Microsoft 95 Service Pack 1 のコンポーネントについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 146449 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では Microsoft Windows 95 Service Pack 1 に含まれるコンポーネント (アドオン) について説明します。 Microsoft Windows 95 Service Pack 1 を入手方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
142794Microsoft Windows 95 サービス パック 1 の可用性

詳細

次のコンポーネントが Microsoft Windows 95 Service Pack 1 含まれています。

Windows 95 用の Microsoft 32 ビット DLC プロトコル

データ リンク制御 (DLC) プロトコルは、IBM メインフレームおよび IBM AS/400 コンピューターへのアクセスには、主に使用されます。 Windows 95 の 32 ビット DLC プロトコル ソフトウェアでは 32 ビットと 16 ビットの DLC プログラムのサポートを追加するには、ネットワーク管理者をできます。 端末エミュレーション プログラムがホストでは、このプロトコルを使用してメインフレーム コンピューターと直接通信します。 DLC プロトコルは、Windows 95 で一般的なネットワークの使用されません。

Microsoft Exchange の更新

ファイル: Exchng32.exe
新しいファイルのバージョン: 4.0.410.87

ファイル: Mapi.dll
新しいファイルのバージョン: 4.0.410.85

ファイル: Mapi32.dll
新しいファイルのバージョン: 4.0.410.88

ファイル: Msfs32.dll
新しいファイルのバージョン: 4.0.441.26

ファイル: Wgpoadmn.dll
新しいファイルのバージョン: 4.0.441.20

ファイル: Wmsui32.dll
新しいファイルのバージョン: 4.0.410.89

この更新プログラムは、バージョンの Windows 95 に含まれている Microsoft Exchange のバージョンを優先する Microsoft Exchange 提供します。 更新されたバージョンは修正プログラムを示しの Microsoft Mail の共有フォルダーへの Windows 95 で Microsoft Exchange を実行することができます。 (Windows 95 に含まれている Microsoft Mail インフォメーション サービス行いません共有フォルダーへのアクセス。) この更新プログラムの追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
141127Microsoft Exchange で [共有フォルダーは使用できません] SFS ポストオフィス

Microsoft インターネット エクスプローラー 2. 0

Microsoft インターネット エクスプローラー 2. 0 では、インターネットの Windows 95 を使用すると同様に簡単と速度と機能を提供を将来の innovating 中に今日の標準との互換性を提供します。

NetWare ディレクトリ サービス用の Microsoft のサービス

NetWare ディレクトリ サービス用には、Microsoft サービスと NetWare ネットワーク用クライアント完全なクライアント サポートを参照して NetWare ディレクトリ サービスの。

ネットワーク管理者が、サイトで x 4. 0 および 4. 1 サーバーは、このサービスをサポートする完全な Windows 95 ネットワーク NetWare 用クライアント ユーザーをインストールする NetWare のバージョンを使用します。

Windows 95 赤外線ドライバーのバージョン 1. 0

Windows 95 の赤外線ドライバーでは、ケーブルを使用せずに周辺機器またはその他の Windows 95 ベースのコンピューターに接続の IrDA デバイスを使用できます。

コンピューターが、赤外線 (IrDA 互換) デバイスを Windows 95 で使用するを装備されている場合は、Windows 95 の赤外線ドライバーをインストールする必要があります。 Windows 95 の Service Pack 1 は、赤外線通信ドライバー バージョン 1. 0 を含みます。 赤外線通信ドライバー バージョン 2. 0 は、個別にダウンロードとして利用ようになりました。 赤外線通信ドライバー バージョン 2. 0 の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
139445赤外線データ関連の接続用の Windows 95 のサポート

Windows 95 の SLIP とダイヤルアップ ネットワーク用のスクリプトのサポート

Windows 95 シリアル回線インターネット プロトコル (SLIP) サポートでは、SLIP 規格を使用する任意のリモート アクセス サーバーに接続のダイヤルアップ ネットワークを使用できます。 SLIP の詳細については、Microsoft Windows 95 リソース キットを参照してください。

スクリプトがサポートできるようにダイヤルアップ ネットワークでスクリプトを使用します。 接続を確立するために、ユーザー名やパスワードなどの情報を入力する必要は多くのオンライン サービス プロバイダー。 ダイヤルアップ スクリプト] でこのプロセスを自動化するスクリプトを記述できます。 このコンポーネントの追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
135315Microsoft Windows 95 の CD-ROM エキストラ アップグレードします。

Microsoft Word ビューアー

Microsoft Word ビューアー バージョン 7. 1 を表示および Word for Windows があるない場合でも、Windows では、Microsoft Word を使って作成された文書を印刷することができます。 Word の場合と同様に正確に Word Viewer で、ドキュメントを表示すると表示されます。 Word から印刷する必要がある場合と同様、文書を印刷するとき検索されます。 Word Viewer を使用してドキュメントを編集することはできません、Word 文書から情報をコピーし、埋め込まに OLE オブジェクトをアクティブにできます。 このコンポーネントの追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
135315Microsoft Windows 95 の CD-ROM エキストラ アップグレードします。

プロパティ

文書番号: 146449 - 最終更新日: 2014年2月5日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 2.0
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbmt KB146449 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:146449
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com