Visual Basic から Excel オブジェクトを移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 147650 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここに移動し、Microsoft Excel のアプリケーション オブジェクトへのアクセスに使用できる 3 つの方法について説明します。

  • longhand と既定プロパティを使用
  • エイリアスを使用します。
  • Microsoft Excel のオブジェクトへの Excel バージョン 5. 0 のオブジェクトの親とアプリケーション メソッドを使用

詳細

Excel バージョン 5. 0 内の各オブジェクトは、オブジェクトのアプリケーションの階層にどこか存在します。 これらのオブジェクト間で選択するにはそのアプリケーションの階層の下に移動をします。 この階層の先頭にはアプリケーション オブジェクトです。 どのようなイベントまたは Application オブジェクトを割り当てるアクション アプリケーション全体には影響します。 例:
   ' Close the application
   [Object].Application.Quit
				
、有効な Microsoft Excel アプリケーション オブジェクト、次の例から作成されることができますが指す変数置換 [オブジェクト]:
   ' MyObject represents [Object] and OLE1 represents an OLE control
   ' that contains an Microsoft Excel Worksheet object.
   MyObject = OLE1.Object
   Set MyObject = CreateObject("Excel.Sheet")
   Set MyObject = GetObject("C:\EXCEL\EXAMPLES\SAMPLES.XLS")
				
、アプリケーション オブジェクトには他のラージ オブジェクトが含まれます。 ブックを Excel に読み込まれた現在のコレクションを参照する次のコードを使用できますたとえば、:
   [Object].Application.Workbooks
				
をコレクションから、1 つのブックを取得したい場合、項目方法使用します。 たとえば、最初のブックを参照するには:
    [Object].Application.Workbooks.Item(1)
				
する最初のブックを閉じる:
   [Object].Application.Workbooks.Item(1).Close
				

Longhand の参照または既定のプロパティを使用してオブジェクトへのアクセス

各ブックのワークシートのコレクションを含む、各ワークシートのセルというのコレクションを格納します。 (Microsoft Excel マニュアルを参照してくださいし、ヘルプ メニューの [Microsoft Excel のオブジェクトの階層についての詳細)。 コードでは、特定のセルへの参照ようになります:
   ' Following refers to cell A1 on Sheet1 in the first workbook.
   ' Enter the following two lines as one, single line:
   [Object].Application.Workbooks.Item(1).
      WorkSheets.Item("Sheet1").Cells.Item(1,1)
				
この参照は時間がかかる複雑なには、ただし、ショートカットは使用できます。 ナビゲーション演算子 (.) については、正常終了したオブジェクトのプログラミング基本となります。

短い傷口

すべてのオブジェクトは、既定のプロパティとメソッドがあります。 コレクションの場合は、既定の方法は、項目の方法です。 ほとんどのオブジェクトで Name プロパティは既定のプロパティです。 この規則をプログラミングを簡単に実装されました。 上記のサンプルを簡略化できますたとえば、:
   [Object].Application.Workbooks(1).WorkSheets("Sheet1").Cells(1,1)
				

エイリアス オブジェクトをオブジェクトにアクセスします。

エイリアシングをオブジェクトのプログラミングを簡単に行えます。 多くのコードが次の使用例は、シート 1 の操作を記述する場合、たとえば、構文ことになる時間がかかる。 これを防止するのには、オブジェクトの最下位の共通オブジェクトを指すを作成します。 これは、エイリアシングと呼ばれます。 別名を作成するには、設定ステートメントを使用:
   Dim Sheet1 as Object
   ' Alias Sheet1 to represent [Object]...WorkSheets("Sheet1")
   Set Sheet1 = [Object].Application.Workbooks(1).WorkSheets("Sheet1")
   ' Now just use the variable Sheet1 to refer to Sheet1.
   Sheet1.Cells(1,1).Value = "Title"
   Sheet1.Cells(1,2).Value = "ID"
   Sheet1.Cells(1,3).Value = "Cost"
   Sheet1.Cells(2,1).Value = "Phone"
   Sheet1.Cells(2,2).Value = 123413423
   Sheet1.Cells(2,3).Value = 89.95
				

親とアプリケーションのメソッドを使用してオブジェクトにアクセスします。

親とアプリケーション メソッドでは、オブジェクト階層のバックアップを移動できます。 アプリケーション メソッドが、アプリケーション オブジェクトに戻す移動し、Parent メソッドが上のオブジェクト階層の 1 つのレベルに移動します。 すべての例をこの資料では、[オブジェクト] で開始。 [オブジェクト] が有効な Excel オブジェクトをある限り、これらのステートメントはすべても有効です。 [オブジェクト] のコンテキストにかかわらず。

Visual Basic バージョン 4. 0 から Microsoft Excel のオブジェクトをプログラミングするときに便利です。 Microsoft Excel を Excel にエントリ ポイントとして使用できる 3 つオブジェクトだけを公開します。 次のようなものがあります。

  • Excel.Application
  • Excel.Sheet
  • Excel.Chart
しない Excel.Application.5 を混同します。 Excel.Application は、最新バージョンの Excel を指す常に。 Excel.Application.5 は、Excel バージョン 5. 0 だけが指すされます。

ブックのオブジェクトに直接アクセスする方法がないので公開されたブック オブジェクトはありません。 ただし、この、問題ありませんワークシートまたはグラフ オブジェクトの親メソッドは、ブックのオブジェクトを返します。 次の例コードは、この点を示しています。

注: oleExcel は Excel.Sheet オブジェクトを含む OLE コントロールです。
   ' Declare object references:
   Dim Xlapp As object
   Dim XLWkb As object
   Dim XLWks As object
   Dim XLWksNew As object

   oleExcel.Action = 7   ' Activate OLE Object

   Set XLWks = oleExcel.Object   ' Alias Worksheet object
   Set XLWkb = XLWks.Parent      ' Alias WorkBook object
   Set Xlapp = XLWks.Application ' Alias Application object

   ' Add a new worksheet to the Workbook and name it:
   Set XLWksNew = XLWkb.Worksheets.add  ' Assign alias to new Worksheet
   XLWksNew.Name = "VB4 OLE Automation" & XLWkb.Worksheets.count

   ' Make the 3rd Worksheet of the Workbook active:
   XLWkb.Worksheets(3).Activate

   ' Display the dialog for InsertPicture:
   Xlapp.dialogs(342).[Show]  ' xlDialogInsertPicture = 342
				

関連情報

Office 開発キット、統合ソリューションのプログラミング

プロパティ

文書番号: 147650 - 最終更新日: 2006年10月11日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic 4.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual Basic 4.0 16-bit Enterprise Edition
  • Microsoft Excel 5.0 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbprogramming kb16bitonly kbmt KB147650 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:147650
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com