindowVisible(hwnd)) 
		PostMessage(hwnd, WM_CLOSE, 0, 0); 
	return TRUE; 
} 
HDESK hdesk; 
hdesk = OpenDesktop(TEXT("Screen-saver"), 0, FALSE, DESKTOP_READOBJECTS | DESKTOP_WRITEOBJECTS); 
if (hdesk) 
{ 
	EnumDesktopWindows(hdesk, KillScreenSaverFunc, 0);
	CloseDesktop(hdesk); } 
else 
{ 
	// Windows 2000 and later: 
	// If there is no screen saver desktop, the screen saver 
	// is on the default desktop. Close it by sending a 
	// WM_CLOSE. PostMessage(GetForegroundWindow(), WM_CLOSE, 0, 0L); 
} 
示すように、既に実行されているスクリーン セーバーを終了に注意してください。スクリーン セーバーをすべて無効にするから完全に独立した上が後スクリーン セーバーが起動しないようにするには、指定された時間が経過します。これは、簡単を使用して実行できます。
SystemParametersInfo( SPI_SETSCREENSAVEACTIVE,
                      FALSE,
                      0,
                      SPIF_SENDWININICHANGE
                     );				
この方法は、現在実行中のスクリーン セーバーを終了するためです。ただし、システムは、結果が生じる可能性のある問題の 1 つをされてユーザーがマウスまたはキーを押した場合、スクリーン セーバーを再起動します。スクリーン セーバーをもう一度起動する必要がある場合は、再初期化する必要があります。タイムアウト時間します。これは、次の方法のいずれかを使用して操作を行います。
  • 呼び出す SystemParametersInfo (SPI_SETSCREENSAVEACTIVE は TRUE、0 はSPIF_SENDWININICHANGE)。
  • 使用します。 SetCursorPos() ユーザー入力をシミュレートします。
両方これらのメソッドのタイムアウトのカウンターが再起動すると、システムをがスクリーン セーバーをします。

プロパティ

文書番号: 140723 - 最終更新日: 2011年7月1日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbscreensaver kbcode kbmt KB140723 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:140723
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com