DAO を使用して Excel にアクセスからテーブルを取得する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 146406
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Excel が上記のバージョンでは、データ アクセスを使用することができます。Visual basic アプリケーションのテーブルから取得するオブジェクト (DAO)Microsoft へアクセスします。

DAO を使用して、テーブルから取得する方法の例を提供します。Microsoft Access は、この資料に記載されているマクロ、Northwind を使用してください。両方 Microsoft Office プロフェッショナルを Windows に付属するデータベース95、version 7.0、および Microsoft Office 97 Professional for Windows。場合は、Microsoft Office をインストールすると、既定のオプションを選択します。Windows 95 では、バージョン 7.0 での本格的なデータベースであります。
   \MSOffice\Access\Samples\Northwind.mdb
				
Microsoft Office をインストールすると、既定のオプションを選択した場合97 Professional を Windows のデータベースであります。
   \Program Files\Microsoft Office\Office\Samples\Northwind.mdb
				
Northwind データベースを別のフォルダーに存在する場合、コンピューターで実行する前に下記のコードを編集する必要があります。そのためには。

DAO を使用するには、Microsoft DAO オブジェクトを参照する必要があります。ライブラリまたは、「ユーザー定義型の定義されていません」エラーが表示されます。するにはこのライブラリには、Microsoft Excel のバージョン 7.0、モジュールをアクティブにします。シート、ツール] メニューの [参照] をクリックし、Microsoft DAO"を確認します。3.0 オブジェクト ライブラリ"オプションです。このライブラリには、Microsoft Excel を参照するのにはバージョン 97 では、参照をクリックして Visual Basic のエディターで、[ツール] メニュー「Microsoft DAO 3.5 オブジェクト ライブラリ」を確認します。

詳細

Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。 Microsoft Access からテーブルを取得するには、次の手順を実行します。

  1. データベース オブジェクトを設定します。
  2. レコード セット オブジェクトを確立します。
  3. ヘッダー (必要な場合) を取得します。
  4. テーブルからデータを取得します。
データが取得されると、開いているすべてのオブジェクトを閉じる必要があります。発行する方法。次のコマンドを閉じるします。

Access でテーブルをプログラムで取得するを使用して、Visual Basic for Applications の次のコード:
Sub GetTable()
'This sub will retrieve all the data in the "Customers" table in
'Northwind

   'Declare variables
   Dim Db As Database
   Dim Rs As Recordset
   Dim Ws As Object
   Dim i As Integer
   Dim Path as String

   'This line will define the Object "Ws" as Sheets("Sheet1")
   'The purpose of this is to save typing Sheets("Sheet1")
   'over and over again
   Set Ws = Sheets("Sheet1")

   'Set the Path to the database. This line is useful because
   'if your database is in another location, you just need to change
   'it here and the Path Variable will be used throughout the code
   Path = "c:\msoffice\access\samples\northwind.mdb"

   'This set of code will activate Sheet1 and clear any existing data
   'After clearing the data it will select cell A1
   Ws.Activate
   Range("A1").Activate
   Selection.CurrentRegion.Select
   Selection.ClearContents
   Range("A1").Select

   'Set the Database, and RecordSet  This Table exists in the database
   Set Db = Workspaces(0).OpenDatabase(Path, ReadOnly:=True)

   'This will set the RecordSet to all records in the Customers table
   Set Rs = Db.OpenRecordset("Customers")

   'You could instead set the RecordSet to, for example, the records
   'where the Country Code is "UK", without quotes. To do this, replace
   'the line above: Set Rs = Db.OpenRecordset("Customers") with the
   'following:
   '
   'Set Rs = _
   'Db.OpenRecordset("SELECT * FROM Customers WHERE Country = 'UK';")


   'This loop will collect the field names and place them in the first
   'row starting at "A1"
   For i = 0 To Rs.Fields.Count - 1
      Ws.Cells(1, i + 1).Value = Rs.Fields(i).Name
   Next I

   'The next line simply formats the headers to bold font
   Ws.Range(Ws.Cells(1, 1), Ws.Cells(1, Rs.Fields.Count)).Font.Bold=True

   'The next line will get the data from the recordset and copy it
   'into the Worksheet (Sheet1).
   Ws.Range("A2").CopyFromRecordset Rs

   'This next code set will just select the data region and
   'auto-fit the columns
   Sheets("Sheet1").Select
   Range("A1").Select
   Selection.CurrentRegion.Select
   Selection.Columns.AutoFit
   Range("A1").Select

   Rs.Close
   Db.Close
End Sub
				

関連情報

[キーワード] タブでは、Microsoft データ アクセスの詳細についてをクリックします。Excel のヘルプを次のテキストを入力します。
DAO でのデータ アクセス
"にアクセスして外部に移動すると、選択したテキストをダブルクリックデータベースが DAO"トピック。

プロパティ

文書番号: 146406 - 最終更新日: 2011年7月1日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbinterop kbprogramming kbdtacode kbmt KB146406 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:146406
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com