FP: FrontPage サーバー拡張機能を使用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 143101 - 対象製品

この資料の Microsoft FrontPage 98 バージョン、について 194134 を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

FrontPage サーバー拡張をターゲット Web サーバー上で利用できない場合、Web ページを開発する FrontPage 2003 を使用できます。 たとえば、Web をコンピューターに、Microsoft パーソナル Web サーバーを使用し、対象の Web サーバーに Web コンテンツを転送し開発できます。 表内をこれを行うと、いくつかの機能が失われるしたり稼働サーバーと対象サーバーの間で一部非互換性を発生保持します。 ここでは、コンテンツをインストールしていない、FrontPage のこれらの非互換性を処理する方法と、サーバーに発行する場合は回避する機能について説明します。

詳細

Web サーバーやオペレーティング システムが、FrontPage サーバー拡張との互換性場合、は、サービス プロバイダーをインストールするに問い合わせてください。 Web サーバーとオペレーティング システム、FrontPage サーバー拡張は現在サポートされていない場合、は、サーバーの拡張機能を提供する Microsoft を求める提案提出できます。 機能および製品設計の変更に関するご提案やご意見をお寄せください。 注: サーバーとオペレーティング システムが互換性のあると、FrontPage のでかどうかを判断をするには、次サイトを参照してください Wide Web:
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa140185(office.10).aspx

WebBot コンポーネントの参照時を避ける



時間を作成するだけで、Web に影響をほとんど WebBot コンポーネント。 たとえば、WebBot 追加コンポーネントまたは WebBot テーブルの内容のコンポーネントののみとそのページまたはいくつか他のページが作成または変更は、ページ影響します。 これらの WebBot コンポーネントは、参照時に非アクティブです。 ただし、一部の WebBot コンポーネントで、特に、フォームに使用される参照時に、FrontPage サーバー拡張機能に依存します。 場合、ファイルを転送する FrontPage サーバー拡張機能がないインストールされている Web サーバーには、使用しない、次の WebBot コンポーネント。

   WebBot Confirmation Field component
   WebBot Discussion component
   WebBot Guest Book component
   WebBot Registration component
   WebBot Save Results component
   WebBot Scheduled Image component
   WebBot Scheduled Include component
   WebBot Search component
				


使用これら WebBot コンポーネントのの Web サイトを参照するユーザーが表示ことがありますされます"HTTP 404"エラーが、対応するフォームを使用します。

1. 0 で FrontPage イメージ マップを回避します。



FrontPage 2003 の 1. 0 で作成されたイメージ マップ参照時に、FrontPage サーバー拡張機能によって依存します。 参照時に問題を回避するには、Web サーバーでサポートされている、イメージ マップ ユーティリティが使わなければなりません。

FrontPage 2003 の 1. 1 は、クライアント側イメージ マップといくつかの種類のサーバーのネイティブ イメージ マップの両方を生成できます。 この機能の詳細については、ツール メニューの [FrontPage エクスプローラーで Web の設定] をクリックし、[詳細設定] タブ。 ブラウザーが、クライアント側イメージ マップを使用できる場合、これをサーバー側イメージ マップ instead of 使用されます。

サーバーの非互換性を回避します。



ターゲット Web サーバーを使用している Web サーバーの同じ型に、コンテンツの開発可能であれば、します。 これができない場合は稼働サーバーと、ターゲット サーバーの間で互換性の問題を避けます。 潜在的な問題の領域によって、次のとおりです。

Access Control:

さまざまな種類の Web サーバー間では経由でアクセス制御は実行されません。 新しいサーバーの任意アクセス制御情報を再入力する必要があります。

ファイルの拡張子:

別の Web サーバーへ多目的インターネット メール拡張機能 (MIME) の種類のファイル名拡張子のマッピングの別の規則があります。 たとえば、Windows ベースのサーバー可能性があります認識のみ.htm HyperText マークアップ言語 (HTML) としてながら、UNIX ベースのサーバーのみ.html を認識ことがあります。

注: 稼働サーバー ターゲット サーバーと一致する再構成できます。 FrontPage のウィザード、テンプレート、.htm 拡張子を持つページを生成します。 可能であれば、確認してください、ターゲット サーバーが HTML ファイルの拡張子が.htm を認識します。

既定のページ:

別の Web サーバーは、既定のページの名前付け異なる規則があります。 たとえば、CERN サーバー NCSA 1. 4 Index.html を認識するときに既定では、Welcome.html (中他のユーザー) を認識します。 メモは、稼働サーバー ターゲット サーバーと一致するを再構成することもできます。 FrontPage 2003 作業サーバーはどのような名前を使用して、ホーム ページの文書作成されます。 FrontPage パーソナル Web サーバー用の既定のホーム ページの構成についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
150681FP: ページを既定値として Index.htm 以外の文書を使用します。

コンテンツの転送



コンテンツを開発し、稼働サーバーでテストされましたが、コピーまたは対象のサーバーにファイルのファイル転送プロトコル (FTP) 経由で転送できます。 以下のファイルとフォルダーを転送できない必要があります。

_vti_ で始まるすべてのフォルダー:

これらのフォルダーには、FrontPage サーバー拡張機能がある場合のみに使用するための情報が含まれます。

アクセス制御のファイル:

これらのファイルは Web サーバーの種類によって異なります。 一般に、すべてのファイルを UNIX サーバーにファイルを転送する場合、ピリオドで始まるを削除する必要がありますされ、すべてのファイル、シャープ記号 (#if)、Windows ベースのサーバーにファイルを移動するが始まるを削除する必要があります。

注: FrontPage 1. 1 を使用している場合入手できます、マイクロソフトの Web 発行ウィザードの FTP プロセスを自動化します。 それは警告するかどうかファイル、FrontPage サーバー拡張機能を持たないサーバーでは動作しませんにはが、Web が含まれます。 ファイル転送先サーバーに操作だけコピーします。 [Web 発行ウィザードは、次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/windows/software/webpost/
nothave を FrontPage のインストールがサーバーに Web を発行についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
181127FP: FrontPage なしサーバーに Web を発行します。

プロパティ

文書番号: 143101 - 最終更新日: 2007年7月4日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft FrontPage 97 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 1.0 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 1.1 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 1.0 for Macintosh
キーワード:?
kbinfo kbusage kbmt KB143101 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:143101
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com