[NT]Macintosh ボリュームの作成エラーのトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 147909 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP147909
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Macintosh Services for Windows NT を使用している場合、Macintosh ボリュームの作成または再作成時に問題が発生することがあります。次のようなエラー メッセージが、ボリュームの作成時に表示されます。
システムに接続されているデバイスが機能していません。
イベント ログには、以下が記録されます。
イベント ID: 12035
説明:
<ボリューム名> のボリューム情報をロードできませんでした。既定値に設定します。

解決方法

以下に述べる手順は、個々に、また順番に実行する必要があります。

各手順を実行する前に、コントロール パネルの [サービス] ツールで Services for Macintosh (SFM) を停止します。1 つの手順を実行したら、次の手順に移る前に SFM を再起動し、目的のディレクトリでボリュームを作成できるか試してみてください。
  1. 上述のエラーが発生しているパーティションで、CHKDSK /f /r を実行します。通常、CHKDSK を実行するには、サーバーを再起動する必要があります。ボリュームのサイズが大きい場合は、終了するまでに数分から数時間かかることがあります。この間、サーバーは利用できません。時間が限られていて、ボリューム サイズが大きい場合は、この手順を省略し、手順 2 に進んでください。その後、時間に余裕ができたら、サーバーで CHKDSK を実行してください。
  2. 一時的な Macintosh ボリュームを作成します。オリジナルの Macintosh ボリュームから同じドライブのテンポラリ ボリュームに、ファイルとディレクトリをすべてコピーします。
         注意: 既存の Macintosh NTFS アクセス権は、保持されません。必要に応じて、
               Windows NT Resource Kit の Scopy.exe を使用して、すべてのファイルと
               ディレクトリのアクセス権を保持してください。
               MacFile からオリジナルの Macintosh ボリュームを削除します。オリジナ
               ルのディレクトリを削除し、同じボリューム名で再びボリュームを作成しま
               す。
               無事作成できたら、テンポラリ ボリュームから再作成したボリュームへ、
               ファイルとディレクトリをすべて戻します。
    
  3. 一時的な Macintosh ボリュームを作成します。オリジナルの Macintosh ボリュームから同じドライブのテンポラリ ボリュームに、ファイルとディレクトリをすべて移動します。
         注意: アクセス権が保持されるようにするためです。
               MacFile からオリジナルの Macintosh ボリュームを削除します。オリジナ
               ルのディレクトリを削除し、同じボリューム名で再びボリュームを作成し
               ます。
               無事作成できたら、テンポラリ ボリュームから再作成したボリュームへ、
               ファイルとディレクトリをすべて戻します。
    
  4. Macfile から問題のボリュームを削除し、アイコン ファイルと Network trashfolder を削除します。これらのファイル (隠しファイル/システム ファイル) は、Macintosh ボリューム (ディレクトリ) のルートにあります。
  5. 特定のディレクトリ (たとえば、D:\Public) の一部であるボリュームに問題がある場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    Dir > D:\PUBLIC:AFP_IdIndex
         注意: このコマンドは、Macintosh ボリュームのインデックスを故意に破壊し
               ます。
               これにより、Windows NT は、SFM の再起動後、直ちにボリュームにイン
               デックスを再作成します。
               インデックスが完成すると、イベント ログがイベント ビューアに出力さ
               れます。ボリュームのサイズが大きい場合は、Macintosh クライアントが、
               すべてのボリュームとファイルを表示できるまでに数分かかることもあり
               ます。この間は、NT サーバのこのボリュームへの割り込みがないようにし
               てください。
    
  6. [ディスクアドミニストレータ] を使用して、問題が起きているパーティションのドライブ レターを変更します。たとえば、ドライブ D にオリジナルの Macintosh ボリュームがある場合、このドライブのレターを E に変更します (ただし、E がほかのデバイスで使用されていない場合に限ります)。Windows NT コンピュータを再起動し、ボリュームを作成できるか試してみます。無事に作成できたら、再度[ディスクアドミニストレータ] を使用して、オリジナルのドライブ レターに戻します。
         注意: 上記の手順を実行すると、NTFS データ ストリームが破壊され、MacFile に
               よって再生成されます。この手順は、ドライブのルートを共有している場合
               にのみ必要です。
    
  7. MacFIle から Macintosh ボリュームをすべて削除します。コントロール パネルの [ネットワーク] ツールを使用して、SFM を削除します。コンピュータを再起動せず、Macintosh ボリュームのルートから、アイコン ファイルと Network トラッシュ フォルダを削除します。ここで、コンピュータを再起動します。SFM を再インストールし、必要なサービス パックを適用します。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 147909 (最終更新日 1997-12-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 147909 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinterop ntmac ntsrv KB147909
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com