ネットワーク インストール起動ディスクの作成方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 142857 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP142857
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ネットワーク クライアント アドミニストレータに含まれていない、ネットワーク インターフェイス カード (NIC) の NDIS ドライバを追加する方法について説明します。この方法は、MS-DOS および Windows 用ネットワーク クライアント Version 3.0 の起動ディスクに適用されます。

クライアント ファイルをコピーする 3.5 インチの HD ディスクが DOS システム ディスクであること、および DOS でフォーマットされていることを確認します。NT でフォーマットされている場合、コピーは失敗します。

詳細

このディスクを設定するには、次の操作を実行します。

注 : 以下は Intel EtherExpressPro NIC の例ですが、NDIS と互換性のあるすべてのドライバへのテンプレートとしてこの例を使用できます。
  1. Epro.dos ドライバを A:\Net ディレクトリにコピーします。
  2. Net\Protocol.ini ファイルの、[EPRO$] セクションを "ドライバ名=EPRO$" に変更します。

    注 :"drivername=" 情報は、ほとんどの場合、ネットワーク カードに付属しているディスク内の Protocol.ini ファイルのサンプルに含まれています。
  3. Net\System.ini ファイルの [network drivers] セクションを "netcard=Epro.dos" と変更します。

    注 :"netcard=" に記述するファイル情報も製造元が提供したディスクに含まれています。
Windows NT Server の CD-ROM の Clients\Wdl\Update ディレクトリには追加のドライバが含まれています。

詳細については、Microsoft Knowledge Base の次の資料を参照してください。
文書番号 : 128800
タイトル :How to Provide Additional NDIS2 Drivers for Network Client 3.0

Protocol.ini のサンプル エントリ

[network.setup]
version=0x3110
netcard=EPRO$,1,EPRO$,1
transport=ms$ndishlp,MS$NDISHLP
transport=ms$nwlink,MS$NWLINK
lana0=EPRO$,1,ms$nwlink
lana1=EPRO$,1,ms$ndishlp

[EPRO$]
drivername=EPRO$
; IRQ=3           <----------------- この値は調整が必要な場合があります。
; IOADDRESS=0x330 <----------------- この値は調整が必要な場合があります。
; IOCHRDY=Late
; TRANSCEIVER=Thin Net (BNC/COAX)

[protman]
drivername=PROTMAN$
PRIORITY=MS$NDISHLP

[MS$NDISHLP]
drivername=ndishlp$
BINDINGS=EPRO$

[ms$nwlink]
drivername=nwlink$
FRAME=Ethernet_802.2
BINDINGS=EPRO$
LANABASE=0

System.ini のサンプル エントリ

[network]
filesharing=no
printsharing=no
autologon=yes
computername=TEST
lanroot=A:\NET
username=Administrator
workgroup=TESTDOM
reconnect=no
dospophotkey=N
lmlogon=0
logondomain=BOARD
preferredredir=full
autostart=full
maxconnections=8

[network drivers]
netcard=epro.dos     <----------- パスがシステムにセットされていない場合は、
                                   ディレクトリも完全に指定してください (例 :
                                   c:\net\epro.dos)。

transport=ndishlp.sys
devdir=A:\NET
LoadRMDrivers=yes

[Password Lists]
*Shares=a:\net\Share000.PWL

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 142857 (最終更新日 2000-01-17) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 142857 - 最終更新日: 2004年1月28日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.5
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.5
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhowto ntsrvwkst kbnetwork 3.51 nthowto 3.50 installation KB142857
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com