MFC 4. 0 と Visual Basic 4. 0 のニーモニック違いの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 145698 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
メモ Microsoft Visual C++ .NET 2002年と Microsoft Visual C++ .NET 2003年、Microsoft .NET Framework によって提供されるマネージ コード モデルとアンマネージ ネイティブ Windows コード モデルの両方をサポートします。 この資料の情報は、アンマネージ Visual C++ コードのみに適用されます。Microsoft Visual C++ 2005 では、Microsoft .NET Framework によって提供されるマネージ コード モデルとアンマネージ ネイティブ Windows コード モデルの両方をサポートします。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

OLE コントロールのニーモニック キーを表す COleControl::OnGetControlInfo 経由で提供されるアクセラレータ テーブルは MFC 4. 0 と Visual Basic 4. 0 OLE コントロール コンテナーの両方で動作しません。

原因

Visual Basic 4. 0 と MFC 4. 0 は別のアクセラレータ テーブル エントリを必要なための実装を処理する別のニーモニックを提供します。

解決方法

アクセラレータ テーブル エントリにより、Visual Basic 4. 0 と MFC 4. 0 OLE コントロール コンテナーで処理されるコントロールのニーモニックを作成します。

状況

これは仕様によるものです。

詳細

OLE コントロールは、コンテナー コントロールのニーモニック キーの説明を取得するため、仮想の COleControl::OnGetControlInfo メソッドをオーバーライドします。 OnGetControlInfo メソッドは、アクセラレータ テーブルへのハンドルなどが含まれる CONTROLINFO 型の入力アウト構造体を返します。 このアクセラレータ テーブルは、ニーモニック キーのチェックを実行するコンテナーによって使用します。 コンテナー コントロールのニーモニックを決定するキーが押された、コントロールの IOleControl::OnMnemonic を呼び出すメソッド。 これにより、MFC フレームワークを特別な処理を行うコントロールをオーバーライドできます仮想、COleControl::OnMnemonic メソッドを呼び出す。

Visual Basic 4. 0 および MFC 4. 0 OLE コントロールのニーモニック処理の実装は OnGetControlInfo 経由で返されるアクセラレータ テーブル内のエントリの異なる要件を持ちます。

アクセラレータ テーブルで使用される、アクセラレータ キーは、ACCEL 構造体によって定義されます。 ACCEL の構造は次の定義:
   typedef struct tagACCEL
   {
       BYTE   fVirt;
       WORD   key;
       WORD   cmd;
   } ACCEL;
				
fVirt メンバーには、アクセラレータ フラグを指定します。 このメンバーは、次の値の組み合わせになります:
   Value       Meaning
   ---------------------------------------------------------------------
   FALT        The ALT key must be held down when the accelerator key is
               pressed.

   FCONTROL    The CTRL key must be held down when the accelerator key
               is pressed.

   FNOINVERT   Specifies that no top-level menu item is highlighted when
               the accelerator is used. If this flag is not specified, a
               top-level menu item will be highlighted, if possible,
               when the accelerator is used.

   FSHIFT      The SHIFT key must be held down when the accelerator key
               is pressed.

   FVIRTKEY    The key member specifies a virtual-key code. If this flag
               is not specified, key is assumed to specify an ASCII
               character code.
				
キー メンバーには、アクセラレータ キーを指定します。 このメンバーには、仮想キー コードまたは ASCII 文字コードを使用できます。

cmd メンバーでは、アクセラレータ識別子を指定します。 この値は、WM_COMMAND または WM_SYSCOMMAND メッセージ wParam パラメーターの下位ワードに置かれます、アクセラレータを押したとき。

Visual Basic 4. 0 は、次のアクセラレータ テーブル エントリのニーモニック処理するための要件。

  • fVirt メンバーの組み合わせてを指定する必要があります (FVIRTKEY | FALT) または (FVIRTKEY | FALT | FSHIFT)。
  • キー メンバーが大文字可能性があります。
  • cmd メンバーを 0 にしないでください。
MFC 4. 0 は、次のアクセラレータ テーブル エントリのニーモニック処理するための要件。

  • fVirt メンバーが FALT または 0 可能性があります。
  • キーのメンバーは小文字でなければなりません。
  • cmd メンバーは無視されます。
MFC 4. 0 OLE コントロール コンテナーとも基本的な Visual コントロールが UI をアクティブな場合は、ニーモニック処理を処理する方法で 4. 0 は異なります。 キーボード入力の MFC コンテナーを処理する場合まず OLE を制御するには、フォーカスを確認します。 フレームワークは含まれている場合は、IOleInPlaceActiveObject::TranslateAccelerator メソッドを呼び出します。 COleControl でこのメソッドの実装、コントロールの PreTranslateMessage 関数が呼び出さ。 OLE コントロールはコントロールが UI をアクティブなときに、そのニーモニック関数を正しくが OLE コントロールに PreTranslateMessage とその特殊なキーの組み合わせのチェックをオーバーライドする必要があります。

: PreTranslateMessage をオーバーライドする必要のないコントロールが生成される場合 Visual C++ 5. 0 以上 OnMnemonic は、コントロールが UI の COccManager::IsDialogMessage で SendMnemonic によってアクティブなときに呼び出されるためです。

次のサンプル コードでは、オーバーライドの OnGetControlInfo、PreTranslateMessage、および Visual Basic 4. 0 のコンテナーと、MFC 4. 0 OLE コントロール コンテナーを両方ともでの正常に動作するコントロールのニーモニックを許可する OnMnemonic は示しています。

サンプル コード

/* Compile options needed: None
*/ 
#define NUM_ENTRIES 4
void CMnemonicCtrl::OnGetControlInfo(LPCONTROLINFO lpi)
{
  HACCEL hAccel = NULL;
  TCHAR ch = 'm';   // Hard code the mnemonic key to 'm' for this
                    // example.
  ACCEL accKey[NUM_ENTRIES];
  // Accel table entries 0 and 1 are to work with Visual Basic 4.0 as a
  // container. Visual Basic 4.0 has the following requirements for
  // accel table entries for a control's mnemonics:
  // 
  //  (fVirt == FVIRTKEY | FALT) || (fVirt == FVIRTKEY | FALT | FSHIFT)
  //  key must be uppercase
  //  (cmd != 0)
  accKey[0].fVirt = FVIRTKEY | FALT;
  accKey[1].fVirt = FVIRTKEY | FALT | FSHIFT;
  accKey[0].key = accKey[1].key = LOBYTE(VkKeyScan(ch));
  accKey[0].cmd = accKey[1].cmd = 1;
  // Accel table entries 2 and 3 are to work with MFC 4.0 containers.
  // MFC containers have the following requirements for accel table
  // entries for a control's mnemonics:
  // 
  //  (fVirt == FALT) || (fVirt == 0)
  //  key should be lowercase
  //  cmd is ignored
  accKey[2].fVirt = FALT;
  accKey[3].fVirt = 0;
  accKey[2].key = accKey[3].key = ch;
  accKey[2].cmd = accKey[3].cmd = 1;
  // Create the accel table.
  hAccel = CreateAcceleratorTable(accKey, NUM_ENTRIES);
  if (hAccel != NULL)
  {
    // Fill in the CONTROLINFO structure passed in.
    lpi -> hAccel = hAccel;
    lpi -> cAccel = NUM_ENTRIES;
    lpi -> dwFlags = 0;
  }
  else
    COleControl::OnGetControlInfo(lpi);
}
// NO need to override PreTranslateMessage if the control is generated in
// Visual C++ 5.0 or above.
BOOL CMnemonicCtrl::PreTranslateMessage( MSG * pMsg )
{
  // Check for ALT-M key combination.
  if(pMsg->message == WM_SYSKEYDOWN) {
    if((pMsg->wParam == 'm')||(pMsg->wParam == 'M'))
    {
      // Do mnemonic key processing here.
      return TRUE;
    }
  }
  return COleControl::PreTranslateMessage(pMsg);
}
void CMnemonicCtrl::OnMnemonic(LPMSG pMsg)
{
  if ((pMsg->message == WM_SYSKEYDOWN)||
      (pMsg->message == WM_SYSCHAR))
  {
    if ((pMsg->wParam == 'm')||(pMsg->wParam == 'M'))
    {
      // Do mnemonic key processing here.
      return;
    }
  }
  COleControl::OnMnemonic(pMsg);
}
				

プロパティ

文書番号: 145698 - 最終更新日: 2014年3月1日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Foundation Class Library 4.2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual C++ 4.0 Standard Edition
    • Microsoft Visual C++ 5.0 Enterprise Edition
    • Microsoft Visual C++ 6.0 Enterprise Edition
    • Microsoft Visual C++ 5.0 Professional Edition
    • Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition
    • Microsoft Visual C++, 32-bit Learning Edition 6.0
    • Microsoft OLE Control Developer's Kit (CDK)
    • Microsoft Visual C++ 2005 Express Edition
    • Microsoft Visual C++ .NET 2003 Standard Edition
    • Microsoft Visual C++ .NET 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinfo kbtshoot kbctrlcreate kbkeyaccel kbprb kbcode kbacceleratorkey kbmt KB145698 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:145698
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com