[XL されます (Lookup.xla) のルックアップ ウィザードの使用

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 147255 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ルックアップ ウィザードは一連のアドオンのウィザードがマイクロソフトは Microsoft Excel の使用を強化できるしたこと部分です。 ルックアップ ウィザードでは、四角形の範囲をワークシートのセルの行と列の交点の値を検索する数式を記述できます。

アドインをこの資料では"「現状提供あり、すべての状況で使用できることをマイクロソフトは保証しません。 マイクロソフト製品サポート サービス担当者にこのアドインの既存の機能のインストールと役立ちますが、新しい機能を提供するアドインは変更できません。

注: ルックアップ ウィザードは Excel 97 または Microsoft Excel 98 Macintosh Edition 付属です。

詳細

ルックアップ ウィザードは列と行の交点の値を検索する参照数式を作成します。 ウィザードを作成する数式は Microsoft Excel で利用するルックアップ関数を組み合わせて使用します。 以下は、各例に続けて、ウィザードのステップの詳細な説明です。

ウィザードのステップ 1

ここでは、数式に使用されるデータを含むセルの範囲をします。 この範囲の列見出しおよび行ラベル含みます。 ほとんどの場合、つまり必要があります全体、ワークシートにリストを選択します。

Microsoft Excel アドインのほとんどは、のように、ダイアログ ボックスが入力範囲の編集ボックス開きます。 Microsoft Excel (Version 5. 0 以降) は、リストの場所が確認されています。 入力範囲がされていない場合正しくは、マウスを使用するかで手動で入力することによって正しい範囲を選択する必要があります。

注: 指定したデータ範囲内の列と行ラベルのある重要です。 ウィザードではこれらのラベルを使用して、次の手順でします。

ウィザードのステップ 2

このウィザードで作成される数式の結果は、行と列の積集合は。 ここでは、ウィザードが検索する交差部分に対応する行と列ラベルをします。 ありますそれぞれのリストを列および行のラベル。 各一覧からラベルを選択します。

両方のリスト、最初のオプション (「列のラベル一致なし」と「行が一致するものを正確にラベルがありません」) を使用新しい値を作成します。 Excel では、最大列または行ラベル小さい以上を新しい値に使用します。 列引数の新しい値が作成される場合は行引数の既存のラベルを選択する必要があります。 同様に、行引数の新しい値が作成される場合、既存のラベルする必要があります列引数の選択します。 列と行の両方の引数の新しい値を作成する場合は、次のメッセージが表示されます。
少なくとも 1 つの既存値と一致するようにでく必要があります。 既存の値は、行ラベルまたは列ラベルになります。 再試行してください。

ウィザードのステップ 3

ここでは、ウィザードをワークシートに数式をコピーします。 2 とおりウィザード ワークシートに数式をコピーできること。 どちらの次のオプションを使用します。

  • 現在の設定から生成された参照数式だけをコピーします。 (または単一のセルに数式だけをコピーする)。

    このオプションは、ワークシートに数式をコピーされ、既定で選択されて、います。
  • 変更できる簡単をので、ワークシート内で現在の検索パラメーターを含めます。 (または、数式と検索パラメーターをコピーする)。

    このオプションをワークシートに、参照パラメーターの値と同様に、数式をコピーします。 このオプションを使用する場合は、参照パラメーターの値、数式を変更したり、ウィザードをもう一度通過にすることがなく変更できます。

ウィザードのステップ 4

どのオプションに応じて、ウィザードのこの手順の変更で必要な情報の手順 3 でしました。 選択したオプション、に応じて、次のいずれかの操作を行います。

  • 手順 3 での最初オプションを選択する場合 (つまり、現在の設定から生成された参照、数式だけコピー) の場合、数式の配置先のセル参照を指定する必要です。 入力することができますも、マウスを使用して、セル参照を選択することができます。
  • 手順 3 での 2 番目オプションを選択する場合 (つまり、現在の検索パラメーターに含めるワークシート) の場合、参照パラメーターの値と数式を配置するが、セル参照を指定する必要です。 ウィザードはさらにその行の次の 2 つのセルに指定されたセル参照を使用するために 1 つだけのセル参照を選択する必要があります。 (ウィザードを使用、合計で 3 つのセル)。 マウスを使用してセルを選択することができますかセル参照を入力できます。

ルックアップ ウィザードの使用例

注: 次の使用例を使用する前にする必要があります、アドインをインストールします。 ファイルをダウンロードし、インストール手順については、Readme.txt ファイル参照してください。 Microsoft Excel 98 Macintosh 版 Excel 97、[ツール] メニューの [アドイン] をクリックし、[ルックアップ ウィザード。

この記事に記載されているアドイン取得できる、Microsoft TechNet CD から、オンライン サービスから。

オンライン サービスからファイルをダウンロードする方法の追加については、ください「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services


ルックアップ ウィザードを使用するには、以下行います。

  1. 次のように新しいスプレッドシートを入力:
           A1:           B1: Comp A   C1: Comp B   D1: Comp C   E1: Comp D
           A2: 8/1/95    B2: 99.45    C2: 70       D2: 43.5     E2: 92
           A3: 8/3/95    B3: 100      C3: 50.5     D3: 44       E3: 90.12
           A4: 8/5/95    B4: 103.5    C4: 53.25    D4: 43       E4: 91.5
           A5: 8/7/95    B5: 102.12   C5: 55       D5: 43.12    E5: 93.5
           A6: 8/9/95    B6: 101.5    C6: 53.25    D6: 43.75    E6: 95.75
           A7: 8/11/95   B7: 100.75   C7: 50.2     D7: 44.12    E7: 95.12
           A8: 8/13/95   B8: 101.25   C8: 48.75    D8: 44.5     E8: 93.25
           A9: 8/15/95   B9: 101.75   C9: 48       D9: 44.12    E9: 94
          A10: 8/17/95  B10: 100.25  C10: 50      D10: 43.75   E10: 94.5
  2. [ツール] メニューの [ルックアップ ウィザード] をクリックします。 (または、[ツール] メニューをクリックして、ウィザード] をポイントし、[参照] をクリックします。
  3. 1 の範囲の $、ウィザードのステップで $ 1: には、$ E $ 10 を入力する必要があります。 にない場合は、正しい範囲を入力します。 [次へ] をクリックします。
  4. ウィザードのステップ 2] で、列ラベル"C のコンペティションと行ラベル"8/11/95] 一覧から選択します。 [次へ] をクリックします。
  5. ウィザードのステップ 3 で「コピー、数式だけで単一のセル」を選択します。 [次へ] をクリックします。
  6. ウィザードの手順 4、数式をコピーするワークシートのセル参照は $ F $ 1 です。 [完了] ボタンをクリックします。 F1 キーに、回答は 44.12、数式は次の:
          =INDEX($A$1:$E$10,MATCH(DATEVALUE("8/11/95"),$A$1:$A$10,),
             MATCH("Comp C",$A$1:$E$1,))

プロパティ

文書番号: 147255 - 最終更新日: 2005年8月17日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • Microsoft Excel 95 Standard Edition
  • Microsoft Excel 5.0 Standard Edition
  • Microsoft Excel 98 for Macintosh
キーワード:?
kbhowto kbmt KB147255 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:147255
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com